tasuke さん プロフィール

  •  
tasukeさん: カメラマン・夢を目指せ!
ハンドル名tasuke さん
ブログタイトルカメラマン・夢を目指せ!
ブログURLhttp://00naoki.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文カメラマンを目指す方へ、写真家、写真情報、独学でなる法など応援メッセージを、お送りしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/11/24 05:56

tasuke さんのブログ記事

  • 写真コンテスト1位受賞者たちの共通のコツを見つけました!
  • 前回、写真誌「アサヒカメラ」「日本カメラ」他「フオトコン」なども含め、それらのコンテストで1位を受賞した6人の主婦をご紹介しましたね。いいえ、それだけではありません。この主婦の中には他にも、全国規模の「写真コンテスト」に入賞して、多額の賞金を得た人も複数いました。さらには、個展を開いたり、写真集を出している人もいたりして、その成果のスゴサには目がシロクロなりそうでした。取材したカメラマンも、さすが [続きを読む]
  • アサヒカメラコンテスト次々1位:6人の主婦が歩んだ写真道!
  • アサヒカメラ月例コンテストで1位を獲得した6人の主婦を、現役のプロカメラマンが取材しました。最近カメラを持つ女性が増えていると言われています。私の関わる地域の写真グループにも12人中5人 が女性です。各種のカメラ雑誌(アサヒカメラ、日本カメラ、フオトコン、風景写真・・・・・等々)でも、月例年度賞(4〜5位以内)を受賞する人が増えてきているのが分かります。有名なところでは、人気風景カメラマンの「米美 [続きを読む]
  • 独学で写真を学ぶOL!どん底の彼女を救ったかけがいのない一冊!
  • 嬉しい電話昨日、独学で写真を学ぶ京都のOL「K」さんから電話がありました。「えっ?!」驚きました。直接、読者の方から電話を受けるのは、これで 4度目 です。私は、このブログの他に「健康ブログ(現在休止状態)」を持っているのですが、立ち上げて間もなく、名古屋の主婦の方から、「病気治療」の相談電話をうけたことがあるのです。たぶん8年ぐらい前のことでした。この時は、ブログを初めて間もないころでしたので、 [続きを読む]
  • 写真月例コンテスト:アサヒカメラ年度賞1位主婦6人の写真魂!
  • アサヒカメラ月例年度賞とは今回は、カメラ雑誌「アサヒカメラ」主催の写真コンテスト年度賞「1位」を受賞した主婦6人をご紹介します。「月例」とか「年度賞」をご存知ない方のために、簡単に説明しておきましょう。「 ”アサヒカメラ”では毎月 1月〜12月 まで写真コンテストを行っています。その月に入選した人たちには「点数」がつけられており、12月までの点数を合計した総合点でその年の順位(1位〜4位ぐらいまで [続きを読む]
  • 写真コンテスト:入選できなかった意外な理由はコレでした!
  • こんにちは。このブログは、不具合が起きて、記事や、画像の配置がおかしなことになってしまいました。いろいろ、操作を加えてきましたが、どうしても以前のような形には戻ってくれません。もうブログ会社に相談する気も萎えてしまって、そのまま、続行しています。近いうちに、新規のブログを立ち上げようと思っています。このブログを読んで下さっている人たちの求めておられることも大分分かってきましたので、少しでも、それに [続きを読む]
  • 幻影の傑作! 一瞬 「ハッ!」 と目が行き場を失いました!
  •   (読者「N」さんの作品です)こんにちは。記事を書く前に、久しぶりに寄せていただいた 「N」 さんのブログ。ググーっとスクロールしていると、 ハタ! と手がとまり、幻影のような 一輪の 「花」 が、目を射抜きました。決してオーバーではありません。ジックリご覧下さい。後ほど、記事を追加したいと思います。・・・< 続きです >・・・では、記事を追加しますね。上の写真ご覧になりましたか?感想はいかがで [続きを読む]
  • アラーキーの写真の撮り方!これこそ写真の本質であり奥底です!
  • アラーキーの言葉がいまいち・・・?前回のアラーキーの記事を読んで下さった人からメールをいただきました。趣味で写真をやっている方で「G」さんといいます。要点のみを少し抜粋させていただきますね。ーーーココから「 ・・・・ 前回のアラーキーの記事 興味深く読みました。ただ、抽象的でどう受け止めたらいいのか?解釈に迷う自分がいました。できれば、太助さんの感想をお聞きしたいと思うのですが参考にしたいのです・ [続きを読む]
  • 写真家アラーキーの本音は脱がすことよりその奥にある!
  • 古い雑誌もバカにならない!私は、学生時代の先輩から、1〜2年分ぐらいの古いカメラ雑誌を譲っていただいたことがあるのですが、淡路の大震災でそのほとんどを失くしてしまいました。ホントに惜しいことをしてしまいました。もし残っていれば、昨今の「カメラ雑誌」にはないまた別の世界を、みなさんにも味わっていただけたかなあ?と思うことがしばしばあります。そう思うと、なお残念でしかたがありません。そんな中、押し入れ [続きを読む]
  • 寒暖の差で体調がガタガタでした!1か月でやっと回復・・・
  • お元気でしょうか?ご無沙汰してしまいました。寒暖の差が激しい日々がつづいています。ぐずついた季候の変化に体がついていけませんでした。体調をくずして、寝たり、起きたり、コロンダリ。ガタガタ〜〜でした。(笑)2〜3日前から、やっと、調子が戻ってきました。久しぶりに、パソコンを開くと、ブログの更新が 「1か月」と少し 止まったままでした。それでも、読んで下さっている人の数が100人余り記録されています。正 [続きを読む]
  • カメラマン:写真の本質とは何かという疑問に答えます!
  • こんにちは。前回、高校生と一般の方の合同展をご紹介しましたところ、それを見た「B」さんから質問をいただきました。次は、その抜粋です。「本質」というのはどういう意味で使っているか?ーーーーココから・・・これを書いた人はどんな人だろう?と思って、ブログの記事をいろいろと読んでみました。僕は、趣味として、軽い気持ちで写真を楽しんできた大学生の一人です。ブログを読みながら、太助さんは、”本質” ということ [続きを読む]
  • 写真展:若者の個性と世界観が新鮮で驚きました!
  • 高校生の作品に世代の違いを感じました。 先日の日曜日、私の住む地域の写真展(イラスト含む)を観てきました。今回は、高校生がメインで、一般人との合同展示会という形をとっていました。複数の高校からの出品作を見たのは初めてでした。ほんとに、新鮮でしたね!これまで、毎日のように写真を見ていますが、ほとんどが「オトナの作品」 です。今回、高校生の作品を観て、やはり世代の違いを感じましたねえ!彼らには、すでに [続きを読む]
  • カメラマン:初心者が個性や才能を発揮する鉄則と実例!
  • こんにちは。前回、「自分のような写真オンチだった超凡人が見つけた「才能の育て方、能力の伸ばし方」について、2回に分けてお伝えすると申し上げました。今日は、その2回目です。 誰でも才能は伸ばせます!もう一度、その方法を挙げますと、① 思考② 感情③ 努力④ 頻度(繰り返し)⑤ 楽しむということになります。読まれて、どうでしたか?「なんや、こんなこと?」とおもわれましたか?そうです。こんなに「シンプル [続きを読む]
  • カメラマン:才能を育て能力伸ばした超凡人のおバカな方法!
  • 今日は、次回と2回に分けて、私のような写真オンチだった超凡人が見つけた「才能の育て方、能力の伸ばし方」について、お伝えしてみますね。マンネリのカベを突き破ろう! 「 写真を撮るちゅうのんは、己(おのれ)   撮るちゅうことやで〜、もっと独自性をだせ〜〜〜!」 プロの仕事にようやく慣れてきたころに読んだ評論家、「重森弘淹」 のコトバです。私は、なぐられるような衝撃を受けました。「君ら、いったい何を考 [続きを読む]
  • カメラマン:プロになっても最初はこんな方法で撮ってました!
  • 前回「おもしろい話」として、小説家の物語を作る過程を取り上げました。それらは、「天啓」 とか「神の降臨」とか呼ばれたりしますが、このことは、ごく普通の凡人には、めったにあることではないと思いますので、ここでは深くは触れず、もっと身近な話に戻して、今日は、私自身がプロになったあと、最初どんな方法で撮っていたかを知っていただくのも面白いかもしれないとおもっています。そのあとで、私が、「才能や個性」につ [続きを読む]
  • カメラマン:独学者の才能の育て方?孤独な独学を支えたのはコレ!
  • 個性や才能をどう考えていますか? お元気ですか?どうやら、天気が暖かくなってきそうですね。私は、寒さに弱いほうなので、待ちわびていました。(笑い)写真を撮るのにも、外出しやすくなりますね。冬の厳しさを撮るのが好きな人にとっては、ひょっとして、まずいかも?さて、今日は、ちょっと「おもしろい話」をお伝えしようかなと思っています。このところ、このブログで「個性」「オリジナル」「独創性」「才能」などについ [続きを読む]
  • カメラマン:独創性を発揮するには「複眼思考」も大事です!
  • しばらく更新が止まりました。実は、「腫瘍」 で入院していた時、同室には、6人が居て、その人たちと親しく交流していたのですが、みな退院して約4年になります。その後どうしているのだろうと久ぶりに連絡をとってみました。ところが、教えられた3人の連絡先にTELを入れて、私は、ビックリしてしまったのです。3人の内、2人は亡くなっていました。もう一人は、再発のため、通院しているとのことでした。全く予想していな [続きを読む]
  • カメラマン:個性は折に触れ変化することもあります!
  • 個性は、折に触れ、変わることもある前回、「個性」 を引き出す方法の一つとして、私自身の経験をお伝えしました。そのポイントは、① 「個性」を「好きか嫌いか」に置き換える。② 被写体に全意識を集中する。③ 「ボキャブラリー(コトバ)」を使う。以上の3つでした。「個性」といっても、実際にはとても分かりにくいものです。私は、「個性=好き嫌い」とコトバを変えて、自分に言い聞かせておりました。これなら、アイマ [続きを読む]
  • 写真撮影:初心者が個性を表現する前にそれを引き出すのに四苦八苦!
  • 前回、の蜷川実花さんについては、ページを改めて書きたいと思います。実は、ある一通のメールが届いたのです。学生さんの苦しみ!個性を引き出すには?「個性について、どうしてそれを引き出したらいいか?このところ、もがき苦しんで、今なお暗中模索をしている」というメールを学生さんからいただきました。そこで、メールの一部をご紹介しますので、どうぞご覧ください。(どのアングルにしようかな?)<ヤフー検索ヨリ>それ [続きを読む]
  • 蜷川実花香港写真展超人気!彼女の個性炸裂!果たして天才か?
  • 個性の確認=コレが写真の奥義です!前回、「個性」 の正体を、「生まれた時から、その人に与えられたもの」とお伝えしました。そして、「それはすべての人に備わっている」とも書きました。そのあと、私は、念のために、各種のカメラ雑誌のバックナンバーを調べてみました。いろいろな表現がなされていました。・「個性=性格」・「個性=好きなこと」・「自分が深めたいテーマを追求」・「好みの傾向」・「得意なこと」・「内か [続きを読む]
  • 写真撮る上で個性は超重要!その本質を知ってもう迷わないで下さい!
  • 個性を考えるまでに時間がかかった体験写真にとって、「個性」 は最も重要なものと僕は考えています。私が、「個性」 ということを強く意識したのは、プロになって半年ぐらい経った頃だったと思います。私は、主として、それまでカメラ雑誌を「教材」」に使ってきましたが、月例コンテストの評には、「個性」「オリジナル」「独自性」などという「コトバ」がしょっちゅう出てきておりました。しかし、「何を?」「どう撮るか?」 [続きを読む]
  • カメラマン:想像力&個性!アマチュアでもここまで撮れる!
  • 想像力を駆り立てる写真とは前回、読者「N」さんの写真を取り上げました。そのご本人から、撮った時の「コメント」が届いていましたので、もう一度ご覧になってみませんか?撮影者の思いを知った上で、観れば、また見方が変わると思います。他にも、ミステリー本のカバーになった画像も一緒にどうぞ。①(謎を暗示するNさんの写真)(「N」さんのコメント)「取り上げて頂いてありがというございます。見たままをさっと撮ると何 [続きを読む]
  • 写真撮影:初心者&中級者・物語を想起させるのも一手!
  • この一枚であなたは何を考える?今日は「個性」の最終に入る前にこの写真をご覧ください。①この写真は、読者の「N」さんが撮ったものです。久しぶりに「N」さんのブログに寄せていただいたところ、目に飛び込んできたのが、この写真でした。皆さんは、この写真に何を感じられますか?それぞれの人に、いろいろな思いや、考えが浮かんできたのではありませんか?僕にとっては、非常に想像をかきたてられる写真です。一つの 「個 [続きを読む]
  • 芥川賞受賞者語る書くのは業だと!これも個性の表れか?
  • 芥川賞受賞者語る「書くのは業」前回、ミュージシャン「ヨシキ」さんについて書きました。実は、ヨシキさんの番組(録画)を見たその晩、多分10時前後だったと思います。芥川賞と直木賞の受賞者が発表されました。直木賞の受賞者からは、飛び上がらんばかりの喜びが伝わってきました。芥川賞受賞者は二人で、その一人は60代後半の方。「人生の最終章でこんな栄えある賞をいただくとは・・・」やや、なみだぐんでおられたようで [続きを読む]