川太郎 さん プロフィール

  •  
川太郎さん: 淡水五目釣り 〜 Fish bless you! 〜
ハンドル名川太郎 さん
ブログタイトル淡水五目釣り 〜 Fish bless you! 〜
ブログURLhttps://kawataroo.exblog.jp/
サイト紹介文リール竿のウキ釣りで、淡水の五目釣りを楽しんでいます。
自由文おもに埼玉県内の利根川、中川、荒川、渡良瀬川で、ハクレン・コイ・ニゴイ・ワタカ・ウグイなどなど、淡水の小物から大物まで、リール竿のウキ釣りで何でも釣っています(^^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/11/24 15:05

川太郎 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 近所の沼でコイ釣り
  • ひさびさに、ウチの近所の沼に出撃しました。この日は天気が微妙で、雨になっても不思議はない様子。渡良瀬遊水地まで車を走らせ、着いたら雨ではガッカリなので、家から近い釣り場にしたわけです。ここはあまり釣れる沼ではないのですが、たまには良い型のコイも釣れます。その「たまには」を、いつも期待してしまうんですけどね(^^)さて、この日の釣りですが・・・ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー... [続きを読む]
  • 遊水地レンギョ〜2018年9月〜
  • さて、次は9月の釣りです。(「遊水地レンギョ〜2018年8月〜」の続きです)9月もけっこう暑い日が多かったですが、8月のとんでもない猛暑とは違うせいか、状況は好転してきました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■2018/9/9(日) くもり→晴 水温27℃ 仕掛け:毛バリ朝5:20、釣り開始。5:50頃から、トップがムクムクムクと上がり、ズンズンズンと... [続きを読む]
  • 遊水地レンギョ〜2018年8月〜
  • 今シーズンも渡良瀬遊水地には通っていましたが、しばらくブログの更新をしていませんでした。そこで、今シーズン(2018年)を振り返って、ここまでの遊水地レンギョ釣りの様子を書いてみようと思います。前回のブログで書いた7/30以降の渡良瀬遊水地でのレンギョ釣りを、ダイジェストで書いてみます。まずは、8月の釣りです。8月は、異常な猛暑で過酷な釣りである上、釣れない・・・という残念な釣りがほ... [続きを読む]
  • レンギョ含みの五目達成? 〜渡良瀬遊水地〜
  • このところレンギョ釣りのことばかり書いている気がしますが、私が目指しているのはあくまでも「五目釣り」。色々な魚に会いたいと思っているんですよね。といって、一番の大物を逃したくはない・・・そこで、リール竿でのウキ釣りというスタイルになっているわけです。しかし、大物を捕まえるとなると、それに対応できる仕掛けとハリにせざるを得ないため、おのずと小物はハリがかりしにくくなり、五目達成が難しくなる... [続きを読む]
  • レンギョシーズン到来(2018年) 〜遊水地レンギョ〜
  • ブログは書いていませんでしたが、釣りはヤっていました。レンギョ釣りのシーズンが到来したと思ったら、いきなりの連続猛暑日。それでも、待っていたシーズンですから、渡良瀬遊水地に毎週出撃はするわけです。でも、どうも猛暑が始まってからは、あまり調子よくないです。今シーズンここまでで(渡良瀬本流での釣果を除いて)、4匹ハクレンを捕まえていて、バラシは一度も無しです。この5週分の渡良瀬遊水地でのレン... [続きを読む]
  • 愛用のハリのこと
  • ここ7年くらい、私が最もよく使っているハリが「チヌバリ」の6号です。レンギョもコイもソウギョも、このハリで釣ってますし、ヘラブナや西洋ブナ(ブラックバスとも呼ばれる)、ボラ、ニゴイ、ワタカなども、ほぼこのハリでヤっています。以前良く使っていたのは、ヘラブナ用の「改良スレ:10号」でした。サイズ的にはチヌ6号より若干小さい程度なのですが、なにぶん軸が細い・・。このためレンギョと引き合うと、... [続きを読む]
  • 自作ウキで2匹目のレンギョ
  • 本流用のウキ(レンギョウキというか玉ヘラウキというか)も自作したことだし、しばらく渡良瀬本流で勝負してみたいと思っています。そういうわけで、5/27に出撃しました。■2018/5/27(日)晴れ 水温22℃仕掛け・磯竿3号4.5m、小型のベイトリール・本流用の自作ウキ・板オモリ・ライン:ナイロン4号、ハリス:ナイロン3号・ハリ:チヌ6(カエシは潰したもの)の2本バリ・ハリス長:2... [続きを読む]
  • 本流用レンギョウキの自作
  • ハクレンは中層魚なので、釣るにはウキで宙を狙いたいわけです。流れがほとんどない場所であれば、大型のヘラウキを使えば良いのですが、けっこう流れが強い場所では、ヘラウキでやるのは無理があります。流れが強いポイントでは、仕掛けを投入するとすぐに流れきってしまうので、その流れ切った状態でキープするような釣り方、仕掛けを流れに「たなびかせた」形での釣り方となります。ウキが水流に負けて倒れてしま... [続きを読む]
  • 渡良瀬本流でレンギョ
  • このところ、渡良瀬本流に続けて出撃しています。2018/5/5に渡良瀬本流で105cmのハクレンを捕まえましたが、このときは「ブッコミみたいな底釣りで、エサはパン」という、およそハクレンが釣れるような釣り方ではない、実にありえない釣果でした。でも、いることはわかったので、ハクレンが釣れるような釣り方でやろうと思いました。ハクレンは中層魚なので、ウキで宙を狙いたいわけですが、本流はけっこう流れ... [続きを読む]
  • 「水深」と「水位」について
  • 「水深」と「水位」について書いてみたいと思います。釣り人の会話においては、通常どちらも同じ意味で使われているような気がしますが、実際は、この両者は全く別物のようです。●水深:水底から水面までの距離。いわゆる深さを表す言葉しかし、「水位」はそうではありません。●水位:ある基準点から水面までの垂直方向の距離。いわば高さを表す言葉・・ということなんですね。「標高」という言葉に近い概念のようです... [続きを読む]
  • 今シーズン初レンギョ
  • 渡良瀬遊水地の現在の貯水率は40%台。本湖(谷中湖)や水路には、まだあまり水が入っていません。そこで昨日は、貯水率など気にしなくて良い渡良瀬本流に出撃。本流はけっこう流れが強くてウキ釣りはヤリにくいため、大きめのオモリをつけたミャク釣りでやることにしました。さて、昨日の釣りですが・・・・2018/5/5(土)晴れ 水温18℃仕掛け:2.1mリール竿、道糸5号/ハリス4号、ナツメ型オモリ10... [続きを読む]
  • 渡良瀬遊水地のリアルタイム貯水率
  • 渡良瀬遊水地は、12月末〜1月初旬頃から水を抜き始め、2月初旬くらいには湖の水がほとんど無くなり、3月下旬頃から、また水が入り始め、5月に満水になり・・・というのが毎年のサイクルです。でも、この「5月に満水」ですが、5月初旬のこともあれば下旬のこともあります。去年(2017年)などは、10年に一度行う機場ポンプの保守・補修工事を5月のGW頃から行ったため、水が入り始めたのが6/2、満水になっ... [続きを読む]
  • まだ、いたか・・
  • 春が来たと思ったら、いきなり暑い日がやってきて、もはや初夏のようですね。ブログは書いていませんでしたが、釣りはヤっていました。今年(2018年)は3/18が釣り始め。行っているのは、もっぱら近所の沼です。仕掛けはいずれも、竿:4.5m磯竿3号/リール:Penn Peerless両軸リール/ヘラウキ/板オモリ/長さ20cmと15cmの2本バリ/ハリ:チヌ6号、ラインは道糸4号/ハリス3号... [続きを読む]
  • レンギョ釣りのネリエサ・レシピ
  • レンギョ(ハクレン)はプランクトン食性なので、「バラケタイプのネリエサ」を使用するわけですが、いくつか条件はあります。ヘラブナ釣りのエサほどバラケ過ぎず、といってコイ釣りのエサのようにバラケずに、水中で長もちし過ぎるのも困ります。その中間くらいが望ましいです。ハクレン釣りのネリエサは「1分くらいでバラケきる」のが理想的という人もいますが、私の感覚では1分は短すぎます。「3分くらいでバラケ... [続きを読む]
  • 5週連続のキャッチ 〜遊水地レンギョ〜
  • 新潟で海釣りをしてきた後の、2017/9/5〜10/1にかけては、気分が変わったせいか、急に調子が良くなりました。まあ、毎回一匹ずつではありますが、釣行ごとにハクレンを捕まえていて、5週連続。バラシは、一度も無しです。その5週分の渡良瀬遊水地でのレンギョ釣りを、すこしダイジェストにして、一挙に書いてみます。仕掛けは、下記いずれの日も同じです。・磯竿3号4.5m、小型のベイトリール・... [続きを読む]
  • 番外編・海の五目釣り
  • 残念な釣りが続いていたので、気分を変えようと思い、新潟に旅行した際、海釣りをしました。「淡水五目釣り」というタイトルのブログですが、まあこれは「番外編」ということで(^^)やったのは、新潟のとある港。埠頭の岸壁から竿を出しました。さて、その日の釣りですが・・・。------------------------------------■2017/9/3(日) くもり→晴 水温22℃仕... [続きを読む]
  • バラシ・バラシ・バラシ 〜遊水地レンギョ〜
  • このところ、あまりブログの更新をしていませんでしたが、毎週のように渡良瀬遊水地には通っていました。そこで、今シーズンのここまでを振り返って、遊水地レンギョ釣りがどんな様子だったかを書いてみようと思います。2017/8/13〜27にかけては、残念な釣りを繰り返していました。仕掛けは、下記いずれの日も同じです。・磯竿3号4.5m、小型のベイトリール・大型ヘラウキ、板オモリ・ライン:ナ... [続きを読む]
  • 誰が放した・・・
  • 先月(2017年9月)のことですが、その日は雨が心配だったので遠出はせず、ウチの近所の沼でやることにしました。この日の仕掛けは、竿:4.5m磯竿3号/リール:Penn Peerlessベイトリール/ヘラウキ/板オモリ/長さ20cmと15cmの2本バリ/ハリ:チヌ6号で、ラインは道糸4号/ハリス3号。タナはオモリベタの底、エサは食パンでやりました。さて、その日の釣りですが・・・朝5... [続きを読む]
  • 小魚の活性高し 〜遊水地レンギョ〜
  • 今年、またレンギョが戻ってきてくれたので、暑かろうとなんだろうと、行かねばならないのです(^^)・・・ということで、先週末の8/5(土)に渡良瀬遊水地に出撃しました。さて、この日の釣りですが・・。■2017/8/5(土) くもり 水温28℃釣果:ハクレン 90cm 仕掛け:・磯竿3号4.5m、小型のベイトリール・大型ヘラウキ、板オモリ・ライン:ナイロン4号、ハリス:ナイロン3号・ハ... [続きを読む]
  • 魚に竿を持っていかれない工夫
  • 頻繁にアタリが続くときはまだしも、1時間、2時間とアタリが無いと・・ですね。ウキに集中し続けるのにも疲れてきて、竿から手を放し、背伸びをする、あるいは、向こう岸の景色や遠くの山の稜線をのんびり眺めたりします。決まってそんな時です。ガタンという音に、ハッとして視線を落とすと、自分の竿が沖に向かって凄い勢いで水面を滑っていく光景を目にするのは。まるで、こちらの「気」の動きがわかっているかのよ... [続きを読む]
  • 1年10か月ぶりの遊水地レンギョ〜2017年夏〜
  • 渡良瀬遊水地で、ひさびさにレンギョを捕まえました。私が最後にレンギョを捕まえたのは 2015/9/6 でしたので、じつに1年10か月ぶりです。渡良瀬遊水地は毎年、5月には満水になるのですが、今年は特別な事情があり、満水になったのは6月中旬でした。水が入った直後というのは、水の中の環境が落ち着いていないようで、ほぼ釣りになりません。それが落ち着いてくる頃が、レンギョ(ハクレン)を含む色々な... [続きを読む]
  • ここ数年の遊水地レンギョ
  • 釣り場で、じつに良く耳にする言葉に「いや〜。ここも昔は良かったが、年々ダメになってきているよ」というのがあります。渡良瀬遊水地の釣り人からも、利根川、荒川、霞ヶ浦、北浦で釣りをしている人たちからも、この言葉を聞いたことがあります。まあ、釣り人たちが交わす常套句というやつなのでしょうが、実際のところ、どうなのでしょうね。水質悪化、外来魚の増大による対象魚の減少、釣り人の増加による場荒れなどによ... [続きを読む]
  • 今年(2017年)の初遊水地
  • 今年(2017年)初めて、渡良瀬遊水地でヤってきました。渡良瀬遊水地に水が入って満水になるのは、ほぼ毎年5月。でも5月の何日に満水になるのかはわからないので、今年も渡良瀬遊水地管理事務所に電話して訊いてみました。「5月のGW頃、夏水位に移行が完了し、現在(5/18)は水が入っています」とのこと。ならば、と 5/21 に出撃してみたのですが、これが・・・。現地に到着してみると・・・水が、... [続きを読む]
  • 過去の記事 …