ゆうきち さん プロフィール

  •  
ゆうきちさん: 「滋賀の住人」
ハンドル名ゆうきち さん
ブログタイトル「滋賀の住人」
ブログURLhttp://blueskyfine.blog14.fc2.com/
サイト紹介文滋賀を中心とした画像日記です。地元ならではの穴場なども紹介したいと思います♪
自由文大阪出身→滋賀県在住の60年代生まれ。
滋賀をを中心とした西日本圏の神社仏閣、花、水、昆虫など・・・
要は何でもありなんですが(笑)
滋賀の穴場などもご紹介できればと思います。

最近では飛ぶ昆虫(蝶や蜂)の撮影が面白くて練習中です。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/11/25 01:20

ゆうきち さんのブログ記事

  • 若狭小浜 「恵のひまわり畑」へ!
  • 7月中旬のこと・・・まだ少し早いかなぁ〜と思いつつも、若狭小浜 「恵のひまわり畑」へ!別名「宮川ひまわり畑」とも呼ばれ、ほぼ毎年訪れていますやっぱり少し早かったですね〜だいたい4〜5分咲きその分、ほぼ貸し切りで楽しめました夕日が当たり少し赤味を帯びたひまわり昨年も見たかと思うと、一年の経つのが早いこと・・・満開では無かったですが今年もまたこうやって健康に訪れることが出来た事に感謝したいと思います〜 [続きを読む]
  • 菖蒲咲く 「大安禅寺」
  • 福井県にある「大安禅寺」北陸では菖蒲が咲くことで知られており、一度は訪れてみたいなぁ〜と思っていた寺院のひとつです当日は5分咲程度でしたが、寺院そのものも見どころがあり楽しめました秋には紅葉も楽しめそうですにほんブログ村2018.6.16 [続きを読む]
  • 紫陽花咲く 「丹州觀音寺」 その壱
  • しばらく更新が滞っておりました春先から体調が悪かった上に仕事も多忙を極め、家に帰ってからはPCと向き合うのが辛かったのです。ただ、週末にはチョコチョコと出掛けておりましたので、体調も少しマシになってきたこともあり、ボチボチとマイペースで更新して行きたいと思います。6月に行った福知山にある「丹州観音寺」紫陽花寺で有名ですが、訪れるのは初めてですとても風情のある良いところですね〜当日は小雨混じりで紫陽 [続きを読む]
  • ある日の夕暮れ時
  • 雨あがりの日・・・夕方に少し晴れ間が出て、色を演出してくれました!しかし最近は忙し過ぎて何をするにも面倒臭くなり・・・そんな自分をリフレッシュしようと、週末は知らない場所へと出掛けてきますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 2018 紫陽花の「もりやま芦刈園」 その壱
  • 先週末は、まだ早いかなぁ〜と思いながらも守山市にある「もりやま芦刈園」へ全体的には2〜3分咲き程度かな・・・一面満開の時もイイですが、ポツポツと咲いている紫陽花を探して奏でるのもイイものですまだ訪れる人も少なく、ゆっくりと見て回ることが出来ました近畿もあっと言う間に梅雨入りですね!これから紫陽花の本格的な見頃がやってきますつづく・・・にほんブログ村2018.6.2 [続きを読む]
  • 鯖を食べに「SABAR」
  • 魚で何が好きかと言うと鯖!焼いて良し、煮て良し、酢で締めても良し!元々釣りバカのボクは、漁師の友達も居ますが、やはり鯖が好きとの事!そんな鯖好きですので、福井県は小浜市の田烏漁港のすぐ近くに鯖専門店の「SABAR」が出来たとの事で行ってみました小浜はもう数え切れないぐらい通っていますので、地図を見ただけであ〜っあそこね!と言う感じで到着〜元々は何の店だったかなぁ〜サーフショップのような佇まいではあ [続きを読む]
  • 新緑の「常照皇寺」 その壱
  • 先週末は知人の案内で京都まで何処か行きたい所はないかと聞くと、観光地化していない寺院とのこと・・・と言う訳で、京北にある「常照皇寺」へと!飾り気の無い昔のままのこちらの寺院は、古刹と呼ぶにふさわしい所だと思います〜ちょうど新緑の時期と相まって静かな境内でひと時を過ごせましたつづく・・・にほんブログ村2018.5.26 [続きを読む]
  • 新緑の「知恩院」 その壱
  • 所用があり「知恩院」までついでにと、境内の新緑を嗜んで来ました普段バタバタの生活をしているボクにとっては、イイお天気の中で緑を見ていると心が洗われ行きますつづく・・・にほんブログ村2018.4.20 [続きを読む]
  • 石楠花と室生寺 
  • これもいつ頃のものだろう・・・ボクは室生寺に行った事が無いのですが、今でもこのような風情が残っているのだろうかいつの日か、確かめてみたいと思いますにほんブログ村撮影者 父撮影日 不明 [続きを読む]
  • ツツジ回廊 善峯寺
  • ネタ無しですので、かつて父が撮ったものを・・・いつ頃のものだろう恐らく善峯寺だと思うのですが、間違っていたらスミマセン今もこの風情が残っていればイイのですが・・・しばらく父の遺作がつづきます・・・にほんブログ村撮影者 父撮影日 不明 [続きを読む]