NCM2 さん プロフィール

  •  
NCM2さん: NCM2 CHOIR
ハンドル名NCM2 さん
ブログタイトルNCM2 CHOIR
ブログURLhttps://www.ncm2.com/
サイト紹介文結成33年!ロスの日系ゴスペル・コーラスグループ、NCM2メンバーとアソシエイトのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/11/25 11:41

NCM2 さんのブログ記事

  • 死とは永遠に続く素敵な昼寝、コロノスコピー(大腸癌検査)に際して
  • 待っていたコロノスコピー(大腸癌検査)の日がやってきました。父が大腸癌で亡くなっているために私は5年に一度はこの検査を受けることになっています。 そして私はこの検査が大好きなのです。大腸を空っぽにするために前日128オンズ(グラス16杯)分の液体を飲まなければなりません。下剤です。これはつらいです。大量というだけではなくおいしくないのです。                      メールで7日前か [続きを読む]
  • NCM2 キックオフ・ライブ 2018
  • NCM2 ・11月日本ミッションツアーのキックオフ・ライブです。韓国のNCM2メンバー、イ・ジュンソクもアメリカ東部でのソロ・ツアーを終え、LAで合流。このライブに参加します。皆様、是非お出かけ下さい。 GVIC フライデー・ワーシップ・ナイト・スペシャル〜NCM2 キックオフ・ライブ 2018 NCM2 CHOIR イ・ジュンソク(Junseok Lee) ヨシオ・J・マキ(Yoshio J. Maki) 松尾ユリ(Yuri Mats... [続きを読む]
  • 壮絶な一年間の闘いが終わり、夫の肺癌が消えました。ハレルヤ、感謝
  • 昨年の2月、夫が肺の検査を受けてみました。もともと心臓に問題があったのですが、心臓は定期検査を受けていました。少し息切れがするので、心臓だけではなく念のために肺を調べてみたらということになったのです。 そしてなんとその結果、ペースメーカーの裏の部分の肺に1.8センチの影があるというのです。ペットスキャンという癌の存在を調べる写真を撮ってみました。 ペットスキャンでは癌細胞があるところが光るのだそうです [続きを読む]
  • 仏教とキリスト教の集い vol.2
  • いよいよ今週末となりました「仏教とキリスト教の集い vol.2」。2018年9月8日(土)に下北沢の老舗ライブハウス、ラカーニャで、J-CCMの重鎮、久米小百合さん(元久保田早紀)と、イケメン現役僧侶、善念和尚のコラボ・ライブを催します。 久米小百合さんは名曲「異邦人」で一世を風靡したシンガーソングライターですが、今はプロテスタント・バプテスト派の神学博士号を取得された牧師/キリスト教音楽伝道師で、これまで久米小百 [続きを読む]
  • 夜廻り猫〜料理の名前は「ひんむす」と「チワー焼き」
  • ツイッターで毎週更新されている深谷かほるさんの8コマ漫画「夜廻り猫」の大ファンです。 社会の中の弱者に、そっと寄り添う猫が主人公の漫画ですが、その中で猫が人間に教えくれる、安くて手軽なお料理が楽しみです。ツイッターでは、色々な方が作ったと言う写真が次から次へと出て、漫画を一層魅力的にするSNSの影響力の凄さに驚いたりしています。 その中でもヒット料理が2点。一度食べて見たいなあと思っていた料理を作って [続きを読む]
  • ブリッジコンサート「届けてほしいこの愛を」アラタニシアターにて
  • 8月25日,ロスのアラタニシアターで、韓国人ピアニスト、ゴンミンさん率いる有名なアーテイストたちが、「ブリッジコンサート、届けてほしい この愛を」いう日本の被災地のためチャリテイ・コンサートを催します。 その前段階として、私達の教会、GVICで先日ミニコンサートが開かれましたが、私達、参加した者たちは彼の日本人への愛と情熱に圧倒され、彼を応援せざるをえなくなりました。 ゴンミンさんは韓国で、プロのピアニ [続きを読む]
  • なまけ者よ、ありのところへ行き、そのすることを見て、知恵を得よ
  • 1932年築の我が家は二年前に改築しましたが、あちこちから蟻が出てきます。このところの暑さのせいでしょうか?写真はグロテスクでここに出すのも気持ちが悪いものですが、ちょっと食べ物が落ちていたりすると、この大群です。天井からです。それにしてもかれらはすごいです。殺すのがもうしわけないくらいに働いています。 旧約聖書の箴言に次のように書かれています。 「なまけ者よ、ありのところへ行き、 そのすることを見 [続きを読む]
  • 希望という名のあなたを訪ねて
  • 最近、私は、“希望”という言葉にとらわれています。この“希望”という言葉には、明るい光と黒い影が含まれているようです。 昔、岸洋子という歌手が、「希望」という歌を歌いました。“希望という名のあなたを訪ねて、遠い国へとまた汽車にのる”という言葉で始まりますが、せつない思いを漂わせます。岸洋子、、、昔の歌手は本当に歌えたんですね。 今は、口先だけで叫んで、踊るだけ。あれで、よくも喉がやられないものだと変 [続きを読む]
  • 神はその種類に従って野の獣、家畜,地のすべての這う物を造られた。
  • 朝、家の中にいた猫が外に向かってうなりだしてそれがとまりません。いつも隣りの猫が来ると「ここ、私の家」と叫んでその猫を追い払うのですが、今朝の声はその声とは違うようです。 いそいで外を見ると、なんと我が家の猫と親戚のようなこのラクーンが地面に穴を掘っていました。私の顔を見ても逃げようともしないのです。 それどころか、ガラス越しに寄って来たではありませんか。時々我が家の猫はラクーンに似ている顔だと思う [続きを読む]
  • 平和を実現する人々は、幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる。
  • 去る7月1日、「比嘉太郎とガジュマルの木」と、題した講演会がロス近郊のガーディナ市で行われました。私達の教会の上原民子さんが主催者であったため、この日のために皆で祈ってきました。  開場はあふれんばかりの聴衆。英語スピーキングの方々の方が多く、300人くらいの出席者だったと思います。まず、会は辻本牧師の祈りによって始まり、沖縄生まれのハリウッド女優、Tamlyn Tomitaのユーモアあふれる司会ですすめられま [続きを読む]
  • 2018年 ハーベスト・リトリート in USA に参加
  • 十数年ぶりのハーベストタイムの集会 十数年ぶりに南カリフォルニアで開催されたハーベストタイムの集会「2018年 ハーベスト・リトリート in USA 」に参加しました。 会場はアーバインにあるマリオットホテル(Courtyard by Marriott Irvine Spectrum)。1階のバンケットルームには、南カリフォルニアのみならず他州や日本????から百数十名の方が集っていました。 十数年前に参加した時とは様変わり・・。南カリフォ... [続きを読む]
  • 私たちは祈ります。困った時には祈ります。
  • なぜか、人は祈ります。 別に神さまを信じていなくとも、切羽つまると祈ります。ある友人が「自分は、困った時の神だのみのクリスチャンだ」と言っていました。困らなければ、祈らないし、困らなければ祈る必要がないというわけです。人は、生まれながらに祈ることを知っています。だから、困った時には祈るのです。 いつか「無神論者の祈り」という話を読みました。神さまを信じない人が森で大きな熊に出会いました。その熊は、子 [続きを読む]