師匠 さん プロフィール

  •  
師匠さん: 引退コーチの釣り
ハンドル名師匠 さん
ブログタイトル引退コーチの釣り
ブログURLhttp://hannouhangyo.naturum.ne.jp/
サイト紹介文日本海・庄内の海をルアーで釣り歩く、引退コーチの釣りブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/11/26 16:05

師匠 さんのブログ記事

  • 自説:癒しメバルとの戯れ
  •  日本海、庄内の特徴として ・干満の差が少ない事 ・磯も浜も一体に遠浅である事 ・どの漁港も至って浅い事 ・冬の磯場は岩ノリに覆われ夜は危険である事 ・冬は水温の低下に伴い潮位が低くなり  大潮満潮でも、夏場の干潮程度の水位しかない事 以上を踏まえ、冬メバル=癒しメバル について自説を述べたいと思います。 1月も中旬になると18~9cm以上はスポーニングで港内は居つきの1~2年魚ばかりとなり好条件になろうと [続きを読む]
  • ショートロッド・メバリング
  •  アジング全盛の昨今メバリングは衰退、マイナー陥落模様。我がスタンスは本来メバリングでありますが御多分に漏れずアジングに気持ちが傾斜使うロッドは短く・・・更に短くメバリングロッドのスタンダード7ft台は寝たきりに。 ならば最近手に入れたブルカレ58癒しメバルでも面白い様に曲がるのではないでしょうか。 と云う事で、某港の奥の奥外が大荒れなので、ここでも波が有って濁りもきついメバル凪と言い古されていますが [続きを読む]
  • 常夜灯の季節
  •  午後〜夕方のアジングは不調たまに釣れる25cmレベルは単発豆アジばかりで鳴かず飛ばずが続いております。 今夜は新月大潮廻り癒しメバル調査に出掛けてみました。下げ潮6分〜 某漁港常夜灯曲がるロッド・ブルカレ65、ドラッグを締め込みロッド操作でメバルの引きを楽しみたいと思います。 20cm up 冬メバルのキモは、やはり波と濁りではないでしょうか経験的に言えば、スケスケの静波はチビばかりです。 顔が癒し系ですね良 [続きを読む]
  • 昼アジ
  •  昼に釣れるアジも大きくなりました台風の底荒れで出払ったアジようやく戻って来た様です。 だだし、時合は一瞬何回もチャンスが有るわけでもなく廻って来た時にモタモタするとダメなので・・・写真は帰ってから撮ったものです。 [続きを読む]
  • ファイナル ジェット
  •  天気予報からして、多分今夜が最後のエギングか新月廻りの大潮下げ3分からもし幸運に恵まれれば、有終の美を飾れるかも知れない。 時折霧雨だが防寒着が暑過ぎる気温19度、北寄りのさざ波おそらくこんな条件は暫らくは来ないでしょう2.5号のエギ王490を東風に乗せて、目いっぱいぶっ飛ばす。 20カウント、2回大きく煽ってフォールス〜ッとラインにテンションを掛けるとヌタ〜〜・・・っと覚えの有る生命反応が・・スイープ?  [続きを読む]
  • あてな夜 外道編
  •  マッカレル・・・サバですね鯖アジング、メバリング風に言えばマッカリングそれともサバング? 一気にサバの群れが入って来てアジングはままなりませんバカスカ釣れるサバ、何とかならないモノか ギラギラとヒラを打ちながら縦横無尽、トルクフルな引き味なのに邪険に扱われるこの魚大き目(23〜25cm)を持ち帰り〆サバを作って見ました。 処理はアジより楽鱗を引く事も無く三枚におろし強めの塩で40〜60分、軽く洗って酢で〆 [続きを読む]
  • アジングの季節
  •  どの漁港にもサバが押し寄せて海水温は確実に低下した証海の季節も一歩進んだ様です。 強烈な引きは間違いなくサバサバの合間にアジを狙う またサバか・・・と思いきやグッドサイズのアジ秋のアジは脂が乗って旨い?アオリとは異質の引きを楽しむ季節到来ですね。 [続きを読む]
  • 何かが違う夜
  •  久しぶりに波絶好、潮絶好この条件なら場所も絶好の筈ロングキャストに続いてのショートキャストフォールで食って来ました至近距離からの墨ジェットを何とかかわしてランディング。 今年の烏賊はこの手法が全く不調近くまで追って来ず、沖でヒットが多かった様です。 時間経過とともに益々条件は良くなるのに活性が上がると思いきやキャストを重ねるごとに釣れる気がしなくなる。 何かが一週間前とは変わった様な多分終りがす [続きを読む]
  • 堪忍袋の緒が切れた
  •   死んだアオリは撮らない主義ですが今夜はやむなく帰ってから撮る事になってしまいましたなぜならば・・・ 皆さんは隣に後から入って来てヘッドランプを点けて海を照らしながらエギングをする輩が居たらどうします? よ〜く観察すると隣に先行者が居るにもかかわらず何の遠慮や配慮も無く、煌々と照らしながらロッドを操作しエギの位置を確認しているのです何と? 時々こっちに頭を向ける開いた口が塞がらない。 夜釣りのAB [続きを読む]
  • ジェット ストリーム
  •  荒れ続けた海、ようやく待望の凪夕まず目のキジハタは不調のまま夜になってしまいました。 エギに換えて数投目、ティップに異常反応がスイープで合わせを入れますすると 強烈なジェットストリーム?ドラッグが滑る、ドラッグを締める締め過ぎると掛りどころによっては腕がちぎれるかもしれない腕だけを残して消え去った大アオリ獲り逃がした苦い経験がよみがえりますジェットのパワーは想像以上。 オスの20cm up、シーズンベ [続きを読む]
  • 信念挫折
  •  荒れが続いております。これからは気圧配置とにらめっこ高波の合間をぬって速攻出漁それで結果を出せるかどうか難しい時期にさしかかりました。 凪ならアオリだが・・・残り半月で何回チャンスが有るモノか波高1.5m以内ならアオリとキジハタ場所を選べば双方をターゲットに出来ると思われます。 夕方から双方狙いで出漁しました思った以上の高波とウネリ正面から次々にウネリが押し寄せますが何とか安全な足場の高い場所を確保 [続きを読む]
  • あてな夜 アオリ編その1
  •  荒天の夜NHK「あてなよる」 にヒントを得て旬の味、アオリイカの巻き巻きで一杯呑みましょう (*^-^*) 今夜は生ハムとのコラボアオリは大きめに縦切りにします。 生ハムでクルクルと巻くだけ ハムの塩分で醤油は要らないかもショウガと梅肉(自家製梅干)も載せてみましたパクリ?・・・・噛むほどに生ハムとアオリが混ざり合う生ハムのコク + アオリの歯触りと甘み不思議な食感、 旨い? 木の芽、大葉、海苔等々好みに [続きを読む]
  • 夜のアオリは小さい
  •  夜の釣りでは干潮廻りが好きですなぜならば短時間で決着がつけられるから。だが、昨夜は中潮の満潮特にこの時期は潮位が高いが為に一口で言えば烏賊も分散模様で非常に難しいのであります。 干満で釣る場所を選んで入るわけですが特にアオリは釣果に差が出ると思っていました。だが先週来、その考え方こそ不調の原因ではなのいか不調の時こそステップアップのチャンス。 と云う事で逆の発想で満潮ながら干潮の釣り場に入って見 [続きを読む]
  • 激戦地ランガン
  •  真夜中から早朝エギンガーの人達は夜が明けきってしまうと、釣れる気がしないと言いますその通りですね。 ピーカンの真昼、早朝エギンガーの後に入っても釣れないでしょうが・・・ヤッパリ入れ替わり立ち代わり次々と釣り人がやって来ます夜討ち朝駆け、昼駆けまで攻められますから若いカップルに声を掛けると、全く釣れず飽きちゃったそうです。 昼のエギング、基本は藻の中を釣るシャローエリアのランガンに尽きるのではない [続きを読む]
  • 夜でこれかよ
  •  久しぶりにダシの強い風、夜のアオリで出漁しました夕まず目は満潮、最も潮位が高いこの時期ウネリは目的の磯に這い上がって来ますなので第一候補キャンセル、第二候補へ。 暗くなるまでキジハタ狙い10.5gのシンカーでいつものビッグワーム最近釣ったキジハタの胃袋が黒いのですおそらくアオリをベイトにしているのではないでしょうかアオリは消化されて、墨だけが残るのでしょうだとすれば・・・アオリが寄る場所にキジハタも [続きを読む]
  • 突風エギング
  •  台風18号、海はしっかりと耕された様です4日ぶりに満潮前後のシャロー狙い。 強風・・と云うよりは突風磯は勿論ダメで、港の斜路から風を背負うと港の真ん中あたりまでぶっ飛びます。 一匹掛けた途端に突風が暴風に進化斜路に突き落とされそうな、おそらく風速15mは確実退散、釣り時間15分 シーズン最短の釣行でした  ( ;´Д`) [続きを読む]
  • そうだアジングに行こう
  •  海は荒れております、3連休始まりの夕方なのにさてどうしましょうか?気持ちがキジハタやアオリに向かっていてすっかり忘れてました、こういう時はアジングでしょう。 と云う事で某アジング漁港だ〜れも居ませんね、アジは釣れてないんでしょうか久しぶりのアジングロッド何だか短くてオモチャみたいです。 風に向かってキャストして見ますすぐアタリ、コツン・コツンで時たま引っ張るだが乗らない・・・・かなりチビなんでし [続きを読む]
  • アオリとサイコパス
  •  名磯 田尻南の澗 釣った話ではありませんので悪しからず 今年のアオリは釣っただけではネタになりませんネ釣れるのが当たり前だからむしろ釣れない方が記事になるんじゃないでしょうか (;^ω^) 今週の日曜日夜明け前からすさまじい人出だったそうですおそらく今度の土日は更に混雑するかも知れません。 エギングは仕立ても簡単経験が浅くとも楽しめるのは結構な事です。ただ、ルールやマナーは守って欲しい趣味の海釣りに [続きを読む]
  • アオリとハードロック
  •  夜のアオリも良さげな頃となりました今秋の課題、夕刻からのキジハタとアオリ今夜はその一回目。 まずはキジハタ常用薄明、間もなくライトが必要な時間ゴツン? と来ました前日デカイのとファイト中にフックアウトしかも2回も・・・ なので、ゴツンで一呼吸置いて合わせを入れるところ二呼吸待つことに・・・すると一呼吸後 ガツン? と2度目のバイトおそらく噛み直したと思われます最初のバイトを我慢して正解でした。 こ [続きを読む]
  • アレをアレして見る
  •  アレのアレとは・・・Nの490 Sタイプ の事です今年は烏賊が多いので、どんなエギでもソコソコ釣れますねしかし或るシチュエーションになると明らかに大差が出来るのです。 残念なことにNの490にはBやDは全てのバージョンが揃っているのにSは欠落していますおそらくY社は商品化しないでしょうネ。 なので・・・そのアレをアレして見ました [続きを読む]
  • 夏の終わりに82F
  •  昨日夕まず目、キジハタ狙いのつもりが北の風が強く、テキサスリグと言えどもラインメンディング困難とみてアオリに切り替え追い風場に入りました。 相変わらず入れ掛かり状態が続きます時速優に二桁、ただ気になる事が・・・ 5日前に12cmレベルを釣った切り一回り大きいのや、飛び級レベルが釣れないのです旨いのはこのレベルだから、それはそれでいいのだが数が居過ぎて食料不足なのか?否、釣り方の問題なのでしょうだとす [続きを読む]
  • 煽烏賊と雉
  •  ご承知の様に、近来まれに見る爆釣現象今日も午前中の満潮廻りにシャローをランガン新子が居過ぎて感覚異常、罪悪感すら感じ適当なところで終止符を打ちました。 今年の様に、同じ場所で釣れ続けるのは珍しい現象おそらく回遊も多いと思われます。こういう機会にエギングを始めたりランガンして新しいポイントを見つけたりトラブルレスの楽しいシーズンにしたいものです。 さて・・・もう一方の主役キジハタ暫らくご無沙汰して [続きを読む]
  • 新子を食す
  •  チャンプの餌木コーナー一瞥してヤル気の無さが目立ちませんか?今後の奮起に期待します。 さて今年のアオリは好調ですが我が釣り日記によると十数年ぶりの好漁じゃないでしょうか勿論、海の霊長類たるアオリイカ餌木にゾロゾロと付いて来たとしてものべつ何処でも簡単に釣れるのではなくやはり場所、時間、潮時は大切です。 現在釣れるのは10〜12cmぐらいお刺身で食べては最も美味しいサイズので・・・一晩寝かせてから捌きま [続きを読む]
  • 小潮の満潮
  •  大潮・小潮に関わらず夕まず目にかけて満潮廻りとなる事極シャローでの好漁条件かと思われます。 私はやりませんが、夜明けについても同じことが言えるのではないでしょうか。 昨日、夕まず目 極々浅い海藻の中に潜む煽り 今時期としてはグッドサイズ 薄明りが残っている間は活性が上がります。 完全に暗くなったところで2.5号を投入だが・・・以後ムハン、サイズがミスマッチの様子何よりもナイトエギングには浅過ぎるネ [続きを読む]