北海道 小柴ふあーむ さん プロフィール

  •  
北海道 小柴ふあーむさん: 「旬の贅沢 こころの贅沢」
ハンドル名北海道 小柴ふあーむ さん
ブログタイトル「旬の贅沢 こころの贅沢」
ブログURLhttps://ameblo.jp/koshy-niseko/
サイト紹介文アスパラ、メロン、かぼちゃで、旬の贅沢・こころの贅沢をお届けする小柴ふあーむの物語です。
自由文一人一人のお客様と一つ一つの命をつなぐ仕事、それが農家。日々の生活に潤いや安らぎを提供するため、一念発起の独立を果たし、新天地・北海道で色んな事情と格闘しながらいいモノを良い値段でお届けする家族の物語。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/11/26 16:42

北海道 小柴ふあーむ さんのブログ記事

  • 時は元禄15年、おのおのがた・・
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 おのおのがた 月報でござる。 北海道 小柴ふあーむ 代表  和美その夫  孝志 フェイスブック 「小柴 孝志」フェイスブックページ 「〜勇気ある生き様〜 北海道 小柴ふあーむ」 「小柴物語」13年間の足取りが このページに凝縮されています! <北海道 小柴ふあーむ 公式ホームページ>〜勇気ある生き様〜 北海道 小柴ふあーむ 「農業は 人生を賭ける 価 [続きを読む]
  • 不眠不休の復旧作業、役場職員に敬意。
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 先週末から私たちの近隣地域で断水となってます。連結しているこちら地域も節水管理が始まりました。おそらく主管のどこかが経年変化などで爆ぜたのでしょう。なにより冬はもう始まっており すべて地面は雪に埋まり漏水個所の特定に想像を絶する困難が伴ってる模様。 このあたりの水道は山の自然湧水を利用し長い導水路を経て散開する各住宅へ届けられてます。 互いの家は数百メ [続きを読む]
  • きょうも我が家は、アツアツです。
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 なんの目標物も無い アイスバーンの初めての山中を 夜の9時を回ってから 20?走って迎えに来てくれる ウチの代表。 農業はカミさんで持つ。 と研修時代にきつく言われました。 その農家の奥さんが・・・ 畑をほったらかしたら 潰れる。 旦那と別行動をとったら 潰れる。 会話がなくなったら 潰れる。 きつく言われました。 小柴ふあーむが なんとか立ち行ってるのは 才覚 [続きを読む]
  • つまらない男
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 ご当地で 「つまらない男」 と言われて 早や14年。 そうです、わたしが つまらない男ですw そう言われる背景には いろいろありまして。 1.数字を追わないから。 2.デカイ夢が無いから。 3.人と違うから。 4.熱くならないから。 5.論理立てて考えるから。 いずれも学校を卒業し 北海道を後にしてから 身につけた事ばかりな気がします。 付和雷同 共鳴共振 そう [続きを読む]
  • げんこつでなみだふく。
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 悲しみに負けそうなとき げんこつで涙ふきなさい やっつけなさい よわいこころ https://ameblo.jp/toda-keiko/entry-12330582623.html アンパンマン 息子らも大好きで よく観てました。 罪を憎んで 人を憎まず そういうコンセプトが 一貫していました。 だから バイキンマンも ドキンチャンも アンパンマンや ジャムおじさんと 同じように人気がありました。 「出たな! [続きを読む]
  • つまらない夫婦ですけど、それがなにか?
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 たま〜に でも必ず 言われます。 「あんたって、つまらない男だね」 あるいは 意見交換してて こうも言われます。 「アンタの話、つまんない」 そうです、つまらないんです。 ある系統の人たちには つまらない考え方をする男です。 一方で、長くゆったりと ふくよかなお付き合いもありまして そういう方々からは 「小柴さんは面白いよね、ふふふ」 と言われます。 [続きを読む]
  • オマエのことだよ! 「カッコつけて良い人ぶるなよ・・・」
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 若い頃の自分への叱責と 今の自分への自戒を込めて。 「カッコつけて良い人ぶるなよ・・・」 学校を出てから今まで 生産現場とともに歩んできました。 育ちの良いボンボン気質?が故に 関わる人すべてに不快な思いをさせ 御迷惑をお掛けしてきたと猛省しております。 上辺の講釈と 過剰な自意識で 仕事の肝をバカにしてきた自分でした。 いつも近道を探り 自助努力を怠り [続きを読む]
  • 【感謝御礼】 進捗度100%、これにて店仕舞い
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 11月20日 進捗度100%をもって 今年度の北海道 小柴ふあーむを 仕舞わせていただきました。 多くの皆さんに 共感、支持、共有いただき 心より御礼申し上げます。 来年も一層共感いただけるよう 冬の間に心身ともにリフレッシュ さらにチャージアップして 引き続きの御贔屓を賜れるよう 備えてまいります。 今後とも御注視をお願いして 今年の締めのご挨拶と させ [続きを読む]
  • 月報「小柴物語」、配信完了です。
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」  畑の後始末で遅れ気味だった 月報配信。 10月号も完了いたしました。 御用とお急ぎでない方は ぜひご覧になって行ってください。 今月のテーマの中心には このマークが存在しています。 この月報をお届けし始めたのは '03年10月から。 14年を超えて だんだんと 山岡荘八著 「徳川家康」 状態に なって・・・来ま・・・し・・・た??? すみません おこがましいこと [続きを読む]
  • さようなら、グランビア
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」  11月9日家族の一員だった愛車「グランビア」が引取られて行きました。 こいつは我が家にとって2代目でしたがいずれも初期型のグリーン2WDから4WDへの乗り継ぎ’95から都合22年間家族の時間を共にしました。中古車買取業者との商談後即座に、その場で引取られて行きました。 評価額ゼロ、で。 ちょっと呆気にとられて急な別れだと途端に悲しみがこみ上げて来ま [続きを読む]
  • 「ウチのだんな」と呼ばれる喜び
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」  皆さん、御夫婦同士でお互いになんて呼びあってます?我が家の場合私は代表のことを公の場では 「家内」カジュアルな場では 「かみさん」家では 「おい」 「かあちゃん」代表は私のことを公の場では 「主人」カジュアルな場では 「だんな」家では 「おい」 「とおちゃん」 「おい」 という呼び方 静岡流れですかね。 ピュアな遠州弁では 「やい」 と呼びますが。 遠州で [続きを読む]
  • 若者達の選択
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」  選挙がありましたけど・・・ ちゃんと行かれました? もちろん、私たちも行きましたよ。 投票権という国民としての権利を 遂行してきました。 日本全国へ散らばって 各人それぞれ 全く異なる世界で歩み始めた ウチの若者たちは どこへ入れたのだろうか、ねぇ これまでの会話から察するに あらかた想像は付きますが。 親が言うのも何なんですが ウチの若者らは 賢い部類だと [続きを読む]
  • 出立! 秋の稔り「熟成メルヘンかぼちゃ」
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 収穫後3週間の低温熟成を経て昨日から全国のファンの皆様へ発送されています。今年の内容は充実の極み。 新じゃが 「キタアカリ」とのコラボが とても人気です。 なにより 春から続いた「北海道食べ尽くしセット」 秋の発送が含まれているので いつになく活況を呈していますよ。 「北海道食べ尽くしセット」をオーダーされた皆さんは とてもお得な気分を味わえたのではないかと思 [続きを読む]
  • 小柴物語 「秋早し 雨風寒波の 物語」
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 始めてから 丸14年が経ちました。 月報「小柴物語」 今月も お届けします。 「小柴物語」13年間の足取りが このページに凝縮されています! 今年の秋は 足早でした。 あっという間に 気温は一ケタに突入し 山は色づき始めました。 北と南の温度差が大きくなり 台風も強いまま北上してきたり 季節を進める雨がしつこかったり 足早な秋 特有の天候が 続きました。 以前 [続きを読む]
  • 大義が無い!と 騒ぎ盛り上がる北海道
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 「麻生太郎ちゃん」 言わずと知れた大物。 戦後日本の道筋をつけた 吉田茂氏の孫にあたります。 最近、口元が似て来ましたよねw 国際会議の折は ボルサリーノかぶって 長いコートとマフラー 黒基調で まさに出陣の井出達で 成田を後にしますよね。 なかなか あれだけカッコいいというか 凄みのある人も 最近の政治家では珍しい 貴重な存在だと思います。 会議では 海外の蔵相相 [続きを読む]
  • 毎年、初心に帰る「初冠雪」
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 9月29日の朝 道内各山から 初冠雪の報が届きました。 こちらニセコも 雄峰・羊蹄山の頭が 白くなりました。 寒かったですもん あの朝は! 里でも 明け方に3℃まで下がり 保温性の良い我が家ですら ストーブ点火の誘惑に 襲われるくらいでした。 さて羊蹄山 初冠雪は 毎年、私たちを初心に立ち返らせる 特別な意味合いを持ってます。 15年前のいま頃 2002年9月末 [続きを読む]
  • 遠州 と 北海道
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 遠州、 って 分かります? 遠江(とおとうみの)国のことで 琵琶湖は近い湖で近江 浜名湖は遠い湖で遠江 都から見てのレイアウトですが。 東海、南海、西海なんてのも 同じレイアウト感ですよね。 その遠州 静岡県西部で話される 遠州弁。 独特であります。 ネットで見た 遠州弁の音声 長澤まさみ vs, 鈴木砂羽 これ、強烈ですw 序盤は砂羽さんが飛ばすんですけど 中盤から長 [続きを読む]
  • 月報「小柴物語」 けっこう高評価です。
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 おはようございます。 雨が近づくと 体も心も重くなり つい寝坊しがちな朝 夜明け後の目覚めが秋の訪れを感じさせます。   月報 「小柴物語」 http://www.koshy-niseko.com/7monthly/monthly.html 今月も配信しています。 御用とお急ぎでない方は 寄ってらっしゃい、見てらっしゃい。 御盆からの1ヶ月の出来事を エッセイとともにお届けしております。 2003年10月から始め [続きを読む]
  • 秋メロン! 今週末から始まり!!
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 お待たせしました! 完熟 秋メロン の ご案内です。 パンチある ガツン系の甘さが特徴の 夏メロン。 それに対して 深いコクで まろやか系の旨みが特徴の 秋メロン です。 その 秋メロンが 今週末 9月8日ころから 収穫となります! ご注文いただいていたお客さま 長らくお待たせしました。 来週、皆さんのお手元に ズシッと重い玉が 届きますからね。 楽しみに待 [続きを読む]
  • 訣別の作業
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 我が家のクルマ更新が 差し迫ってます。 緊急ではなくとも 喫緊の課題となって 頭痛の種となっております。 いまのクルマ 95年式 トヨタ グランビア Gグレード フルタイム4WD 8人乗りベンチシート 排気量3.0リッターの ディーゼルターボ。 小柴家の道程を共にした 家族の歴史と言ってよろしいでしょう。 ボリュームある車体で 必要にして十分な動力 サイズを [続きを読む]
  • 八百万の神、どうぞ御加護を
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 「八百万の神」 信仰 農業やってからですね 自然神を崇めるようになったのは。 文明や経済で如何ともし難い 人智の及ばぬ力に翻弄される仕事になり 古の人たちが八百万の神に 祈るように至った流れを 身を以って知ることとなりました。 絶対神とか 教祖の教えとか そういう有体なものでは 庇えないもの。 日本の自然風土ならではの 勃興かと感じます。 敬う、崇める、尊ぶ 既成概 [続きを読む]
  • 「解放」を「自堕落」の言い訳にするな!
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 昨日、宮城県の航空自衛隊松島基地で 航空祭が行われてました。 今年は松島基地にとって 特別な意味合いのある 感慨深い位置づけだった思います。 東日本大震災で津波に襲われた 松島基地の復興感謝祭 という なんと6年がかりの復活を 示したものでしたから。 ブルーインパルスも 6年ぶりに飛んでました。 たまたま、偶然ですが あの地震の時 ブルーインパルスは九州へ 派遣さ [続きを読む]
  • 成人式 <見栄と懐古のモザイク模様>
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 気がつけば 早いものでウチの三男が 成人式の歳を過ぎてました。 オギャー!と生まれて鼻から黄色い胆汁を出してた時からもう20年以上が過ぎてました。ヤツら、成人式に出てません。今に忙しいし明日が楽しみだから。過去に囚われるほど暇じゃないとも。たしかに、そうです。私自身も成人式は出てません。すでに住民票を移してたし仮に出生地に居たとしても会いたいとも 見せたいとも 見 [続きを読む]
  • 完 売 御 礼 <樹上完熟 夏メロン>
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 ’07年 「樹上完熟 夏メロン」8月18日をもちまして完売となりました。お引合いいただいたお客様に心より御礼申し上げます。今年の夏もどうもありがとうございました。メロンは収穫できる その日まで気を抜くことが出来ない作物です。最後の最後までいつどうなるか? という恐怖と戦い続ける作物です。御贔屓様はもとより新しい御縁をいただいた皆様にも信用できるモノを! と思い代 [続きを読む]
  • お前たち、よくがんばった… <樹上完熟夏メロン 発送開始!>
  • 「農業は 人生を賭ける 価値がある」 4ヶ月半の季節と 手間と 気持ち丸ごと詰めて夏メロンが旅立ちます。「お前たち、よくがんばった・・・」厳しい条件にめげず挫けず 諦めず 前向きにいえ、私たちのことでなくメロンたちが そうでした。「お前たち、よくがんばった・・・」いい言葉です。メロンの 株と 玉に労いと 敬いを。ともに季節をくぐり抜けてきた同士ですから。どうかお客様に喜んでいただけますように。ありが [続きを読む]