マチベン さん プロフィール

  •  
マチベンさん: 街の弁護士日記 SINCE1992
ハンドル名マチベン さん
ブログタイトル街の弁護士日記 SINCE1992
ブログURLhttp://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/
サイト紹介文マチベン歴ほぼ30年のマチベンから見た世のこと人のことなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/11/26 22:37

マチベン さんのブログ記事

  • まだまだ続くぞ、壁の穴
  • 11月25日付ブログでご紹介した当事務所の壁の穴。「11月いっぱいは職人が手配できない」と言われた壁の穴。 案の定、11月いっぱいは無理ということであって、11月過ぎには塞ぐという訳ではなかった。 本日現在、壁の穴は、ご健在である。 「11月いっぱいは」と言われていた11月30日、僕が外で弁護団会議に出席中、突然、マンション管理会社から電話が入る。「誰もいないんですが」午後2時20分頃のことである。 [続きを読む]
  • 女子勤労挺身隊事件に関する韓国大法院判決に対するコメント
  • 戦時中、我が国は不足する労働力を補うため中国や韓国等の人々を強制的に動員して、各地の軍需工場や鉱山などで劣悪な労働条件のもとで過酷な労働を強いた。特に末期には幼い少女までもを動員し、その結果、彼女らの人生を奪うに等しい被害を与えた。本件勤労挺身隊原告らについては強制連行、強制労働であったと断定する名古屋高等裁判所の平成19年5月31日判決が確定している。 そうした結末が言語に絶する凄惨な敗戦であった教 [続きを読む]
  • 大阪万博決定!!  おい壁の穴が先だろ!!
  • 僕の事務所の玄関の壁に大きな穴が開けられている。 僕の事務所は2階にあるが、3階の排水が1階の事務所に水漏れしているということで、間の排水管の様子を見る必要があるということで天上から床までごっそりとコンクリに穴が開けられた。それが11月7日のことだった。 当日は、穴にビニールをかぶせただけで終わったが、翌日、マンションの管理会社が来て、パネルに張り替えられた。パネルへの張り替えは素人仕事である。や [続きを読む]
  • マイナンバー提供お断り 書式
  • 今年もマイナンバーの提供依頼が届く季節になったので、昨年作った書式を引っ張り出してきた。これで、お断りする。特定個人識別番号について、マイナンバー等という戦略用語に乗せられた段階で、アウトなんだよなぁ、反対運動は。それでも可能な限り、抵抗を続ける、と。 冠省 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。  さて、貴社からの特定個人識別番号の提供のご依頼についてですが、提供できません。  行政手続 [続きを読む]
  • 隠蔽される日本企業の劣化  台湾新幹線事故
  • 台湾脱線事故で発覚した日本製車両の設計ミスはどの程度重大かダイヤモンドオンライン2018.11.410月21日に発生した、台鉄(台湾鉄路管理局)の特急列車「プユマ号」の脱線事故について、車両を製造した日本車両製造は1日、車両の安全装置に設計ミスがあったと発表した。  同社によると、車両に搭載されたATP(自動列車防護装置)と呼ばれる安全装置には、運転士が装置を切った場合、運転指令所に自動的に通報される機能が付加 [続きを読む]
  • 民族と被害  再び
  • 新日鉄徴用工事件に対する韓国大法院の判決が出され、韓国批判・非難・誹謗の嵐が起きている。「韓国政府の責任で解決すべきだ」等という言説が蔓延すると、目がくらむ思いだ。つまりは、行政府が司法府に介入せよと求めているわけで、三権分立の侵害を隣国に対して求めている。民間企業である新日鉄に対して被害者側が強制執行をかけたら、韓国政府がそれを止めろとでも言うのであろうか。一流メディアの高度の知性をお持ちの方々 [続きを読む]
  • 11月2日にIWJに出演予定です(^.^)
  • 11月2日(金)午後1時30分から午後5時30分の予定でIWJで岩上安身さんのインタビューを受けることになりました。テーマはもちろん「日米FTA(貿易条項)の毒薬条項」です。平日の昼間で、申し訳ありませんが、存分に語らせて頂きますので、よろしくお願い申し上げますm(__)m* ランキングに参加しています * [続きを読む]
  • 前門の虎、後門の狼 トラの尾を踏む振りをする安倍晋三
  • 毒薬条項を盛り込んだ日米FTAを締結して中国を排除することにしたとの共同声明を発して早々に、安倍晋三は、訪中した。マスコミはその危うさを全く報じていない。危うい曲芸を披露しているのに、それが伝わらないのは、安倍晋三にしても、不本意なのではなかろうか。 にしても、マスコミが中国が歓迎一色であるかのように報道しているのは、違うらしい。習近平はにこりともしていないというのだ。 BSTBSの「サンデーニュースBi [続きを読む]
  • テレビは日本語吹き替えで放送すべきである   せめて副音声で
  • 最近は、テレビの海外ニュースで海外の人の発言を紹介する場合、もっぱら現地語でそのまま音声を放送し、字幕を流すスタイルが確立したようだ。(民放はまだ確立しきっているわけではないようだが)多分、かなり最近になって統一されたという感覚だ。 グローバル化だから仕方ないよね。二級国民(日本では英語ができない国民を二級国民と呼ぶ)は、字幕頼りにわかりやすそうなトランプの発言で、英語の聞き取り力を多少でも向上 [続きを読む]
  • ついに文春も取り上げた  TAG(日米FTA)の毒薬条項=「非市場国」条項
  • ついに、知らない国民はいない大マスコミ(??)である文春WEBも取り上げた。これで、経済界も野党も知らなかったでは済まされない。最大の取引先・貿易相手国である中国を敵視することを「共同声明の精神」とし、「協議が行われている間、本共同声明の精神に反する行動を取らない」(よって、トランプは、安倍晋三が中国と仲良くしようとすれば、共同声明の精神に反するとみなして、自動車関税を引き上げることができる)とする [続きを読む]
  • 日米FTAの毒薬条項   米国が迫る究極の二者択一
  • 日米FTAには、TPP等のこれまでの貿易協定と質の異なる深刻な問題がある。経済界から日米FTA反対が叫ばれないのが不思議なほどに、決定的に重大な根本問題である。(経済界も、それほどに劣化したということなのかもしれない)分かっているなら、真っ先に取り上げろよといわれても仕方がない問題点であるが、僕の力量では、どう取り上げたらいいのか未だに戸惑うほどの大きな問題だ。 日本との協定に対中貿易けん制の条項、盛り [続きを読む]
  • 今度は中部弁護士会連合会(中弁連)が表現の自由に介入
  • 今、市民のビラまきなどの街頭宣伝活動に警察が介入してくる例が全国的に広がっています。警察が持ち出してくる道交法違反という理由は全くのデタラメです。そんな時に市民の側に立って、警察の横暴をやめさせる心強い味方が人権擁護を使命とする弁護士です。そうした弁護士が表現の自由という基本的人権の重要性を理解していないとすれば、市民の人権や市民運動は危機に陥ってしまいます。以下に紹介する事件は、単なる弁護士会内 [続きを読む]
  • 日米FTAとISDS条項
  • 以下、新NAFTA(USMCA)協定でISDS条項に死亡宣告がなされたことを前提にして、日米FTAにおけるISDS条項の扱いについて僕の見通しを述べる。 前記リンクの記事で、僕が祝ったのは、世界のために祝ったのであって、日本のためには祝っていません ( ̄^ ̄)日米FTAでISDS条項は入るか否かと言えば、確実に入るというのが、結論です。その意味では、「ISD条項の罠 総集編」でトランプがISDS [続きを読む]