八岐 さん プロフィール

  •  
八岐さん: 徒然雑記
ハンドル名八岐 さん
ブログタイトル徒然雑記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamata14/
サイト紹介文本や雑誌、アニメなどの感想を日々綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供444回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2010/11/28 15:09

八岐 さんのブログ記事

  • 大河ドラマ おんな城主 直虎
  • おっもしろかったー。去年の真田丸から引き続き、二年連続でこれほど面白い大河ドラマを見られるなんて。こうして振り返ってみると、一年間というロングスパンで描かれる大河という枠を十二分に活かしきった作りや演出が随所に詰め込まれてるんですよね。あの時の出来事が、後々に場所や人物、時に立場を変えて同じように繰り広げられ、そこで時に同じ展開に、そして時に似て非なる結末を迎え、ある時はかつての経験を踏まえて違う [続きを読む]
  • 2018年 1月 書籍新刊カレンダー
  • ★マーク付は要注目作品12月27日 【霧ノ宮先輩は謎が解けない 2】 御守いちる (講談社ラノベ文庫) Amazon 【機械仕掛けのデイブレイク 2.Decide the Destiny】 高橋 びすい (講談社ラノベ文庫) Amazon 12月29日★【やりなおし英雄の教育日誌 2】 涼暮 皐(HJ文庫) Amazon 【VRMMO学園で楽しい魔改造のススメ 3.〜最弱ジョブで最強ダメージ出してみた〜】 ハヤケン (HJ文庫) Amazon★【魔術破り [続きを読む]
  • エレシュキガル・チャレンジ・ピックアップ!! 
  • さあ、さあ、さあ来ました。四十連ほどセイレムの方に費やしてしまいまして、見事爆死してしまいましたが、残る六〇連をエレシュキガルちゃんに見事なげうってごらんにいれましょう。世のマスターたちは、一年近くモノ時間、このエレシュキガルちゃんを冥界の奥深くで待たせ続けるという可哀想なことをしてまいりました。が、しかし、私はまだエレちゃんに本編で出会ってすらいないのです。そう、今この娘を喚び出せたなら、私は彼 [続きを読む]
  • バビロン 3.―終― ★★★★☆ 
  • 【バビロン 3.―終―】 野崎まど 講談社タイガ Amazon Kindle B☆W日本の“新域”で発令された、自死の権利を認める「自殺法」。その静かな熱波は世界中に伝播した。新法に追随する都市が次々に出現し、自殺者が急増。揺れる米国で、各国首脳が生と死について語り合うG7が開催される!人類の命運を握る会議に忍び寄る“最悪の女”曲世の影。彼女の前に正崎が立ちはだかるとき、世界の終わりを告げる銃声が響く。超才が描く予測 [続きを読む]
  • 超昼型社畜騎士やヴぇえ byFGO六章
  • 十字軍とサラセン軍の激戦在った聖地エルサレムが舞台ということで、そこに乱入する円卓の騎士たち、というまあ当時の現地の英雄たちと、円卓の騎士たちの物語かと思って突入した第六章。なんかいきなりスフィンクスとか襲ってきたんですけどーー!?中東、うん中東ではあるけれど、エルサレムであってエジプトじゃないですよ、なんでいるんですかファラオー!?というわけで、十字軍の姿もサラセン軍の姿もなく、現れたのは古代エ [続きを読む]
  • 誉められて神軍 3.尾張名古屋は零で持つ ★★★★
  • 【誉められて神軍 3.尾張名古屋は零で持つ】 竹井10日/CUTEG 講談社ラノベ文庫 Amazon Kindle B☆W一夜にしてファンタジー世界へと変貌した現代日本―各地に様々な勢力が割拠するなか、新宿市国軍中将・御神楽零は“誉めて伸ばす能力”を駆使し連戦連勝。着実に権力中枢へと昇りつつあった。そして近隣の有力国家“富士帝国”の宣戦布告を受け、零率いる新宿市国軍は雷帝こと十四代しおり子率いる富士帝国軍と交戦開始。激 [続きを読む]
  • 土俵際でのこったり
  • 土日仕事だったために、艦これレイテ海戦はあと一撃。「防空埋護姫」撃破を遺してついに最終日へ。本日休みだったので、リミットとなる午前11時になるまでの残り数時間を文字通り瀬戸際でプレイしておりました。難易度は丙。しかし、丙でありながら厳しすぎる難易度。これ、乙以上ってどうやってクリアしたんだ!? と呻いてしまう厳しさだったんですけれど。艦隊編成は純正西村艦隊。装備も決戦仕様に整えていざ挑むも、空襲枠 [続きを読む]
  • ロード・エルメロイII世の事件簿 1.case.剥離城アドラ ★★★★☆
  • 【ロード・エルメロイII世の事件簿 1.case.剥離城アドラ】 三田誠/坂本みねぢ TYPE-MOON BOOKS>Kindle B☆W第四次聖杯戦争から十年後、少年は君主(ロード)となった―――。Fateシリーズに連なる魔術ミステリー、ここに開幕!!『時計塔』。それは魔術世界の中心。貴い神秘を蔵する魔術協会の総本山。この『時計塔』において現代魔術科の君主(ロード)であるエルメロイII世は、とある事情から剥離城アドラでの遺産相続に巻き込ま [続きを読む]
  • 皇女の騎士 壊れた世界と姫君の楽園 ★★★★☆ 
  • 【皇女の騎士 壊れた世界と姫君の楽園】 やのゆい/mmu ファミ通文庫 Amazon Kindle B☆W蛮族との戦の功績により、竜王国の騎士隊長へ成り上がった竜騎士アルス。将来を期待されていた彼だったが、ある日、空から飛来した謎の巨大軍船を駆る皇国によって国を滅ぼされ、流浪の身となってしまう。すべてを失ったアルスが唯一求めるのは、祖国や友を奪った皇女ハルノミヤの首。しかしその復讐の旅の最中、敵国の娘サファイアと出会い [続きを読む]
  • 6章 神聖円卓領域キャメロット 開始
  • その前に、全四回。つまり四十連と決めていたセイレムピックアップ2の後半の結果をば。はい、どうみても爆死です。爆死ぃぃ!!! 40回して★4のサーヴァント一人も出てこないってどういうことなの!?別にアビーと嫁さんじゃなくてもいいんですよ。こちとら、まだ殆どガチャ回してないのでぶっちゃけ全然サーヴァント居ないので、ダレが来てもウェルカムハッピーだというのに、だというのに!まだあと40連分はあるのですけ [続きを読む]
  • セイレムピックアップ2 開始!
  • ついに、ついに貯めに貯めていた財を開放する時が来た!アビーとミドラーシュのキャスターピックアップを前にして、とうとうやる気になってしまいました。というわけで、おりゃーー!!そして2回目おりゃーー!!…………あかん、これはあかん流れや!!実はこれの前に呼符も五枚ほど使ってみたのですが、子ギルと藤太さんとクーちゃんにホーエンハイムという毎度なんぼでも出てくる★3グループにフレンド召喚でよく出てくる★3 [続きを読む]
  • FGO 5章 北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナム 終了 
  • 嗚呼、我らが愛しき戦友たちよ。共に時代を走り抜けた朋友たちよ。いつかまた。いつかまた。ずっこいよー。そりゃ、プレイヤーが猛って課金するのもわかるよぉ。このシナリオを突破したら、そりゃあもう一度彼らと。彼らを喚んで共に戦いたい、と思うよ。思っちゃうよ。もうみんなが愛おしい。ラーマくんも、婦長も、エジソン閣下も。エリちゃんもネロも、ジェロニモさんもロビンもさぁ、もう一度一緒に、って思っちゃうよ。何人か [続きを読む]
  • ガチャにゆだねる異世界廃人生活 ★★★ 
  • 【ガチャにゆだねる異世界廃人生活】 時野洋輔/紅緒 富士見ファンタジア文庫 Amazon Kindle B☆Wソシャゲガチャをこよなく愛する俺、来宮廻はスキルやアイテムが当たるガチャ能力を手に、異世界への転生を果たした。レアアイテムでの悠々自適ライフを期待していたんだけど、出るのは「たこ焼き1ヶ月分」や「土下座スキル」みたいなハズレばっかりで…こんなの異世界で役に立つワケないだろぉ!!しかも「町まで案内しなさい!お金 [続きを読む]
  • GODZILLA 怪獣惑星 見てきた
  • 普通に面白かったです。……うん。いや、面白かったのは面白かったですけれど、期待してたものとはだいぶ違ったかなあ、というのは正直なところかも。前日譚である【GODZILLA 怪獣黙示録】を読んで期待していたのは、それこそ地球規模の物語であり、多種多様な怪獣たちの楽園であり、その上に君臨するGODZILLAの破壊神としての存在感であったわけですけれど。以下はネタバレなども多分に含むので収納しておきます。続きを読む [続きを読む]
  • 赫光の護法枢機卿(カルディナーレ) ★★★☆ 
  • 【赫光の護法枢機卿(カルディナーレ)】 嬉野秋彦/新堂 アラタ ファミ通文庫 Amazon Kindle B☆W神の法に逆らうことなかれ――神の武器プレロマを手に、悪神を殲滅せよ!!悪神【マラーク】に抗う唯一の神の武器【プレロマ】を授けられ、めでたく護法枢機卿【カルディナ―レ】となったアルゾラ。だが初陣を無事に切り抜けた彼女に与えられた聖務は、輿入れの最中に行方不明となった法王の妹君の救出。しかし一緒に聖務にあたるキ [続きを読む]
  • 魔弾の王と戦姫<ヴァナディース>18 ★★★★ 
  • 18 (MF文庫J)" border="0" />【魔弾の王と戦姫18】 川口士/片桐 雛太 MF文庫J Amazon Kindle B☆Wティル=ナ=ファを喰らったガヌロンを、ティグルたちは死闘の末に討ち果たした。だが、その代償としてエレンたちの竜具は力を失った。その場にいなかったヴァレンティナのみが竜具を保持し、ソフィーは彼女の凶刃の餌食となる。玉座まであと一歩というところに迫ったヴァレンティナと戦うべく、ティグルは残された戦姫たちと連合 [続きを読む]
  • FGO 4章 死界魔霧都市ロンドン クリア 
  • おおっ、ついにグランド・サーヴァントの威名が出てきましたか。この章はひたすらモーさんことモードレッドへの好感度がぐんぐんあがる話でありました。ってか、お父様と戦うことになっても、モーさん陣営に参加しますよ!でも、そのモーさんも第六章ではえらいことになるそうなので、ここはぐっと堪えておきましょう。それでも、マシュへの厳しくも優しい教えや、フランへの気遣いなんか見てると、お父様よりもよっぽど人の心がわ [続きを読む]
  • 始まりの魔法使い 2.言葉の時代 ★★★★ 
  • 【始まりの魔法使い 2.言葉の時代】 石之宮カント/ファルまろ 富士見ファンタジア文庫 Amazon Kindle B☆W竜歴509年。将来の食糧危機を見据え、“私”は新たに農耕と牧畜を始めることを決めた。とはいえ、異世界の動植物に知見がない“私”は、その方法を他種族から学ぶべく、人魚や半人半狼、蜥蜴人の留学生を迎えることに。しかし、価値観の異なる生徒たちとの授業は困難の連続だった!そして、“私”が留学生を世界中から集 [続きを読む]
  • このライトノベルがすごい! 2018
  • 今年も協力者枠で参加させていただきました。毎年毎年、自分の投票先ってランキングにほとんど寄与してないのにいいのかなあ、と思いつつも、そういうマイペースな人が居てもいいじゃない、というくらいの気持ちの持ちように至っております。あ、でもでも、今年は一位で投票した【りゅうおうのおしごと!】が見事に総合ランキングでも一位になってるじゃないですか。いや、本作に関してはもうこれしかないだろう、というくらいの想 [続きを読む]
  • 軍師/詐欺師は紙一重 ★★★ 
  • 【軍師/詐欺師は紙一重】 神野オキナ/智弘 カイ 講談社ラノベ文庫 Amazon Kindle B☆W父親が亡くなり家を失うことになった語利カタル。最後に住み慣れた家の中で見つけた謎の抜け道を通ると―ファンタジー世界のような場所に出た。そこにやってきたのはドワーフとミノタウロス!さらに竜を駆る少女までやってきた。戸惑うカタルに少女は言う。「お前、軍師の血族か。ならさっさと来い、女王陛下と国難がお待ちだ」と。連れて行か [続きを読む]