八岐 さん プロフィール

  •  
八岐さん: 徒然雑記
ハンドル名八岐 さん
ブログタイトル徒然雑記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamata14/
サイト紹介文本や雑誌、アニメなどの感想を日々綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供398回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2010/11/28 15:09

八岐 さんのブログ記事

  • 六道先生の原稿は順調に遅れています 三 ★★★☆ 
  • 【六道先生の原稿は順調に遅れています 三】 峰守 ひろかず/榊 空也 富士見L文庫 Amazon Kindle B☆W文芸編集者の滝川詠見は、作家にして妖怪の六道〓馬(そうま)を担当中。新刊発売に文学賞受賞と、場数を踏んだ二人には、新作の立ち上げもお手のもの―ということもなく、相変わらず原稿は遅れていた。そんな折、六道先生の書いた昭和回顧エッセイが評判に。それなら先生の半生を描いた自伝小説も面白いのでは、と新作企画が立 [続きを読む]
  • FGO 幕間のお話
  • FGO 溜まってた幕間編を消化中。呪腕先生のエピソードってあれ、六章前になるんですねえ。あの六章を経てしまうと呪腕先生無茶苦茶いい人というのがわかってるんですが、最初の頃だとまだ正道とは程遠い裏の人間で倫理や正義も通常とは異なっている、という認識が周囲のものだったんですねえ。それは違うんだよ、という一面がこの幕間では仕込まれていたわけですが。後になってみると、伏線みたく仕込まれているネタが幕間には結 [続きを読む]
  • スレイヤーズ 16.アテッサの邂逅 ★★★★☆ 
  • 【スレイヤーズ 16.アテッサの邂逅】 神坂一/あらいずみるい 富士見ファンタジア文庫 Amazon Kindle B☆W魔王との壮絶な戦いを乗り越え、故郷へ向かっていたリナとガウリイ。その途中で立ち寄ったアテッサでは奇妙な野盗騒ぎが起こっていた。案の定リナは用心棒を頼まれるのだが、その騒動は恐るべき危険をはらんでいた!スレイヤーズ!! スレイヤーズ!!スレヤーズである。ライトノベルという概念においては、スレイヤ [続きを読む]
  • 2018秋アニメ 雑感
  • 【SSSS.GRIDMAN】……(絶句)いやなにこれ、物凄いんですけど。なんか二話でもっと凄いことになってるという話なんですけど、一話の時点で圧巻すぎて口開けてぽかーんしたまんま終わってしまいました。元は【電光超人グリッドマン】。1993年というから25年前に放映された特撮作品。年代的に特撮とか全然見ていなかった頃なので、中身はさっぱり知りません。というか、グリッドマンってなに? というくらい存在すら知らなか [続きを読む]
  • ガーリー・エアフォース 8 ★★★☆
  • 【ガーリー・エアフォース 8】 夏海 公司/遠坂 あさぎ 電撃文庫 Amazon Kindle B☆Wグリペンと世界、どちらを救う? 美少女×戦闘機ストーリー、第8弾!アンフィジカルレイヤーで目の当たりにした出来事により、ザイの正体とグリペンの理不尽な定めを知った慧。彼女を解放するために、慧はこれ以上の戦いと、世界を救うことを拒否してしまう。そんな中、新ドーターの運用試験を行っていたイギリスのベンベキュラ基地が、ザイの [続きを読む]
  • 昔勇者で今は骨 3.勇者と聖邪 ★★★★
  • 【昔勇者で今は骨 3.勇者と聖邪】 佐伯 庸介/白狼 電撃文庫 Amazon Kindle B☆W骨になっても心は勇者な冒険者(※ただし骨)が往く、 異世界ファンタジー『――――久しぶりね、アル』イザナを追ってエルフの国・精霊領域フィネグンドを訪れた昔勇者で今は骨な冒険者・アルと仲間たち。彼らを出迎えたのは、かつての勇者アルヴィス……と瓜二つの容姿をした人物だった!『シミュラルと申します。以後、お見知りおきを』ついにイ [続きを読む]
  • 落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)13 ★★★☆
  • 【落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)13】 海空りく/をん GA文庫 Amazon Kindle B☆W決戦の刻、来たる――。《魔人》饕餮との熾烈な戦いを経て、自らも《覚醒》に至ったステラ。その確固たる自己で運命を塗り替え、姉ルナアイズの想いを、そして二国の国民を救うため、彼女は《傀儡王》オル=ゴール率いる最凶の《魔人》たちに再戦を挑む!共に戦いに臨むのは最愛の存在である《七星剣王》黒鉄一輝、《夜叉姫》西京寧音、《不転 [続きを読む]
  • ゴブリンスレイヤー 5 ★★★☆
  • 【ゴブリンスレイヤー 5】  蝸牛 くも/神奈月 昇 GA文庫 Amazon Kindle B☆W「…………取り戻さないと」「……何を、ですかな」「すべてを。喪った物を、すべて」ゴブリン退治から消息を絶った令嬢剣士を探して欲しい――剣の乙女の依頼を受けて、北方の雪山に向かうゴブリンスレイヤーたち一行。しかし、襲撃される寒村、謎の礼拝堂、今回のゴブリンの群れに違和感を覚えるゴブリンスレイヤー。「……学習した、だと?」仲間 [続きを読む]
  • セプテムレックス 怠惰の七罪魔と王座戦争 ★★★☆ 
  • 【セプテムレックス 怠惰の七罪魔と王座戦争】 古宮 雅敬/mmu 富士見ファンタジア文庫 Amazon Kindle B☆W次期魔王を決めるバトルロイヤル―“王座戦争”。その開催が迫る中、面倒くさがりの“怠惰”の“七罪魔”・ラグナルは、“王座戦争”の中止を画策していた。しかしそのやり方は、魔界の住人の命を人質に取ったり、お金で解決しようとしたりと手段を選ばないもので―逆に魔王に人質にとられてしまったメイドのメリィを救う [続きを読む]
  • 勇者のセガレ 3 ★★★☆
  • 【勇者のセガレ 3】 和ヶ原聡司/029 電撃文庫 Amazon Kindle B☆W度重なるシィの襲撃に耐えかね、異世界アンテ・ランデへと渡る決断をした康雄の父、英雄。シィを身体に宿す翔子も同行させるため、剣崎家&ディアナの5人は、翔子の両親の説得に向かう。元救世の勇者と大魔導士、そして異世界の魔導機士を含む一同だったが、日本に住む普通の人達へ『異世界』の説明をするという難題に、魔王討伐やシィとの戦闘よりも緊張してし [続きを読む]
  • 俺もおまえもちょろすぎないか 2 ★★★☆
  • 【俺もおまえもちょろすぎないか 2】 保住 圭/すいみゃ MF文庫J Amazon Kindle B☆W自分に正直で素直な少年・功成と、生真面目で何でも真正面から理解しようとする少女・つぶらは、お互いの性格が相乗効果となり、恋人として瞬く間に関係を深め、二年後の“結婚”を約束した。だがつぶらは、もっとイチャイチャしたい!と思う功成とは逆に「そういうことも二年待ってください!」とお預けをしてしまう。そんなある日、以前告白し [続きを読む]
  • FGO イベントは続くよどこまでも。
  • ギル箱、聞けば50とか100とか開けている人がザラに居て、時間どうやってやりくりしてるんだろうと真剣に不思議です。自分はせいぜい20行きませんでした。ハンバーガーとかも全然確保してなかったしなあ。ある程度足りない素材の分は確保しましたけれど。そのまま引き続いて、チェイテピラミッド姫路城再びであります。思えば、自分がはじめて体験したイベントってこれだったんですよね。FGOやりはじめていきなりこれである [続きを読む]
  • 2018年 11月 漫画新刊カレンダー
  • ★マーク付は要注目作品11月2日 【剣姫、咲く 4】 山高 守人 (角川コミックス・エース) Amazon Kindle B☆W 【女子高生の無駄づかい 4】 ビーノ(角川コミックス・エース) Amazon 【横浜駅SF 3】 新川 権兵衛/柞刈湯葉 (角川コミックス・エース) Amazon Kindle B☆W 【理想のヒモ生活 4】 日月ネコ/渡辺恒彦(角川コミックス・エース) Amazon Kindle B☆W 【公爵令嬢の嗜み 5】  梅宮 スキ/澪亜(角川 [続きを読む]
  • 魔術の流儀の血風録(ノワール・ルージュ) ★★★★ 
  • 【魔術の流儀の血風録(ノワール・ルージュ)】 北元あきの/POKImari 講談社ラノベ文庫 Amazon Kindle B☆W戦争末期の壮大な魔術実験の結果、世界でもっとも魔術師たちが跳梁跋扈する楽園――マギウス・ヘイヴンとなった東京。その治安を守るために作られた、特別高等魔術警察の警察官――すなわち特高魔術師たちは、魔術師が起こす事件や犯罪に日々立ち向かっている。特高魔術師のひとり・綾瀬覚馬は、まだ高校生でありながら、 [続きを読む]
  • 2018年9月読了ライトノベル系書籍からのお勧め
  • 読んだ本の数:41冊 うち漫画:15冊前月から読了数は約半減。いや、先月が自分でもびっくりするくらい読みまくってたんで、もとに戻ったとも言えるのだけれど。それでも、一日一冊ペースは維持できなかったか。9月は比較的新刊で当たりが多く、「★★★★☆」つけた作品はほぼ9月新刊でありました。【アルデラミン】の宇野朴人さんの新作は、もう期待通りというかそれ以上。【天才王子の赤字国家再生術】も一巻からテンショ [続きを読む]
  • ポンコツ勇者の下剋上 2 ★★★★ 
  • 【ポンコツ勇者の下剋上 2】 藤川 恵蔵/ぐれーともす MF文庫J Amazon Kindle B☆W勇者の素養がない英雄。今度は世界を救う勇者の“仲間”を探す旅に――!?選ばれし勇者のみが扱える神剣――聖光剣エクスキャリバーを無事に勇者の下に届け、目的を果たしたかに見えた少年・クロウ。ところが全部で12本あるという神剣の姉妹剣の過半数が所在不明という事実が判明。これでは魔王戦に臨めないということで、聖光剣の精霊・ホリーの [続きを読む]
  • 最強同士がお見合いした結果 2 ★★★☆
  • 【最強同士がお見合いした結果 2】 菱川 さかく/U35 GA文庫 Amazon Kindle B☆W「初めましてアグニス様。しばらくこちらでご厄介になります」二度にわたる聖堂の崩壊を受けてお見合いが頓挫する中、アグニスの砦に一人の少女が現れた。外遊にやってきたというレヴァーミント王国の王女エリカの魅力に周囲は早速メロメロ。そんな彼女の目的は『最強』の剣士アグニスの篭絡だった!?「そろそろ落としにかかるわよ」だが、生来の恋 [続きを読む]
  • 雛菊こころのブレイクタイム 2 ★★★☆ 
  • 【雛菊こころのブレイクタイム 2】 ひなた 華月/笹森 トモエ 講談社ラノベ文庫 Amazon Kindle B☆W生徒達の悩みを解決する“お雛様”こと雛菊こころをサポートするようになった伊莉也は彼女に影響されてか、困った人に対して敏感に反応し、ついつい手をさしのべてしまうようになっていた。今回も選択授業で知り合った少女・ユリが抱える闇に触れた伊莉也だったが、彼女の不思議な思考と言動に振り回され苦戦する。なんとかユリ [続きを読む]
  • なぞとき遺跡発掘部 卑弥呼様はどちらにいますか? ★★★ 
  • 【なぞとき遺跡発掘部 卑弥呼様はどちらにいますか?】 日向 夏/vient 小学館文庫キャラブン! Amazon Kindle B☆W遺跡調査で掘り出されるのは、事件の予感?考古学専攻の田中灯里は、キャンパスに生えるたんぽぽを主食にするほどハードな極貧生活をおくる女子学生。遺跡発掘調査のアルバイトで学費を稼ぎつつ、食費を浮かせるために、人はいいが影の薄い西枝教授や男前だけど隠れ甘党な古賀先輩に、福岡グルメをたかるのが [続きを読む]