吉成安友 さん プロフィール

  •  
吉成安友さん: 弁護士吉成安友のブログ
ハンドル名吉成安友 さん
ブログタイトル弁護士吉成安友のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/yoshinari-myp/
サイト紹介文Rockな魂と仕事への情熱であらゆる分野で最強弁護士を目指し日々研鑽中!
自由文企業法務、離婚、相続、知財、交通事故、医療過誤、刑事など様々な案件扱うロックなスピリッツを持った弁護士です。ブログでは、日常の話から、仕事の話、法律知識まで、幅広い話題を書き綴っております。サッカーネタや野球ネタも多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/11/29 00:10

吉成安友 さんのブログ記事

  • 愛人に貸したお金は返してもらえる???
  •  愛人に貸したお金を返してもらえるかについての裁判例があります。 このケースで,原告(男性)と被告(女性)は,スナックの客として,知り合いました。 原告には妻がいましたが,被告は原告の愛人になります。 被告に夢中になった原告は,愛人でいてもらうために,被告に頼まれ,約3000万円を貸します。 その後,二人の仲は終わり,返せ,返さないで裁判になったわけです。 この裁判で,被告は,この貸付は「愛人関 [続きを読む]
  • 七夕と言えば・・・
  •  いやあ,やはりベルギーは強いですね。 あの日本戦での強さを見てしまうと,今のブラジルでは厳しいだろうと思ったんですが,やはりベスト4。 ここまで全試合勝ちという無類の強さで(全勝はあと今日試合のあるクロアチアだけです訂正,PK戦は引き分け扱いなので,全勝はベルギーしかないですね),いよいよ頂点が見えてきました。 人口1100万人ほどの国なんですが,ほんと半端ない! ただ,日本の優勝が本当になくな [続きを読む]
  • ワールドカップ敗退・・・
  •  今回のワールドカップ,面白い試合が多くて,日本が負けるまではいろんな試合を楽しんでたんですが,日本が負けたショックというか,試合を見るとあの悪夢が蘇るので,ちょっと今は見るような心境ではないです。 ニュースなどを見ていて,ワールドカップのこれまでを振り返るようなコーナーになったりすると,チャンネル変えます。 開幕前,今回は正直あまり期待してなかったので,割と冷静に見れると思ってたんです。 とこ [続きを読む]
  • 色が見えてないとか,ブログをやる弁護士が駄目かなどについて・・・
  •  裁判の書面を作る中で気をつけているのは,依頼者が,ある事実についてこうだったといったからといってすぐにそれにのらないということです。 こちらに有利な事実について,依頼者がこうだったというと飛びつきたくなるところ。 ただ,そういった話が記憶違いだったりすることが全くないわけではないのです。 これは全く悪気がないことも多く,脳は知らぬ間に都合のよいように記憶を作り替えます。 以前も書きましたが,池 [続きを読む]
  • 商業登記簿への旧姓の記載
  •  平成27年12月17日に夫婦同姓制を合憲とする最高裁判決がありましたが,現在,結婚によって妻が夫の性にするケースが圧倒的に多数です。 とはいえ,女性の社会進出が進んだ現在,結婚により名字を変えると仕事上色々と不便があるなどもあり,仕事上,旧姓を使っている方が少なくないと思われます。 ただ,会社の取締役などになると,商業登記簿に氏名が登記されることになります。 そうすると,登記を見たら,こんな人 [続きを読む]
  • 時効完成阻止とホンマでっかと事務職員と
  •  強姦事件で,「公訴時効が成立する15日午前0時の約27時間前に当たる13日午後8時過ぎに逮捕した」とのニュースがありました。埼玉県警:08年の性的暴行 時効27時間前に容疑者逮捕(毎日新聞) この記事だけ見ると,もし本当にこの人が犯人だったとした場合,これで時効にならなくなったと思われるかもしれません。 ただ,実際には,逮捕したからといって,時効が止まるわけではありません。 警察が事件を検察庁に [続きを読む]
  • 参与員
  •  先週は,離婚訴訟の尋問期日で,参与員の立会いがありました。 何気に,参与員の立会いがある裁判は初めてでした。 参与員というのは,一般国民を司法に参加させるべく導入された制度です。 裁判所のウェブサイトには以下の説明があります。参与員は,家庭裁判所で行われる,名の変更,戸籍訂正,未成年者の養子縁組などの家事審判事件の手続の際に,審判に立ち会ったり,あらかじめ提出された書類を閲読したりして,裁判官 [続きを読む]
  • いいくにつくろうかまくらばくふ!?
  •  結構前から,いろんな人に,Amazonプライムで見れる「SUITS」という弁護士ものの海外ドラマが面白いと聞いていました。 今日,ちょっと仕事の息抜きで,ファーストシーズンの1話をみてみました。 確かに面白い! そして,アメリカの方がずっと学歴社会やなと思いました。 アメリカの大手事務所は,ハーバード卒しか雇わない(笑) 大昔,スコット・タローの「ハーヴァード・ロー・スクール」という半自叙伝的小説を読んで [続きを読む]
  • 事務職員再募集
  •  事務職員を再募集しています。 詳細は,下記のリンクの東京弁護士会のホームページをご覧下さい!https://www.toben.or.jp/recruit_search.php?action=detail&member_id=035622にほんブログ村↑↑↑ブログランキングでの「弁護士吉成のブログ」の順位のチェックはこちら↑↑↑こちらも!!吉成安友著「くたびれない離婚」ワニブックスより好評発売中!法律問題、企業顧問なら、MYパートナーズ法律事務所にお任せ下さい!!↓ [続きを読む]
  • 共感の功罪と同情力の可能性
  •  大谷選手の活躍はすごいですね。 私はどちらかと打者がいいんじゃないか派ですし(粗悪なボールの時代にあれだけホームランを打ったベーブルースに唯一匹敵しうるくらいの人じゃないかと思ってます),ピッチャーとしてはほとんど1年のブランクもあったともいえるくらいなので,心配もあったんですが,既に4勝という予想以上の好成績! そして,現地で大谷選手が絶賛されている報道等をみると,自分が褒められているなよう [続きを読む]
  • 西郷どん恋愛ドラマに?
  •  中村選手,エグい落ち方してて,頸椎捻挫ということで心配ですね。 頸椎捻挫は,交通事故の案件では非常に多い症状なんですが,レントゲンやMRIで特段の異常が認められなくても,被害者がかなり長期にわたり相当に苦しんだりすることも多いです。 医学の発展は加速度的ですが,それでもまだ分かってないことの方が断然多いといえそうです。 話は変わって,今年の大河の西郷どんは面白いです。 ここ2話はなんか恋愛ドラマみ [続きを読む]
  • 懲戒請求が違法になる場合
  •  最近弁護士が懲戒請求をした相手を訴えるというのがニュースになっていましたが,これはしばしばある話です。 私も懲戒請求をした弁護士から訴えられた側の弁護をしたことがあります。 そのケースは,懲戒請求してしまったのも気持的には分かる話ではありました。 一方で,程度というところの問題から,おそらく懲戒にはならんだろうなというところでもありました。 懲戒請求がどのような場合に違法になるかについては,最 [続きを読む]
  • 時刻表より早く出発してはいけない
  •  バスは,ターミナルではないバス停では,まず時刻表通りにこないですよね。 電車と違って,交通事情に左右されるわけなので,最短の想定で時刻表を作っているのかと思っていました。 ところが,初耳学でやっていて,私も初耳だったんですが,そもそも最初から遅れるように時刻表をつくっているとのことでした。 確かに,法律で時刻表に記載された時刻より早く出発してはいけないことが決まっているんで,それが現実的な対策 [続きを読む]
  • GWにカイジと
  •  GWも終わりましたね。 弁護士は,GWなんて関係ない職業である一方,事務所にはでませんでしたが,まあ,最低限仕事は進んだかと。 で,息抜きで読んでたカイジにはまってしまった。  勝負の世界の緊張感,充実感,躍動感は,まさに弁護士の世界に通じます。 多分,カイジ的なタイプな人が(私もそうですが),弁護士になると人生充実すると思います。 まあ,カイジも期せずして後輩の保証人になったことでその世界に引き [続きを読む]
  • タイムトラベル
  •  ゴールデンウィークもいよいよ後1日。 ほんとはやいですね。 しかも,年をとるほどに時が過ぎるのがはやくなるというのは,ほとんどの人が感じるところではないかと。 一方で,時間は平等に過ぎていく,すなわちある人だけ若いままなんてことは,確かに普通はないんですが,光速に近くなるほど時間の進み方は遅くなるので,光速に近い乗り物ができて,それに乗れば,普通では生きられない何百年後の世界に行けたりもします [続きを読む]
  • たんぱくしつ
  •  ゴールデンウィークも後2日ですね。 今日は仕事はあまり進みませんでしたが,ジムには行ってきました。 ジムに行くとなんか今日は頑張った感が出てしまうのがちょっと危険(笑) ジムといえば,私はどちからといえば体を大きくしたいと思っているのですが,痩せたいと思って通われて方も多いと思います。 で,私は,今日は久々にプロテインを飲んでいったんですが,これがまたどれだけ効果があるのか・・・ 少なくとも, [続きを読む]
  • デュアルモニター化とか
  •  明日からはゴールデンウィークですね。 当事務所の営業は暦通りです。 もちろん,休み中も仕事をしなければですが,最近長期続いていた案件が次々終わっていったこともあり,最初に飛ばしてやれば,後半はゆっくりできるかもです。 さて,ブログをしばらく放置してましたが,その間,世間は色々とありました。 中でも,ハリル監督解任は衝撃でしたね。 正直,予選からずっと悲願のW杯初優勝がどんどん現実味を失っている [続きを読む]
  • メール復活も・・・
  •  依頼者の方等にはご迷惑をおかけしましたが,メールが復活しました。 ただ,ウェブサイトは消滅してしまい,現在暫定的な最低限のものになっています。 前回ダウンしたときに契約を解消した従前サイト関係の管理を任せていたところが,消してしまったようです。 こういう件で普通に一般の企業の方が相談来られたら,訴訟しますかという話になるんですが,自分のことだと,まあそんなことに時間と労力を使うよりは・・・と思 [続きを読む]
  • メール不通のお知らせ
  •  今朝から,1月に続いて,また事務所の全部のPCのメールが送受信できない状態になっています。 ホームページも落ちていて,本当に困ったものです。 ご迷惑をおけして申し訳ありませんが,ご連絡は,電話,FAX等でお願いできたらと思います。 よろしくお願い致します。にほんブログ村↑↑↑ブログランキングでの「弁護士吉成のブログ」の順位のチェックはこちら↑↑↑こちらも!!吉成安友著「くたびれない離婚」ワニブックス [続きを読む]
  • 忖度?
  •  年度替わりの時期のため,先週今週の2週間で裁判の期日が一つしか入っておりません。 こんなことは夏の休廷期間とこの時期くらいです。 裁判所も行かないでなにやってるのか?,やっぱり遊んでるのか?と思われるかもしれませんが,違います(てか,やっぱりってなんやねん(泣)) 裁判関係でも,弁護士の仕事の9割は,訴状や準備書面などの書面作り(業界的に「起案」といいます)です。 裁判所に行かなければ,ひたす [続きを読む]
  • 誕生日に年をとるというのは間違い
  •  新しい年度に入りましたね。 年度といっても相対的なもので,私の場合は,1月1日が新年度的な位置づけですが,一般には4月1日が新しい年度というところだと思います。 4月1日といえば,法律と一般の感覚でちょっと違いが生じることがある日です。 というのは,4月1日生まれの人は,いわゆる早生まれになるということです。 4月1日に生まれた人はよくよく分かっているところですが,そうでない人は,なんとなく, [続きを読む]
  • 馴染みの薄い法律
  •  今年は,いよいよ本格的に花粉症になってしまったらしく,昨日,意を決して(採血が苦手という理由で相当に逡巡しましたw)検査に行ってきました。 結果が出るのは先ですが,薬が効くということは,まあそういうことなんでしょう。 久しぶりに呼吸ができている気がします。 なんで必要なのかの理屈は失念しましたが,理屈抜きでやはり酸素って必要なんですね。 さて,六法という言葉もありますが,法律自体は本当に無数に [続きを読む]
  • 日本版司法取引
  •  気がつくと1ヶ月近くブログを放置しておりました。 締切りラッシュがきて大変だという話は何度も書いてきたんですが,去年の秋くらいから,締切りラッシュでないときがない状況で・・・ ただ,ここのところ,長期続いてた案件が次々と無事終わっていき,ここにきてようやく少し落ち着いてきました。 さて,6月から,いわゆる日本版司法取引が始まります。 ざっくりいうと,特定の犯罪について,他人の犯罪事実を供述した [続きを読む]
  • オリンピックイヤー,ワールドカップイヤー
  •  相変わらず忙しいです。 多分,独立してこのブログを始めた2010年からずっとそんなことを書いてるんですが,過去の自分に言いたいのは,あんちゃん(ちょっとたけしさんのまねw),まだ全然あまいでと。 もう締切りラッシュなのがむしろデフォルトに。 私の弱点として,決して仕事が早くはないと思います。 考えすぎるくらに考えまくって,結果として時間がかかります。 今頃この起案は終わってるはずだったんだけど [続きを読む]
  • 弁護士はAIに取って代わられない
  •  今週の週刊エコノミストは,AI時代の食える弁護士という特集をしています。 私は,これをドコモのdマガシジンで読みました。 dマガジンって,月額500円で多数の雑誌が読めて,情報収集源としてめちゃくちゃコスパがよいです。 回しもんじゃないですよ(笑) ちなみに,dマガジンで読み放題の味をしめ,kindle unlimitedも始めました(笑) さて,この特集の中で,モリソン・フォスター東京オフィス代表のケン・シー [続きを読む]