吉成安友 さん プロフィール

  •  
吉成安友さん: 弁護士吉成安友のブログ
ハンドル名吉成安友 さん
ブログタイトル弁護士吉成安友のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/yoshinari-myp/
サイト紹介文Rockな魂と仕事への情熱であらゆる分野で最強弁護士を目指し日々研鑽中!
自由文企業法務、離婚、相続、知財、交通事故、医療過誤、刑事など様々な案件扱うロックなスピリッツを持った弁護士です。ブログでは、日常の話から、仕事の話、法律知識まで、幅広い話題を書き綴っております。サッカーネタや野球ネタも多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/11/29 00:10

吉成安友 さんのブログ記事

  • 恐怖の濃い黄色・・・
  •  弁護士の仕事は,綱引きのごとしです。 あるいは野球のごとしです。 えっ,意味が分からないって? 裁判は,こちらが攻撃し(書面を出し),それに対して相手が攻撃し(書面を出し),さらにまたそれに対してこちらが攻撃し(書面を出し),さらにまたまた相手が攻撃し(書面を出し)というのを1ヶ月に1回ペースで繰り返していく,いわばターン制な感じなのです。 今回はこっちのターン,今回は相手のターンみたいな部分 [続きを読む]
  • 尋問期日において未提出の写真の提示・・・
  •  神職としてのご奉仕で6日間休んだツケは大きく,この土日は家に籠もって仕事をしていました。 さて,先月は尋問期日が多くて,なかなか大変でした。 裁判は実は書面での闘いが主戦場なのですが,尋問期日は,いわゆる一般的なイメージの裁判というところかと。 異議あり!・・・なんて言うことは実際はあまりありません。 ドラマでは,異議ありというような場面では,立ち上がって,誤導ですとかいう感じです。 ついでに [続きを読む]
  • 尋問期日において未提出の写真の提示・・・
  •  神職としてのご奉仕で6日間休んだツケは大きく,この土日は家に籠もって仕事をしていました。 さて,先月は尋問期日が多くて,なかなか大変でした。 裁判は実は書面での闘いが主戦場なのですが,尋問期日は,いわゆる一般的なイメージの裁判というところかと。 異議あり!・・・なんて言うことは実際はあまりありません。 ドラマでは,異議ありというような場面では,立ち上がって,誤導ですとかいう感じです。 ついでに [続きを読む]
  • 第934回秋季大祭終わりました
  •  本年も実家の神社の秋季大祭の手伝いに九州に帰っておりました。 1034年に始まり,今年で934回目となかなか歴史のある祭りです。 今年は例年より遅めで,非常に寒かったです。 この祭りの特徴は,なんと言っても神輿の川渡しです。 非常に寒そうですが,それを感じさせないくらいの担ぎ手の方々の熱気でした! 和太鼓のステージも盛り上がっておりました! しかし,移動日と1日休みを併せて6日休んでいたので, [続きを読む]
  • お休みのお知らせ
  •  11月30日から12月5日まで,神職として実家のお祭りに参加するため,お休みを頂きます。 クライアントの皆様にはご迷惑をおかけする面があるかと思いますが,何卒ご容赦頂ければと思います。 お祭り自体は,12月1日から3日までです。 去年は,1日余裕をもって帰りましたが,今年は仕事に追われ,前日入りです。 終了後は,1日だけ故郷で休みたいと思います。吉成安友著「くたびれない離婚」ワニブックスより好 [続きを読む]
  • 捨ててはいけない
  •  仕事をガンガン進めようと思っていた週末でしたが,全く進んでおらず。 まあ,思考は深めていましたが・・・ 現実逃避というわけではないですが,今日は,久しぶりに土鍋炊飯にチャレンジ! ふるさと納税,去年のオーブンレンジ(超高機能なはずなのに,温めるにしかつかってないw)に続き,今年は炊飯器をいこうかなとも思ってたんですが,でも炊飯器より土鍋がうまいっていうよな,昔駄目だったのは俺の腕不足では,と思 [続きを読む]
  • 司法試験受験生時代に唯一ちゃんと読んだ本
  •  受験会には,受験生たるものが読むべき基本書があったり,あるいは予備校が基本書から抽出した知識をまとめたテキストを出したりもしています。 受験に対するモチベーションが低かった私は,そういったものを一応買ってはいましたがほとんど読んでません。 論文試験が近づいてきたときに,過去問とか問題集ばかりを読んで,いわば付け焼き刃で臨んでました。 本格的に勉強を始めるのが7月に仕事の休みをもらってからなので [続きを読む]
  • 弁護士はキレやすい?
  •  先日,弁護士がタクシーで器物損壊を行った事件の報道がされていました。 一般には,えっ,弁護士が!?という驚きをもって捉えられていたと思います。 ただ,弁護士は割とキレやすい人も多いです。 自分の物に当たったり,怒声を上げたり(というか奇声に近いw)する弁護士は,結構見てきました。 なぜ,そうか? トップクラスのスポーツ選手も割と気性の荒い人が多いようですが,弁護士も,基本戦う仕事なので,ある程 [続きを読む]
  • 自分の頭で考えることが・・・
  •  現在,都内の公立中学校で筆記体を教えていないそうです。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00004359-toushin-bus_all 私は,こう見えて(?)筆記体を教えられていた世代ですが,中学生ながら,自己判断でいらないと判断し,身につけませんでした。 ただでさえ字が下手な私が筆記体など使ったら目も当てられないということもありましたが,どうせテストもブロック体だと。 色々考えた結果,少なくとも自分にと [続きを読む]
  • 訴状に「訴訟費用は被告の負担とする」って書かなくて良いのか?
  •  訴訟を提起するときには,訴状を提出します。 訴状には,まず,請求の趣旨を記載しますが,これはこういう判決を求めるというものです。 そして,一般的には,1 被告は原告に対し金100万円を支払え2 訴訟費用は被告の負担とするとの判決を求める。というように,本来的な請求である1に加え,訴訟費用についての2の記載をするのが通常です。 弁護士になった時から当たり前のように記載し,これまで記載されていない [続きを読む]
  • すみません,落ちました
  •  家に帰ると,神職の階位検定の結果が届いてました。 結果は,残り3つのうち2つが・・・ すみません,落ちました! 正直,勉強しませんでした・・・ 忙しくてする暇がなかったと言いたいところですが,1年もあれば,やってる暇はあったので・・・・ 実技だけはDVDで3日間特訓したんですが,DVDにないことが出てアウト・・・・ 時々言われて,ちょっとプレッシャー的に感じるのは,吉成さんは司法試験を通ったんだから [続きを読む]
  • <カルテ手数料>厚労省が調査 高額徴収に批判
  •  とりあえず,今回の締切りラッシュを抜けられそうです。 とはいえ,今回も,少し緩くなったときにペースダウンしたら,あっと言う間に日が過ぎて大変な状況になったので,油断大敵です。 さて,「カルテ開示の際、病院側が患者に請求するコピー代や手数料、開示の条件について、厚生労働省が全国の主要な病院を対象に実態調査を始めたことが分かった。カルテ開示の手数料を巡っては、市民団体が5000円以上の請求をしてい [続きを読む]
  • 最高記録
  •  本日,最高記録を更新しました! 何が最高記録かというと,裁判所にいた時間。 とある調停事件が20時近くに成立になりました。 朝から人訴の期日もあったので,ほぼ一日裁判所に。 20時までというのは最高記録です! 昨日は,総務省の行政相談会の相談担当で1日池袋西武で業務をしてたので,2日続けて,事務所にいない。 電話,メール,ファックス等いろいろたまってそうで怖いところですが・・・にほんブログ村↑ [続きを読む]
  • チェイサー
  •  アディーレの件,弁護士会に問い合わせが殺到しているようですが,本日ついにうちにも問い合わせの電話があったようです(私が出たわけではありませんが) 業務停止までは想定外で,所属弁護士個人への切り替え手続が手間取っているのかなあ・・・ さて,アディーレの件については,ネットを見ると,いろんな事務所が「お困りの方へ」みたいな広告を出してます。 全てがアンビュランスチェイサー的な意図からということでは [続きを読む]
  • 弁護士の業務停止は2ヶ月でも重い?
  •  先日のアディーレの業務停止2ヶ月の処分の報道後,弁護士だと分かると,その件について聞かれます。 弁護士というのは,多くの人があまり関わった経験がありません。 お医者さんと比べても数が圧倒的に少ないので,飲み会などで弁護士だというと,大体初めて会いましたと言われます。 そんな馴染みが薄い弁護士という存在ですが,アディーレは,CMもしてるせいか, 皆さん,結構名前をご存じのようです。 さて,業務停止 [続きを読む]
  • ヘソの法則
  •  衆議院議員選挙が近づいてきました。 今回,知人が結構立候補していることに気づきました。 私自身が基本価値相対主義なせいか,知人も政党バラバラです。 まあ,プライベートでもよく遊ぶようになるのは,政治家よりも官僚友達の方が多い感じですが・・・ 選挙といえば,去年はアメリカの大統領選挙でした。 ご存じの通り,トランプさんが勝って,ヒラリーさんが負けました。 ヒラリーさんの夫のビルさんは,かつて大統 [続きを読む]
  • 4代目!
  •  怒濤の9月が終わり,次のラッシュが10月後半ということで,少し緩やかになるかと思ったんですが,今週もなんだかんだでバタバタしていました。 そんななか,昨日,独立後4代目のノートパソコンが到着! ノレボ,東芝,ASUSからのNECです。 普段はデスクトップですが,面談,打ち合わせの時にはノートパソコンを使いますし,訴訟の書面は相手方のものも全てスキャンしてデータ化しているので,外出時もこれさえあればど [続きを読む]
  • 接続詞はないのが「普通」
  •  早いものでもう10月。 昨日,事務員から年賀状のリストに追加等あれば言って下さいとの話がありましたが,今年ももうすぐ終わりです。 9月は,神職の階位検定があったり,後半締切りラッシュがあったりで,怒濤の忙しさでしたが,ここにきて少し落ち着き,先週末は久しぶりにのんびりというかだらだら過ごしました。 さて,週刊東洋経済の10月7日号に,ビジネス国語7レッスンという特集があったのですが,その中で, [続きを読む]
  • ワンクリック詐欺に騙されなかったが慰謝料請求が認められた事例
  •  東京地裁の平成18年1月30日判決に,第三者から送られてきた件名「田舎から夢見て上京したトマト娘たち」というメールを開き,記載されていたURLの一つを開き,女性の画像を したところ,「入会登録が完了したので三日以内に三九〇〇〇円支払え」との催告ページがでたという事案についてのものがあります。 「田舎から夢見て上京したトマト娘たち」って(笑) さて,こういう詐欺は9割9分の人は支払いませんが, [続きを読む]
  • どこまで厳密に書くべきか?
  •  拙書の「くたびれない離婚」,女性向けに書いたんですが,結構男性の方で読まれて,電話をされたり,相談に来られたりということがあります。 この本の出版は,友達の友達の友達が編集長ということで来た話ですが,私を知って頂くきっかけになり,また読まれた方を助けるきっかけになるということで,よかったと思います。 経営的観点からも,お金がかからないどころか逆に印税までいただけて宣伝になるので,機会があれば弁 [続きを読む]
  • 試しに聞いてみた パート2
  •  好評の(?),裁判官に試しに聞いてみた(略して,ためきき),パート2です。 といっても,今回はどうでもいい話です(笑) とある訴訟で,相手方の代理人が本人に確認したりすることがあって電話をかける間,とりあえず小部屋に裁判官と2人きりとなり,結構時間もあったので,ただ黙ってるのもなんかなあと。 で,こないだ調停調書の謄本を取りにいったときに,先生印紙は買ってますか?と言われて,あっ,そうやったと [続きを読む]
  • キラキラネームと学力?
  •  林修先生が,キラキラネームと学力の低さは「相関性がある」と主張されたそうです。林修先生、キラキラネームと学力の低さは「相関性がある」(ハフポスト) 主張されたそうですと書きましたが,実はこの番組見てました(笑) 色々と知らないことが教えられて面白い番組で,家にいたらわりと見てます。 ほんとおもしろい! ただ,キラキラネームのところの話は必ずしも賛同できないかもと。 まず,林先生が今回キラキラネ [続きを読む]
  • 名言?
  •  もう少しで,締切りラッシュを抜けられて,少し楽になるんじゃないかというところに来てます。 まあ,なかなか,そうは問屋が西ドイツなんでしょうが・・・ さて,最近,マックのCMで思い出したのが,ブルースリーのDon't think.Feel! これ自体は名言だと思います。 しかし,弁護士の仕事をしていると,逆にDon't feel.Think!というべき場面の方が多い感じです(笑)にほんブログ村↑↑↑「弁護士吉成安友のブログ」の [続きを読む]
  • 引退試合でのホームランとか
  •  井口選手,引退試合で,9回裏同点ホームラン! そして,チームは12回裏にサヨナラ勝利! 実に劇的! 人柄が非常に良い,非常に謙虚な方だという話を聞きますが,そういう普段からの行いがあってこその「もってる」ということかもしれません。 実るほど頭を垂れる稲穂かなといいますが,スポーツの世界も弁護士の成果も勝負の世界。 こうした勝負の世界に生きていると,アグレッシブになりやすいものです。 それも必要 [続きを読む]
  • 試しに聞いてみた
  •  先日,離婚訴訟の和解の際に,当事者本人が裁判所に来る必要があるかについての記事を書きました。 民事訴訟では,和解期日に代理人が出席すれば,本人が来る必要がありません。 一方,離婚訴訟では,法律上そうしなければならないと明記されているわけではないのですが,本人が出席することが求められるのが一般的です。 ただ,弁護士が,本人に代わって意思表示をする(決定権がある)代理人ではなく,本人の意思を伝える [続きを読む]