斎賀会計事務所 さん プロフィール

  •  
斎賀会計事務所さん: 斎賀会計事務所のブログ
ハンドル名斎賀会計事務所 さん
ブログタイトル斎賀会計事務所のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/saiga-kaikei/
サイト紹介文東京都江東区にある会計事務所です。 是非、お立ち寄り下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/11/29 17:10

斎賀会計事務所 さんのブログ記事

  • きちんと理解していますか? 休憩時間の正しいルール
  • 今年も残り2ヶ月をきってしまいましたね。皆さんの会社でも年末に向け業務のやり残しが無いよう、残業が増えたりするのではないでしょうか。今回は、毎日の就業のなかでも身近な休憩についてです。 従業員の健康を守るため、労働時間中の休憩時間には、長さやタイミングが決められています。これを正しく知っていないと、気づかないうちに従業員を違法な状態で働かせてしまうことにもなりかねません。ここでは、働くうえで身近な [続きを読む]
  • 経営者の会 第51回研修会を開催いたしました。
  • 毎年、当所関与先様や士業の先生方、提携先企業様にお集まり頂き、経営に役立つ研修会や日帰りツアー等を企画しております。 今年は経営セミナーと巨大物流センターの見学を企画し、午前中はモラロジー研究所で『道徳経済一体経営』のセミナーを学び、午後からクロネコヤマトの巨大物流ターミナル『羽田クロノゲート』へ見学に行ってきました。 【千葉県柏市 公益財団法人モラロジー研究所】「道徳経済一体思想」についてセミナー [続きを読む]
  • 親から借りたお金が贈与に!? 思わぬ課税に要注意
  • 空き地の片隅に生えるアキノキリンソウ(セイタカアワダチソウ)が黄色い花を付け始めましたね。この雑草を見ると「秋が深まってきたなぁ〜」と感じ、年末調整、確定申告の時期がすぐそこに来ていると思うものです。そこで・・・自分の家を購入する費用や自分の子供の教育費用など、さまざまな事情から、両親に借金をすることがあります。この借金が贈与とみなされれば、贈与税が課税されてしまいます。仮に2,000万円の贈与だとみ [続きを読む]
  • 経営者も労災保険に加入できる!?『特別加入制度』のメリット!
  • 10月というのに台風が上陸したりと最近の気象は例年という言葉が通用しなくなってきていますね。災害に備えたり、労働中の事故などについて不安になることはありませんか? 労働者が勤務中や通勤中に怪我をした場合は、労働者災害補償保険(以下、労災保険)により必要な補償が受けられます。しかし、経営者は労災保険に加入できないため、現場に出て怪我をしても補償は受けられません。一定規模の小規模事業者を除き、治療費はす [続きを読む]
  • 正社員と契約社員の格差はどこまで有効?
  • 空がとても高く感じる爽やかな青の今日このごろ。朝の満員電車もすこし快適に感じられます。今回は、来年の働き方改革を前に正社員と契約社員の賃金格差についてです。 昨今、正社員(無期契約労働者)と契約社員(有期契約労働者)の賃金等の格差が取り上げられるようになっており、正社員と契約社員で賃金・手当に差を設ける場合、どこまでが許されるのでしょうか?2018年6月1日、最高裁が一つの方向性を示しました。今回はこ [続きを読む]
  • 知っておくべき3つの相続方法
  • 某ハンバーガー屋さんのCMで、そうだそろそろお月見だなぁ〜と思い秋を感じた今日この頃です。今年2018年の「中秋の名月」は9月24日(月・祝)です。ではこの日は満月かというと実は違い、満月は中秋の名月の翌日の9月25日(火)になるそうです。 読書や1年の振替に良いこの季節ですね。今回は相続についてです。 相続人が確定し、遺産の概要が判明した場合、それらをどう分けるかが重要になります。その財産がプラスなのか [続きを読む]
  • 平成30年度の税制改正によって何が変わった?   その2
  • 9月に入りましたね。2学期が始まったせいか通勤電車のラッシュが戻ってきました。台風の影響で、電車がここのところ大幅に遅延することが多いです。  前回より、平成30年度の税制改正により条件が変更となった6つの制度を取り上げ、その変更点をお伝えしています。 今回は、後半の3つをお伝えします。(4)土地の登録免許税の免税措置 手間や費用の問題から相続登記をせずに放置し、相続での未登記が2〜3代続くと問題となり [続きを読む]
  • 売れる商品は『色』で決まる!?購買行動と色の深い関係
  • 厳しい残暑が続いていますが、朝晩に吹く風は稲の穂を揺らし秋めいてきましたね。私達は目に見えない肌で感じるようなものにも自然と色を思い浮かべるものですね。風で揺れる稲穂の風景は何色ですか? 毎日届く新聞の折込チラシでまず目に飛び込んでくるのは、赤や黄色が目立つスーパーや家電量販店などの大安売りのチラシです。一方、分譲マンションのチラシは白やベージュがメイン。このように、見る人にインパクトを与えたり、 [続きを読む]
  • 知らないと損!? 納税はクレジットカードが便利でお得
  • ここ数日、いつもの満員電車が人と触れることないぐらい空いていて幸せでした。企業の夏休みの分散化が進んできているとはいえ、まだまだお盆の時期に休むサラリーマンが多いのだと改めて感じました。みなさん、お休みはいかがでしたか。 今回は、クレジットカードを使った納税のメリットをご紹介します。 会社や個人事業主が納税する場合、指定した金融機関の預貯金口座から振替納税を行ったり、もしくは現金に納付書を添えて金融 [続きを読む]
  • 平成30年度の税制改正によって何が変わった? その1
  • 暑中お見舞い申し上げます。今年の夏は、前例のない酷暑や迷走する台風、本当に想定外の事が多いですね。みなさまは体調など崩されておりませんか? 平成30年度の税制改正により、相続税や贈与税の特例条件が『緩和されたもの』『厳しくなったもの』『規制されたもの』があります。 そのため、今回から2回にわたり、条件が変更となった6つの制度を取り上げ、変更点をお伝えします。(1)家なき子特例の適用条件が 厳しく 小規 [続きを読む]
  • 6ヶ月分の定期代、いつ、いくらで支給すればいい?
  • 昔の日本の夏ではあまり聞かなかったような猛暑、酷暑、極暑 今年は何しろ暑いですね。皆さん、夏バテは大丈夫でしょうか?この時期、会社の経理担当の皆さんは、賞与に付随する事務や、住民税特別徴収額の決定通知書が送付されたりと色々大変だと思います。今回は、通勤交通費についてです。 【相談内容】 当社では、通勤手当に関して、6ヶ月分まとめて購入した場合の定期券代に相当する金額を一度に支払っています。賃金には、 [続きを読む]
  • 〜相続税って何にかかるの?〜 相続ベーシック講座
  • 7月のこの時期から毎日30度を超える猛暑日で、この夏を乗り切れるか不安になります。子供のころは、あんなにも夏休みが楽しかったのに・・・ 大人になると、相続って少なからず気になるところですよね。 今回は「相続税っていくらから課税されるの?」「どんなものが相続財産となるの?」そんな疑問をお持ちの方にお応えすべく、相続の基礎知識をお伝えします。 相続税はいくらから課税される?  相続税は、基礎控除額(3,000 [続きを読む]
  • 人手不足解消&生産性向上がロボットの導入で叶う!?
  • 梅雨入りしたと思ったら、もう梅雨が明けていました。 平年より22日早く昨年より7日早いそうです。夕立が降って昼間の空気の暑さが和らいで・・・そんな時代もあったよなぁ〜ってくらい経済も地球の変化もすべてが駆け足のような気がします。今回は昭和の時代では未来の話だった現在では身近にあるロボットについてです。 これまで、自動車産業や電子機器産業で導入されることが多かったロボットシステム。しかしテクノロジーの進 [続きを読む]
  • 歩合給やインセンティブ 支払う条件によって所得区分が相違!
  • 今年はなぜか週末になると雨模様ですね。ジメジメ・・・嫌ですね。この時期、夏を前に各地で朝顔祭りなどが開催されるのではないでしょうか。早朝に大輪の花を咲かせる朝顔、涼を呼んでくれそうです。今回は夏のボーナスや報奨金に関係することを少し・・・ 目標の達成度に応じて、従業員に歩合給やインセンティブ、業績手当を支払う会社も多いでしょう。ただし、これらの報奨金は従業員に支払う“理由”によって、会計上の区分が [続きを読む]
  • 防災用品の購入費は、用途によって勘定科目が異なる!?
  •  備えあれば憂いなし 大切な従業員のためにも防災について経理の観点より。地震や土砂崩れ、噴火など多くの災害に見舞われている日本。そのため、東京都や大阪府など全国16以上の自治体では、“防災用品の備蓄に関する条例やガイドライン”を定めています。では、会社でヘルメットや非常食などの防災用品を購入した場合、税務上どのように処理すればよいのでしょうか? 基本は“繰り返し使えるか否か”で勘定科目を判断   会社 [続きを読む]
  • 平成30年4月1日より事業承継税制はどう変わった?その2
  • 来るべきIoE時代 しかし、昭和の良きものも大切に次の世代に継承していきたいですね。大切な会社も同様に事業を次の世代に継承していきたいものです。そこで・・・ 今回も前回に引き続き、この特例制度についてご紹介していきます。 大きく変わる項目は8項目 前回1から4までご説明しました。では、続きです。 (5)相続時精算課税の適用範囲が拡大従来の制度では、原則として60歳以上の父母または祖父母から、20歳以 [続きを読む]
  • 平成30年4月1日より事業承継税制はどう変わった その1
  • 最近では5月に運動会を開催する学校も増えてきていますね。運動会のメインといえばリレーバントが上手に渡せるかは勝敗を分ける重要ポイントですよね。 会社のバトンを次の世代へ円滑に渡すための税制改正が特例事業継承税制です。では、特例J業承継税制について少し・・・ 平成30年度の税制改正にて創設された『特例事業承継税制』(以下、特例制度)。今年4月1日より施行されているこの制度について、 従来の事業承継税制との [続きを読む]
  • 就業規則に定めていないと、懲戒解雇は適用できない!?
  • 五月晴れの爽やかな日ですね。天気予報を見ていたら高気圧が、どこの大陸からくる来るかによって晴れの日の爽やかさに違いがあるそうです。高気圧にもタイプがあるのですね 新入社員の採用など人事が忙しいこの時期、社員が気持ちよく長く勤めてもらうことは会社にとってもプラスですね。そこで、今回は人事でもめないために就業規則について少し。  2018年3月、ある銀行員の男性が約1,800万円を着服したことから、当該銀行は公 [続きを読む]
  • 税務申告の初歩講座
  • 皆さんゴールデンウイークは如何でしたか気温の変動の大きい今日この頃、体調を崩していませんでしょうか?仕事モードへ戻れていますか?さて、今回は会社の大切な業務の一つである税務申告についてです。  税務申告の初歩講座 国税庁の統計によると、1年間のうち3月を決算月とする会社が最も多いようです。なお、決算を行った後には、その決算書をもとに法人税や消費税などを計算・申告する“税務申告”を行わなくてはなりま [続きを読む]
  • 財産管理 ・ 遺産承継の手法である『民事信託』 とは?
  • もうすぐゴールデンウイークですね。こどもの日におじいちゃん、おばあちゃん、お孫さん一堂に会する機会もあることと思います。このような時に近況報告もかねて財産の管理について話し合うのは如何でしょうか  高齢化が進む現在、 65歳以上の高齢者の4人に1人は、認知症及びその予備軍になると言われています。 もし自分の親が認知症になった時、遺産分割はどうするのか?一つ間違えば、“争続”の原因にもなりかねません。 そ [続きを読む]
  • 子供に土地を売却したら贈与税の対象に!? 親族間での財産譲渡に要注意
  • こんにちは。新年度が始まりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうかご家族やご親族に新年度から新たにご入学、ご就職された方がいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 お子さんやお孫さんにプレゼントしたり、場合によってはお現金で御祝いを贈ることもあるかと思います。贈るといえば贈与税!今回は贈与税についてお話しします。(無理やり?) 子供に土地を売却したら贈与税の対象に!? 親族間での財産譲渡に要注意配偶者 [続きを読む]
  • 売却?それともリフォーム?相続した実家の活用方法
  • こんにちは冬の寒さはすっかり忘れて春らんまんな毎日ですね。斎賀会計事務所近くの『深川芭蕉通り』や、『小名木川』沿いも桜が満開でとってもキレイです。 さて、今回は相続により取得した実家の活用方法をご紹介します。 売却?それともリフォーム?相続した実家の活用方法不動産関連の比較査定サイトを運営するスマイスターが、2017年9月に行った『不動産相続についての調査』によると、不動産を相続した人のうち79.5%(回答 [続きを読む]