ひろこちゃん さん プロフィール

  •  
ひろこちゃんさん: 小説書いています
ハンドル名ひろこちゃん さん
ブログタイトル小説書いています
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nampoo
サイト紹介文身近な鳥や花を載せています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2010/11/30 14:29

ひろこちゃん さんのブログ記事

  • 第8回 IZUMI展
  • 今日は友人夫妻が主催している絵画教室の展覧会を見に行きました。どの作品も楽しみながら描かれたのだろうなあと、思うような優しい心温まる作品ばかりでした。まだまだたくさんの作品が並んでいましたが、全部UP出来ないのが残念です。第8回 IZUMI展の案内ハガキ作品1作品2 作品3作品4作品5作品6 [続きを読む]
  • モンキアゲハ、アゲハ、ヒメアカタテハ、他
  • 昨日と前後しますが9月30日に出合ったチョウたちです。モンキアゲハ 彼岸花が好きなようでたくさん群れていました。ヒメアカタテハとナナホシテントウ 語らいながら蜜を吸っているようです。アゲハ 山の中腹の木の下でコーヒーを飲んでいると、「ご一緒しましょうか?」とでも言うように近くの花に来て止まりました。暫く一人と一匹でティータイムを楽しみました。チョウの目線こちらを向いているようでしょう?123アゲハ [続きを読む]
  • 「南風」42号を発刊いたしました。
  • 「南風」は毎年2回作品を発表しております文芸同人誌です。この度42号を発刊いたしました。今回は小説6篇、エッセイ1篇の構成になっております。興味を持っていただけましたら下記の書店に置いておりますので、ご覧いただけたら幸いです。なお事務局にご連絡いただければ郵送も受け賜っております。「南風」42号 平成29年10月15日 発刊ジュンク堂書店福岡店 「南風の会」事務局 電話&FAX 092−846−0 [続きを読む]
  • 「南風」42号を発刊いたしました。
  • {南風}は毎年2回作品を発表しております文芸同人誌です。この度42号を発刊いたしました。今回は小説6篇、エッセイ1篇の構成になっております。興味を持っていただけましたら下記の書店に置いておりますので、ご覧いただけたら幸いです。なお事務局にご連絡いただければ郵送も受け賜っております。「南風」42号ジュンク堂書店福岡店 「南風の会」事務局 電話&FAX 092−846−0736 600円(税込み) [続きを読む]
  • クロツラヘラサギとアオサギの若鳥
  • 10月5日「篠栗九大の森」の帰り多々良川によりました。曇りのうえに夕方でしたから鮮明ではありませんが、クロツラヘラサギが1羽飛来していました。クロツラヘラサギ 川の中洲で熱心に餌さを探していました。123クロツラヘラサギとアオサギの若鳥 並んでいるのを見るとアオサギの方が大きいのですね。アオサギは首に斑点が見えていますので、若鳥のようです。アオサギ 飛翔の姿は綺麗でした。1 [続きを読む]
  • 木の実(2)
  • 「篠栗九大の森」で10月5日に見かけた木の実の続きです。知らない木の実の同定はかなり骨折りました。それでも違っているのがあると思います。そのときはお許しを。エゴの実とヤマガラ。 この実くらい個性的だととても助かります。ヤマガラが熱心に啄ばんでいました。シャシャンボ 葡萄のような実でしたがつる性ではないようです。 ツツジ科フユイチゴ もう所々に生っていました。ミヤマガマズミ 可愛らしい実でした。スイ [続きを読む]
  • 木の実
  • 最近はそこここで木の実を見るようになりました。秋なんだなあと思います。蔦の実 塀などに這っている蔦はよく見ますがどんな実が生るのか知りませんでした。 ブドウ科ヌルデ よく黄櫨の実と間違えます。葉を見ると違いは分かりますが。ウルシ科 有毒植物サンキライ(サルトリイバラ) まだ赤くなってませんでした。子どものころはガメノ葉と呼んでいて、この葉ではさんで作った饅頭を、ガメノ葉饅頭と呼んで、ハレの日には必 [続きを読む]
  • ミカドガガンボ、オオハナアブ、カメノコテントウムシ、他昆虫
  • 「篠栗九大の森」に連れて行って貰ったときに出合った昆虫編(2)です。前合ったのはいつだったか思い出せないくらい見てなかったガガンボやカメノコテントウムシに合うことが出来ました。ミカドガガンボ 翅を広げると8cmくらいありましたから、日本最大のミカドガガンボだろうと思っています。この横が崖になっていてまわりこんで撮れませんでした。ハエ目ガガンボ科オオハナアブ これも大変懐かしいアブでした。カメノコテ [続きを読む]
  • 赤いトノサマバッタの幼虫
  • 「篠栗九大の森」に連れて行ってもらった時に見かけたチョウとトンボ以外の昆虫です。子どものころから昆虫は大好きで付き合いは長いですが、赤いトノサマバッタを見たのは初めてでした。正確に言うなら「トノサマバッタの終齢幼虫」でしょうか。赤いトノサマバッタ終齢幼虫 本当にこれで合っているのかなぁと不安ですが、いくら調べても他にそれらしいのが出てきませんでした。どういう原因で赤くなっているんでしょうか。かなり [続きを読む]
  • 「篠栗九大の森」で見かけた野草色々
  • 10月5日に連れて行ってもらった「篠栗九大の森」で見かけた野草です。初めて見るのやら、懐かしいのやら色々な野草に出会うことが出来ました。コシロノセンダングサ 初めて見ましたが何故か懐かしい花でした。キク科シバハギ こちらも初見です。フェンス越しでしたので少々ボケています。マメ科 九大の演習林だけあって萩の花も色々咲いていました。名前を決めるのに閉口しました。間違っているのがあるかも知れません。その [続きを読む]
  • ツルボ、ナンテンハギ、他野草
  • 少々古いですが9月30日に糸島市で見かけた野草です。今季は消えてしまったと思っていたホシアサガオも場所を変えて咲いていました。ツルボ ユリ科の球根植物12ナンテンハギ 久しぶりに出会いました。マメ科ノアズキ マメ科ホシアサガオ 刈りとられてしまって今季は会えないかと思っていましたら、いつもの場所よりかなり離れた場所で咲いていました。ヒルガオ科アメリカアサガオ こちらもまだ咲いていました。ヒルガオ科 [続きを読む]
  • 沼に生える木ラクウショウ
  • 昨日連れて行っててもらった「篠栗九大の森」の主目的は、沼に生えているスギ科ヌマスギ属のラクウショウを見るためでした。残念ながら水に浸かっているのは見られませんでしたが、それでも根らしいのがぼこぼこ出ていて異様な光景でした。ラクウショウの根元 茎の色が違っているところまでいつもは水に浸かっているようです。123ラクウショウの森ラクウショウの葉 まだ青々としていました。ラクウショウの森 水がなかったの [続きを読む]
  • 初登場ヤママユガ
  • 今日は福岡県篠栗町「篠栗九大の森」という所に連れて行ってもらいました。とても華やかな大きな蛾に出会いました。チョウのタテハモドキの親方のようでした。初めて見ました。蛾のイメージが変わりました。ヤママユガ 翅をひらくと115ミリ〜150ミリ、男性の手のひらくらいの大きさでした。1234ヤママユガの触角5満月 10月4日21:46分撮影 月齢 14、9 [続きを読む]
  • モズ、カワセミ、他
  • 9月30日少しは野鳥に出会えるかと期待して郊外に行きましたが、出会えたのはモズが数羽だけでした。縄張りの主張をしていたのでしょうか、盛んに鳴き交わしていました。モズ♂ 若鳥のようです。モズ♀12カワセミ 目の前を猛スピードで飛んでいきましたので、追いかけましたが見当たりませんでした。小川に落ちた猪の子ども 顔は撮れませんでした。川の淵は両岸とも傾斜が急でしたから、無事山に戻れたか心配です。12満月 [続きを読む]
  • カラスアゲハ、ユウレイセセリ、他チョウ
  • 9月30日に出合ったチョウの続きです。黒系のアゲハチョウには何種かに出合ったのは良かったのですが、名前の同定に手こずりました。裏翅はどれもよく似ていて何度も確認しましたが、間違っているのがあるかも知れません。その時はお許しを。カラスアゲハ このチョウの特徴であるメタリックな光沢が大好きですが、季節の終りで翅も傷んでいるのが多く、独特の光沢も多少色あせていたようでした。↓は綺麗な光沢を放っていました [続きを読む]
  • モンキアゲハ、タテハモドキ、他チョウ
  • 昨日行った糸島市ではすでに彼岸花の盛りは過ぎていましたが、今季会えなかったと思っていた黒系のアゲハチョウたちがたくさん群がっていました。あまりの多いので何回かに分けてUPしたいと思っています。モンキアゲハ 赤に黒まさしくスタンダールカラーです。見ていると華やかですね。1234タテハモドキ もう少しちゃんと撮りたかったのですが、一瞬の出合いでした。ツマグロキチョウ ヒメアカタテハ 何度も調べなおすほ [続きを読む]
  • 初登場メスグロヒョウモン
  • 今日はお天気が良かったので糸島市まで足を伸ばしました。まだまだたくさんのチョウが飛んでいました。嬉しいことに初めてメスグロヒョウモンに出合えました。メスグロヒョウモン♀ 目の前に現れたときは大きなコミスジだなあと思ってみていましたが、どうやら初めて見るチョウのようです。俄然張り切ったのは言うまでもありません。1234567メスグロヒョウモン♂ あまり自信はありませんが、ツマグロヒョウモンにしては表 [続きを読む]
  • 野草色々
  • 9月26日に福岡城址で見かけた野草です。全部お馴染みさんばかりでしたが花の数はかなり増えてました。ヤブミョウガ 熟して黒くなったのが多かったです。ツユクサ科メリケンカルカヤ 花が幾つも出ていました。イネ科ミズヒキ 鎌で刈っても良いように咲いていました。花の色がかなり濃くなっていました。タデ科チヂミザサ 群生していました。地味ですが良く見るとユニークな形の花です。イネ科シロカタバミ カタバミ科キツナ [続きを読む]
  • アオイトトンボ、アジアイトトンボ、他トンボ
  • 26日は福岡城址から大濠公園と足を伸ばしましたら、イトトンボが気持ち良さそうに飛んでいました。アオイトトンボ シャッターを切るたびに体全体が紫色に見えるので新種のトンボかと思いました。ちょっぴり残念。しかしブルーの眼は綺麗です。12アジアイトトンボ ♂♀同色がいるとは知りませんでした。12オニヤンマ 一番頑張って一番ボケボケです。激しく争っていました。オオシオカラトンボツツクツボウシ もういないだ [続きを読む]
  • コミスジ、ヒメアカタテハ、他チョウ
  • 昨日、福岡城址で出合ったチョウたちです。種類は大分少なくなっていましたがまだ元気に飛び回っていました。それにしても我ながらかなりしつこいですね。子どものころから遊んでもらって、すでに人生の終末に来てもまだ遊んでもらっています。ご覧頂いている方はまたかとお思いでしょうが、お付き合い頂きありがとうございます。コミスジ12キチョウツバメシジミヒメアカタテハ12ヒメウラナミジャノメヤマトシジミ表翅 一番た [続きを読む]
  • ノスリの渡り、モズ、シジュウガラ
  • もうぼちぼち渡り鳥がやって来ているのではないかと、今日福岡城址に行ってみましたら、ノスリの渡りを見ることが出来ました。20羽くらいで飛んでいました。ノスリの集団 トビも混じっているようです。ノスリ12トビ いつもはたくさん飛んでいるのにここのところ姿が見えないので、心配していましたらノスリに混じって飛んでいました。トビとノスリ 前がトビ後ろから追いかけているのがノスリです。モズ♀ やっと秋の鳥に出 [続きを読む]
  • 茸ばかり8種類
  • 18号台風が直撃るると大騒ぎした9月17日の翌日福岡城址で出会った茸です。茸の名前調べは前回でコリコリしていたはずなのに、足元にぞっくり立っていたりすると、名前調べ大変だよな、我ながら節操無いなあ、と思いつつもついカメラを向けてしまいました。案の定名前は殆ど分かりませんでした。名前を書いているのも姿形が似ていますという程度です。間違っているのが多いと思います。そこのところはお許しください。ウズハツ [続きを読む]
  • 初誕生の祝い膳
  • 今日は親戚の女の子の1歳の誕生会に招待されて出席しました。その時のお料理です。初誕生会の料理 隅々まで料理人の感性が生きていました。123456今日の夕陽 18:19分撮影夕方の月 18:21撮影 月齢3,9 [続きを読む]