AKOMO さん プロフィール

  •  
AKOMOさん: 絵を描きながら
ハンドル名AKOMO さん
ブログタイトル絵を描きながら
ブログURLhttp://aamori.exblog.jp/
サイト紹介文油絵を描いています。絵のこと、好きな動物、旅先のこと、日ごろ思うことなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供350回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2010/12/02 21:15

AKOMO さんのブログ記事

  • 久しぶりの絵
  • さかさま??のようですけれど、。、、、妙な絵をかいたような、、、P8(455×333mm)猫と出会ったアムステルダムの運河です。「正義」と「憎しみ」の構造―オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!? 加藤 諦三著軍艦をいっぱい見たせいかな?などと思ってこの本で、テロリストは何を考えているのか??世界情勢、政治とかからでなく、心理面から書かれた本です。第5章へ... [続きを読む]
  • ホップオンホップオフその6
  • トロリーはリトルイタリーへバスストップのところおいしそうな店が、、いろいろ。旅先、色々食べてみたくなって、胃袋2つ、食事は日に6回ぐらい、、、だったらいいなぁ、、食べに来たかったけれど、、ホテルから遠いし、、また機会があれば??難しいですね。この周辺、前回ブログの家と比べると、金持ちではなさそう。リトルイタリー、以前ニューヨークのに行ってみましたが、どうしても「God Fath... [続きを読む]
  • ホップオンホップオフその5
  • トロリーは動物園のある BALBOA PARKに。この地区、いくつもの博物館があって、元気で時間に余裕があったら、降りてみたかったのですが、、、建物の装飾がスペイン風バスで通り過ぎただけなので、他から写真を二枚借りました。ね、スペイン風植物園、やはりスペイン風、、、また、サンディエゴに来ることがあったら、行ってみようと思います。気持ちよさそうな公園この地区は、比較的富裕... [続きを読む]
  • ホップオンホップオフその4
  • 町中をトロリーが走ります。写真は、交差点とか、うまくスピードを落としてくれないと撮れないです。ホートンプラザ、ショッピングセンターがあるらしい。ちょっと向こうの青い壁のクラシックな建物、ホートングランドホテル何とかとったホテルの壁、1886年に建てられた、ウィーンの宿のレプリカで飾った?何事も、英語聞き取りが???交差点で止まったので、パチッと交差点で止まった時に、街の雰囲気はこ... [続きを読む]
  • ホップオンホップオフその3
  • サンディエゴ、NAVY施設のあるコロナドという島、前回ブログの、セレブご用達のホテル HOTEL DEL CORONADOのある島、(歴代大統領、ハリウッドスターご用達)ビーチ、雰囲気はリゾート地、これはホテル?HOTEL DEL CORONADOは、すご〜く高そうだけど、、、ここなら、、大丈夫?なぜか、また来ることを考えたりして、、、海も見えて、素敵なおうち、、(もっとあっ... [続きを読む]
  • ホップオンホップオフその2
  • トロリーは見えているこの橋を渡りました。橋を渡った先の島、、雰囲気が違います。島の北のほうは、NAVAL AIR STATIONつまり、トップガンの世界、、、バスはもちろん入りません。おしゃれで、ここに滞在したくなるような島です。ここで流れてきたのは、マリリンモンローの歌声「アイ・ウォナ・ビー・ラヴド・バイ・ユー」(I Wanna Be Loved by You)「みんな何の映画... [続きを読む]
  • ホップオンホップオフ
  • サンディエゴ、一人で行動するとなると、選んだのは、ホップオンホップオフシティーツアー、トロリー、、ガイド兼運転手は、芸人で、コメディアンのよう、、でも、まじめな説明をしている英語はなんとかついていけるけれど、、笑いを取るところは、、ちっともわからず、、笑えません、(泣)かなり日本語のうまいイギリス人、日本のテレビを見て、「水戸黄門」や「あぶないデカ」はわかるけど、ビートたけしや... [続きを読む]
  • ホップオンホップオフ
  • サンディエゴ、一人で行動するとなると、選んだのは、ホップオンホップオフシティーツアー、サンフランシスコのような、トロリー、、ガイド兼運転手は、芸人で、コメディアンのよう、、でも、まじめな説明をしている英語はなんとかついていけるけれど、、笑いを取るところは、、ちっともわからず、、笑えません、(泣)かなり日本語のうまいイギリス人、日本のテレビを見て、「水戸黄門」や「あぶないデカ」はわ... [続きを読む]
  • 船、船、船
  • 時差で、早く眠くなって、早朝に目が覚めてしまう。ホテルの窓から、マリーナの向こうは軍艦のドッグ?軍艦を見ても、なんだかわからない、、夫は、また海外へ(モンゴル)、そばにいないから、この船は何って聞けなくて、、男の子は、船のプラモデルを作ったり、、こういうの好きですよねぇ。。軍艦の種類も、働き方もわからないので、、、好きならサンディエゴは面白い場所です。サンディエゴ海上博物館、帆... [続きを読む]
  • 空母ミッドウェイ
  • 遠くの船のライトアップは何?ミッドウェイでした。迫力あります。これは、夫が昨年一人で行った(仕事です)時の写真。たぶんミッドウェイ。空母ミッドウェイは、第二次世界大戦後に就役し、ベトナム戦争や湾岸戦争に参加した。2015年現在同艦はカリフォルニア州サンディエゴで博物館として公開されている。(ウィキペディア)サンディエゴは「トップガン」(1986年度の全米興行成績1位を記録し、... [続きを読む]
  • 水陸両用その2
  • 水陸両用バス、そばで見るとごついです。私にとって、楽しみは、生き物ウォッチング。このツアーを選んだ理由。アシカ、アザラシ、鵜、カモメ、ペリカン、、にぎやかです。そばを泳いでいます。帰り道、軍艦が、、遠くに見えても、水陸両用は遅いので追い越されます。漁船も、周りに鳥がいっぱいいるのがわかりますか?横浜市と姉妹都市で、そのメモリアルだそうです。90分のツアーでした。「正義」と... [続きを読む]
  • 水陸両用
  • サンディエゴ、旅の話を続けます。水陸両用のバスに乗りました。乗ると見晴らしがいいです。アメリカ人おばさまの10人を超すグループと一緒でした。どこの国もおばさまたちはかなりにぎやかでおしゃべり。私はひとりぼっちでした。この乗り物、もともとはベトナム戦争の時の軍用の乗り物、運転手(キャプテン)は元沿岸警備隊。陸の上は、普通のスピード、水に入ると、かなり他の船と比べて遅いです。時速5マイル... [続きを読む]
  • ZOOその4
  • サンディエゴ動物園、キリンに餌をあげる、、、やってみたかったですが、長い列が、並んで待つのはやめました。フラミンゴ、並んで寝ています。足が、、、面白い。カワウソ、、楽しそうに、、動きが速いので、、、2匹でじゃれあって、、、園内の植物は南国、全部回ることはできず、、ランチ、コーラを入れてもらったボトル、お土産です。帰国したら、これに飲み物を入れて、テニスにでも行こうかな、、、... [続きを読む]
  • ZOOその3
  • サンディエゴ動物園、動物は見つけにくいところにいます。トラは、隅のほうの高いところに、、悠然とくつろいでいて、、かっこいいです。かっこいい顔を洗っています。仕草はうちの猫と同じ。舌が長い、大あくびBig cat 大好きです。たぶん、ユキヒョウです。この子はヒョウ、高いところで、昼寝。くろひょう、、お〜かっこいいなぁ。大きくても、恐ろしくても、猫は猫です。くつろぎ方は... [続きを読む]
  • ZOOその2
  • サンディエゴ動物園、広くて、上り下りもあって、時差で眠い中ハードでした。動物たちは気持ちよさそうに、昼寝、、うらやましかったです。サイは立派です。子供たちはライノだライノ( Rhinocerotidae)だといって興奮、、私も大きさで、、興奮。こちらも、しっかりと寝ています。コアラ、木の上で、、しっかり寝てます。木の上がちょうど、見る高さにあって、寝顔がばっちり見えます。道を少... [続きを読む]
  • ZOO
  • サンディエゴ動物園、日曜日で家族連れが多い。入園料は1日券、大人(12歳以上)52ドル、子供(3歳から11歳)42ドルと高めですが、すごく広いです、園内をバス(?)が走り、そうなんです、バスツアーがありました。見えますか、ロープウェイも移動手段に、橋の向こうです。とても1日で回り切れるかどうか??疑問。半日だったので、、もう半分はあきらめて、、歩く歩く、山道(?)時差もあって、... [続きを読む]
  • 薬屋さんがいっぱいティファナ
  • ティファナの街歩きです。(自由時間)ガイドさんがいないとわからないことってありますね、アメリカ人がメキシコに来る理由、、医療を求めてが多いそうです。メディカルツアー。アメリカは医療費が高い、、メキシコに来て、眼科とか整形とかの手術を受けたり、歯医者にかかったりするのですって、そう聞いて街を歩くと薬屋さんが目立ちます。バイアグラと堂々とかかれたお店。車で隠れてしまいましたが、、、... [続きを読む]
  • 野次馬です
  • 何か変わったことがあると面白いです。サンディエゴ、ハーバーで、あたりは異様なにおいと煙が、船の火事です。わんこも、見物です。アメリカのテレビドラマみたいな黄色いテープ、立ち入り禁止うわさは、、英語の聞き取りにいまいち自信がないのですが、船の持ち主がよくわかっていない、結婚式のパーティをやっていた毒物で海が汚れる恐れ、(これはたぶんそうでしょう、どんな火事でも)こ... [続きを読む]
  • ティファナでタコス
  • 今日は、もう一つアップします。アメリカ、メキシコの国境を超えるのには時間がかかりました。乗り物も、国境を超えるのに、乗り物は別に、機械を通して、検査、、どうやるかはわかりませんが、洗車機のようなものが、、、検査していました。日本では、こういう国境がないから、それはそれで非日常的体験で、面白い。サングラスのお兄さんがガイド、アメリカ人年配夫婦と、イギリスから来たインド人、そして私... [続きを読む]
  • サンタフェ駅
  • ティファナへの集合場所でした。私、時計を一時間遅れて合わしていて、気が付いたときはぎりぎり、大急ぎでサンタフェ駅に、、こういうことをやってしまう。どじというか、、、、この駅、外観がかっこよいのですが、あわてたので写真がなくて、、、クラシックで美しい駅です。正面がチケット売り場ホーム赤いアムトラック??駅はすいていて、アメリカ、列車で移動する人は少ないようです。... [続きを読む]
  • 時差に弱い
  • 東の方へ行く方が、時差対処がうまくできない気がします。アメリカ西海岸への旅が一番うまくいかず、、厳しい。ねむいはずなのに、夜にはなんだかさえてねつけず、ひどいことに、やっと寝たと思ったら、ホテルの時計のアラームが、夜中1時45分になりだし、、、前泊者がセットしたらしい、、、そこからまた、ねつくのがむずかしく、やっとねたら、あさ8時におこされて、、、寝足りないのですが、、、いつも... [続きを読む]
  • 明日は、、
  • あわただしい日々です。アムステルダムのあと、夫は仕事で広州に、戻ってはきましたが。息子は済州島でのコングレスの後、日本のうちで少しのんびり、そして、今日カナダに戻っていきました。息子がいると食べ過ぎてしまう。日本のものを食べたいだろうと、、てんぷら、お寿司、サンマ、、意外だけれど、カスタードプリンがないようで、、モロゾフのプリンなどを買ってしまって、、桃、季節外れで旬は過ぎている... [続きを読む]
  • コンなのがいいのですけど、、
  • アムステルダム、レンブラント広場こんな感じで、描いた絵を売っていて、、日本だと、似顔絵かきとかは見ますが、、油絵のようなものは、ちゃんとギャラリーで個展で、、、そんなんじゃなくて、こんなお店で、、私自分の絵を扱いたいのですけれど、、安いお値段で、、、なんだかやれないというか、、、手作りアクセサリーみたいのはやっているのに、、、油絵だと、、権威のある絵があって、、、、ちゃんとしす... [続きを読む]
  • コスプレ、アムステルダム
  • 夫の仕事のあった、コンヴェンションセンター入口、隣でやっていたイベントは、、、コスプレ!!どこの国でも、こういうの、頑張る人はいるんだね。何のキャラかは?ちょっとわからないけれど、、、にぎわっていました、デタラメ健康科学---代替療法・製薬産業・メディアのウソ2011/5/19ベン ゴールドエイカー、 梶山 あゆみ第9章 製薬業界のだましの手口データを公表するな... [続きを読む]
  • アムステルダム、雑多
  • ホテルのそば、トラムの駅までこの道を、、なかなか素敵だと思います。水門、なんとなく興味が、、ハウスボートは一番の興味、コンセルトヘボウ(Concertgebouw)コンサートホール。戦前からの姿をそのままに伝える音響の優れたコンサートホールクラシックファンなら、、、帰国したら、ピアノとドラムレッスンが待っていて、、、(クラシックではありません)ちょっと焦り港のほうへ、ビルの向こ... [続きを読む]