ナオ先生 さん プロフィール

  •  
ナオ先生さん: ナオ先生
ハンドル名ナオ先生 さん
ブログタイトルナオ先生
ブログURLhttp://kyoto.areablog.jp/page.asp?idx=1000026084
サイト紹介文京都市左京区修学院で大人と子供のための脳トレヨガ教室をしています。一日の出来事などを書いていきます。
自由文スタジオの様子や比叡山の写真など、楽しみながら書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/12/02 21:57

ナオ先生 さんのブログ記事

  • ああ〜集中力がないなあ〜と思ったら、、、
  • 集中力がないなあ〜集中力をつけるにはどうしたらいいんだ? ポイントは「自分を整える。」ことです。そのために大切なのは睡眠・食事・適切な休養です。「なあ〜んだ、期待外れの答え。」と思われるかもしれませんが、人間も動物なのですから基本的に自然の理にかなった管理が必要です。『集中力』とは人間にとって高度な能力ですから、まず身体という土台を整えておかなければ持続不可能です。 睡眠・食事・休養を見直したうえで [続きを読む]
  • 脳の働きを良くする方法にはいくつかありますが、、、
  • 出張子どもクラス、伏見区桃山町下野30−3森の学校にて始めました^^ 毎週 水曜日 月4回 15時30分〜16時30分 「イルチブレインアップ脳教育にとても関心があるが、修学院教室まで通うのが遠い。近くに教室があったら通わせたい。」という保護者のご要望に応えて、出張こども教室を始めました。 脳の働きを良くする方法にはいくつかありますが、イルチブレインアップは①遊ぶ②運動や呼吸で、脳の血流量を増やして [続きを読む]
  • 今となればこれも、天からのプレゼントだったような気がします。
  • こんにちは。お久しぶりです。さわやかで過ごしやすい季節になりました。実は、急に入院することになってしまって、ブログを中座してしまいました。7月に京都ブログさんから皆勤賞が頂けたのが嬉しくて、9月も頑張るぞ!と気合を入れていたのですが、中座してしまいました。毎日が繰り返し同じようにやってくるものだと錯覚してすごしていましたが、突然、何があるかわからないものです。落下物がたまたま左目を直撃して、激痛と [続きを読む]
  • 運命を変えるには
  • 運命を変えるには 運命を変えたいなら、まずそれを心から願いなさい。願わないことは起こらない。切に願えば志になる。固く志が立てば情熱を抱くようになる。情熱を抱けば実践するようになり絶え間ない実践は運命を変える。 今週の瞑想49 「筆絵瞑想」 文絵 一指李承憲 BRAIN WORLD JAPANより ☆☆☆手の届く果実から採りなさいということわざがあります。志を立ててもすぐには届かず、あきらめたくなることもあります。 [続きを読む]
  • いかなる過去も、今、この瞬間の真新しさと神性さを傷つけられはしない
  • 今、この瞬間 いかなる過去も、今、この瞬間の真新しさと神性さを傷つけられはしない。私たちはいつも、今、この瞬間を自覚することで新たなスタートを切ることができる。 筆絵瞑想 文・絵 一指 李承憲 365日生活瞑想集 BRAIN WORLD JAPAN刊 ☆☆☆たとえ一秒前でもすでに過ぎ去った過去。今の瞬間瞬間、あたらしい自分に生まれ変わることができる。つらい過去を選択するのか、新しいより良い未来を選択するのかは今を [続きを読む]
  • 秋空の下の比叡山。自然は天才芸術家です。
  • 青空に、白い絵の具を使って刷毛で描いたような雲。自然は天才芸術家です。修学院スタジオのビルは、オーナーの堀内さんが比叡山が大好きで、「比叡山が一番美しく見える場所にたてた。」とおっしゃっています。自慢のビル、自慢の比叡山です。◆◆◆ILCHIブレインヨガ修学院スタジオ[独立加盟店]◆◆◆ トレーナー募集中!場所:京都府京都市左京区修学院大林町5-3 トータスビル3F   (叡山本線 修学院駅より東に徒歩3分)体 [続きを読む]
  • ほんとうの自分なんているのだろうか PART2
  • ほんとうの自分なんているのだろうか PART2 います! 本当の自分の見つけ方は、観念や考えや感情を捨てて、捨てて、捨てていくことです。そうすれば自然と、「きらり」と光る自分が出てきます。 世界一おいしい食べ物を食べたり、世界一美しい景色を見たりすることよりももっとびっくりで、感動します。 自分が嫌いだった人が4番チャクラトレーニングを受けて、自分が想像すらしていなかった素敵で価値ある人だということに気が [続きを読む]
  • 勇敢にもそれに耐えられることは、不運ではなく、幸運であること
  • 今日は伏見中央図書館に寄りました。知人に教えてもらった雑誌を探しに行ったのです。 雑誌 致知 自己尽己の特集が組まれていました。自省録から 波に打たれ続けても、じっとその場に腰を据え、波しぶきの激しさをなだめる断崖のようでありなさい。「こんな目に合うとは、なんて私は不幸なんだ。」いや、かわりにこう考えてみるのだ。「このようなことがわが身に降りかかっても、私は満足している。現実に押しつぶされることもな [続きを読む]
  • 目を閉じて、深く自分の内面を見つめ、観察してみよう。
  • 目を閉じて、深く自分の内面を見つめ、観察してみよう。真我があなたにささやく声の耳を傾けよう。自分を見つめていると、ある瞬間、自分の内側からの声に耳を澄ますよりも、外側のルールや状況ばかりを意識していた、ということを悟るだろう。 けれども、真に変化したかったら、他人の目を意識したり世間の評判を恐れたりするのを心の中から一掃する必要がある。でなければ、あなたは残りの人生を他人の期待に合わせて延々と生き [続きを読む]
  • 感謝の心も学び訓練することが必要です
  • 感謝を習慣にする    筆絵瞑想 文絵 一指 李承憲 ブレインワールド刊 感謝は心の技術だ。誰もが学べ、訓練できる。感謝に対する経験と理解が深まるとどんな状況にも、ただただ感謝するばかりだとわかるようになる。すべてがただありがたい。そうなれば感謝することを探そうとしなくても人生のすべての瞬間が感謝でいっぱいになる。 感謝も初めは見ようとしなければ見えず、探そうとしなければ見つけられない。感謝の心も学 [続きを読む]
  • へそヒーリングで、体温上昇、ダイエットも達成!
  • へそヒーリング効果=3週間でウエスト-10センチ 3日目から、へその奥が温かくなり、肩の力が抜けてきました。甘いものや、ファストフードに手が出なくなり、自分のカラダへ関心を持つ事が嬉しい変化になりました。(50代女性) ☆おへそまわりの腸をほぐすとお腹がポカポカして気持ちがいいです。よくほぐれた日には背中にカイロを貼っていると錯覚するぐらい背中が温かくなるときがあります。私は低体温で、平熱が35, [続きを読む]
  • 自分に優しいって、こういうことかもしれない。
  • ひどかったアトピーが改善してお肌がつるつるになりました← していただけたら動画に繋がります。 心がけたのは3つ①グッドニュースを自分に与える②へそヒーリング③食事 ①について 始めはいいところなんて一つもないと思ったけれども、「私は必ずきれいになる。私は美しい。」というようなことを自分に声かけする。少しでも改善してきたらどんなに小さなことでも「ここが良くなった。」と自分に言い聞かせてみた。カラ [続きを読む]
  • 世の中で怖いものが一つ消えた瞬間でした。
  • パソコン教室に通っています。パソコンアレルギーがあまりにもひどすぎるので、思い切って始めました。 「自分にとって一番怖いことをやってみなさい。そうすれば自分の枠が取れて自由になれる。」新聞だったか雑誌だったかに書いてあった言葉が気になっていました。 私にとってはパソコン。 「わけのわからないものが勝手に出てきて、消すことができない。」「トラブルがあると、時間泥棒にあった如く時間が飛んで行ってしまう。 [続きを読む]
  • 自分自身が自分を認めるほめ言葉が、一番必要なものではないですか?
  • 高い理想があり、目標を持って頑張っているとあれができていない、これができていない、、、自己否定に陥って辛くなることがあります。 そんな時は、3年前、5年前、10年前の自分と比べてみて、自分が積み上げてきたことをきちんと評価しましょう。 積み上げてきたものに気がついて自分を認めることができた時に頑張ってきた自分に感謝することができ、支えてくれた周囲のたくさんの方々に感謝することができ、新たな一歩を踏み [続きを読む]
  • お坊さんが教える 心が整う掃除の本より
  • お坊さんが教える 心が整う掃除の本      光明寺僧侶 松本圭介著 ディスカバー・トゥエンティワン刊より 玄関の掃除の仕方三和土(たたき)たたきには靴に着いた砂や泥、髪の毛、ホコリなどがたまるので、しっかり掃除しましょう。 一般家庭では屋外用のほうきとちりとりでごみを取り除くだけという方が多いかもしれませんが、たたきはモップか雑巾で水拭きをします。お寺では大勢の方が通られるので、一日に何度も水拭 [続きを読む]
  • 感情から抜け出す方法
  • 感情は、あなたそのものではありません。 悲しければ悲しみ、怒りを感じれば怒り、嬉しければ思いっきり笑って下さい。 しかし、その悲しみは、怒りは、喜びは、あなたではありません。これだけは肝に銘じておいてください。 感情から抜け出す方法は、こみ上げる感情を客観化―傍観できるようにすることです、人は誰もが、一日の中でも数え切れないほどの感情の変化を経験します。そのたびにこみ上げる感情の変化を観察のテーマ [続きを読む]
  • 落ち着いた心でゆったりと生きることが可能になる
  • 全ては起こるべくして起こっているのだから、不幸をそのまま不幸と捉える必要はなくなります。不幸も幸の因、今日の不幸は明日の楽のためにある、そういうふうに宇宙の法則ができているのだから、何事も必然と捉えて平静に、落ち着いた心で毎日を送ることが可能になります。 因果のバイオリズム、つまり大きな宇宙の原理に沿って、目先の幸不幸に一喜一憂することなく、できるだけゆったりと生きることです。そうすれば、その果と [続きを読む]