あたし さん プロフィール

  •  
あたしさん: と、あたしは思うんです
ハンドル名あたし さん
ブログタイトルと、あたしは思うんです
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/z_shiawase
サイト紹介文旅行、酒、菓子、グルメ、住まい、スポーツなど、なんでもありのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供442回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2010/12/02 23:27

あたし さんのブログ記事

  • 仙太郎の 「栗むし」
  • 仙太郎の 「栗むし」を買いました。       2個 604円 (1個あたり 302円) 上に、栗がぎっしりのった、三角形の「栗むしようかん」です。 秋季限定品。 栗が どっさり使ってあって、リッチな感じ。 もっさりとした味がちょっと気になりますが、 お手頃価格で 美味しいです。 あたしでした。 仙太郎京都市下京区寺町通仏光寺上る中之町576    TEL. 075-344-0700 仙太郎の「渋栗む [続きを読む]
  • 鍵善良房の 「栗むし羊羹」
  • 鍵善良房の 「栗むし羊羹」を買いました。       ハーフサイズ 1,800円 小豆餡に 小麦粉、葛粉、砂糖を混ぜ、栗を加えて蒸した 栗菓子です。 5個に切り分けて食べました。       1個あたり 360円 栗は 丹波産を使用。 栗が美味しい時季だけの限定品です。 鍵善良房の「栗むし羊羹」は、値段が高いだけあって超美味しいです。 きっと、丹波産の栗を使っているところが Key Point なの [続きを読む]
  • 紫野源水の 「照葉」
  • 紫野源水の 「照葉」を買いました。       1箱 1,296円 8個入り  (1個あたり 162円) 砂糖に水飴を加えて煮詰め、冷やしてから 形成、彩色した、「有平糖」という お菓子。「飴菓子」です。 「照葉」は、秋の紅葉をイメージした作品。 美しいです。 美味しいです。 味の芸術品です。 芸術の秋に食するのに相応しい 手造りの逸品です。 あたしでした。 照葉原材料 砂糖、水飴、黄 [続きを読む]
  • 永楽屋の 「栗蒸羊羹」
  • 永楽屋の 「栗蒸羊羹」を買いました。       2個 648円 (1個あたり 324円) 上に、栗がぎっしりのった、三角形の 「栗蒸し羊羹」です。 秋季限定品。 羊羹の部分は もっさりとした感じがありますが、あっさりとした味。 栗が どっさり使ってあって、美味しいです。 あたしでした。 永楽屋本店京都市中京区河原町通四条上る東側    TEL. 075-221-2318営業時間 [売店] 10:00〜20:00、 [続きを読む]
  • 大人のティラミスもこ
  • セブンイレブンで、「大人のティラミスもこ」を買いました。       1個 140円 人気の 「もこシリーズ」。 ティラミスクリームの シュークリームです。 クリームがやわらかくて、なめらかで、コクがあって、美味しいです。 ちなみに、「大人のティラミスもこ」ですが・・・  子どもも 食べられます。 あたしでした。 大人のティラミスもこ原材料 牛乳、乳等を主要原料とする食品、卵、チーズ [続きを読む]
  • 2018年 秋ドラマ
  • 2018年 秋ドラマには、 「まんぷく」 「下町ロケット」 「SUITS/スーツ」 「獣になれない私たち」 「黄昏流星群」など、いろいろありますが、 あたしが 観ているのは・・・  「忘却のサチコ」。 高畑充希主演の グルメコメディーです。 食欲の秋ということもあり、 「忘却のサチコ」、 おすすめします。 あたしでした。 忘却のサチコ   http://www.tv-tokyo.co.jp/boukyakunosachiko/ にほん [続きを読む]
  • 亀屋良長の 「烏羽玉」
  • 亀屋良長の 「烏羽玉」を食べました。       1箱(6個入) 486円 1個あたり 81円 「烏羽玉」と書いて 「うばたま」。 表面に、寒天と けしの実をかけた、 黒砂糖製 こし餡の 御菓子です。 亀屋良長の 「烏羽玉」・・・   こし餡の なめらかな舌ざわり、黒糖のコクと 甘み、 たまりません。 美味しいです。 あたしでした。 烏羽玉原材料 小豆、黒砂糖、砂糖、還元水飴、寒天、ケシ [続きを読む]
  • 笹屋湖月の 「焼くり」
  • 笹屋湖月の 「焼くり」を食べました。        1箱(10個入) 864円   (1個あたり 86円) 表面に 卵黄を塗って、焼色をつけた、 栗入りの 白餡のお菓子です。 笹屋湖月の「焼くり」は・・・   栗も 白餡も ビックリするほど 上品な味。 美味しいです。 あたしでした。 焼くり原材料 白餡、砂糖、栗、卵黄、水飴内容量 10個入製造者 笹屋湖月京都市中京区聚楽廻東町24    TE [続きを読む]
  • まるき製パン所の 「菓子パン」
  • まるき製パン所の 「菓子パン」を買いました。 これは、「あんぱん」。       1個 150円 なかは、適度に甘い 小倉あんです。 これは、「クリームぱん」。       1個 140円 なかは、とにかく甘い クリームです。 simple is best。 京都で人気の コッペパンだけあって ほんとに美味しいです。 美味しくて ほっぺたが落ちます。 ← ほっぺたあたしでした。 まるき製パン所京 [続きを読む]
  • 嵯峨豆腐 森嘉の 「飛龍頭」
  • 嵯峨豆腐 森嘉の 「飛龍頭」を買いました。       2個 443円 (1個あたり 221円) 「飛龍頭」と書いて 「ひろうす」。 人参、牛蒡、木耳、黒ゴマ、麻の実、山芋、銀杏、ユリ根が入った がんもどきです。 芯は、銀杏 と ユリ根。 吸物に入れて 食べました。 美味しいです。 吸い物に、嵯峨豆腐 森嘉の 「飛龍頭」を入れるだけで、 西田幾多郎も驚くだろうと思う 「粋」な一品に。とても [続きを読む]
  • 虎屋の 「栗入羊羹 新栗」
  • 虎屋の 「栗入羊羹 新栗」を買いました。       1個 368円 裏漉しした栗、白餡、寒天で造った 小形の羊羹です。 栗は、新栗だけを使用。 美味しいです。 一口で言えば・・・  虎屋らしい 上品な味の 栗羊羹です。 あたしでした。 栗入羊羹 新栗原材料 砂糖、栗、豆類(白小豆、手亡、福白金時)、寒天内容量 50g製造者 ㈱虎屋   東京都港区赤坂4-9-22 虎屋の 小形羊羹 にほん [続きを読む]
  • 川上屋の 「栗蒸羊羹」
  • 川上屋の 「栗蒸羊羹」を買いました。       1本 1,620円 こし餡に 小麦粉、葛粉、砂糖などを混ぜ、生栗を加えて蒸した 栗菓子です。 8個に切り分けて食べました。      1個あたり 202円 栗の甘露煮ではなくて、生栗を使った ほんまもん。 秋から 冬にかけての 限定品です。 美味しいです。 川上屋の「栗蒸羊羹」は、「栗きんとん」と並ぶ人気商品。 季節限定品なので、早く買わないと 売 [続きを読む]
  • 出町ふたばの 「栗餅」
  • 出町ふたばの 「栗餅」を食べました。       2個 460円 1個あたり 230円 丹波新栗と こし餡の 「栗大福」です。 超美味しいです。 出町ふたばは 「豆餅」が有名ですが、 秋は・・・  「栗餅」です。 「秋には、出町ふたばの 栗餅を食べること」 京都市の条例で定められています。 (笑) あたしでした。 出町ふたば京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236   TEL. 075-231-1658営業 [続きを読む]
  • 悪魔のおにぎり
  • ローソンで、おにぎりを買いました。 「悪魔のおにぎり」       1個 110円 天かす、青のり、天つゆ入り混ぜご飯の おにぎりです。 電子レンシで チンして食べました。 3個 ペロリ。 美味しいです。 「悪魔のおにぎり」は、電子レンシでチンして食べたほうが より美味しいです。 あくまで、あたしの意見ですが・・・  参考までに。 あたしでした。 悪魔のおにぎり原材料 味付けご飯、醤油 [続きを読む]
  • 赤福の 朔日餅 「包装紙」と「楊枝」
  • 赤福の 「朔日餅」です。 「朔日餅」と書いて、「ついたちもち」。 毎月 1日だけに 販売される、餅菓子です。 2月1日販売 「立春大吉餅」       6個入 740円 3月1日販売 「よもぎ餅」       6個入 620円 4月1日販売 「さくら餅」       6個入 740円 5月1日販売 「かしわ餅」       6個入 620円 6月1日販売 「麦手餅」       6個入 620円 [続きを読む]
  • 赤福の 朔日餅 「十二か月」
  • 赤福の 「朔日餅」です。 「朔日餅」と書いて、「ついたちもち」。 毎月 1日だけに 販売される、餅菓子です。 2月1日販売 「立春大吉餅」       6個入 740円 3月1日販売 「よもぎ餅」       6個入 620円 4月1日販売 「さくら餅」       6個入 740円 5月1日販売 「かしわ餅」       6個入 620円 6月1日販売 「麦手餅」       6個入 620円 7月1日販売 「 [続きを読む]
  • 赤福の朔日餅 「ゑびす餅」
  • 赤福の 朔日餅(ついたちもち)を買いました。      「ゑびす餅」       6個入 740円。 販売日は 11月1日のみ。 消費期限は 当日限り。 「ゑびす餅」は、11月の 餅菓子です。       1個あたり 123円 十一月は、商売繁盛を祝うまつり「ゑびす講」のある月。商いの神、ゑびす様にちなみ「ゑびす餅」は、幸運を招く 打ち出の小槌と、黄金色の小判に見立てました。黒糖と柚子、二つの風味をお楽 [続きを読む]
  • 松のやの 「味噌ロースカツ弁当」
  • 松のやの 「味噌ロースカツ弁当」を食べました。       630円 味噌だれをかけて・・・ 美味しいです。 昨日は、10月31日。 「月の最終日」を 「晦日」と言います。 晦日(みそか)に、「味噌」と名前が付くものを食べると 長生きするそうです。 味噌和え、味噌汁、味噌ラーメンなど、 晦日に限らず、毎日 味噌を食べると良いそうです。 あたしでした。 にほんブログ村 ライフスタイル ブ [続きを読む]
  • 阿闍梨餅本舗 満月の 「京納言」
  • 阿闍梨餅本舗 満月の 「京納言」を買いました。       1棹 648円 丹波大納言を、こし餡と 寒天でつなげた 羊羹です。 冷蔵庫で冷やして、 4つに切り分けて食べました。 切り口には、 「大納言 つぶ小豆」。 どちらかと言うと、 「虎屋の 夜の梅」よりも、 「亀末廣の 古の花」に似た感じの羊羹です。 甘くて とても美味しいです。 あたしでした。 京納言原材料 小豆、砂糖、水飴、寒天 [続きを読む]
  • 松屋の 「牛焼肉定食」
  • 昼食は、松屋の 「牛焼肉定食」       600円 昨日は、10月29日につき、「牛焼肉定食」を食べました。 「うまい。 早い。 安い。」は、吉野家だけじゃありません。 松屋の 「牛焼肉定食」も・・・  あたしは スキです。 あたしでした。 にほんブログ村 ライフスタイル ブログ  [続きを読む]
  • ゆば庄の 「くみあげ湯葉」
  • ゆば庄の 「くみあげ湯葉」を買いました。       1パック (200g入) 756円 「つまみ湯葉」とも呼ばれる、どろっとした 生湯葉です。 冷蔵庫で冷やして・・・ 別添えの「くみあげ湯葉のつゆ」と わさびで食べました。 ふんわり とした食感、なめらかな口あたり。 美味しいです。 もしも、京都で 湯葉を買うのなら・・・  創業 明治十八年(1885年)のゆば庄。 買って、間違いないでしょう。 [続きを読む]
  • 京都一の傳の 「かれい 西京みそ漬」
  • 京都一の傳の 「かれい西京みそ漬」を買いました。       1袋 513円 魚の切り身(かれい)の 蔵みそ漬です。 キッチンペーパーで 味噌をふきとって、オーブントースターで焼きました。 身がふっくら柔らかく、脂がのっていて 美味しいです。 美味しいものを食べると 幸せな気分になります。 京都一の傳の 「かれい 西京みそ漬」を食べると良いです。 よかれ〜と思って、一言 申し上げました。 [続きを読む]
  • はれまの 「野菜昆布」
  • はれまの 「野菜昆布」を買いました。       1袋 (125g入) 810円 蓮根、牛蒡、昆布、チリメンじゃこ、実山椒の 佃煮。 京のおばんざいです。 袋から出して・・・ あつあつご飯にのせて食べました。 お茶漬けで食べました。 野菜の食感、昆布のコク、山椒の香り・・・  とても美味しいす。 美味しさのランクは ウルトラC。 最上級の美味しさです。 あたしでした。 野菜昆布原 [続きを読む]
  • 七味家の 「七味唐がらし」
  • 七味家の 「七味唐がらし」を買いました。        七味大袋 (25g入)       1個 540円 ビンに詰め替えて・・・ 早速、使ってみました。 風味が増すというか・・・  いつもの牛丼が、ますます 美味しくなりました。 創業 元文元年(1736年)。二百八十年の老舗、八幡屋礒五郎の「七味唐辛子」も良いですが、 創業 明暦年間(1655年〜1659年)。三百六十年の老舗、七味家の「七味唐 [続きを読む]
  • 青野総本舗の 「栗むし羊羹」
  • 友人から、「栗むし羊羹」をもらいました。     安政三年(1856年)創業の老舗、青野総本舗の 「栗むし羊羹」です。 8個に切り分けて食べました。      秋から 冬の 限定品。 超 美味しいです。 栗が 柔らかいです。 栗が いっぱい入っています。 こし餡が なめらか。 もっちりとしています。 栗の味が愉しめる、 あたし好みの「栗むし羊羹」です。 美味しい「栗むし羊羹」を ありがとうござ [続きを読む]