Japanese Helpdesk さん プロフィール

  •  
Japanese Helpdeskさん: 在蘭邦人相談窓口のブログ
ハンドル名Japanese Helpdesk さん
ブログタイトル在蘭邦人相談窓口のブログ
ブログURLhttps://jhelpdesk.hatenablog.com/
サイト紹介文オランダにある日本人向けの生活相談窓口です。ブログではオランダ生活にお得な情報を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/12/03 08:30

Japanese Helpdesk さんのブログ記事

  • クリスマスの準備
  • クリスマスの準備のために先日ガーデンセンターを訪れました。その名はDe Boet, ウェストフリースで納屋をさす言葉で、Hoogwoud(アルクマールの北)にあります。北ホーランド州にある人気ガーデンセンターの一つです。特にクリスマスの季節は、いろいろなところから大勢の人が買い物に来ます。クリスマスツリー、家の中、庭に飾るデコレーションも豊富で、Lemaxのクリスマスビレッジも揃っていて見ているだけでも楽しいです。その [続きを読む]
  • ろうの衣を着たアマリリス
  • 11月をすぎるとお花屋さんにアマリリスの球根が並び始めます。水栽培が一般的ですがここ数年ワックスがコーティングされたアマリリスを見かけるようになりました。このアマリリスは何のお世話もなしに置いとくだけで花が咲くというものです。先日お花屋さんに行った時、「toverbal(魔法の球)だよ。」と言って売ってくれました。             クリスマスに合わせてトレイにデコレーションを作ってみました。球根を素 [続きを読む]
  • 高等教育世界大学ランキング2019
  • 世界最大国際リーグテーブルのタイムズ高等教育世界大学ランキング2019が発表されました。これには1,250以上の大学が含まれており、教授・教育、研究、知識移転、国際的な見通しなど、すべての主要ミッションの中で研究集約的な大学を判断する唯一のグローバルな大学パフォーマンス表といわれています。 学生、学者、大学の指導者、業界および政府機関から信頼される、最も包括的かつバランスの取れた比較を提供する、慎重に比較さ [続きを読む]
  • 日本人作家の陶芸展示@Time&Style
  • アムステルダムにある、Time&Styleというインテリアショップにて、現在Nobuhiko Tanakaという陶芸作家の作品が展示されています。興味がある方はぜひ。https://www.timeandstyle.com/にほんブログ村に参加しています。★ 在蘭邦人相談窓口ではスポンサー企業を募集しています。ブログランキング上位の当ブログに広告を出してみませんか?  詳細はjhelpdesk@live.nlまでお問い合わせください。★ ボランティアメンバー募集中  [続きを読む]
  • "HelloFresh"はじめてみました。
  • 以前から友人やCMなどでよく耳にしていた食材宅配サービス”HelloFresh”。最近、たまたまキャンペーンで自宅訪問に来たお兄さんの話を伺って利用し始めました。日本で言う「ヨシ●イ」さんみたいな感じです(^^こんな感じの段ボール箱が指定した日時(選択の枠内で)に1週間に1回定期で自宅に届きます。中身はこんな感じ。我が家では夕食3セット2人分を注文。作り方も、こんな感じで写真入りで丁寧に書かれているの [続きを読む]
  • オランダの大学の学生数
  • 以下は、オランダの大学について、DutchNews.nl(10月)の記事からの抄訳です。 全国オランダ大学協会VSNUの暫定的な数字によると、オランダの13大学に登録された学生の数は、今年度5%増の約29万人に達しました。この学生数の上昇は、教育省の見積もりの約2倍で、大学の資金調達に影響を及ぼすとみられています。VSNU協会会長ピータル・ダウゼンベルフPieter Duisenbergは、学生数の急成長は歓迎されるべきであるが、仕事の圧迫 [続きを読む]
  • ”Uit de kast komen” (クローゼットから出る)
  • 意味:(LGBTの人が)カミングアウトする。例:Hoe moeilijk het is om uit de kast te komen,hangt af van je persoonlijkheid.カミングアウトするのがどのくらい難しいかは、その人の性格による。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を並べた略称を「LGBT」(オランダ語ではLHBT)と言いますが、そういった性的マイノリティの人がカミングアウトする状況において使われています。これは”こと [続きを読む]
  • [暮らす]オランダ人の食事の習慣
  • 1972年に印刷された、古いオランダ料理の本を貸してもらいました。 本の冒頭に、オランダ人の食習慣が書いてあったのが興味深かったので簡単に翻訳しようと思います。 ++++++++++ 【朝食】 パンとバター、か、ジャムかチーズのオープンサンドイッチ。Ontbijtkoek(カステラの形の甘いパン)を食べます。紅茶、牛乳、もしくはバターミルクと一緒にいただきます。時々、ゆで卵も添えます。 【朝のティータイム】 コーヒー [続きを読む]
  • オランダ人の食事の習慣
  • 1972年に印刷された、古いオランダ料理の本を貸してもらいました。本の冒頭に、オランダ人の食習慣が書いてあったのが興味深かったので簡単に翻訳しようと思います。++++++++++【朝食】パンとバター、か、ジャムかチーズのオープンサンドイッチ。Ontbijtkoek(カステラの形の甘いパン)を食べます。紅茶、牛乳、もしくはバターミルクと一緒にいただきます。時々、ゆで卵も添えます。【朝のティータイム】コーヒーにミルク [続きを読む]
  • [活動報告、お知らせ等]ジャパンフェスティバル、無事に終了。
  • 寒いながらも、ピカピカに晴れた日曜日、ジャパンフェスティバル2018がフェーンセントラムの広場で開催されました。 12時の開始前から、会場は太鼓のリハーサルの音が鳴り響き、テントの準備で盛り上がっていました。 私たちは、囲碁会館に小さなスペースをお借りして、ちらしや冊子を置いて広報活動をしました。 積極的にチラシを配布するというスタイルではありませんでしたが、通りがかりの方がたくさん声をかけてくだ [続きを読む]
  • ジャパンフェスティバル、無事に終了。
  • 寒いながらも、ピカピカに晴れた日曜日、ジャパンフェスティバル2018がフェーンセントラムの広場で開催されました。12時の開始前から、会場は太鼓のリハーサルの音が鳴り響き、テントの準備で盛り上がっていました。私たちは、囲碁会館に小さなスペースをお借りして、ちらしや冊子を置いて広報活動をしました。積極的にチラシを配布するというスタイルではありませんでしたが、通りがかりの方がたくさん声をかけてくださり、私 [続きを読む]
  • Japan Festival 2018でお待ちしています。
  • 毎年華やかに開催されるジャパンフェスティバル。今年もアムステルフェーン・セントラムにて開催されます。 私たち窓口も、小さなデスクを囲碁会館のテントにお借りして、フライヤーを配布する予定です。 皆様のお越しをお待ちしています。 にほんブログ村に参加しています。 ★ 在蘭邦人相談窓口ではスポンサー企業を募集しています。ブログランキング上位の当ブログに広告を出してみませんか?   詳細はjhelpdesk [続きを読む]
  • Japan Festival 2018でお待ちしています。
  • 毎年華やかに開催されるジャパンフェスティバル。今年もアムステルフェーン・セントラムにて開催されます。私たち窓口も、小さなデスクを囲碁会館のテントにお借りして、フライヤーを配布する予定です。皆様のお越しをお待ちしています。にほんブログ村に参加しています。★ 在蘭邦人相談窓口ではスポンサー企業を募集しています。ブログランキング上位の当ブログに広告を出してみませんか?  詳細はjhelpdesk@live.nlまでお問 [続きを読む]
  • [暮らす]日本の白米に似たお買い得なお米
  • 先日、知り合いの方に教えていただきました。 このお米、たいていのスーパーにおいてある、お買い得なお米。 でも、炊飯器で炊くと、日本のお米にそっくりです。 このお米、1kgで1.8ユーロ。日本米の3分の1程度の値段です。 もしよければ、お試しください。 I子 にほんブログ村に参加しています。 ★ 在蘭邦人相談窓口ではスポンサー企業を募集しています。ブログランキング上位の当ブログに広告を出してみま [続きを読む]
  • 日本の白米に似たお買い得なお米
  • 先日、知り合いの方に教えていただきました。このお米、たいていのスーパーにおいてある、お買い得なお米。でも、炊飯器で炊くと、日本のお米にそっくりです。このお米、1kgで1.8ユーロ。日本米の3分の1程度の値段です。もしよければ、お試しください。I子にほんブログ村に参加しています。★ 在蘭邦人相談窓口ではスポンサー企業を募集しています。ブログランキング上位の当ブログに広告を出してみませんか?  詳細はjhelpd [続きを読む]
  • 自分で牛乳を汲めるミルク販売機”Melktap”
  • 酪農が盛んなオランダですが、蛇口からでる牛乳を、自分でボトルに汲む販売機がある農家があると教えてもらいました。Melktapという建物に入り、ガラスの瓶をセットして・・・マイ・ミルクのできあがり。新鮮なミルクを飲んでみたい方、ぜひどうぞ。Melktap HogenhoutKorte Dwarsweg 8, Ouderkerk aan de Amstel, 1191 LE Boerderij,Zuivelhttps://www.amstelgoed.nl/nl/parels/boerderij/115-melktap-hogenhoutI子にほんブログ村 [続きを読む]
  • [出かける]自分で牛乳を汲めるミルク販売機”Melktap”
  • 酪農が盛んなオランダですが、蛇口からでる牛乳を、自分でボトルに汲む販売機がある農家があると教えてもらいました。 Melktapという建物に入り、ガラスの瓶をセットして・・・ マイ・ミルクのできあがり。 新鮮なミルクを飲んでみたい方、ぜひどうぞ。 Melktap Hogenhout Korte Dwarsweg 8, Ouderkerk aan de Amstel, 1191 LE Boerderij,Zuivel https://www.amstelgoed.nl/nl/parels/b ... [続きを読む]
  • [知る]野内与吉とマチュピチュ村(3)野内セサル良郎   
  •  1950年頃、野内与吉はペルー国鉄クスコ−サンタ・アナ鉄道で再び働くために、妻のマリア・モラレスとクスコ市へ移り住むことになりました。 定年まで勤めた後、与吉はこの仕事を息子の一人ノウチ・セサル・モラレス(大会講演者;野内セサル良郎の父)に引継ぎます。 与吉は1968年に52年ぶり帰国した折に、日本の家族が日本に戻るように説得しますが、ペルーには11人の子供たちが待っているからと日本の家族と別れクスコに戻り [続きを読む]
  • 野内与吉とマチュピチュ村(3)野内セサル良郎   
  •  1950年頃、野内与吉はペルー国鉄クスコ−サンタ・アナ鉄道で再び働くために、妻のマリア・モラレスとクスコ市へ移り住むことになりました。定年まで勤めた後、与吉はこの仕事を息子の一人ノウチ・セサル・モラレス(大会講演者;野内セサル良郎の父)に引継ぎます。与吉は1968年に52年ぶり帰国した折に、日本の家族が日本に戻るように説得しますが、ペルーには11人の子供たちが待っているからと日本の家族と別れクスコに戻ります [続きを読む]
  • [知る]野内与吉とマチュピチュ村(2)野内与吉の家族  
  •  海外で成功したいという夢を抱いて、1917年に契約移民としてペルーへ渡った野内与吉は、1年後に米国やブラジル、ボリビアなどを放浪、29歳でペルーへ戻り、ペルー国鉄クスコ−サンタ・アナ線(通称FCSA)に勤務、会社専用電車の運転や線路拡大工事に携わり1929年にはクスコ〜マチュピチュ区間の線路開通を体験します。  野内与吉の建てた村のホテルは、初の大型木造建築で、床は当時では高価だった木材を用い、1階部分を交番 [続きを読む]
  • 野内与吉とマチュピチュ村(2)野内与吉の家族  
  •  海外で成功したいという夢を抱いて、1917年に契約移民としてペルーへ渡った野内与吉は、1年後に米国やブラジル、ボリビアなどを放浪、29歳でペルーへ戻り、ペルー国鉄クスコ−サンタ・アナ線(通称FCSA)に勤務、会社専用電車の運転や線路拡大工事に携わり1929年にはクスコ〜マチュピチュ区間の線路開通を体験します。 野内与吉の建てた村のホテルは、初の大型木造建築で、床は当時では高価だった木材を用い、1階部分を交番や [続きを読む]
  • [知る] 野内与吉とマチュピチュ村(1) 野内与吉とマチュピチュ村
  •  今年6月の第59回海外日系人協会主催ハワイ大会には、「日本マチュピチュ協会」の発起人で会長の野内セサル良郎氏(日系3世)が参加、「祖先への思い」と題する講演を日本語で行いました。その一部をご紹介します。 (1) ペルー移民  氏の祖父、野内与吉は、1894年(明治27年)11月、福島県安達郡玉井村の裕福な農家の次男として生まれました。 1917年(大正 6年)、契約移民としてペルー共和国のカリャオ港へ向け、横浜港 [続きを読む]
  • 野内与吉とマチュピチュ村(1) 野内与吉とマチュピチュ村
  •  今年6月の第59回海外日系人協会主催ハワイ大会には、「日本マチュピチュ協会」の発起人で会長の野内セサル良郎氏(日系3世)が参加、「祖先への思い」と題する講演を日本語で行いました。その一部をご紹介します。(1) ペルー移民 氏の祖父、野内与吉は、1894年(明治27年)11月、福島県安達郡玉井村の裕福な農家の次男として生まれました。1917年(大正 6年)、契約移民としてペルー共和国のカリャオ港へ向け、横浜港から [続きを読む]