吉備野禅三 さん プロフィール

  •  
吉備野禅三さん: 吉備野庵
ハンドル名吉備野禅三 さん
ブログタイトル吉備野庵
ブログURLhttp://zenmz.exblog.jp/
サイト紹介文残り少ない人生に向けて、傘寿男の問わず語り。
自由文昭和5年、京都・山科の生まれ、新聞記者31年→大学教員26年の後、73歳で引退し、現在は、岡山県の真ん中にある吉備高原都市で余生を楽しむ傘寿京男と喜寿浪花女の老夫婦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/12/03 17:02

吉備野禅三 さんのブログ記事

  • 静寂を楽しむ
  • ◎ 静寂に明けた朝、何と恵まれた朝だろう、と思いました。此処、岡山・吉備高原都市に移住して30年、毎朝、その幸いを感謝しています。 齢を重ね、高齢になった今、その思いは一段と深まってきました。 [続きを読む]
  • 素読法で英会話
  • ◎ 「老後の趣味に英語をやってるそうだがどのように??」 古い友人から便りが届きました。答えは簡単。「アメリカの国営放送“Voice of America"提供の英語講座を何べんも分かるまで繰り返し聞き、講師の話をそのまま真似て声を上げて言うだけ」 [続きを読む]
  • 数字の縁起
  • ◎ テレビ各社が「11月11日は“介護の日” 中国では“独身者の日”で年 間最大のネット通販ビッグセールがオープン」と賑々しく特集を組んでいま す。中国の独身の日は、[1]で独身をイメーシし、〔1〕のゾロ目が並んだ この日を独身賛歌の日に選定、一方、日本では厚生労働省が一般公募で「11 月11日をいい日いい日」の語呂合わせで介護の日に選定したのだそうです。 [続きを読む]
  • 高校生の地毛登録
  • ◎ 毎日新聞が、「”地毛登録”高校に浸透」と題した驚くべき記事を掲載しています。大阪府立高校71校を対象にアンケート調査した結果、「6割が生まれつき髪が茶色い生徒たちに地毛登録を求め、指導に従わない生徒を出席停止や停学処分している例があることが判明した」と言うのです。 [続きを読む]
  • 孫からの贈り物
  • ◎ 対馬にいる孫が自分で釣った何種類かの珍しい魚を送ってくれたので、昨夜は娘夫婦を招いて豪華な晩餐会を楽しみました。初鰹の刺し身の大盛りと焼き魚、つづいてカサゴの鍋料理の三品料理。どれもこれも最高に旨かった。 [続きを読む]
  • 私の健康法
  • ◎ 私は毎朝、軽いストレッチをします。壁に背を当て直立、四肢をいっぱ いに伸ばす。その姿勢で数秒ずつ、緊張−緩和を繰り返すと自然に正しい姿 勢に整体されていくのが分かります。身体のあらゆる部位の筋肉も正しい姿 勢を覚えてくれます。 [続きを読む]
  • 魂の籠った方言
  • ◎ 私には非常に親しい友人が一人います。もう70歳も過ぎ「喜寿も目の前」と言うので「ウチら来年米寿」と言い返して笑う仲です。お気づきでしょうか? 私の返事、自分のことを“ウチら”と言ってます。こどもの頃、使っていた京都弁です。お互い自分のことを言うのに、“ウチら” “ウットコ”と連発していました。例えば、「ウットコ、遊びに来ィひん?」(我が家に遊びにおいで) [続きを読む]
  • 「だいじょうぶです」に戸惑う
  • ◎ 最近、若い人と話していて、戸惑うことがママあります。先日も、孫娘が夫同伴で訪れてきて食事を共にした時、飲み物を薦めたら「大丈夫です」 「これはどう、好きか?」と勧めているのに「大丈夫です」の答え??? 「はい」なのか「いいえ」なのか??  [続きを読む]
  • 「だいじょうぶです」に戸惑う
  • ◎ 最近、若い人と話していて、戸惑うことがママあります。先日も、孫娘が夫同伴で訪れてきて食事を共にした時、飲み物を薦めたら「大丈夫です」 「これはどう、好きか?」と勧めているのに「大丈夫です」の答え??? 「はい」なのか「いいえ」なのか??  [続きを読む]
  • ”ことば”の遍歴
  • ◎ 私もことばに執着する年齢になりました。今もこだわっているのが「赤信号みんなで渡れば怖くない」の“みんな” 私の子どものころには使うことが無かったことばです。戦後の民主主義教育が始まってから登場して使われるようになった“新語”だった、と信じていました。 [続きを読む]
  • 記念日を想う
  • ◎ 昨日の日記はカレンダーに記されていた「体育の日」がきっかけで「コロンブスの日」に及び、当初、全く意識になかったアメリカ史の裏面を垣間見ることになりました。記念日って面白い。ふとその気になって他の記念日を調べてみました。 [続きを読む]
  • 異論:「コロンブスの日」
  • ◎ 10月第二月曜日は、日本では「体育の日」 アメリカでは「コロンブスの日」ともに「国民の休日」で、官公庁、学校、銀行、民間企業は一斉に休日でした。偶々、アメリカのネット放送を聞いていたら面白い話題が弾んでいました。「異論コロンブスの日」と題したテーマで、この日を批判していました。 [続きを読む]
  • 日本人の縁(えにし)について
  • ◎ 物事の成り立ちを説明するとき、現代科学は原因、結果の因果関係を重視します。「良い種を蒔けば良い実を結ぶ」例がよく用いられます。私達日本人は、原因と結果の間にもう一つ、重要な要素である「縁」(えにし)を置きます。西洋の概念でいえば「結びの環境」とでもいうべきでしょうか。 [続きを読む]
  • 平凡な日常に込めた願い
  • ◎ 老化を防ぎ、健康老後を生きる。私の喫緊の願いです。肉体的にも、精神的にも、今、あるがままの状態を一日も長く続けたい。それが願いの全てです。そのために、毎日、必ず行う日課にしているいくつかの実践があります [続きを読む]