KUMI さん プロフィール

  •  
KUMIさん: KUMIの句日記
ハンドル名KUMI さん
ブログタイトルKUMIの句日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hamakumi151617
サイト紹介文一日一句の句修行中、ブログは原則毎日更新。花と自然が大好き、写真で東京・多摩の風景を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2010/12/03 11:32

KUMI さんのブログ記事

  • 吟行句会・生田緑地ばら園
  • 昨日の話です。毎年恒例になっている、定例句会の5月のばら園吟行。前日までの爽やかな初夏から、薄ら寒いような雨もよいの空。雨が降りだすというので雨具必携の吟行になった。荷物が重い。先月も雨に遭い、雨女が居るの?と思ってしまう。私ではありません・・多分。今年は早く咲いてしまったので、あまり期待していなかった。でも何とか遅咲きの花が残っていて、ボランティアの方たちの手入れがとても良いのでまだ見応えがあっ [続きを読む]
  • 紫のペチュニア
  • 天気 晴ベランダに咲き誇っていたプランターのパンジーを片付けたら、残った花は銀行の景品のペチュニアだけになった。紫色が珍しい。冬も咲いてくれるゼラニウムは今が休止期。ちょっと寂しい。何か苗を買ってこなくては。今月最後のからりとした天気になる、と予報された。ベランダの奥行があまりないので、洗濯物を干したら布団が干せない、という不便な暮らし。今日は布団を優先した。お散歩日和、昨日は出そびれたので今日こ [続きを読む]
  • いよいよ紫陽花
  • 天気 晴二日家を空けると、やはり疲れが溜まる。頭も疲れる。と、家事だけをそこそこに片付けて。午後、買い物が少しあったので紫陽花の成長を見ながら家を出たら、本当に大分色づいてきていた。昨日の百花園でも、山紫陽花が咲いていたし。まだ五月なのに・・と思いたくなる。天気図も梅雨前線が南の方にちらちらしてきた。今年こそ久しぶりに薔薇園へカメラ持って行きたい、と思っているのに、どうも薔薇はお終いに近いようだ。 [続きを読む]
  • 吟行句会・向島百花園
  • 天気 晴蒸し暑かった昨日までの天気が一転して、風は冷たいもののすっきりと晴れた吟行日和。昨日の午後は俳句文学館での句会、今日は吟行・・隔月の吟行句会なので、年に何回かは連日のお出かけになる。メンバーが全く違うから仕方がないものの、最近はちょっときつくなってきた。かといってどちらも休みたくないので、いずれは究極の選択になってしまいそうだ。緑緑緑、の園内、どこへ行っても青葉若葉で、空は真っ青で、初夏の [続きを読む]
  • 広島城
  • 5月11日、広島の旅の最後の日。あら、もう一週間も経ったことになる。時間の経過の早いこと午後には帰るので、ホテルの部屋から見下ろしていた広島城公園へ行くことにした。無論、徒歩で行ける。もう一度、ホテルの部屋から見下ろして。楠木の若葉がむせかえるほどの公園、城は無論、原爆で飛ばされてしまい、戦後に再建されたもの。でも石垣は見事に残っていて大藩浅野本家の城らしく威厳があった。「鯉城」と言う。広島カープ球 [続きを読む]
  • 弥山(みせん)へ
  • 写真は宮島の弥山ゴンドラからの広島側の風景。弥山(みせん)は標高535mあって、弘法大師が開山したという修行の山でもある。頂上までの修験道にはお堂もあるようだが、無論、私に行ける場所ではない。本格的な登山になるようだ。その山の中腹433mまで、ゴンドラとロープウェイを乗り継いで行くことができる。そこまで行くと、宮島の反対側・・つまり四国側の島々が見えるのだというので、それを期待してゴンドラ乗り場まで。そ [続きを読む]
  • 世界遺産の島
  • 10日の話です。前日、ホテルまでタクシーに乗ったとき、宮島へ行く運転手さんから、宮島まで平和公園から連絡船が出ている、という情報を得た。前回・・といっても25年以上も前・・行ったときは広島駅からJRに乗り、宮島口で降りて連絡船に乗ったのでそのつもりで居た。他の方法があるとは調べてもいなかった。前日に時刻表を調べておき、ホテルから数分の船着き場へ。小さな船だが川を下って穏やかな瀬戸内海へ出るだけだから快 [続きを読む]
  • 眼底検査・・緑内障
  • 天気 晴気温は高くなったものの湿気が少なくて過ごしやすい初夏の一日。でも眼底検査で眼科へ。眼科の検査は大抵のものが痛くもないし辛いことはないのに、この検査だけは苦手だ。年に一回か二回とはいえ、今日のように快晴の日は大変。何しろ、検査のあと、日差しが眩しくて眩しくて。帰宅するまでの約2000歩を殆ど眼を開けていられない。数時間、視野がぼんやりするのはとくに苦痛ではなく、この「眩しい」が大敵だ。真っ黒なサ [続きを読む]
  • 平和記念公園
  • 9日の話です。広島のホテルに到着したのが午後の2時半過ぎという、呑気な日程。中央線の朝の通勤ラッシュに荷物を持って乗るなぞ、我々夫婦には大変なことなのでそれを避けた。私はラッシュのスマホが怖い(ペースメーカーつけてます)。一人なら女性専用車に乗れるけど・・到着の日は、ホテルに近い平和記念公園をゆっくりと散策すれば良いから、と決めていた。ホテルは原爆ドームの北側なので、公園の正面ではなく後ろから入るこ [続きを読む]
  • 新緑の広島
  • お天気に恵まれて、東京が寒かったらしい日も爽やかな晴天で、日ごろの行いが良かったから?などと思ったくらいだった。運が良かっただけのこと。評判通りの高級感のあるホテル。といっても、平日の宿泊費はかなり安くなっている。30階に案内されて、そこから窓の外を眺めたら・・息を呑む風景が眼下に。広島城公園が真下に広がっていた。平和記念公園は写真の左下の方なので部屋からは見えなかったものの、歩いて10分とはかからな [続きを読む]
  • 旅仕度
  • 天気 時々雨昨日の大雨は去ったのに、気温が低くなってどんよりの一日。わずか二泊で旅仕度、とは大げさな話。でも、久々に新幹線で遠くまで出かけるのでいつものドライブ旅行とは違い、色々と手間がかかる。実は、かなり前に海外旅行へよく行っていた頃、旅行会社に毎月少しづつ積み立てをしていた。最後に使ったのが10年ほど前、大病をして回復し始めた頃、再発する前に短期の旅行に、と。再発はしなかったけれど、それきり、残 [続きを読む]
  • 認知機能低下
  • 天気 曇のち雨市の花でもあるサツキが咲き始めた。ツツジが終わってサツキが市内を彩ってくれる。なぜサツキなのかは知らないけれど、市道の、車道と歩道の境の植え込みなど咲き揃うと見事だ。新緑とサツキはとっても似合う。ただし、手入れが良くないと雑草が植え込みの中から顔を出していたりして。結社誌の投句の締め切りが近いので、5句を推敲して・・明後日から旅行に行くので明日までには投函しないと間に合わない。四苦八 [続きを読む]
  • 夏草
  • 天気 晴少し歩かねば・・と、今日は南の歴史保存地域の公園へ。着いたとたんにびっくり! 犬が夏草の広場を一人で・・いえ、飼い主なしで一匹で歩いていた。まさか逃亡犬?と思ったら、広場の向こうにオジサンが居た。駄目でしょ、犬をリードから外したら。道路の向いは遊具のある公園で連休最後の日を子供がいっぱい遊んでいる。犬は、オジサンに呼ばれておとなしくリードを付けられていたけれど、いつ何があるか解らない。こち [続きを読む]
  • 立夏
  • 天気 晴今日も晴天。昨日よりは暑いものの今日が立夏、と思えば納得出来る。いよいよ夏へ突入。散歩には行きそびれて、午後、眠気覚ましに4年前の5月の写真を眺めてみた。あちこちと出かけた年、何だか随分遠い日のような気がする。昨日と同じように池の写真があった。そういえば、あの頃はカワセミによく出逢った。この写真のあとだったか、池浚いをして、池の水の浄化のため噴水を三つも設置した。池の風景としては悪くないけれ [続きを読む]
  • 新緑の光
  • 天気 晴朝の富士山。こんな日は滅多にない。昨日のこともあって、この天気にお散歩しないのは体に悪い・・と、新緑を浴びにいつもの公園へ。あら、いつの間に?というように池の黄菖蒲が咲いてしまった。水面まで新緑に染まっている。モッコウバラの咲く棚があって、もう花は終わり近いけれど、新緑がキラキラ。ヤマボウシも、そろそろ白くなる時期。実は、ユリの木の花を見に行った日、ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)の花が大 [続きを読む]
  • 骨密度
  • 天気 雨のち晴れたり曇ったり昨夜の大雨が朝は止み、でもどんよりと蒸し暑い日になった。太極拳の日で、今日は11時からなのでゆっくりと家を出られるのが嬉しい。借りている市の施設のある大きな公営団地は花や木の手入れがとても良くて、えごの木も何本もあって嬉しいこと。でも、写真のように、紫蘭の群れの周りにたくさん散っていた。やはり昨夜の雨で花がかなり傷んだようだ。いつもは10人は集まる仲間が、今日は7人。連休と [続きを読む]
  • 初夏の花
  • 天気 曇がちこれからの季節、私の大好きな花がえごの花。マンションの敷地にある木が今は満開だ。今夜、風雨が強くなるというので慌てて撮りにいった。カメラのファインダーを覗いてうっとり。散っても、地を彩ってくれる。林の中などの大木は、散っているのを見てからえごの木、と知ることがある。一回りしてみたら、すいかずら(忍冬)も咲いていた。立夏は5日だからまだ初夏ではない。でも、今日は八十八夜。叫ぶごと喋る子供 [続きを読む]
  • 「俳句」 佳作作品
  • 天気 晴写真は、昨日の公園の花壇。今日で4月はお終い。一ヶ月の句を整理する日。整理、というか、普段使っている句帳替わりのメモ帳からノートへ、残す句を推敲しながら書き写していく。捨てる句が多い。一昨年の2月から残る句の数がどんどん減って・・というか作る句の数がどんどん減ってしまい、情けないことになっていた。つまり、亡姉の入院からのもろもろで頭から俳句思考が減ってしまったのだ。あまりの情けなさに、去年の [続きを読む]
  • ユリの木の花
  • 天気 晴絶好のお散歩日和。今日は家事もことになくて早い時間にカメラを持って公園へ行ってみた。連休が始まって公園は子供連れがちらほらと・・帰るころにはだんだん増えてきた。遠出しなくても子供連れでお弁当持ってここへ来た方がゆっくり出来る、というもの。今日の目的は色々あって、まず鯉幟。でも、いつものように高く掲げる柱はなくて、木から木へ綱を張って・・という今風になってしまった。ちょっとがっかり。次の目的 [続きを読む]
  • 金蘭探し
  • 天気 晴連休に入ると、いつものことながら予定は殆ど立てない。ともかく天気が良ければ洗濯洗濯。今日も冬物の始末、クリーニング屋は殆ど利用しないので、セーターもコートも家で洗う。セーターやら毛糸のものやら・・3回洗濯機を回したらもう11時。慌てて、金蘭の咲く林へ行った。先日の武相荘で庭続きの林に、金蘭がたくさん咲き始めていたのを見た。銀蘭も見えた。ならば我が家に近い、いつもの所に咲いているはず。と出かけ [続きを読む]
  • 蛤(はまぐり)
  • 天気 晴のち曇がち珍しく、いつものスーパーに千葉産の蛤が売っていた。それも我が家で買えるお手頃価格。本日の眼玉商品だったらしい。雛祭のころ、びっくりの値で売っていててを引っ込めたけれど。ということで、ふるさとの味を迷わず買ってきた。私の作る蛤のお吸い物はちょっと変っている。材料は新じゃがとシイタケ。煮たてて蛤が開いたら取り出して椀へ入れておく。残った汁は灰汁をとり、他に何の出汁も加えず、酒・自然塩 [続きを読む]
  • 晩春の富士
  • 天気 晴朝、起き抜けに撮った富士山。雲がまだ朝焼けの色を残していた。昨日の豪雨ですっかり空が洗われて何ともすっきりと。月曜日にこの富士山だったら・・と思っても、また富士山麓まで行く余裕はない。洗濯物を干し始めたころには雲がすっかりなくなっていた。そして、昼前に買い物と用事のために外へ出たら、洗われた新緑の綺麗なこと。スマホで撮ってから、写真のえごの木に小さなつぼみがたくさんぶら下がっているのに気づ [続きを読む]
  • 吟行句会・武相荘
  • 天気 豪雨のち一時晴朝、家を出るときに大雨警報。電車はとくに遅れていなかったのでともかく出かけた。鶴川駅で同行の句友と待ち合わせ、タクシーで武相荘まで。健脚の人たちは別のコースのアップダウンのある里山の方へ行くことになっていたので、この大雨の中をどうしたかしらん?と思いつつも・・こちらはアップダウンの苦手な体力の者たちで建物のあるコースを選んだ。白洲次郎・正子夫妻の生涯愛した里山の家。雨がだんだん [続きを読む]
  • 富士山麓
  • 昨日の話です。昨夜、少しだけアップしようと思って書き終ったつもりが、なぜか記事が全部消滅した。バックアップ機能があるのでいつもならそれが使えるのに機能しない。仕方なく、寝てしまった。で、今日ゼロからの話。いつもこの時期に、我が家の墓参りに行く。秋の彼岸と、義父母の命日が4月5月なので。義父が余命いくばくもない時に買った墓なので、遠いからと文句も言えない。週日なら車で片道2時間くらいでもあり、富士山麓 [続きを読む]
  • 鉄線花
  • 天気 晴昨日よりも暑い日になり、このまま夏が来る?と慌てたくなる。でも、明日は10℃くらい下がるという。エレベーターのように上下差の激しい気温、体調が・・。今日のところは何事もなさそうだ。買い物に出て、またいつものお宅の庭からはみ出た花を写させていただく。誰か庭に居れば断るところだけれど、なぜか居るのに出逢わない家なのだ。鉄線花が、まさに鉄製の垣根に咲く。クレマチスかしらん?日本古来の鉄線花は向島百 [続きを読む]