jtstj さん プロフィール

  •  
jtstjさん: Home,Sweet Home
ハンドル名jtstj さん
ブログタイトルHome,Sweet Home
ブログURLhttp://threef.blog18.fc2.com/
サイト紹介文夫経営の建設会社の専務。家では3人の息子の母。家庭のこと自分のこと、そして少しだけ仕事のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/12/04 10:04

jtstj さんのブログ記事

  • 学校での指導の果ての自殺
  • 先生からのきつい叱責が続き、飛び降り自殺をしてしまった中学生のニュース。胸が痛むなんてものじゃなく、学校、教師に対して憤りを感じる。以前、弁護士の杉浦ひとみさんの勉強会に出席したことがあった。教師からの指導を受けて、自殺してしまった子どもたちの話だった。学校は特殊な世界だ。そして、密室、隠蔽体質。犯罪者だって取り調べを受ける時には弁護士を呼べるのに子どもたちには、その権利すら認められていない。とお [続きを読む]
  • 食欲の秋と芸術の秋
  • 先日実家のそばでいただいた晩ご飯。カジュアルなイタリアンレストランで、実家から歩いて行けます。勧められたワインもリーズナブルで、普段の食事には充分。家族やグループ、カップルなどでお店はとても活気がありました。この時期、食べたくなるワタリガニのパスタ。トリュフがアクセントのお肉料理。チキンだったかな。どれも、美味しくいただきました。そしてこちらは新国立劇場。トロイ戦争は起こらないを見て来ました。前か [続きを読む]
  • 雨の日曜日
  • 昨日は1日中、雨降りの東京でした。夫は雨の中、高校同期とのゴルフコンペがあり、早朝、群馬に向けて出発していきました。いつもより少しのんびり起きて、息子たちと3人の朝食でした。それから、そろりそろりと歩いて教会へ。昨日の礼拝では、明治学院大学の男性聖歌隊OBのグレゴリーバンドのミニコンサートがあったのです。「うたうということ」の映画を見たばかりだったので、なおさら、その歌声に感動しました。落ち着いた、重 [続きを読む]
  • 腰痛の副産物
  • 腰痛が、少し楽になったとはいえ、まだ違和感があり、おしとやかに生活しています。事務所で長時間パソコンに向かって仕事をしているので、夕方になると、背中や肩まで痛くなります。腰が原因なのか、単に年のせいなのか、他に理由があるのか・・・昨日は、そろりそろりと階段を上り、自宅にたどり着いたらめずらしく三男が帰宅していました。リビンのソファーにデレーッともたれて携帯を見つめていた息子。おかえりなさい、と言いな [続きを読む]
  • 神楽坂の食事
  • 設計事務所の先生にお誘いいただいて、先日、神楽坂でお会いして、とても幸せな時間を過ごして来ました。誘って下さったのはbbrという設計事務所の蜂屋さんと川村さんです。(リンクを見てみて下さい。トップページのいくつかは、我が社が施工しています)一緒にお仕事をさせていただいて、もう10年以上。夫が竣工検査の時に抱っこをさせていただいた赤ちゃんが今は中学生になっている、などと聞くと、時の流れを実感します。ここの [続きを読む]
  • 映画鑑賞
  • 10月7日の土曜日は、八王子まで出かけて映画を見て来ました。(まだ腰痛になる前で元気でした)我が社のお客様で、映画監督の中島久枝さんが撮られたドキュメンタリー「うたうということ」の上映会だったのです。小さい子どもから、上は80代の方までが参加している合唱グループの3年間を追いかけたものでした。心を合せ、声を合せて歌い上げ、ひとつのステージをつくっていく生き生きとした姿が魅力的でした。イタリア語やフランス語 [続きを読む]
  • 突然腰が・・・涙
  • 連休の最終日、昨日はゴルフに行きました。夫がせっかくだから、と軽井沢の72を予約してくれたのです。実家に前泊することにして、礼拝に出てから出発。途中、ホームコースの練習場で、100発くらい打ち、アプローチやバンカーの練習もして、なかなか良い感触! 明日は頑張るぞ。と密かに思って実家に泊ったのですが・・・私、理由はわかりませんが、横川で朝ご飯を食べている時から突然、腰痛になりました。軽くストレッチをして、ゴル [続きを読む]
  • 人生の岐路
  • 長男から、頼まれごとがあった。頼まれた、その内容から、私は息子が岐路に立とうとしているのではないか、と感じている。日々の平凡な繰り返しにだって、新たな出来事は次々に起こり、なかなかにチャレンジングなものだけれど、別の道を行ってみたら、どんな景色が見えるのか、曲がり角を曲がって見たい、とも感じているのだろう。・・・息子はどんな判断をするのだろうか。就職して、結婚して、今年、親になる息子。今までの決断と [続きを読む]
  • 健康診断
  • 会社では、10月が健康診断の月になっています。昨日は、トップバッターで夫と私が健診でした。結果が届くのは2週間後。今年はどんな結果でしょうか。この健康診断をしていなかったら、私の病気は早期に発見することはできなかった、と思うので、その時、しみじみ健診の有難さを実感しました。若い頃から、ずっと異常無しが続いていて、正直、健診を受けるのがめんどうだな、などと感じることもあったので・・・でも今は社員の皆にも、 [続きを読む]
  • 昨日の日曜日がちょっとした記念日に
  • 1週間の始まりは、礼拝に出席してスタートを切る、というのが私のお決まりなのですが、限られたお休みの日を有効に使おう、と思うとあれもこれもとたいへんなハードスケジュールになってしまうこともあります。昨日は、まず5時に起きて、夫と共に早朝のゴルフ練習場へ。できる限り朝食の下ごしらえやお弁当の準備をして、5時半出発。6時から1時間ちょっと練習しました。アイアン中心にグリップとアドレスを確認しながら丁寧に打ち [続きを読む]
  • 食欲の秋
  • お店で食用菊をみつけたので買ってきました。がくを取り、洗って、サッと茹でます。きのこと合せて二杯酢でいただくのが、秋の定番です。赤紫色の物もありますよね。お料理が華やかに、秋らしくなるので、見かけると、購入します。サッと茹でたものは、冷凍もできるので、しばらく楽しめるのです。ギンナンも出て来ますよね。これも例年冷凍しています。秋の楽しみ。お酒が進みそうです。そしてもう一つ。お昼休みにAさんからいた [続きを読む]
  • 上半期・・・終わり
  • 9月もいよいよ終わりますね。会社的には、ちょうど半期の営業が終わり、中間決算、という時期です。明日、毎月の税理士さんの監査があり、そこで諸々の数字も出て来て、後半の見通しを立てるのです。毎年のことながら年末に向かって追い立てられるような、慌ただしい気持ちにさせられる9月の終わりです。三男は、来月早々、10月2日、3日と内定式があり、泊りがけで、本社に出かけるのだそうです。長男の時は、内定式に上京してきた [続きを読む]
  • 秋の装飾
  • 定期的に、会社の装飾をしていただいているあとりえ花花さんの作品です。会社の受付カウンターの上階段室のニッチ10月のハロウィーンの飾りも可愛らしいし、シックなリースも落ち着いた秋を感じます。木の実を丁寧に下処理して、作品に使っている、ということなので、私も、ゴルフに行ったり、山荘に出かけたりした時に松ぼっくりなど拾うようになりました。やっているうちに、珍しい物などが拾いたくなるものです。10月に山荘に冬 [続きを読む]
  • 学費の終わり
  • 三男の後期授業料の振り込みをした。これで息子3人に係る学費は終了したことになる。ざっと計算しただけでも、すごい金額になり、良く、支払ってきたものだ、と我ながら驚く。自宅が東京で、全員が自宅から通学できたから、どうにかなったのだ、とも思う。日本の学費の高さ、奨学金制度の貧しさ。どんな経済状態であろうとも、安心して学べる社会であって欲しい、と心底思うのだ。解散、総選挙があるという。どんな未来を望むのか [続きを読む]
  • 就職の世話
  • ・・・といっても、若者のことではなく、夫と私の話です。夏のミャンマー旅行の時、長男はオープンしたばかりのピカピカのショッピングモールとホテル(ホテルはまだ開業していなかったけれど)に案内してくれました。入っているお店も、東京と同じ、ブランドショップで、ゴージャスな内装だったのですが、夫の見るところは、私とはちょっと違っていました。床の大理石を見て、割り付けがおかしい! と言いシャッターの支柱を差し込む穴 [続きを読む]
  • 赤ちゃん
  • 親友に孫が誕生して、彼女はおばあちゃんになった。もうじき1カ月。新米おばあちゃんの彼女は、大活躍なのだと思う。授乳中のお嬢さんにしっかり食べさせなくちゃならないから、お父さんと二人の時のような訳にはいかないし・・・と忙しそうだけれども、楽しそうにも見える。彼女、料理上手だものね。慣れない手つきで赤ちゃんを抱っこする、彼女の息子さん。彼も新米の叔父さん。小さい甥っ子が泣かないように、と緊張して抱っこして [続きを読む]
  • 連休の雑感
  • 連休中の日曜日、教会ではリコーダーの発表があり、どうにか無事に演奏することができました。本当に、中学の音楽でやって以来だったリコーダーをこの年になって演奏することになるなんて、不思議だな、と思います。毎朝、練習していたのを聞かざるを得なかった夫も礼拝に出席して、本番を聞いてくれました。いつもより良かった、とのこと。ホッとしました。叔父と叔母のところも訪問してきました。以前は大きなダイニングテーブル [続きを読む]
  • 三男、学生生活最後の日々
  • 三男は、またアルバイトを始めました。近所にデリバリーのお寿司や釜めしなどを配達するお店ができて、そこの配達員です。息子の乗っていたバイクとは、とても趣の違うバイクです。荷物がたくさん積めそうな箱が後ろに付いていて、とても実用的に見えます。好きなバイクに乗ってアルバイトできるのだから、とても楽しいのではないか、と母は想像しています。今まで持っていたバイクは就職先のメーカーの物ではなく、社員寮には持っ [続きを読む]
  • 60代になった山男
  • 先日、山岳部の友人とゴルフをしました。私と私の同期、夫と夫の同期の計4人です。20代からの知り合いですから、40年が過ぎているのです。プレイの合い間のおしゃべりは示唆に富んだものでした。子どもが成人して、漸く社会に巣立つ、と言っても心配が絶えない、と私は言ったのですが、先輩は、子どもたちが自分の価値観に従ってやっていくのは、そりゃあ危なっかしく見えるけれど、ギャップがあって当然だし、親の価値観を押し付 [続きを読む]
  • 祝日の予定
  • 敬老の日や、秋分の日など9月の後半はお休みが続きます。敬老の日というと、以前は私と夫と双方の両親に贈り物をしたり、息子達を連れて帰省したりしていたものでした。ちょうど群馬は梨のシーズンで、豊水とか幸水をお土産にもらい、帰って来たのも懐かしいです。・・・そういえば、息子たちは、全員梨が大好物です。既に、私たちの親はみな鬼籍に入りました。敬老の日というより、お彼岸にお墓参りだな、と思っています。息子たちと [続きを読む]
  • タナカ・・・夜中にビックリ
  • ミャンマーでは、女性が顔に白く何かを塗っていました。本当に、たくさんの人が塗っていて、ガイドのティダも塗っていました。その化粧品がタナカというものでした。タナカという木を専用の硯のような道具ですりつぶして使う万能の化粧品なのだということでした。ティダいわく、日焼け止め、にきび吹き出物の予防、肌荒れ防止、ほてりを鎮める、パックにもなる・・・と万能コスメのようでした。そういえば、ゴルフ場のキャディーさん [続きを読む]
  • 心の基礎体力
  • 年をとって、肉体的な体力が衰えるのは、なんとなく想像していたことなのだけれど、精神的なパワーまで衰えていくのだな、と最近思っている。物忘れがひどくなる、とか会話のテンポについていけなくなる、とか、そういう類の話ではなく、日々の生きていく姿勢が、なんだか弱っちいな!! と感じてしまうのだ。困難なことがあったら、昔なら立ち向かっていけた気がする。根拠なく強気で、歯を食いしばって何とかしよう、と頑張った。 [続きを読む]
  • いろいろ備忘録
  • エンドレスでウインドウズアップデートの更新プログラムを探し続けていた私のパソコン。保守メンテナンスをお願いしている会社に、一昨日からリモート診断と対処をお願いしていましたが、それでも上手くいかず、本日の午前中、システムエンジニアの方が来て下さって、対応してくれました。何をどのようにしてくれたのか、私は理解できないけれど、とにかくやりたかった事ができるようになり、PIN認証も進みました。ここまで自分で [続きを読む]
  • そこはかとない不安
  • 夕べは久しぶりに良く眠れませんでした。自分に、良く眠れない、などという日が来る事がなんだか信じられないけれど、それが現実。若い頃は、何があっても、食欲は旺盛で、ちゃんと眠っていたものだ。・・・父が亡くなった時でさえ、お腹が空いて、母に、朝ご飯が食べたい、などと言ってあきれられたのだった。私の不眠の原因は何なのか。起こってもいないことへの漠然とした不安。胸騒ぎ。ちょっとした言葉に傷ついたこと。(これだっ [続きを読む]
  • 1週間が終わって、まだ終わらない
  • やっと週末。なんだか少し心が軽くなる。8月は、濃密な1カ月だった。夏休みのミャンマー旅行がやはり強烈な経験だった。ほんの少し前のことなのに、なんだか夢みたいな気さえする。東京の私の日常とは別世界だったのだ。それで月末の経理の仕事もどうにか片付いて、本当なら今日は気分良く、何か美味しいものでも作ってお家呑み、のはずなのだけれど、もうかれこれ1週間、終わらないことがある。私のパソコンのウインドウズ アッ [続きを読む]