jtstj さん プロフィール

  •  
jtstjさん: Home,Sweet Home
ハンドル名jtstj さん
ブログタイトルHome,Sweet Home
ブログURLhttp://threef.blog18.fc2.com/
サイト紹介文夫経営の建設会社の専務。家では3人の息子の母。家庭のこと自分のこと、そして少しだけ仕事のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2010/12/04 10:04

jtstj さんのブログ記事

  • いつもの日常へ
  • お盆休みも終わり、本日からいつもの日常に戻りました。三男の忘れ物・・・メガネと学会雑誌住所変更をするように!というメモと共に送りました。日曜日は久しぶりに3人家族に戻り、静かな我が家でした。夫と私は仕事があるので、特段気が抜ける、というような事も無く本日からの慌ただしい仕事の日々を過ごしているのですが、もし完全にリタイアしていて、夫婦二人だったら、引き潮のように人数が少なくなって、どっと疲れたり、気が [続きを読む]
  • 社長交代の挨拶状
  • 夫と私が役職を辞した挨拶状を関係する方たちにお送りしたのですが、そのことで、いろいろな方から、ご連絡をいただいています。ある設計事務所の先生からは、メールをいただきました。私達の決断に理解を示して下さり、さらに新社長へのお願い、注文が書かれていました。そのまま貼り付けます。「これまでスリーエフが築き上げてきた信頼と技術力をそのまま大切に継承し、発展させて頂きたいことです。また、真摯で誠実に工事に取 [続きを読む]
  • 夏休みの予定・・ほぼ完了
  • 夫と実家に帰省して、その足で山荘へ行きました。実家では、新盆のお宅が何軒かあり、義弟は大忙し。結局、会う事はできませんでしたが、義姉とお昼をいただき、夫はのんびりする事が出来たようでした。ゆっくりと昼寝をして、いざ山荘へ。何年かに1度のプロパンガスの屋内点検に立ちあいました。無事に終了して異常なし。そして、山荘へ行ったついでにゴルフをする、というのがおまけの目的でしたが、これも目的を遂げて、私達夫 [続きを読む]
  • 千客万来?
  • 朝食を終えて、まだ夫も私も仕事をしております。夏休みをするため・・・シチュエーションは真逆ですが、これって夏休みが終わる頃、宿題がまだ終わってなくて、必死になっているのとおんなじだ!!と思ったりしております。(夫はどうだかわからないけれど、私はけっこう宿題を早々終えていたのだけれど・・・)とにかく、もう少しです。昨日は、長男と入れ替わりに、何と突然三男が帰って来ました。夜も10時過ぎに、インターホンが鳴 [続きを読む]
  • お盆休みの始まり
  • 今日から会社はお盆休みです。でも、午前中に1件地鎮祭があり、監督2名はその足で別の現場へ墨出しに行き、夫は戻って来て、ずっと見積をしています。提出しないことには、夏休みが来ないのでしょう。夕べは又、長男が泊りました。でも、残業ではなく、飲み会だったそうです。お嫁さん情報によると、漸く少し落ち着いてきたということで、又ジョギングを始めたようです。少し落ち着いて日本に居られると良いのに、とトドのように寝 [続きを読む]
  • 恩返しがしたい
  • 昨夜は、設計事務所の先生と、食事をしました。ビービーアールの蜂屋さんと川村さん、そして夫と私の4人。蜂屋さんが予約して下さったのは、表参道の中華のお店。今、一緒に仕事をさせていただいているので、後半に向けて暑気払い。暑いし、ビールも美味しいだろうな~と楽しみに出かけました。そうしたら、思いがけず夫と私をお疲れさまでした。とねぎらって下さいました。私は・・・なんだか涙が出て来て、泣いてしまいました。何 [続きを読む]
  • 思いがけない贈り物
  • 昨晩は、社員の皆が、会を企画して集まってくれました。私と夫、同僚のAさんはご招待。・・・実は、先月私も夫も役職を辞したのです。Aさんも私達夫婦も還暦を過ぎ、今は仕事を続けていますが未来永劫、できるわけもなく、この辺で一区切り、と以前から考えていたのです。今までと変わらずに、仕事をしているのですが、私達の一区切りに社員の皆が考えてくれたのでした。お店は大塚のワインハウス。好みに合わせてくれたのだと思い [続きを読む]
  • 忙しさに思ったこと
  • 今日は雨の東京。少し涼しくホッと一息つける朝です。連日の慌ただしさに、毎朝のお茶タイムも確保できていませんでした。冷蔵庫のミント水を立ち飲み。その時々によって、忙しさというのは変わるものだ、とは思うけれど、この追いまくられ感は何なのだろう。気はあせれども、日々やり残しが発生。昔、息子達が赤ちゃん、幼児だったころに比べれば格段に、家事も、彼らに掛る心も時間も少なくなっているはずなのに。気力と体力の衰 [続きを読む]
  • 週末それぞれ
  • 夫・・・ここに行っております。剣岳の八峰Ⅵ峰、Cフェイスでも登ったのでしょうか。さっき黒部平、と連絡がありましたので、もう下山して山荘に落ち着いたかもしれません。学生時代の同期SさんIさん、それに私の同期Y君と出かけたのです。昨日は、これから長次郎右股を下ります・・・なんてはしゃいだラインが来てました。楽しい、時間。良かったね。私は・・・だいぶ羨ましい。さて私は夕べ、赤羽でティンバライズの暑気払いとミニレク [続きを読む]
  • 採用面接
  • 昨日、一昨日と、採用の為の面接をしていました。30分ごとにおひとりずつ。けっこうな人数の方とお会いしました。我が社のようなささやかな会社に、こんなにたくさんの応募をしていただけるとは、思ってもいなかったので、少し驚きました。30分という時間の中で、あの人数からお一人を選ぶという作業。決め切れない、というのが本心でした。でも、採用できるのは一人。最終的には、私達と想いを共有していただけるかどうか、という [続きを読む]
  • 幸せな誕生日
  • 昨日は私の誕生日でした。子ども時代、我が母の口癖天皇陛下じゃあるまいし、あなたが産まれて何がお目出たいの。何がお誕生会なの!!とけんもほろろに言われて、そのまま結婚してからも、私の誕生日はお祝い、ということがありませんでした。夫や息子たち、(つまり孫)の誕生日は張り切ってお祝いしていたのに、と僻んだ気持ちでずっと自分の誕生日を過ごしていたのですが、母が亡くなり、お嫁さんや夫も普通にお祝いしてくれて、昔 [続きを読む]
  • 「契約」から思う事
  • 昨日は、会社で1件、契約がありました。30代でしょうか。まだお若い施主様です。台風が近づく中、奥様とお子さんはサンシャインで待っていてもらっていたそうです。ご家族4人の生活の器。良い時も、悪い時も、一緒に年を重ねていける、愛着に応える家でありますように。一生懸命、造ります。・・・いつものことですが、そう心の中でお祈りしました。設計者は大学時代からの同級生だそうです。この工事で、ますます友情の絆が深まり [続きを読む]
  • 出張から帰国して、めずらしがられているのかな?
  • 長男が、25日の夜に出張から帰って来ました。約1カ月の出張。アフリカ出張にしては短め、のような気がします。帰国の予定はお嫁さんからの情報で知りました。翌、26日にアップしてくれた孫の写真は、寝ている息子を孫が襲撃?している写真でした。鼻に手を突っ込んだり、耳のあたりを引っ張っているのでしょうか。真剣に息子をイロイロといじりまくっている写真でした。でも・・・人みしりして泣かれたり、寄りつかない、というので [続きを読む]
  • 忙しい時に
  • 今、我が社は有難い事に、とても忙しく仕事をさせていただいています。この忙しさは、有難い事に、と思える範囲なのか、それとも度を越してしまっているのか、感じ方には、個人差があるのだと思います。それに、立場が違えば、感じ方も違って当然なのですが、それでも、基本的に、仕事に向き合う姿勢として、仕事がある、ということの有難さをしっかり心に持っていて欲しい、と思っています。仕事をしていれば、辛いことは有ります [続きを読む]
  • 術後3カ月めの病院
  • 昨日は私の婦人科受診の日でした。術後3カ月が過ぎて、当初の説明通り、ほぼ以前と変わらない日常取り戻すことができました。傷もきれいです。お水もたまっていませんよ。何かできている、ということも無いですね。と説明を受け、内膜をこすって採取して、血液検査を受けて、と一通り終えてきました。次の予約は9月。2年間は今のようなペースで通院するようです。酷暑の東京です。会計を済ませて外に出たら、陽炎がたっていました [続きを読む]
  • 中学生の反抗期の話
  • 教会の日曜学校に熱心に通っていて、中学生に成る直前だったと思うのだけれど、自分の意思で洗礼を受けたS君。彼の姿をこの頃見かけないな、と思っていたら、先日おばあ様から彼の消息を聞きました。おばあ様とS君一家は同居しているようでした。中学生になってしばらくしたある時期から、S君、家族の誰とも口をきかなくなったのだそうです。直ぐに不自由で話すわよ・・・という家族の予想とは裏腹に、もう何か月も長期にわたっ [続きを読む]
  • ベテスタ゛の池
  • 昨日の礼拝後の集まりでは、ベテスダの池のお話について話しあいました。その水が動いた時に、真っ先に水に浸かれば病が治る、というペテスダの池。(間欠泉だったのではないか、と言われています。)だからその池の周りには、たくさんの病人が集まって身を横たえていた、と聖書には書かれています。その中に38年間、そこに居続けた、男の人が居ました。まずは38年前、自分は何をしていたか、ということを話しました。結婚した [続きを読む]
  • 暑さ・・・現実的な事そして想像
  • 暑い、という言葉では物足りず、酷暑、猛暑などという言葉が飛び交う今年の夏です。昨晩の社内会議では熱中症対策が話題になりました。恥ずかしながら、我が社の一番の若手が先日、熱中症になってしまったのです。充分に注意していた、ではなくて塩飴を何時に配布する、とか朝礼で体調の申告をする、とか具体的に決めなければ、というような内容でした。改善できるところはドンドン改善しなければ!本当に、命にかかわります。どの [続きを読む]
  • キッチンドリンカー
  • ここのところ、毎日とても忙しいことになっていて、目が廻りそう、というかもう廻ってしまっているかのような状態です。1日パソコンに向かい、あれこれと根を詰めて仕事をして、家に帰っても(しかも階段を登るだけ)そうそう気分が変わらないのです。帰宅して、即始めるのは夕食の用意なのですが、朝のうちに献立を決めてメモに書き出し、ある程度の下ごしらえをしておくので、夕方は頭も心も使わないでひたすら急いで準備を進めて [続きを読む]
  • 3連休の珍事・・・というか個人的大事件
  • 酷暑の毎日です。皆様はお元気にお過ごしでしょうか。3連休も暑かったですね。夫の故郷、群馬県は39度なんていうニュースが出ていました。もはや、温帯とは言えないのではないか、と感じたりしました。そんな中、私は弟と夫と3人で16日にゴルフに行きました。久しぶりだし、とても楽しみにしていたのです。前日から暑さ対策の準備もバッチリ整えて、バッグの中には大汗をかくだろう、とウエアも2セット入れました。サンスクリーン [続きを読む]
  • スマホの写真を整理して・・・
  • 病気をしたり、一身上の変化があったりで、今年はいろいろな人に会うことが多かった、と改めて写真の整理をして思い返す。友人の葬儀や病気などでの再会は、悲しく辛いことも多かったのだけれど、今こうして思い返してみると、それぞれの人たちがみんな頑張って日常を生きていて、味わい深い、ステキな人として年齢を重ねている姿に改めて気づかされる。これは、病気やいろいろな出来事のおかげ、と思っている。悪い事ばかりでは無 [続きを読む]
  • 乳腺外科
  • 今日は乳腺外科の外来の日でした。子宮癌の手術前、B型肝炎騒ぎで伺って以来、手術後初の乳腺外科でした。体調にかわりはありませんでしたか?と問われても、子宮癌の手術の方が諸々大変で、乳癌の方は、まったく気にしていませんでした。と答えました。先生は笑いながら、とても丁寧に、触診して下さいました。しこりがあったり、どこかが痛んだりすれば気になるわけだから、多分、きっと元気なのだろうし、変わりないのだ、と思っ [続きを読む]
  • 孫の成長と浦島太郎など
  • 長男は、帰国したとはいえ、本当に慌ただしく、忙く暮らしています。とんぼ返りのようにミャンマーに出張し、やっと帰って来た、と思ったのもつかの間、今はアフリカに出張しています。はっきりしているのは、帰国の日時が未定、ということだけ、なのだそうです。お嫁さんが日々アップしてくれる孫の写真や動画ですが、息子が見ていない間に、お座りができるようになり、更に、つかまり立ちをしたそうで、本立てにつかまり立ちして [続きを読む]
  • 思い返してみると2
  • ついでに、自分の会社内での姿もこの度振り返ってみました。我が社は良くも悪くも、夫が強力にけん引してきた会社だと思うのです。ワンマンというのでしょうか。会社と係るようになってから、だんだんに、夫にNO!と言えるのは私だけなのだ、と思うようになりました。勝手に決めないで欲しい。私が納得できないこと、知らぬ間に進んだ事で共同経営者として責任を取らされるはイヤだ。と宣言して、夫とは対峙することも多かったなぁ [続きを読む]
  • 思い返してみると
  • 昨日は、夫と共に、自分たちの会社経営の日々をちょいとばかり振り返る機会がありました。夫は会社を振り返る、となると完全に仕事での出来事だけに割り切ることができるようでした。でも、私は、そんな具合にはいきませんでした。公私グチャグチャ。仕事も家のこともリンクして不可分の状態。会社だけ、と割り切ることはできないのだな、と感じました。今、我が社は32期め。これは長男と同い年です。私が入社したのは次男が産まれ [続きを読む]