武山小町 さん プロフィール

  •  
武山小町さん: 店主のブログ
ハンドル名武山小町 さん
ブログタイトル店主のブログ
ブログURLhttp://royalshop9952.blog33.fc2.com/
サイト紹介文着物のはぎれ、帯のはぎれ、アンティーク、アクセサリー、手作り、を紹介
自由文古布で小物を作っている方必見です
つるし雛、バック、リメイク服に
古布はぎれを100円からお安く提供しております
いろんな和服のはぎれを販売してます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/12/06 17:01

武山小町 さんのブログ記事

  • のれんにアップリケ
  •                                                    紺の木綿のれんにきせつの野菜アップリケ配色が素敵だったので、見本に取り寄せてみました。既製品ですが、よくある中国製です。たぶんデザインは日本の方かと思います。とても斬新な色使いです。これはミシン縫いでアップリケされています。とてもしっかりした、綿と麻のはぎれが、取り合わせてあります。えらく気に入っ [続きを読む]
  • 着物はぎれ「小さな袋物キーホルダー」
  • 着物のはぎれ「小さな袋物のキーホルダー」個人的に必要なものを詰めました。メジャーと羽二重2匁をプリンターインクで染めたもの参考となったものは、中国雑貨の巾着です。以前小物を入れるのに購入したものです。巾着の閉じるのは一般的ですが、これはひもを引っ張ると開くのです。「えー何々と」目からうろこでした。なんてことないからくりですが、巾着は閉めるのは一般的ですが、開けるからくりは、ちょっと感動です。ただ2本 [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「浜ちりめんでノースリーブブラウス」
  •               着物のはぎれ「浜縮緬白でノースリーブブラウス」この夏の定番でした。「作っていただきました」滋賀県の2大産地丹後ちりめんに並ぶ長浜縮緬は柔らかく、変わり縮緬になっているので、ストーンとドレープ感があり随分と活躍しました巾60?身丈50?のシンプルな長方形ですが、着るととてもなじみます。洗濯は普通に液体洗剤で洗濯機で、少し濃いめの柔軟剤に浸け、手絞り、乾いたら、そのままでも充分 [続きを読む]
  • 着物リメイク「銘仙でトートバッグ」
  •             着物リメイク「銘仙でトートパックとポシェット」お客様の作品銘仙はつやがあり、斬新な絵柄が多いので、好きな着物地の一つです。布バックはいくつあってもいいですね、よくいくつも重ねて持っている方を見かけます。個人的にはなかなか作らないですが、好きなはぎれで、シーンに応じて、いろんなバックを使い分けられれば、気分もリフレッシュです。付録のバックも手軽でいいですが、ここは「好きな絵 [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「紗のトンボ柄でのれん」
  •                      紺色紗トンボ柄でのれん透け感があるので紺色でも涼し気です。少し美化されたトンボが金刺繍と銀刺繍されていてとても繊細な絵柄です。薄手で経年により端あたりは、縫い目のところが切れたりしていましたが、この動きのあるトンボ柄が気に入り、時々見入っていました。 [続きを読む]
  • 着物リメイク「古布でどんぐりのストラップ」
  •                            古布でどんぐりのストラップ  どんぐりの傘を利用したストラップを作ってみました。ここ神奈川県横須賀市では手に入れることができないので、ネットで調達穴をあけてワタを詰めて、かわいらしいのができました。何故かお店で販売しています。      携帯のストラップにも加わりました。気に入っていただいていくつもポシェットに!今はやりのタッセルとともに、華や [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「白い麻でのれんとハンカチ」
  •                       白い麻の着物地でのれんとハンカチ」 夏は白がまぶしいですね。夏になると綿、麻が恋しくなります。真っ白い麻に透かし模様の入った麻の着物解きをのれんにしました。130?丈と短めです、ただ両端を縫ってかけただけですが、涼し気です。気に入ると何かほかにも利用したくなります。ちょうど端切れがあったので、一瞬持っていない白いハンカチが浮かびました。とにかくやってみよう [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「木綿の赤地に麻の葉柄でほうきカバー」
  •                  着物のはぎれ「木綿麻の葉柄でほうきカバー」とてもきれいな赤地に白で麻の葉柄がかわいいのでほうきカバーにしてみました。掃除用具はつい見えないところにしまいがちですが、こうすると目の触れるところに飾りたくなります。たぶん100均で買ったかと思いますが、この細工で、この使い心地の良さは、当時目からうろこでした。すこし薄手ですがとても存在感のあるはぎれで、ただただ、目の触れ [続きを読む]
  •                    [続きを読む]
  • 紺の紗「トンボ柄でポシェット」
  •                    紗のトンボ柄夏着物でポシェット「お客様の作品」トンボ柄はなかなかない絵柄です紺の紗に金彩でトンボ柄が繊細に織られています裏地のワイン色がちらりとのぞき素敵です。この薄さでバックというのはなかなか思いつきませんが接着芯を張ると紗のイメージが残りながら見事に夏のポシェットが出来上がります古いものはシミ、破れ 補修が随分とありますが、長年古布に親しんでいる方は、なん [続きを読む]
  • ジャバラ式カードケース
  •                              ジャバラ式カードケースカードケース専門に作っているクリエーターさんにお願いして、一部お店に置いています。帯、着物のはぎれでオーダーしました。塩瀬の帯は自分用、ウールの水玉はお客様がはぎれを購入してオーダーしました。お客様注文の赤い水玉は、中は画像に取れませんでしたが、結構可愛かった。開けた感じはとてもカードが入らないようですが、免許証もバン [続きを読む]
  • 泥大島と銘仙のリメイク服
  •     泥大島のチュニックと銘仙のチュニックリメイク服尽くしで来られたお客様が、ささーっと生地を選び、出来上がったリメイク服を着て、お店に見せに来てくださいました。薄手で柔らかめの泥大島は体になじみしなやかに仕上がりました。縦襟をつけて深みが出ています。艶がありとてもきれいな赤紫の銘仙のチュニック。水色と紫の絹のストールを合わせ、色合わせ上手な方です。パンツスタイルの多いご婦人の身丈はだいたい63 [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「一越ちりめんでチュニック」
  •                      一越縮緬のチュニックほとんどが線描写によって描かれているデッサンがのような珍しい絵柄の一越縮緬着物地を、何かに残そうと思っていました。繊細な絵柄にちょっと見入ってしまいます。一足早く夏に向けて、チュニックを作っていただきました。兵児帯ほどしなやかでははないので、少しはりが出てしまいます。お店に飾っておくと「これ素敵ねー」と欲しそうにですが、私自身が着てみた [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「ティッシュケース」
  •                              着物のはぎれでティッシュケース手作りする方は誰しもが一つは作るティッシュケース。こんな小さな手作り小物は、シーンに合わせて使えて、いただいてうれしい小物です。ちょっとアールがかかった開け口のアイデアと、色も配色がいいですね。正絹のブルーグレーの無地に鹿の子柄の赤とピンク。いただきものですが、こんなちょっとしたこものは、使ってみて、ちょっとテ [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「お財布にひと手間アップリケ」
  •                         着物はぎれ「モスリン花柄でかんたんアップリケ」 何かひと手間加えたいと思い、モスリン子供着物花柄をアップリケしてみました。簡単に上からぬいつけただけですが、お気に入りのはぎれをいつも目にすることができると、ちょっとテンション上がります。もとはデニールのこれはこれで素敵ですが、ちょっと小さなリメイクやってみたくて!気が付けば、いつも首からつるしている眼 [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「今年の干支ニワトリ」
  • 着物のはぎれ「ニワトリ」今年は酉年。干支にちなんで、ニワトリの置物です。知人の作品ですが、美化された姿はとても素敵ですね。丹後ちりめんの白生地で作ってあります。 小物を作るとき、女子着物のかわいらしいピンクをポイントに使うと、とても引き立ち、どんなものでも、こんな女子着物の華やかな色味はとても役に立ちます。目はフェルト、とさかの部分は、人気の縮緬で、くちばしの小さなところまで正絹を使うこだわりは [続きを読む]
  • 着物のはぎれ「はたき」
  •                            着物のはぎれ「はたき」 実家にあった昔のはたき、使ってなさそうなので、いただいてきました。これがとても使いやすい、軽く、はたきやすい。パタパタと、上から下へと「まるで腱鞘炎にでもなるんではないかと思うほどパタパタと」です。ここで「心身に喝を入れる」このすっきり感はこのはたきならではの感覚です。暇に任せて測ったサイズは1?巾84枚27?ということは、1 [続きを読む]