ハチゴロー さん プロフィール

  •  
ハチゴローさん: 画廊 春 アトリエハチゴロー
ハンドル名ハチゴロー さん
ブログタイトル画廊 春 アトリエハチゴロー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hachigoro_002
サイト紹介文絵画作品の制作とともに 柴犬コテツとのくらしの楽しさも伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/12/07 17:46

ハチゴロー さんのブログ記事

  • コテツ君ダウンする。 山川輝夫作品のご紹介②
  • 朝コテツ君のの悲しそうな声に起こされました。いつもと比べて元気がなく、朝ごはんも食べませんので、急いでトイレに連れて行きました。ウンチは普段と変わりなく下痢の様子もないのですが、動きが緩慢で歩くのもつらそうです。家に帰っても食事や水も飲まずソファーのうえでじっと蹲っていました。昼間は用事があって外出していましたが帰っても元気がありません。夕方 病院で診察してもらいました。いくつか問診していただき、 [続きを読む]
  • 「2018奥村信之ブロンズ作品展」より 山川輝夫作品のご紹介
  • 山川輝夫さんの作風は和製クレーとでも形容しましょうか美しい色彩と形のハーモニーが胸に沁みます。何ともモダンであり、飾る場所を選びません。短い生涯の晩年はブルーを基調とした抽象的な作風へと変貌されましたが、昭和58年ごろの作品が特に気に入ってます。展示しています5点の中から本日は2点ご紹介します。 街 SM油彩囲まれの間 F5油彩先生の略歴は以下の通りですが芸大助教授時代教授であった山口薫先生と同じよ [続きを読む]
  • 画廊春2/7より再開させていただきます。 (附)2月特選作品の売却
  • お久しぶりです。家庭の事情で一ヶ月間お休みさせていただきましたが明日2/7より画廊活動を再開させていただきます。奥村信之先生のブロンズ作品を展示しました。全部で16点ほど入庫していますが展示スペースの関係で、作品を入れ替えながら楽しんでいただく予定です。奥村作品は今までも2回ほど作品展を開催してきましたが、今回は大型の作品もいくつか展示しており見ごたえ十分です。奥村彫刻の傑作と言える作品の数々がが画 [続きを読む]
  • 本日 1日だけ画廊をあけました。
  • わけあって1月はお休みしていますが、久しぶりに自由な時間ができましたので画廊をあけました。搬入された奥村作品を少しずつ展示していました。コテツ君はいつも一緒です。最近太り気味なので気を付けないといけません。今回の1番の傑作です。平成の空海座像この像が画廊春に在るということがとても不思議な気持ちです。これからの人生、この像と向き合いじっくりと語り合っていきたい気がします。3月までに彫刻展示に合わせ [続きを読む]
  • 「2018奥村信之ブロンズ作品展」を企画しました。
  • 皆様お久しぶりです。1月より画廊をお休みさせていただいています。3月より企画展を実施します。本日、企画展のリーフレットの案ができました。尊敬する友人である奥村信之氏のブロンズを企画しました。ヴァチカンでは新しい法王が即位すると時代を代表する彫刻家に彫像を作ってもらいます。ミケランジェロ、ベルニーニ、マンズー、エミリオグレコといった名だたる彫刻家が法王像を制作してきました。奥村氏はローマ在住であり、ヨ [続きを読む]
  • 画廊春 臨時休業のお知らせ
  • いつもブログを訪問いただきありがとうございます。しばらくの間、画廊春店舗の休業をさせていただきます。とりあえず1月いっぱいは休業します。それ以後につきましては再開のめどが立ち次第、当ブログにてご案内させていただきます。ブログについては時折更新する予定ですので覗いてみてください。大垣市藤江町4−14 画廊春 代表 田渡達久   Tel :  0584-78-0043  Email : dentotakkyu@yaho [続きを読む]
  • アトリエ春でワンコを作りました。
  • アトリエ春では現在お二人のご婦人が活動されています。年齢はお若い方が67歳、もうお一方は大正生まれの95歳です。お二人ともとても意欲的でこちらが元気をいただいています。先日今年最後の活動が終わり、粘土工作の犬が出来上がりました。とても可愛らしいワンちゃんが出来上がりました。画廊春では「大人の図画工作」を開催しています。午後1時くらいから2時間ほどで定員は1日2名です。月に2回です。開催日は水、木、金です [続きを読む]
  • 大人の図画工作教室 
  • 3週間前より風邪をひきまして引きこもっています。内科に受診したところ風邪と言われたのですが、一時は40度の発熱でさすがに参りました。漢方薬を中心に処方されましたが、全然改善しませんでした。薬局で市販薬の効きそうなのと発熱時の栄養ドリンクを買い込み、10日ほど服用してようやく熱が下がりました。今は熱も下がりようやく咳も収まりました。寝てばかりもいられないので少しずつ手慰みの作品作りをしました。フクロオオ [続きを読む]
  • 奥村信之氏との再会(日本橋高島屋個展にて)
  • 奥村信之ブロンズ作品展が日本橋高島屋で開催されています。12/4に会いに行ってきました。写真背後の馬は新作の「ディープインパクト」です。左背後はジャスティスです。牡牛  力がみなぎって圧倒されます。ピカソやゴヤの闘牛に匹敵します。新しい鋳造の猫です。これで3体の猫を見てきましたが、それぞれに微妙に造形が違っています。奥村氏は鋳造ごとに蜜蝋に手を入れていますので、それぞれがオリジナルの造形となります。ロ [続きを読む]
  • ジャコメッティとの再会 美術鑑賞秋の旅②
  • はじめてジャコメッティを知ったのは今から43年前です。学生の頃、東京画廊で1枚のエッチングに出会いました。当時は30万ほどでしたが、とても手の出る金額ではありませんでした。それから40年ほどかけて画集を何冊か求め、リトグラフ作品を数点コレクションしています。マーグ画廊出版の古い画集や写真集にはリトグラフが1枚閉じ込んでありました。西武美術館でデリエール・ミノアール版のリトグラフ集も2冊ほどコレクションしま [続きを読む]
  • 2017 美術鑑賞秋の旅
  • 11/6〜11/9 友人のH君と3泊4日で美術館巡りをしてきました。今回は東海地方を中心に巡ってきました。1日目は観光ホテルを利用しましたが、二日目以降は経費を抑えるため、ビジネスホテル活用です。同伴のコテツ君にとっては試練の旅でした。3日目に車中で我慢できずに吐いてしまいました。ゆっくりゆっくり、散歩を多くしながらの美術館巡りです。1日目は 御在所ロープーウエイでご在所岳の紅葉を堪能してゆったりとホテル泊2 [続きを読む]
  • 栗原喜依子と女性画展(2)
  • 昨日は展示の様子をお知らせしましたが、期間中には作品を入れ替えながら展示します。本日は展示予定の作品をご紹介します。  作品名サイズ種別作家1兎ブロンズ彫像奥村信之2大日如来像ブロンズ彫像奥村信之3猫ブロンズ彫像奥村信之4ふくろう2ブロンズ彫像奥村信之53人の裸婦大判デッサン奥村信之6デッサン大判デッサン奥村信之7舳倉島F12日本画上田臥牛8赤道の記憶F10日本画大瀧隆雄9夕べの海F20日本画藤原まどか10ユリの浜F [続きを読む]
  • 栗原喜依子と女性画展のご案内(1)
  • 作品の展示ができましたのでご案内します。現在展示している作品は次の通りです。(画廊2室)栗原喜依子 油彩5点 デッサン1点島田章三 油彩2点大沼映夫 油彩1点澤田文一 油彩3点荻太郎 油彩1点栗原一郎 油彩1点ミズテツオ ガラス絵1点小貫正之助 油彩1点宮トオル 油彩2点井上慎介 油彩1点 ガラス絵1点水野朝 墨彩1点奥村信之 ブロンズ4点アルベルト・ジャコメッティ リトグラフ1点レオナルドダヴィンチ(模写) ミ [続きを読む]
  • 「画家が見つめた風景」展④ 清水勝さんの絵 画廊春
  • 本日は清水勝さんの作品をご紹介します。先生は現在97歳、現役作家として制作に励まれています。9/18〜30 東京神田の檜画廊にて個展を開催されます。画廊春では4点展示していますが65〜75歳のころの作品です。遠ざかる村 P8油彩作品(風景) F6油彩作品(鳥のいる風景) SM油彩村 SM油彩清水作品ほどの美しいマチエールを持つ作家は知りません。しっとりとして味わい深く心の奥底に問いかけてくる造形です。 良い絵 [続きを読む]
  • 「画家が見つめた風景」展③ 画廊春
  • 爽やかな秋晴れです。いつもは締め切っている和室の戸を開け放して、奥村信之氏の大日如来を鑑賞してみました。背景にスパシフィラムの花、秋海棠を添えました。庭木はソヨゴです。冬になるとサクランボのような赤い小さな実がなります。見ごろになると頃に、ヒヨドリがやってきてあっという間に食べ尽くされてしまいます。本日も3点ご紹介します。水村喜一郎「漁港」SM油彩栗原一郎「麦秋」ミニアチュール油彩山川輝夫「街」S [続きを読む]
  • 「画家が見つめた風景」展② 画廊春
  • 床の間に栗原一郎さんの作品を展示してみました。油彩作品でありますが、和室の壁によく合っています。他にも3枚ほどご紹介します。須田寿 「黒い林」F4油彩阿部幸洋「ハエン」F8油彩小野忠重「漁港」木版画9.10月の会期ですが、少しずつ作品を入れ替えながら展示しています。皆様足をお運びください。作品のご予約も承ります。ご希望の方には下記メールアドレスまたは電話にてお問い合わせいただければ価格表を送ります。大 [続きを読む]
  • 「画家が見つめた風景」展のお知らせ① 画廊春
  • ようやく秋の気配を感じる頃となりました。9.10月の企画「画家が見つめた風景」のご案内をさせていただきます。画廊春コレクションより選りすぐりの作品を展示しました。ほとんど自分のための作品展といった展示になりました。DMには書きませんでしたが、山川輝夫作品を3点追加しました。なかなか見ごたえのある展示となったと一人で喜んでいます。当ブログにて少しずつ展示作品の詳細をこれからかいていきますのでお楽しみくだ [続きを読む]
  • 息づく抽象 傍嶋崇展 ① 準備が整いました。
  • 本日準備が整いました。お盆休みの渋滞の中、八王子より12時間かけて搬入してくれました。作家にもお手伝いいただき先ほど展示ができましたのでご紹介いたします。小品から80号までの作品 30点ほど展示しました。迫力と繊細さをあわせもつ魅力的な作品ばかりです。若手の実力作家であり、今後のさらなる活躍を期待されている傍嶋さんの作品を是非ご覧ください。価格もとてもお値打ちに設定させていただいております。冷たいコーヒ [続きを読む]
  • 知らなかった 丸木スマさん 今年一番の展覧会です。
  • 目から鱗の展覧会でした。8/2 朝からコテツ君を風呂に入れてどっと疲れました。午後はゆったりと 一宮市にある三岸節子美術館に「丸木スマ展」に行ってきました。1875年 広島市生まれのスマさんは 1948年頃から70歳を過ぎて絵筆をとるようになりました。正直あまり期待していなかったのですが、1枚見てすぐに本物を感じました。いやはや すごい人がいるもんです。絵の詳細は 見た人でなければ説明できません。久しぶりに、盗 [続きを読む]
  • 画廊春8月の展示 お気に入りの絵を展示しました。
  • 毎日暑いですね。もすがにこれだけ厳しいとお客様もほとんどありません。8月12日より傍嶋崇展を開催しますが、それまでの間自分のための展示をしました。普段はプライベートに掛けている絵を画廊に展示してみました。左より 水村喜一郎「壁掛け人形」「みかん枯れて」島田昭三「スカーフの女」「花もつ人」正面のデスクには 宗宮肇水村喜一郎「どくだみ」栗原喜依子「花をもつ少女」栗原喜依子「窓辺」栗原喜依子「裸婦」好きな [続きを読む]
  • 傍嶋崇展のお知らせ  (附)8月特選絵画ご案内
  • 蒸し暑さがたまらないですね。日本画など紙本作品の保管には気を使います。風通しの良い高い場所に置いておくことが大切です。押し入れなどに入れておくとシミの原因になります。本日は8月12日〜20日の会期で企画しました傍嶋崇展のご案内と8月特選作品のお知らせをさせていただきます。日常生活の体験や経験より、物事と私との間にある関係を造形的にとらえ、名前を付けてみたりしていると、刹那的な心の動きにつれて私的な物語が [続きを読む]
  • 画廊春7月の展示② 山川輝夫コレクション
  • 山川輝夫作品との出会いは20数年程前ですが、当時はお金もなかったので当然手が出ず、ぼんやりと見ていました。それ以来ずっと忘れていたのですが、数年前に運よく1点購入しました。現在では3点ほど所有しています。画廊に展示していましたら、偶然にも「お客様が確か家にもあるよ・・・」と話してくださいました。「風分六抄の絵と交換してもいいよ。」と言ってくださいましたが、まずは見せてくださいとお願いしていましたところ [続きを読む]
  • 画廊春7月の展示② 清水勝さんの絵
  • 今月のメイン展示となる 清水勝先生についてお話しします。先生とはお会いしたことはございませんが現在98歳で現役の画家としてご活躍です。1990年〜1995年くらいにかけて 大垣の画廊で個展がありました。不思議な抽象世界に魅せられ、何点かコレクションしてきました。現在5点所蔵していますが、時代を感じさせず、新鮮な感覚を与えてくれるのはさすがです。清水勝 F6 「作品」清水勝 P10 「遠ざかる村」清水先生は椋鳩 [続きを読む]
  • 画廊春 7月の常設展示
  • こんにちは 井上慎介展では遠方より来廊していただきありがとうございました。画廊を始めたときの目標として、都会より足を運んでいただけるような画廊にしようと考えていました。井上慎介、奥村信之、水村喜一郎といった美術界を代表する作家に恵まれまして何とか3年続けることができました。今後もよい企画をご提供できますよう、努力していきたいと思います。7月は画廊春のコレクションをお楽しみください。昨日 模様替えし [続きを読む]
  • 井上慎介展のご案内
  • 準備が整いましたのでご案内させていただきます。油彩 26点ガラス絵10点シルクスクリーン版画10点ほど個展に寄せて薔薇の花を前にして、絵にしようと眺めていても、なかなか絵にはなりません。そのうちに枯れてしまいます。ノートに描いた花の落書きを眺めながら、記憶の中でゆったりと美しく咲く姿を整理して、カンバスに描くのが私のやり方です。LILYはずいぶん前に亡くなりましたが、記憶の中で今も生き続けて、温かく語りかけ [続きを読む]