kei さん プロフィール

  •  
keiさん: ひめさゆり山荘
ハンドル名kei さん
ブログタイトルひめさゆり山荘
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/k2kojima2001
サイト紹介文にほんの里100選、歴史のまちなみ(伝建地区)、名水百選、滝百選、百名山めぐりなどをしています。
自由文ひめさゆりは、福島・山形・新潟3県の県境に接した飯豊・朝日・吾妻山系と、守門岳・浅草岳や宮城県白石川上流の一部にだけ自生する貴重な植物。開花は、平年であれば6月初旬から始まり、中旬頃に盛りとなります。雪国の山間部にひっそりと可憐に咲くことから、乙女ゆりとも称されるそうです。里に咲くゆりと比べると少し弱々しい感じもしますが、清楚で可憐なその姿には魅了されます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2010/12/09 16:07

kei さんのブログ記事

  • 2018.5.21 つきだて花工房1 (福島県伊達市)
  • つきだて花工房 1地図 つきだて花工房は伊達市が設置する公共施設だ。花工房のHPには「大きな窓からは四季折々の表情豊かな山並みと青空が存分に楽しめます。自然に恵まれた静かな環境を宿泊・休憩・宴会・会議などにご活用ください」と書かれている。私が訪ねたときはルピナスやポピーの花が盛りだった。案内図 で拡大しご覧ください宿泊棟見晴らし のいい庭 ルピナスとポピーが盛りだ で拡大しご覧ください紫 [続きを読む]
  • 2018.5.12 旧中込学校 (長野県佐久市)
  • 旧中込学校 (国指定重文)地図 5月12日の5時50分に福島市の自宅を発ち 〜 福島西IC 〜 東北道 〜 岩舟JCT 〜 北関東道 〜 桐生太田IC 〜 国道122号 〜 9時00分に旧群馬県衛生所着、ここまでの走行距離は239.5km、旧群馬県衛生所 (国指定重文) を見学 〜 県道69号 〜 県道14号 〜 深谷市大寄公民館着、誠之堂 (国指定重文) と清風亭を見学 〜 煉瓦製造施設 (国指定重文) を見学 〜 旧中山道深谷宿を見学 〜 国道17号 〜 [続きを読む]
  • 2018.5.12 中山道深谷宿 (埼玉県)
  • 中山道深谷宿地図 5月12日の5時50分に福島市の自宅を発ち 〜 福島西IC 〜 東北道 〜 岩舟JCT 〜 北関東道 〜 桐生太田IC 〜 国道122号 〜 9時00分に旧群馬県衛生所着、ここまでの走行距離は239.5km、旧群馬県衛生所 (国指定重文) を見学 〜 県道69号 〜 県道14号 〜 深谷市大寄公民館着、誠之堂 (国指定重文) と清風亭を見学 〜 煉瓦製造施設 (国指定重文) を見学 〜 旧中山道深谷宿を見学 上敷免にある旧煉瓦製造施設 [続きを読む]
  • 2018.5.12 旧煉瓦製造施設 (埼玉県深谷市)
  •  日本煉瓦製造株式会社旧煉瓦製造施設 (国指定重文)地図 5月12日の5時50分に福島市の自宅を発ち 〜 福島西IC 〜 東北道 〜 岩舟JCT 〜 北関東道 〜 桐生太田IC 〜 国道122号 〜 9時00分に旧群馬県衛生所着、ここまでの走行距離は239.5km、旧群馬県衛生所 (国指定重文) を見学 〜 県道69号 〜 県道14号 〜 深谷市大寄公民館着、渋沢栄一とゆかりのある誠之堂 (国指定重文) と清風亭を見学 〜 東京駅のレンガをつくった [続きを読む]
  • 2018.5.12 清風亭 (埼玉県深谷市)
  •  佐々木勇之助古希記念移築復元された 清風亭地図 5月12日の5時50分に福島市の自宅を発ち 〜 福島西IC 〜 東北道 〜 岩舟JCT 〜 北関東道 〜 桐生太田IC 〜 国道122号 〜 9時00分に旧群馬県衛生所着、ここまでの走行距離は239.5km、旧群馬県衛生所・医学校 (桐生明治館・国指定重文) を見学 〜 県道69号 〜 県道14号 〜 深谷市大寄公民館着、渋沢栄一喜寿記念の誠之堂 (国指定重文) と佐々木勇之助古希記念の清風亭を [続きを読む]
  • 2018.4.12 誠之堂 (埼玉県深谷市)
  •  渋沢栄一喜寿記念移築復元された 誠之堂地図 5月12日の5時50分に福島市の自宅を発ち 〜 福島西IC 〜 東北道 〜 岩舟JCT 〜 北関東道 〜 桐生太田IC 〜 国道122号 〜 9時00分に旧群馬県衛生所着、ここまでの走行距離は239.5km、旧群馬県衛生所・医学校 (桐生明治館・国指定重文) を見学 〜 県道69号 〜 県道14号 〜 深谷市大寄公民館着、渋沢栄一喜寿記念の誠之堂 (国指定重文) と佐々木勇之助古希記念の清風亭を見学 [続きを読む]
  • 2018.5.12 旧群馬県衛生所 (桐生市)
  • 旧群馬県衛生所地図 5月12日の5時50分に福島市の自宅を発ち 〜 福島西IC 〜 東北道 〜 岩舟JCT 〜 北関東道 〜 桐生太田IC 〜 国道122号 〜 9時00分に旧群馬県衛生所着、ここまでの走行距離は239.5km、旧群馬県衛生所・医学校 (桐生明治館・国指定重文) を見学  この建物は、明治11 (1878) 年に群馬県衛生所兼医学校として前橋市内に建設された。その後、県立女学校 〜 師範学校付属小学校 〜 群馬県物産陳列館 〜 群 [続きを読む]
  • 2018.5.11 佐藤梨園に咲いていた花 (福島市)
  • 佐藤梨園に咲いていた花地図 福島市下野寺にある佐藤梨園は、「梨園のローズガーデン」 (園主の佐藤吉則さんが無料で一般公開) として知られています。バラの花はまだ咲いていませんが、クレマチスをはじめさまざまな花が咲き競っていました。「ガーデニング基本大百科」 (集英社) で調べましたが、不明な花もあり自信がありません。ご存知の方はご教示くださるようお願いします。m(__)m梨園に咲く花シレネ ... ブログ友のサチさんに [続きを読む]
  • 2018.5.11 佐藤梨園のクレマチス (福島市)
  • 佐藤梨園のクレマチス地図 福島市下野寺にある佐藤梨園は、「梨園のローズガーデン」 (園主の佐藤吉則さんが無料で一般公開) として知られています。バラの花はまだ咲いていませんが、いろんな種類のクレマチスが咲き競っていました。 クレマチスは、つる植物の女王とよぶにふさわしい華やかな姿と、オレンジ色以外すべてが揃うといっても過言ではない豊かな花色が魅力です。ヨーロッパではローマ時代から知られていた花ですが、よ [続きを読む]
  • 2018.5.12〜13 上州から信州へ (速報)
  • 上州から信州へ1泊2日の旅 (速報)  昨年11月に伊豆の下田 〜 松崎町のまちなみめぐりをした際、明治時代に建てられた岩科学校 (国指定重文) を見学した。旅行から帰って、福島県内にも明治時代に建築された旧福島県尋常中学校本館 (国指定重文) があることを知り、めぐり終えた。2008年の開智学校から始まる訪問暦を回想し、これから訪ねてみたい学校建築をリストアップしてみる。  これまで訪れた 擬洋風学校建築 を列挙1. [続きを読む]
  • 2018.5.6 東和・羽山の山野草 (二本松市)
  • 東和・羽山の山野草地図  クマガイソウの群生地は、二本松市東和・羽山の五十嵐文一さんが、30年もかけて大切に守り続けた見事なものだ。 個人の所有地で入場料は300円。15000株以上のクマガイソウの他にも、サクラソウやクリンソウ、シラネアオイやエンレイソウ、タイツリソウやイカリソウなど、数多くの山野草を観察することができる。 シラネアオイ シラネアオイは1科1属1目で日本固有の花。花は直径5〜10cmで花弁はなく [続きを読む]
  • 2018.5.6 東和・羽山のクマガイソウ (二本松市)
  • 東和・羽山のクマガイソウ 地図 この群生地は、二本松市東和・羽山の五十嵐文一さんが、30年もかけて大切に守り続けた見事なものだ。 個人の所有地で入場料は300円。15000株以上のクマガイソウをはじめ、サクラソウやクリンソウ、シラネアオイやエンレイソウ、タイツリソウやイカリソウなど、数多くの山野草を観察することができる。  熊谷草 (クマガイソウ) はラン科の多年草で、紅紫色の網目状脈がある袋状の花弁が特徴。源氏 [続きを読む]
  • 2018.5.5 霞城公園の藤とツツジ (二本松市)
  • 霞城公園の藤とツツジ地図 子どもの日の5月5日、福島市上野寺の藤棚を見た後、二本松市の霞城公園にある藤棚を観に行く。まだちょっと早かったけど、藤だけでなくツツジも咲いていた。「二本松藩」の幟旗赤と白とピンクのツツジ白いツツジ淡いピンクのツツジ    藤棚は ...霞池の辺にある霞 池 で拡大しご覧ください二本松市にある長沼智恵子 (「智恵子抄」) の生家 で拡大しご覧ください(C) 2007-2018 ひめ [続きを読む]
  • 2018.4.21 岩手銀行赤レンガ館 (盛岡市)
  • 旧盛岡銀行本店 (岩手銀行赤レンガ館)地図  朝の6時30分に自宅を発ち 〜 福島飯坂IC 〜 高速東北道 〜 北上江釣子ICに9時到着、ここまでの走行距離は208.5km 〜 展勝地 (北上川河畔のおよそ2kmに及ぶ桜並木) の一部を散策 〜 北上江釣子IC 〜 高速東北道 〜 盛岡ICに11時25分着、ここまでの走行距離は272.1km 〜 岩手大学 〜 農業教育資料館 (旧盛岡高等農林学校本館) を見学 〜 岩手銀行赤レンガ館を見学 〜 盛岡I [続きを読む]
  • 2018.4.21 旧盛岡高等農林学校本館 (盛岡市)
  • 旧盛岡高等農林学校本館地図  朝の6時30分に自宅を発ち 〜 福島飯坂IC 〜 高速東北道 〜 北上江釣子ICに9時到着、ここまでの走行距離は208.5km 〜 展勝地 (北上川河畔のおよそ2kmに及ぶ桜並木) の一部を散策 〜 北上江釣子IC 〜 高速東北道 〜 盛岡ICに11時25分着、ここまでの走行距離は272.1km 〜 岩手大学 〜 農業教育資料館 (旧盛岡高等農林学校本館) を見学 現在、農業教育資料館となっている旧盛岡高等農林学校 [続きを読む]
  • 2018.4.19 旧太田中学校講堂 (茨城県常陸太田市)
  • 旧太田中学校講堂地図 4月19日、茨城県ひたちなか市にある海浜公園のネモフィラを観に行った。1日10万もの人が押し寄せるということなので、早朝3時30分に自宅を発つ。途中、常磐道勿来 ICで降り地道を南下するも、6時30分には常陸太田に到着。海浜公園のオープンまではだいぶ時間があり、国の重要文化財に指定されている旧太田中学校講堂を見学した。  福島西IC 〜 東北道 〜 郡山JCT 〜 磐越道 〜 いわきJCT 〜 常磐 [続きを読む]
  • 2018.5.5 上野寺の藤 (福島市)
  • 上野寺の藤 地図 連休の5月5日、市内上野寺にある菅野さんの藤棚 (チャレンジガーデン) を見せていただきました。チャレンジガーデンは、個人の庭や店先などを一般開放している事業で、菅野さんのお宅は第1期の認定です。 30数年前に藤の苗木を植えたのがきっかけだそうです。例年であれば1.5mほどになる花房も、今年はそれほど垂れ下がらないとのこと。薄紫の藤のカーテンが薫風に揺れ、あたり一面に甘い香りを漂わせていま [続きを読む]
  • 2018.5.2 半田沼のシラネアオイ 2 (桑折町)
  • 半田沼のシラネアオイ 2地図 福島県桑折町にある半田沼は標高が高く、5月の連休まで桜が見られるスポットとして知られている。半田山 (863m) にはかつて、日本三大銀山の一つに数えられる半田銀山があった。空の青色と水辺の木々の萌黄色、桜の薄紅色を写す水面 ... ひきこまれるような幻想的な雰囲気があり、多くのカメラマンが訪れている。  沼の水面に写る桜を撮ろうと周辺をあちこち歩きまわる。水芭蕉はもう盛りを過ぎ [続きを読む]
  • 2018.4.19 ネモフィラ (茨城県ひたちなか市)
  • ひたち海浜公園のネモフィラ 地図  空も大地も青一色 ... 国営ひたち海浜公園のネモフィラ  「4月中旬、太平洋に面した丘。3.5?で450万本のネモフィラの青い花が見ごろを迎える。特に晴天の日は空と丘が青一色に染まる絶景が見られ、昨年は1日で約10万人が訪れた。  (中略)  ゴールデンウィーク前ごろの七分咲きが、葉が短くて最も青色が際立つという」 という記事が朝日新聞に載った。ひたち海浜公園のHPで調べてみる [続きを読む]
  • 2018.4.21 北上展勝地 (岩手県北上市)
  • 北上展勝地 地図 朝の6時30分に自宅を発ち 〜 福島飯坂IC 〜 高速東北道 〜 北上江釣子ICに9時到着、ここまでの走行距離は208.5kmだった 〜 展勝地は北上川の対岸にあるが、最短で結ぶ珊瑚橋は封鎖され遠回り 〜 県道14号は駐車場へ向かう車で大渋滞 〜 どうにか空き地を探し車をデポし、展勝地 (北上川河畔のおよそ2kmに及ぶ桜並木) の一部を散策。 北上展勝地は、青森県の弘前公園、秋田県角館の武家屋敷通り、宮城県 [続きを読む]
  • 2018.4.22 半田沼の桜2 (桑折町)
  • 半田沼の桜 2地図 福島県桑折町にある半田沼は標高が高く、5月の連休まで桜が見られるスポットとして知られている。半田山 (863m) にはかつて、日本三大銀山の一つに数えられる半田銀山があった。空の青色と水辺の木々の萌黄色、桜の薄紅色を写す水面 ... ひきこまれるような幻想的雰囲気があり、多くのカメラマンが訪れている。 3〜4週間前まで福島県に滞在していた桜前線は、津軽海峡を越え現在は北海道が花の盛り。も [続きを読む]
  • 2018.4.20 半田沼の桜 (桑折町)
  • 半田沼の桜 地図 福島県桑折町にある半田沼は標高が高く、5月の連休まで桜が見られるスポットとして知られている。半田山 (863m) にはかつて、日本三大銀山の一つに数えられる半田銀山があった。空の青色と水辺の木々の萌黄色、桜の薄紅色を写す水面 ... ひきこまれるような幻想的な雰囲気があり、多くのカメラマンが訪れている。 3〜4週間前まで福島県に滞在していた桜前線は、津軽海峡を越え現在は北海道が花の盛り。もう [続きを読む]
  • 2018.4.20〜22 半田沼のシラネアオイ (桑折町)
  • 半田沼のシラネアオイ地図 福島県桑折町にある半田沼は標高が高く、5月の連休まで桜が見られるスポットとして知られている。半田山 (863m) にはかつて、日本三大銀山の一つに数えられる半田銀山があった。空の青色と水辺の木々の萌黄色、桜の薄紅色を写す水面 ... ひきこまれるような幻想的な雰囲気があり、多くのカメラマンが訪れている。  沼の水面に写る桜を撮ろうと周辺をあちこち歩きまわる。水芭蕉はもう盛りを過ぎてい [続きを読む]
  • 2018.4.20 半田沼の山野草 (桑折町)
  • 半田沼の山野草地図 福島県桑折町にある半田沼は標高が高く、5月の連休まで桜が見られるスポットとして知られている。半田山 (863m) にはかつて、日本三大銀山の一つに数えられる半田銀山があった。空の青色と水辺の木々の萌黄色、桜の薄紅色を写す水面 ... ひきこまれるような幻想的な雰囲気があり、多くのカメラマンが訪れている  沼の水面に写る桜を撮ろうと周辺をあちこち歩き回った。水芭蕉はもう盛りを過ぎていたが、カ [続きを読む]
  • 2018.4.20 種まき兎と梨の花 (福島市)
  • 吾妻小富士の種まき兎と梨の花地図  福島市の北西部を走るフルーツライン沿いに、梨や林檎などの果樹畑が一面に広がり、「くだもの王国」福島ならでは風景を見ることができる。咲き競う梨や林檎の白い花が、種蒔き兎 の雪形が現れた吾妻小富士 を背景に映え、果樹の花とは思えないほど美しい。 (福島市のHP参照)庭坂の梨畑鉄線の棚に枝を這わせる吾妻小富士 (1707m) を背景に一切経山 (1949m) を背景に咲く梨の花 で拡 [続きを読む]