三矢達朗 さん プロフィール

  •  
三矢達朗さん: 岡山の税理士 三矢達朗税理士事務所
ハンドル名三矢達朗 さん
ブログタイトル岡山の税理士 三矢達朗税理士事務所
ブログURLhttps://ameblo.jp/mitsuyakaikei/
サイト紹介文岡山市の税理士 三矢達朗税理士事務所のブログ
自由文岡山市の税理士 三矢達朗税理士事務所のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/12/09 18:09

三矢達朗 さんのブログ記事

  • 『鹿政談』 … 正義って何?
  • 正義って何? 最近の(ここ数年の)岡山の税理士の一番のテーマは「正義とは何か」ということです。  落語に『鹿政談』というのがあります。  鹿を殺した者は厳罰に処すという決まりがある奈良の町で、豆腐屋の六兵衛とう者が誤って鹿を死なせてしまいます。家族持ちのまじめな町人なんですが仕事中に誤って死なせてしまうのです。  お奉行がその鹿を見ながら『これは鹿に似ているが鹿じゃな [続きを読む]
  • 忖度(そんたく)
  • 忖度(そんたく)  今、流行のこの言葉、意味を調べたら『他人の気持ちをおしはかること。』  それは人間である以上誰でもすることで、するなと言っても無理。どこまでがOKでどこからアウトなのか事前にルールを決めておくのも無理。  悩まなくていいように、あらゆることをあらかじめルールで決めておくなんて無理。  利害が相反しても、反対意見があっても、相手とじっくり話をして、もっとも適切と思 [続きを読む]
  • 激怒…自分に。
  •  岡山の税理士は一人でじっくりと考えるのは得意ですが、人前で話すのは苦手です。相手が2,3人ぐらいまでならいいのですが、それ以上の人を相手にスピーチやプレゼン的な話をするのはかなり苦手です。  とはいっても仕事上そういうシチュエーションは必ずあって避けて通れません。つい最近もそういうシチュエーションで上手に話をすることが出来ず、自分に対して激怒しています。  ほめられるより、悔しい思いをし [続きを読む]
  • 他人の気持ちがわからない?
  •  『あの人は他人の気持ちがわからない』…よくあるフレーズだけど、自分はどれだけ他人の気持ちがわかっているだろうか?  他人になってみることが出来ないからそれは絶対わからない。  話をすれば多くのことがわかるけど、かといって、その人の言葉が本意だとはかぎらない。  自分のこともどれだけわかっているのか、わからない。他人になって自分をみたことがないから、わからない部分はわからない。 [続きを読む]
  • 2017 , 04, 30 下津井高室 〜 王子ガ岳
  • 2017 , 04 ,30 倉敷高室〜 王子ガ岳 09:30 〜 13:30 高室港旧波止   大潮後の中潮 満潮 13:15 水温(牛窓)15℃。 根がかりほぼない、藻が多い。 アタリなし。まわりの人もアタリなし。 青虫、塩漬ホンムシ、冷凍イカナゴ。 海ケムシ 1 14:00  〜 16:00 王子ガ岳 キス1(19cm)、フグ1 根がかりほぼない、藻が多い。西風強。   [続きを読む]
  • 人の心はトイレみたいなものか?
  •  BUMP OF CHICKENの『虹を待つ人』にこんな歌詞があります。  ”そのドアに鍵は無い   開けようとしないから 知らなかっただけ  初めからずっと自由 ”  人の心は鍵がないのならまだよくて、内側から鍵がかかっていることが多いです。  玄関のドアなら鍵があれば外からも開けられるけど、トイレのドアって内側だけにしか鍵がないから中から鍵をかけたら外からは開けることが出来ません。  人の心 [続きを読む]
  • 俯瞰する能力
  • 経営や商売をする人にとって“俯瞰する”能力は非常に大事だと思います。“俯瞰”とは鳥が上空から下界を見下ろした時に見える景色、イメージのことです。  空間認識能力とも言うそうですが、一般論としては男性のほうがすぐれているそうです。原始時代から外へ出て危険な環境の中で食料を獲得して家族のもとに帰らなければならなかったからです。(『話を聞かない男、地図が読めない女』という本がありましたね。)&n [続きを読む]
  • 心の旅
  •  確定申告業務のピークの中、あえて軽い話題です。  1前年ぐらいからコンサートに行くようになりました。チューリップ、かぐや姫、鬼束ちひろ、です。邦楽ならフォーク系、洋楽ならハード・ロック、どちらにしても80年代あたりのがいいですね。  チューリップが特に良くてまた行きたいです。『心の旅』とか『青春の影』とか『サボテンの花』ですね。鬼束ちひろは歌も好きだし、人間的にも好きでひそかに応援し [続きを読む]
  • 人手不足と労働時間の削減
  •  今、空前の人手不足と言われています。岡山市でも求人倍率は2倍に近いところまで来ているようです。 “空前の”と言ってもこの先少なくとも20年ぐらいは、労働人口の減少でさらに人手不足は進んでいくはずです。  いっぽう政府としては国を挙げて労働時間を削減しようという話です。過大な労働時間により起きる問題についてはよく議論してほしいです。  それにしても、労働人口は減る、一人一人の労働 [続きを読む]
  • 足守川のカモ
  • 足守川のカモ  毎年冬になると自宅のそばの足守川にたくさんカモがやってきます。よく見ると3種類か4種類はいますね。  調べてみるとこのカモは寒い冬を越すためにロシアから渡って来るそうです。  そんな遠くから命がけでやってくるよりずっと岡山にいたらいいじゃないかと思いませんか?私だったらそうしたいです。あるいは岡山より寒いかもしれないけどもうちょっとロシアから近いところで我慢するとか。&nb [続きを読む]
  • 船長と船員の関係
  •  船長と船員の間には法律的にもその他のいろいろな面でも立場に大きな違いがありますね。  そして今、船員の働きかた改革というのが進んでいてそこでは船長と船員の間の溝は非常に大きく、その関係はいいものではない、という前提で議論がされています。残念です。  船長と船員が反目しあっている船に乗るのは怖いですね。誰にとっても何もいいことがない。  船長は船員と乗客について同じように大切に思って [続きを読む]
  • 船長の神頼み
  •  本日、三矢船長は吉備津神社にお参りしてきました。偶然ですが一日参りですね、人が多かったです。  私は2,3か月に1回ぐらいお参りに行きます。仕事の合間に近いところへ行くのですが吉備津神社か倉敷の安養寺が多いです。どちらも駐車場から本殿まで程よく距離があって歩きながら意識して心の中を静かにします。  自分に出来ることを全てやっても望みが叶うとは限らない、そんなとき人は神に祈ります。これから1 [続きを読む]
  • 正義って何? 選挙や多数決の話。
  •  正義って何? ここ数年、私にとって大きなテーマなんですが答えはまだわかりません。  今トランプ大統領の言動に批判が高まっています。メチャクチャだ、どうせうまくいかない、などアメリカ国内でも海外でも批判ばかり報道されています。  これっておかしくないですか?と思う私がおかしいのでしょうか? (ちなみに私はトランプさんのこと好きでも嫌いでもありません。)  選挙で選ばれた人が選挙の時に [続きを読む]
  • 船長の仕事 計画は悲観的に、行動は楽観的に。
  •  計画は悲観的に、行動は楽観的に。  … 船長が把握していないといけないのは、船や船員、燃料、食料の状態(内部環境)と目的地までの天候や潮流の見通し(外部環境)。  計画はBESTなシナリオからWORSTなシナリオまで広い範囲を想定しつつ、最悪の事態を最小に抑えるためのシナリオをあらかじめいくつか考えておくこと。  最悪のシナリオでも致命的な損失にならないという確認をしつつ、標準シナリオで発進、航行、 [続きを読む]
  • 船長の仕事 金曜日はカレーライス
  •  長い航海をする軍艦の金曜日の夕食はカレーライス。海の上にいても曜日の感覚を失わないための習慣だそうです。  航海(経営あるいは仕事)はリズムが大事。リズムとは”良い習慣”です。決まった時間に寝起きするとか、決まった時間に食事をとるとか、決まった日時にミーティングを行うとか。岡山の税理士自身、よく出来ているとは言えませんが、組織の運営に”良い習慣”は非常に大切です。  海岸から見える海の [続きを読む]
  • 金波と銀波
  •  金波とは日の光を浴びて輝く海、銀波とは月の光を浴びて輝く波のことです。ONEPIECEの挿入歌の歌詞にも出てきますね。  船長という立場で航海をしているときはいつも何か課題を抱えているもので何も心配することがない状態というのはなかなかないのですが、時々ふっと心がニュートラルになる時があります。  そんなときは船の甲板で気持ちのいい風を浴びながら金波や銀波を見ているような気分です。『苦労も多いけ [続きを読む]
  • 船長の仕事  船員の仕事
  •  仕事っていうのは本来、やりがいのあるものだと思います。やりがいを感じないという人が多数派になってしまったらその組織やその社会に何か問題があるのではないでしょうか。  船長はそこのところ常に気を配って組織づくりをしていかなければならないと思います。一方で船長が船長のするべきことをしているという前提では、船員も”自分に何が出来るだろうか”ということを考えてほしいものです。  愚痴や不満を吐 [続きを読む]
  • 船長の仕事 出航から
  •  船長の仕事について考えてみる。たとえば貨物船の船長で航海士、コック、医者、船大工はそれぞれ別にいるとして。  それぞれの役割を担う船員がいるから何も問題なければ船は進んでいきます。何も問題なければそのまま目的の港に着きます。  では船長の仕事ってなんでしょうか?   決断すること、最終責任を負うこと、だと思います。  長い航海では問題が起きないことはありません。嵐にも遭うし、病 [続きを読む]
  • 新巻鮭で締める年末
  •  お客様から荒巻鮭をいただきました。実は毎年いただいています、従業員全員分。  ありがとうございます、という他にありません。ほんとありがとうございます。     今年もあと1日で無事?終了となります。皆様ありがとうございました。  来年もよろしくお願いいたします!         [続きを読む]
  • 海の中を見たい。
  • この写真、何かわかります?少し横から見ると、昼間見ると、で、その瀬戸大橋の真下で釣った魚。カサゴ。赤メバルとも言います。夜の部はアナゴが釣れました。風がなく暖かくて気持ち良かったけど本命は釣れず。海の中を見てみたかったです。何度見てもこの橋つくった人、すごいと思います。 [続きを読む]