heldenbaum さん プロフィール

  •  
heldenbaumさん: ドイツ語ジョークボックス
ハンドル名heldenbaum さん
ブログタイトルドイツ語ジョークボックス
ブログURLhttp://g-jokes.seesaa.net/
サイト紹介文ドイツ語ジョークでドイツ語人生に笑いと喜びを!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/12/09 18:45

heldenbaum さんのブログ記事

  • 牛から得られるのはミルクではない!?
  • 女の先生が質問を出した。「羊からは何が得られますか?」 一男生徒の答。「羊毛!」「その通り。じゃあ豚からは何が得られますか?」 一女生徒の答。「お肉よ!」「その通り。じゃあ牛からは何が得られますか?」 クラス全員一斉の答。「宿題で〜す!」Die Lehrerin fragt: "Was bekommen wir vom Schaf?" - Schüler: "Wolle!" - "Richtig. Und was vom Schwein?" - Schülerin: "Fleisch!" [続きを読む]
  • オムレツを注文した? ドイツ語の先生
  • →世界の日本人ジョーク集 →続・世界の日本人ジョーク集    ドイツ語の先生がレストランにやってきた。 給仕にメニューを見せて、Omelet と書かれているところを指しながら言った。 「オムレツは ”t”が2つだ!」 給仕はキッチンの方へと行き、発注した。 「オムレツ一つとティー2つ」 ドイツ語原文、こちらに→  さて、「オムレツ」って何語? フランス語? 違います! 日本語です(ニヤリ)。 ドイツ語ではない [続きを読む]
  • それは自分を騙すことになる?
  • 自分を騙すということって何ですか。体重計に乗った時にお腹を凹ますことだよ。(それは自分を騙すことではありません。それは体重目盛りを読むのに唯一可能なことなのです)Was ist Selbsttäuschung?Wenn man auf der Waage steht und den Bauch einzieht.(Das ist nicht Selbsttäuschung, sondern die einzige Möglichkeit, das Gewicht abzulesen.)そうかもしれませんね。体重計の乗って体重の針を読むにもお腹を凹まさないと [続きを読む]
  • 車に轢かれた時に
  • 「お宅はどこにおったのかな、車に轢かれた時?」「その車の前でした、裁判官殿」?Wo befanden Sie sich ? als Sie überfahren wurden?“?Vor dem Auto, Herr Richter.“何と馬鹿な質問をする裁判官か、と被告は思ったかどうかは知りませんが、そんな思いを持ったとしても裁判官からの質問には馬鹿丁寧に答えているのですね。尤も車の後ろにいて轢かれることだってあるかもしれませんね。というか轢かれるとするならば大抵は車 [続きを読む]
  • 今年最後のドイツ語文法習得事項:接続法!?
  • 学校でのドイツ語授業:テーマは”接続法”今年最後の授業です(笑)。担任の女の先生は例を一つ挙げて、クラスの皆に訊いた。「小さくて灰色は何でしょう?」女生徒が答えた。「マウスよ」 先生「その通り。 でもネズミでもあり得ますよねえ」さて、先生はクラスの生徒たちに同じような例を上げるように求めた。女の子が手を挙げて質問を出した。「丸くて赤色はな〜に?」先生が答えた。「トマトね」その女の子が応じた。「その [続きを読む]
  • それはそうと、、君はぼくと知り合う前に、、何人
  • 「それはそうと、ねえ、ぼくと知り合う前、君には彼氏が一体何人いたの?」 彼はついうっかり口を滑らしてしまった。 沈黙。「ごめん。くだらん質問だった。 そうだよなあ、ぼくには何の権利もないし、、 お願いだ、忘れてくれ」 一時間が経った。 彼女は相変わらず沈黙したまま。「君、ぼくのことでまだ怒こってるの?」 彼は心配そうに訊いた。「馬鹿なこと言わないでよ。今数えているのだから」Übrigens...?Übrigens, [続きを読む]
  • 泥棒に襲われた!?
  • パウル君は興奮しながら遅刻登校した。「すいません、ぼく泥棒に襲われてしまったんですよ!」「何を盗まれたの?」「ああ良かった宿題だけですよ!」BeraubtPaul kommt aufgeregt und zu spät in die Schule:?Bitte, ich bin von Räubern überfallen worden!“?Was hat man dir geraubt?“?Gott sei Dank nur die Hausaufgaben!“どうでしょうかね。パウル君、遅刻してしまった理由を言うのにそれらしくドイツ語現在完了形 [続きを読む]
  • 改悛した?
  • 「被告人、犯罪歴はあるのかな?」「はい、10年前です、裁判官殿!」「何の罪だったのかな?」「禁止された場所での水浴でした」「でそれ以降は?」「それ以降は水浴もうやっていません」"Angeklagter, wurden Sie schon früher einmal bestraft?""Ja, vor zehn Jahren, Herr Richter!""Wofür?""Wegen Badens an verbotener Stelle.""Und seitdem?""Seitdem habe ich nicht mehr gebadet."それ以降は、と裁判官は更なる犯罪歴 [続きを読む]
  • 子供は誰のものか
  • →世界の日本人ジョーク集 →続・世界の日本人ジョーク集  ある男の人とその奥さんはお互いに離婚したかった。 子供は誰が引き取るのかとちょうど今徹底的に話し合っていた。  「子供はわたしが生んだのよ。だから私のものよ!」 奥さんはとてもイライラしながら言った。  「オレがなあ、タバコの自動販売機に5ユーロを差し入れると、 タバコ一箱が出てくるだろう。そのタバコは誰のものか、 自動販売機のものか、それ [続きを読む]
  • 金髪嬢と羊飼い
  •  金髪嬢が美容院を出た。今回黒髪に染めたのだった。 もうだれもあたしの金髪に気づくことはないわ、と思った。 さて、牧草地で羊飼いに出くわした。 「ねえ、あたしがあんたの羊の群れには何匹の羊がいるのか当てたら、 一番きれいなのを選んで貰ってもいい?」 「もちろん、どっちみち当てることはできないさ!」 「256匹」と金髪嬢。 「すげえ! その通りだよ! 一匹持って行け!」 金髪嬢は一番きれいなのを持っ [続きを読む]
  • 休暇中に留守にする家の電気は点けたまま?
  • 休暇に出発する前、奥さんは心配そうにご主人に訊いた。「居間の電気は安全のためにも、つまり泥棒さんの為にも、 点けたまましておきましょうか?」「お前ねえ、泥棒さん達は懐中電灯を持っているんだよ!」Vor der Abfahrt in den Urlaub fragt die ängstlicheEhefrau ihren Mann: "Sollten wir nich zur Sicherheit das Licht im Wohnzimmer anlassen,Ich meine, wegen der Einbrecher?""Ach Liebling", meint darafhin der E [続きを読む]
  • 電気仕掛けの象?
  • 「ねえ、電気じかけの象さんと遊びたくはない?」母親が息子に訊いた。「ママ、ぼくはもう1
    3才だよ! ぼくには普通に喋ることが出来るでしょう、掃除機を掛けてねって。」息子は苛立
    って答えた。Mutter zum Sohn: "Hast du nicht Lust, mit dem elektro-Elefanten zu spielen?"Der Sohn genervt: "Mam
    a, ich bin schon 13! Du kannst mir ganz normal sagen,dass ich staubsaugen soll!"確かに、子供の目線で見ると、本
    体からま [続きを読む]
  • ドイツ語で「毎日」と表現するに洒落た方法?
  • 「相変わらずそんなにもたくさんのチョコレートを食べているのね?」 母親は息子のパウルに訊いた。「そんなことはないよ、ママ。語尾が -g になっている日と水曜日だけだよ!」"Immer noch so viel Schokolade?" fragt die Mutter ihr Söhnchen Paul."Nein, Mama, nur noch an Tagen, die auf -g enden und am Mittwoch."語尾が g になっている一週間の日々、いくつありますか。もちろん、ここではドイツ語の話ですね。ドイ [続きを読む]
  • ドイツ語で「毎日」と表現するに洒落た方法?
  • 「相変わらずそんなにもたくさんのチョコレートを食べているのね?」 母親は息子のパウルに訊いた。「そんなことはないよ、ママ。語尾が -g になっている日と水曜日だけだよ!」"Immer noch so viel Schokolade?" fragt die Mutter ihr Söhnchen Paul."Nein, Mama, nur noch an Tagen, die auf -g enden und am Mittwoch."語尾が g になっている一週間の日々、いくつありますか。もちろん、ここではドイツ語の話ですね。ドイ [続きを読む]
  • 足が痛むのは年の所為?
  • 医者が患者に言った。「お宅の足が痛むのは年の所為ですなあ」「そんなこと有り得ないですよ!
    こっちの足だって同じ年を取っていますよ、 でも痛くはないんですから!」」Der Arzt zum Patiente
    n:"Die Schmerzen in Ihrem Bein sind altersbedingt.""Das kann nicht sein! Das andere Bein ist genauso alt unn tut ni
    cht weh!"sagt der Pateient.ドイツ語単語の altersbedingt を如何に解釈するかがポイントかも知れま
    せんね。 [続きを読む]
  • ブロッコリー、キノコ、クルミ、バナナの座談会?
  •  ブロッコリー 「変だなあ、ぼくはまるで木のように見えるじゃん」 キノコ 「ぼくはまるで雨傘のように見えるよね」 クルミ  「わあっ、ぼくは脳味噌のように見える」 バナナ 「ねえ、話題を変えようよ」Brokkoli: Komisch, ich sehe aus wie ein Baum.-Pilz: Ich sehe aus wie ein Regenschirm.-Walnuss: Wow, ich sehe aus wie ein Gehirn.-Banane: Können wir bitte das Thema wechseln. [続きを読む]
  • 機長またはハイジャッカーからの良い知らせ?
  • ジャンボ機の機長、コックピットからアナウンスした。 「ご搭乗の皆様、良いニュースと悪いニュースがあります。 まずは悪いニュースから。本機はハイジャックされました、は〜い。 さて、良いニュースです。ご当人はハワイ行を要求されてます、わ〜い!」 Meldet sich der Kapitän des Jumbos aus dem Cockpit: "Ich habe eine gute und eine schlechte Nachricht für Sie. Zuerst die schlechte: Wir haben einen Flugz [続きを読む]
  • ちょっと気になる裁判官の追加質問?
  • 「ご主人は自分で首を吊って死んだ! とあんたは言う。 それじゃ頭のコブはどうして出来たのかな?」 裁判官がちょっと訊いた。「夫はゴムバンドを使ったんですよ!」Richter: Sie sagen also, ihr Mann hat sich erhängt! Woher stammen dann aber die Beulen an seinem Kopf?“Er hat ein Gummiband genommen!“ちょっと気になるコブと裁判官。法廷での質疑の様子を実際に体験してみたことがないので、どのような雰囲気に囲 [続きを読む]
  • 真実な人はこのジョークの世界にはいない!?
  •    日本語で「親友」と言っても  その人が女性なのか男性なのか、  捉え様によってはどちらとも捉えられますね。    女性に向かって  「あなたには親友がいますか?」と尋ねた場合、  女の親友なのか、それとも男の親友を指しているのか、  直ぐには分かりませんよね。  一応、どちらをも指しているかも。    尋ねられた女性は自分の一番のお友達(女性)のことを  思うかも。 [続きを読む]
  • このお皿濡れているだけ!?
  •   「給仕さん、このお皿どうしてこんなに濡れてるんですか」   「お客様、これはスープですよ!」  確かにスープは濡れているともいえますよね。お客さんは不思議がったのですね。わたしもなぜそうなのかと給仕さんに尋ねるかと思います。それがスープだとは誰が想像出来たでしょうか!?知っているのは給仕さんだけだった?そのスープはどんな味がするのでしょうか、ちょっと興味津々。    *   * ドイツ語で ”k [続きを読む]
  • 馬は上手く塗れましたよ!?<br />
  • カウボーイのジミーが興奮しながらサロンに入って来た。誰にということもなく質問を投げかけた。  「誰だあ、オレの馬をペンキで赤くしたのは?」  「オレだよ!」  エディーが口を開いた。  筋肉隆々のならず者だ。  ジミーはビクッついた。 「いやその、ペンキはもう乾いているよ、と言いたかっただけなんだよ。  で次にはニス塗りが始められるんだけど、君」Cowboy Jimmy kommt aufgeregt in den Salon und fragt: [続きを読む]