たかこ さん プロフィール

  •  
たかこさん: 40代の応援サイトウーマンズサプリ
ハンドル名たかこ さん
ブログタイトル40代の応援サイトウーマンズサプリ
ブログURLhttp://viola3456.blog112.fc2.com/
サイト紹介文あなたらしさを、誰もが感じ取る事ができるように表現すること、それがパーソナルブランディングです。
自由文40代女性がビジネスにおいて他者とのコミュニケーションを円滑にし、その発言に説得力を持たせるために、あなたらしさを誰もが感じ取る事ができるように表現するパーソナルブランディングは、今最も必要とされるものなのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/12/10 15:28

たかこ さんのブログ記事

  • 第1025回 グッドセレクト閉店のお知らせ
  • こんにちは。このブログは、ネットショップ、グッドセレクトの店長ブログとしてスタートしました。あれから早7年、2017年4月19日、ショップは閉店しました。これまで、ご愛顧いただいた皆様、誠にありがとうございました。さて、このブログをどうするか…今、思案中です。それでは、また。***********ブログの目次をつくりました。よろしかったら、ご覧下さい。  ↓http://haruru499.blog.fc2.com/にほんブログ村 [続きを読む]
  • 第1024回 伊賀泰代さん 「生産性」
  • こんにちは。パソコンを使えないおじいさんが、いまだに活躍している職場にいるので、生産性という言葉に憧れます。伊賀泰代さん 「生産性」 2016.11/25 ダイヤモンド社著者の伊賀さんは、マッキンゼーの元人材育成マネージャーです。この本を読み、生産性を上げるという判断基準さえあれば、ほとんどの意思決定は、できるのではないか、と思いました。以下、気になった箇所です。人材を諦めない組織という、出世レースから戦力 [続きを読む]
  • 第1022回 電解水 養老サービスエリアのトイレ
  • こんにちは。名古屋から福井に行く途中、名神高速の養老サービスエリアのトイレにこんな張り紙がありました。学生時代、水の電気分解やったなあ…と思いつつ、すっかり忘れてしまったため、復習しました。どこかにわかりやすい記述はないか…とインターネットで検索したところ、厨房機器大手のHOSHIZAKIホシザキグループのホームページがとってもわかりやすく書かれていました。http://www.hoshizaki.co.jp/p/e-water/about/about0 [続きを読む]
  • 第1021回 江戸東京たてもの園
  • こんにちは。桜がまだ咲き始めの頃、東京都小金井市にある江戸東京たてもの園にいきました。こちらは、JR中央線武蔵小金井駅から、徒歩30分程度、都立小金井公園の中にあります。咲いていない桜の木の下で花見各地から、歴史的建造物が移築されており、小規模な明治村という感じです。園内には、江戸時代に建てられた農家から、昭和初期に建てられた洋館に至るまで、建物好きには、たまらない空間です。常盤台写真場 昭和12年 板 [続きを読む]
  • 第1019回 図書館の自動貸出機
  • こんにちは。はじめて図書館の自動貸出機を使いました。台の上に本を置き、貸し出しカードを入れれば、手続き終了!あっという間に終わりました。これまでは、係りの人にやっていただく方が安心と思い、セルフ機には手を出さなかったのですが、これを機に、今後は積極的に、使用していこうと思いました。理由は、楽しいしから、そして脳トレになるからです!ちょっと頭使いますし、できると案外、達成感を得られますよ!困ったら、 [続きを読む]
  • 第1018回 小松成美さん「それってキセキ GReeeeNの物語」
  • こんにちは。だいぶ前ですが、知り合いがGReeeeNの代表曲「キセキ」が誕生するまでの物語を映画化した「キセキ−あの日のソビト-」を見に行くという話をしていました。書店で、黄緑色の派手な表紙の本をみつけ、今更ながら、グリーンについて知りたくなり、読んでみました。小松成美さん著 「それってキセキ GReeeeNの物語」2016.3/11 KADOKAWA/角川マガジンズ満開の桜内容は、それぞれのメンバーがグリーンになるま [続きを読む]
  • 第1016回 映画 チア・ダン
  • こんにちは。東京駅前にある商業ビルKITTEの1階で福井商業高校のチア・ダンス部を舞台にした映画「チア・ダン」のキャンペーンが開催されていました。天海祐希さんが先生役福井へ旅行に行く前に、見ようかと思いましたが、行った後の方が、臨場感があるのではないかと思い、見に行きました。内容は、サブタイトルのとおり、「女子高生がチア・ダンスで全米制覇する」お話です。旅先で見た景色が、味わえるかなあ…と楽しみに [続きを読む]
  • 第1015回 彦根城
  • こんにちは。福井からの帰り道、彦根城に行きました。途中、日吉大社に立ち寄ったため、京都のひとつ手前の山科駅で、湖西線から東海道線に乗り換え、彦根へ行きました。彦根駅から見た彦根城彦根城は、駅からすぐ、彦根駅からも、彦根城を眺めることができます。お堀現在、NHK大河ドラマで、「おんな城主 直虎」が放映されています。柴咲コウ演じる主人公の井伊直虎(信長と同時代を生きた)が養育したのが、彦根藩初代藩主の井 [続きを読む]
  • 第1014回 日吉大社 
  • こんにちは。福井からの帰り道、湖西線、比叡山坂本駅で下車し、徒歩20分くらいのところにある全国の日吉神社、日枝神社、山王神社の総本宮日吉大社に行きました。日吉大社は、平安京の北東(裏鬼門)に位置し、都の魔よけを祈る神社であり、パワースポットとしても知られています。こちらは比叡山の麓で、日吉大社から少し上ったところには、ケーブル坂本駅があり、比叡山延暦寺へ行くことができます。残念ながら、先を急ぐ旅だった [続きを読む]
  • 第1013回 福井駅 恐竜
  • こんにちは。金券ショップで購入した、使いかけの青春18きっぷで、福井駅から、北陸線、湖西線、東海道線を乗り継ぎ、名古屋まで行きました。まず福井駅から北陸本線で敦賀駅へ。せっかくなので福井駅の外に出てみたところ…北陸新幹線が敦賀まで開通するのを見越してか、駅前は、まるでテーマパークのようでした。恐竜が始終パウォーン!と鳴いていた福井駅恐竜模様の福井駅せっかくなので、敦賀駅にも下車。福井駅と同様に、新幹 [続きを読む]
  • 第1012回 永平寺から東尋坊
  • こんにちは。福井県に行きました。福井に行く直前、偶然にも、東京駅前の商業ビルKITTEの1階広場で、福井県の観光キャンペーンが開催されていました。そちらで仕入れた情報によると、福井の名所名物は、東尋坊、永平寺、恐竜、越前そば、水ようかん、ソースカツどん…。というわけで、永平寺に行きました。永平寺へは、ホテルの最寄り駅だった「あわら湯のまち」駅から、電車とバスを乗り継ぎ1時間半ほど。永平寺は、曹洞宗の大本 [続きを読む]
  • 第1011回 大江戸温泉物語 芦原温泉あわら 無料送迎バス
  • こんにちは。名古屋に住む友人と、福井へ行きました。なぜ福井か…。私は、都道府県制覇を目指しており、まだ行ったことのない福井に行きたかったから!とはいえ、一人で東尋坊(サスペンスによく出てくる断崖絶壁)に行くのは、あまりに寂しいので、名古屋の友人を巻き込みました。名古屋から、福井までは、ホテルの無料バスを利用しました。(3/6-3/31は無料、通常は1,500円)午前8時50分、名古屋駅の太閤通口から出発。バスは、月曜 [続きを読む]
  • 第1010回 新宿から名古屋 高速バス ドトール
  • こんにちは。高速バスで名古屋へ行きました。今回、高速バスを利用した理由は、名古屋での待ち合わせが早朝だったこと料金が安かったことバスタ新宿を利用してみたかったことの3つ。私が利用したのは、バスタ新宿を24時45分に出発し、JR名古屋駅近くの、南笹島ライブ(停留所)に6時20分到着する高速バスです。JR新宿駅の新南口改札を出て、そのままエスカレーターで4階に上がると、バスタ新宿の高速バス乗り場でした。便利!(ちなみ [続きを読む]
  • 第1009回 飲み忘れ防止策
  • こんにちは。家族が購入し、そのまま放置してあった青汁を、会社で、飲むことにしました。しかし、美味しくはないため、つい飲み忘れていました。飲み忘れを防ぐためには、どうしたらよいか…。そこで、ランチバックに入れることに。ランチバックに入っているものは、なぜか、すべて食べきりたい衝動にかられます。たとえ、それがまずい青汁でも…。やってみたところ、思ったとおり、飲み忘れは、なくなりました。というわけで、や [続きを読む]
  • 第1008回 飲み残し
  • こんにちは。弊社は、ウォーターサーバーと給茶機が並んで置いてあります。給茶機には、排水設備がありますが、ウォーターサーバーには、排水設備がありません。これが利用者にとっては、まぎらわしいらしく、排水設備のない、ウォーターサーバ―に、誤って、飲み物を捨てる人がいます。毎朝、その溜まった汚水を、流しに捨て、容器を洗う作業が、面倒なため、だいぶ前に、注意書きを貼りました。しかし、まったく効果がなく、相変 [続きを読む]
  • 第1007回 未来食堂に行ってみた
  • こんにちは。週末、東京・神保町にある「未来食堂」という定食屋さんに行きました。理由は、オーナーである、小林せかいさんが書いた「未来食堂ができるまで」を読み、実際に、どんなお店なのか、興味がわいたからです。本については、こちらのブログをご覧ください。場所は、日本教育会館の地下のレストラン街レストラン専用の入り口階段を下りて、右奥が「未来食堂」少し入りにくい雰囲気はありましたが、店内に数人のお客様がい [続きを読む]
  • 第1006回 虎ノ門 松屋珈琲店
  • こんにちは。東京・虎ノ門にある、松屋珈琲店に行きました。こちらは、コーヒー豆焙煎専門店ですが、テイクアウトもできます。ホームページによると、松屋珈琲店の創業者、畔柳松太郎さんは、ブラジルへ移民を送り出していた皇国殖民合名会社に入社し、そこでコーヒーを担当しました。その後、大正10年に独立し、松屋珈琲店を創業しました。 (昭和52年没)松屋珈琲店は、桜田通りから、少し入ったところの、小さなビルの1階にありま [続きを読む]
  • 第1005回 小林せかいさん 「未来食堂ができるまで」
  • こんにちは。未来食堂は、東京・神保町にある定食屋さんです。私が、この食堂にひかれた理由は、ランチタイムは、メニューが1品のみ、「まかない」というお手伝いの制度はありますが、基本的に、一人でやっているということです。「未来食堂ができるまで」 2016.9/9 小林せかい 小学館小林さんは、東工大数学科卒、日本IBM、クックパッドのエンジニアを経て、未来食堂をオープンしました。この本には、エンジニアが、まるで [続きを読む]
  • 第1004回 誕生日プレゼント
  • こんにちは。今日は、社長のお誕生日です。昨年は、「今治タオル」という、当たり障りのないものをプレゼントしてしまい、猛省しました。やはり、プレゼントは、プレゼンですから!送る側のメッセージ、その方に対する思いを伝えなければならない…ということで、今年は、熟考し、こちらにしました。金庫!少し前、使っていた金庫がぶっ壊れ、社長に、貴重品を持ち歩かせていたので(もって歩いていただいていたので…)防犯上も、精 [続きを読む]
  • 第1003回 永井荷風 偏奇館跡
  • こんにちは。信号待ちをしながら、地図を見ていたところ、永井荷風旧居跡を発見。早速、見に行きました。作家・永井荷風は、偏奇館(ペンキ館)と名づけた、この家に、大正9年から、昭和20年3月11日の空襲で、この家が焼失するまで住んでいました。現地に行ってみると、永井荷風が住んでいた頃の名残はなく、ガラスばりの超高層ビルの前に、看板があるのみ…。泉ガーデンタワーの建設のため、この周辺は掘削されており、偏奇館(ペン [続きを読む]
  • 第1002回 小杉拓也さん 「小学校6年間の算数が1冊でしっかりわかる本」
  • こんにちは。見かけによらず、はやりものが大好きです。巷では、AI(人工知能)に職を奪われる!と大騒ぎしています。私も、自分の仕事が5年後、無くなってしまうのでは…と焦りましたが、冷静に考えると、すでに社内で、仕事に干されておりました(笑)。先日読んだ、成毛眞さんの「AI時代の人生戦略」には、「残酷な5年後に生き残るためあなたが身につけておくべきこと」としてSTEMという言葉が用いられていました。S…サイエン [続きを読む]
  • 第1001回 多読のすすめ
  • こんにちは。読みたい本がたくさんあるのに、時間がない方、どうしていますか。私は、1冊10分と決めて、キッチンタイマーで10分ずつ計りながら読んでいます。タイマーがピッピー、ピッピーと鳴ったら、きりのよいところまで読んで、次の本へ。こうすると難しい本も、いやになる前に、10分たってしまうので、挫折することなく、読みきれます。一度にたくさんの本を読んでいると、印象に残った点を、忘れてしまうので、メモ帳を挟ん [続きを読む]