れじみ さん プロフィール

  •  
れじみさん: Appreciate ALL
ハンドル名れじみ さん
ブログタイトルAppreciate ALL
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wwf62987
サイト紹介文洋画を中心に様々な映画記事を掲載してます♪ 基本的に辛口♪
自由文このブログの管理人、れじみです♪
長野県在住の25歳!!

以前から患っていたパニック障害の悪化が原因で、2009年10月に会社を退職しました…。
今は自宅療養しながら、家事や体力作りに励んでます♪

映画が大好きで、暇さえあれば鑑賞してます^^
10年来のNBAファンでもあり、試合はほぼ毎日観戦するほど大好きです^^
その他、漫画・小説・スポーツなど幅広く趣味を持つようにしてます^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2010/12/13 17:20

れじみ さんのブログ記事

  • 【映画】「海底47m」
  • ケージ・ダイビング中に起きた事故によって海底に取り残された姉妹の顛末を描くパニックホラー。1999年公開の「ディープ・ブルー」を最後にサメ映画は衰退を辿り、それ以降はB級映画専門の映画スタジオ、アサイラムのおもちゃにされてしまった。とは言えアサイラムが制作するB級サメ映画も一部でカルト的人気を集めており、一概にそのやり方を否定する気はもちろんない。そんな折、昨年公開された「ロスト・バケーション」は批評家 [続きを読む]
  • 【映画】「ジャスティス・リーグ」
  • DCコミックに登場するスーパーヒーローが一堂に集う記念的作品で、DCフィルムズ・ユニバース(以下DCFU)通算5作目の作品。5作目にもなって何を今さらと言いたいのだが、実はこれまで公式名称だと思われていたDCエクステンデッド・ユニバース、いわゆるDCEUは公式では認めていない名称だと言うのが最近明らかになった。本作のパンフレットにはDCフィルムズ・ユニバースとの名称が使われており、今後はこちらが正式な名称になるが、 [続きを読む]
  • 【映画】「ローガン・ラッキー」
  • 金庫から大金を盗み出して一攫千金を狙うローガン一家の奮闘を描く人間ドラマ。2013年公開の「サイド・エフェクト」を最後に映画界から退き、TV界に活躍の場を移していたスティーヴン・ソダーバーグの監督復帰作。すでに多くの才能あるクリエイターが映画界を離れ、自由な作風を求めTV界へと進出しているが、当然ながらソダーバーグもその内の1人である。そのソダーバーグが脚本に惚れ込み、4年ぶりに映画界復帰を決断した本作が、 [続きを読む]
  • 【映画】「GODZILLA 怪獣惑星」
  • 日本を代表するモンスター、「ゴジラ」シリーズ通算30作目の作品で、シリーズ初のアニメーション作品。三部作構成の1作目であり、2作目は来年2018年5月に公開予定、また本作は劇場公開後にNetflixで配信される予定である。「ゴジラ FINAL WARS」でシリーズの幕を閉じて以来、10年以上の時を経て昨年公開された「シン・ゴジラ」は特撮ファンのみならず多くの観客の支持を得て、興収・評価共に素晴らしい結果を残した。言うまでもな [続きを読む]
  • 【映画】「ザ・サークル」
  • デイヴ・エガーズによる同名小説を実写化したサスペンススリラー。「ハリー・ポッター」シリーズで世界的知名度を得て、ソフィア・コッポラの「ブリングリング」で一女優としての道を歩み始め、「美女と野獣」で女優としての地位を高めたエマ・ワトソンであるが、残念ながら本作で大きく寄り道をしてしまったと言わざるを得ない。監督のジェームズ・ポンソルトは今年9月に開催されたエミー賞(テレビ界のアカデミー賞と言われる) [続きを読む]
  • 【映画】「マイティ・ソー バトルロイヤル」
  • アベンジャーズに所属する雷神ソーを主人公とした「マイティ・ソー」シリーズの3作目であり、マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)通算17作品目の作品である。いわゆるユニバース作品(複数の作品の集合体)では、メジャースタジオの単独作品やインディーズ作品よりもスタジオ側の意向が強く反映される傾向にあり、クリエイターが本来持っている作家性を表現することはなかなか難しい。「アイアンマン」シリーズのジョ [続きを読む]
  • 【映画】「斉木楠雄のѰ難」
  • 週刊少年ジャンプで連載中の同名漫画を実写化したギャグ映画。ジャンプで5年以上連載が続いた作品は過去に40作品しかなく、連載の長期化が進んだ90年代以降で絞っても僅か24作品しかないが、本作はその内の1作である。アニメ化もされているとは言え、恐らくジャンプ読者でもない限りその存在を知っている者はほとんどいないだろうが、ストーリー漫画以上に連載を続けるのが難しいと言われるギャグ漫画において、5年以上連載してい [続きを読む]
  • 【映画】「アトミック・ブロンド」
  • 1989年ベルリンの壁崩壊前夜を舞台に、各国のスパイの活躍を描くサスペンスアクション。監督のデヴィッド・リーチはキアヌ・リーヴス主演の「ジョン・ウィック」をサプライズヒットへと導き(続編は本作の製作のために降板)、来年公開の話題作「デッドプール2」の監督に抜擢された新進気鋭のクリエイターである。キアヌをアクションスターへとカムバックさせたリーチが本作を監督するとあって(当然ながら共同監督であり続編の単 [続きを読む]
  • 【映画】「ミックス。」
  • 恋も仕事も失って地元に帰ってきた元天才卓球少女の再起を描くロマンティックコメディ。監督の石川淳一、脚本の古沢良太と言えば、TVドラマ「リーガル・ハイ」でガッキーこと新垣結衣をコメディエンヌとして開花させたコンビである。そんな彼らがオリジナル脚本でガッキーを主演に据えて製作したのが本作なのだが、笑ってしまうぐらいTV映画的な作品に仕上がっている。石川淳一監督は元々TVドラマが主戦場であり、劇場公開作も本作 [続きを読む]
  • 【映画】「ナラタージュ」
  • 教師と彼に恋をした女子高生の数年間の物語を描くラブストーリー。今年6月に公開され思わぬサプライズヒットとなった「昼顔」。芸能人の不倫に対するネット上のバッシングが鳴りやむ気配は一向にないが、その一方で「昼顔」のような映画がヒットするのは、潜在的に不倫を求めている人々が多いことを暗に示しているのかもしれない。本作は予告の段階では明らかに「昼顔」を彷彿とさせており、不倫映画の勢いを加速させるものだと思 [続きを読む]
  • 【映画】「猿の惑星:聖戦記」
  • 1968年から始まった「猿の惑星」シリーズのリブート及びプリクエル(前日譚)のシリーズ3作目にして最終作。マット・リーヴスは前作から引き続き監督を務めているが、前作が圧倒的な重厚感、言い換えれば全く遊び心のない窮屈な作品であったのに対し、本作ではコミカルな要素が多く取り入れられ、前作以上にエンターテインメントへと進化している。そもそもマット・リーヴスの作品は、「クローバーフィールド/HAKAISHA」や「モー [続きを読む]
  • 【映画】「猿の惑星:新世紀」
  • 1968年から始まった「猿の惑星」シリーズのリブート及びプリクエル(前日譚)のシリーズ2作目。シリーズ最新作で完結編となる「猿の惑星:聖戦記」のために復習。ルパート・ワイアット監督が再起動した「猿の惑星」の世界観は、「クローバーフィールド/HAKAISHA」、「モールス」と異形の者を描いてきたマット・リーヴス監督の手によってさらに深みを増した。モーション・キャプチャーを使ったアンディ・サーキスの演技により猿の [続きを読む]
  • 【海外ドラマ】「マスター・オブ・ゼロ シーズン1」
  • NYに暮らすマイノリティたちの人生をユーモアと風刺を交えて描くNetflixオリジナルドラマのシーズン1。主人公はインド系アメリカ人のデフで、両親はインドからの移民である。デフを演じたアジズ・アンサリは製作総指揮も務めており、自身のプロフィールがそのままデフへと反映されている。本作で描かれている内容は多かれ少なかれアジズ・アンサリの実体験が基になっているのは間違いないだろう。主人公デフは主にCMなどに出演する [続きを読む]
  • 【映画】「僕のワンダフル・ライフ」
  • 最愛の飼い主と再会するために転生を繰り返す犬の姿を描いたハートフルドラマ。ラッセ・ハルストレム監督が「HACHI 約束の犬」に続いて再び犬を題材にして製作した作品である。「HACHI 約束の犬」が犬の死をひとつの終着点として描いていたのに対し、本作では犬の死は過程に過ぎず、その先にあるものをテーマとして描いている。原題は「A Dog's Purpose」、つまり犬が生きる意味とは?を終着点として設定している。終盤で描かれ [続きを読む]
  • 【映画】「亜人」
  • 桜井画門による同名漫画を実写化したSFアクション。自分は原作の漫画は未読であり、そもそも連載が続いている作品の実写化には反対であるし、主演の佐藤健や綾野剛のファンと言うわけでもない。それならばなぜ鑑賞したのかと言えば、それは「君の膵臓をたべたい」で一躍ブレイクした浜辺美波が出ているからである(笑)完全にミーハーチックな動機ではあるが、やはりそれだけ浜辺美波と言う女優の持つカリスマ性は凄まじい。本広克 [続きを読む]
  • 【映画】「エイリアン:コヴェナント」
  • 1979年公開のSFホラー「エイリアン」のプリクエル(前日譚)を描くシリーズ2作目で、シリーズ通算6作目。プリクエル第1作「プロメテウス」は、「エイリアン」以来実に33年ぶりにシリーズの生みの親であるリドリー・スコットが監督に復帰した意欲作だったが、人類の起源を解き明かすべく始まったその物語は、数々の謎を残したまま不明瞭な形で幕を閉じた。冒頭、「プロメテウス」で最後に生き残ったアンドロイドであるデヴィッドと [続きを読む]
  • 【映画】「プロメテウス」
  • 1979年公開のSFホラー「エイリアン」のプリクエル(前日譚)を描いた作品で、シリーズ通算5作目。シリーズ最新作「エイリアン:コヴェナント」の復習のために再鑑賞。ホラー・スプラッタージャンルが鬼門の自分にとっては、その存在は知っていても鑑賞にまでは至らなかった本シリーズであるが、本作のソフトリリースに合わせて1作目から4作目までを一気見した記憶が蘇る。その流れで本作を鑑賞した当時の自分のレビューを読み返し [続きを読む]
  • 【映画】「三度目の殺人」
  • 強盗殺人の容疑で逮捕された男と彼の弁護を担当することになった弁護士との交流を描く人間ドラマ。是枝裕和監督の作品は「海街diary」しか鑑賞したことがなく、残念ながら自分には監督の作家性を述べるほどの見識はない。ただ間違いないのは、物語の雰囲気はまるで違えど、鎌倉を舞台に四姉妹の姿を情景たっぷりに描いた「海街diary」がそうであったように、本作も家族の物語であると言う点である。そしてそれは恐らく、是枝監督が [続きを読む]
  • 【映画】「ダンケルク」
  • 第二次世界大戦下のダンケルクで遂行されたダイナモ作戦を描く戦争映画。現在映画界で活躍する映画監督は大きく分けてふたつのグループに分類される。ひとつは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)やDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)らに代表されるユニバースに所属し、大手配給による雇われ監督をしているグループ。一概には言えないが、才能自体はあっても、自らの企画力が弱かったり、個人での資金集めに限界 [続きを読む]
  • 【映画】「パッセンジャー」
  • 地球を離れ新たな居住地を目指す宇宙船内で出会った男女の姿を描くSFドラマ。5000人を乗せた宇宙船が目的地に到着するのは120年後で、その間乗客たちは冬眠、いわゆるコールドスリープ状態にある。ところが90年も早く1人の男性が冬眠から目覚めてしまった。さあ何故だ、これから何が起きる。と言った物語を期待したのだが、結論から言えば男性、ジムが目覚めたことに作為的な要因はなく、単に自然的外的要因のせいである。綺麗な言 [続きを読む]
  • 【映画】「ヒットマンズ・ボディガード」
  • 落ちぶれたボディガードと凄腕ヒットマンの活躍を描くアクションコメディ。8月18日に全米で公開され、約2000万ドルを稼ぎ出し初週1位に輝いた作品であるが、残念ながら日本での劇場公開はないものの、Netflixにおいて25日より配信がスタートしている。本来は全米公開と同日の18日配信予定だったが、契約上の問題で1週間遅れての配信となった。とは言え、全米公開からほぼタイムラグなしで旬の作品を鑑賞出来るのは非常に喜ばしいこ [続きを読む]