あゆざき 悠 さん プロフィール

  •  
あゆざき 悠さん: 悠’s * LUV-STORY *
ハンドル名あゆざき 悠 さん
ブログタイトル悠’s * LUV-STORY *
ブログURLhttp://harukaluvstory.blog112.fc2.com/
サイト紹介文R18要素ありの恋愛小説です。長編ラブストーリー、シリーズもの多め
自由文一度ハマったら、この世界から抜け出られない中毒者続出中です。あなたも「IMITATION」の世界にハマってみませんか?「IMITATION」など、人気シリーズを掲載中。新作も始まります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/12/13 17:24

あゆざき 悠 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不器用なオトナの恋愛事情  【15】
  •  会議終了後、美和子たちのチームはその仕事に本腰を入れた。崖の補強工事を発注し、工事期間を試算する。 モデルルーム用の家を準備するところまで話は進んだ。「となると――販売は」「そうですね」 販売の時期もおおよそで決めて行く。「課長、友部さん」「はい?」 課長と声が被り、美和子は返事をした。「今年度で海藤さんが、退社するって」「え?」 美和子は驚き、課長は渋い顔をした。「まだ決定じゃないって言うの [続きを読む]
  • 不器用なオトナの恋愛事情  【14】
  •  ふぅっと大きな溜息が聞こえ、美和子は目を上げた。「まったく、今度は仕事で頭がいっぱいって顔しやがる」「し、しかたないじゃない。だって仕事に穴を開けたのは事実だもの。その分――」「お前の場合、仕事のことしか頭にないのか?」「そうねぇ」 美和子は苦笑を浮かべるしかなかった。「でも、あなたじゃないの? 仕事の話を振ってきたのは」「あぁ、俺だな」「あなたも仕事のことしか頭にないタイプじゃないの?」 ク [続きを読む]
  • 不器用なオトナの恋愛事情  【13】
  •  美和子は額にひやりと冷たい感触を覚え、ゆっくりと目を開けた。「えっ?」 仁の顔がぼんやりと目に映り、驚いた。「顔が赤いし、熱も高そうだからな」「あ、あぁ――ありがとう」 ぼんやりと答えながら、美和子は突然ぶるっと震えた。「薬、買ってきた。何か食べれるか?」「そう言えば、何も食べてなかった」「まったく――」 呆れる仁に肩を竦める美和子だった。(恋人でもないのに、何でこんなに親切なのよ? 何だか薄 [続きを読む]
  • 過去の記事 …