小川 さん プロフィール

  •  
小川さん: 精神の館
ハンドル名小川 さん
ブログタイトル精神の館
ブログURLhttp://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/
サイト紹介文私のブログは主に霊的知識を学ぶものためである。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供305回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/12/14 22:10

小川 さんのブログ記事

  • 僕とは、誰だろう。
  • 僕とは、誰だろう。僕は、ただ、存在を認められたいだけではないのか?僕は、誰かに優秀な人間だと思われたいだけではないか?君は、そんなに表彰式が欲しいのか? 君の評価の価値観は、それだけなのか? 僕の価値観を決めるのは、僕だ。 [続きを読む]
  • 藤原氏
  • 藤原氏の出世がわかった。車持氏という部族。調べたら、日本書記は藤原一族のための作り話だな。九州の中臣氏とは違う。藤原不比等の母親は愛人だろう、どうせ。天皇の子を産めば出世するからな。物部氏もニギハヤヒの子孫だと主張したり、単なる自己顕示欲だろう。ブログを読んでいて、藤原一族は、子孫まで愛人でもいいから権力が欲しいらしい??。蘇我一族の血筋を探して、婚姻している。出身地特定しました( v^-゜)♪犬神系列 [続きを読む]
  • 倭国大乱
  • 倭国大乱とは、九州の内乱であろう。九州は、同盟関係で維持だったが…、天武天皇の崩御と供に、内乱が発生したことを伝えているのだろう。何故、歴史学者が発表しないのか?宮内庁の妨害があるからである。つまり、天皇家勢力である。古墳を調べたら逮捕されるし、理由をつけ、弾圧する。部落問題を日本人は知らないまま、生きているが現在の天皇家の朝廷に逆らった部族だと知らない人は多い。部落の出身の人が知らない状況。これ [続きを読む]
  • 筑紫王朝
  • 筑紫王朝の初代天皇が祟神天皇で、ニギハヤヒ大王の可能性が高い。最後の天皇が天武天皇である。大和朝廷は、倭国の王を中心したとあるから、筑紫王朝が大和朝廷で間違いないだろう。なんで、福岡なのに公家と関係があるのかと思ったら、公家出身は福岡。大和朝廷の歴史がわからないのも、持統天皇家以降歴史を消している。桓武天皇以降、弾圧を始める。 [続きを読む]
  • ニニギとニギハヤヒ
  • ニギハヤヒは、ホアカリと呼ばれ、徐福の正体もニギハヤヒと言われている。おそらく、ニニギはニギハヤヒ本人だろう。筑紫に拠点をおき、北九州を統治した。その後、奈良入りするのか…。奈良の大物主もニギハヤヒのことみたいだね。神武天皇の話しの半分は、ニギハヤヒのこととか書いているのを発見したが…。ニギハヤヒて、いろいろ名前を変えて活動しているみたいだね。 [続きを読む]
  • 熊襲
  • 熊襲とは、宮崎が熊国と言われていた。クマソタケルとは、宮崎の話しだろう。景行天皇が九州巡幸のときに、はじめて日向と言われた。天孫降臨の土地で日向の場所が間違われた原因のひとつである。日向が北九州説があるが、現在の住所で言えば、福岡西から糸島のあたりである。 [続きを読む]
  • 宮下文書
  • 宮下文書の名前でてくるものは、富士王朝の初代皇帝ウガヤフジアハス。ウガヤフキとウガヤフジは、別もの人物だろう。ウガヤフジは…、ナザレのイエスの可能性が高い。ウガヤフジの本名が言合命。霊界物語でイエスの名前と似ている。ウガヤフキ王朝が滅んだ関係か、婚姻関係か知らないが、ウガヤフジと命名している。宮下文書は、あらすじの概要でしか読んでないから詳しいことは不明。ま、おおよそ、こんなもんだろう。 [続きを読む]
  • 私もびっくりした
  • 私の前世が、ニギハヤヒと知り合いであった記憶はあったのだが、生れ故郷がニニギに関係していたとは。天孫降臨の土地は糸島。天皇家の祖先は、ニニギと言われている。皇族は九州出身とは知ってたが…。ニギハヤヒの記憶から語ると、日本は外国の侵略にあう場所であると。福岡は、ニニギ、モンゴル襲来、天智、防衛拠点として果たしてきたのだろう。ニギハヤヒが猿田彦と変えて、福岡、大分、宮崎。二等辺三角形のレイラインを形成 [続きを読む]
  • ニニギ
  • 私の生れた土地がニニギと関係している。調べたら、倭国九州王朝の場所。私はニニギとスサノオに関係している。私の前世の記憶から関連していると思われる人ニギハヤヒ、ニニギ、菅原道真初代皇祖神の一族だったりして(^_^;) [続きを読む]
  • 天孫降臨
  • 天孫降臨とはニニギとニギハヤヒが関係している。。外国の侵略にともない、ニニギは、富士王朝から筑紫=福岡に降臨する。このときに、猿田彦とはニギハヤヒのことだが、道案内を果す。初代九州王朝は、ニニギが建設したと思われる。その妻がコノハナサクヤヒメ。福岡て、天孫降臨の場所になったとこじゃん。まじ、パネー。糸島が天孫降臨の土地とされているが、君が世は、九州王朝を称える歌て。宮崎と大分の天孫降臨、イザナミと [続きを読む]
  • クニトコタチ
  • クニサツチが天照=富士クニトコが豊受=飛騨。富士王朝の初代がクニトコ。クニトコの娘がイザナミ。ウガヤフキグループと婚姻関係となる。あーなるほどね。飛騨の口碑とやらは、イザナミの婚姻で自分たちの歴史と認識している。アマ族は、クニトコタチ、クニサツチ、ウガヤフキ、フツの四人が出発したんだ。四人だから、四天王か…。[天皇霊を特定しましたd=(^o^)=b] [続きを読む]
  • 認められたい欲求
  • 人から認められたい欲求とは、自己愛と言われる。人に認めらてないと思っているだけで、自分で自分を認められないだけで、…。そうだな、私は自己愛に溢れているのだろう。だから、こそ人一番わかるのだ。たとえば、理由もないのに殺人をおかしたり、インターネットでセックス、オナニーを公開したりするのも、自己愛の一種。自分は認めらたいと思うと、人より、目立ちたいと思うようになる。僕とは誰だろう。僕の影は偽りなのだろ [続きを読む]
  • ニュートラル思考
  • ポジティブ、ネガティブを肯定することでニュートラル思考へと至る。ポジティブ思考が広まわるが、必ずしも、正しい結果とはならない。和尚は、絶望しなさいと講話で語っている。?と?は両極端だ。?とはエネルギーの方向性だ。?であるために、疲れてしまう。?は、エネルギーが減るわけではない。?と?のエネルギーが存在しているだけだ。ある、段階になるとNとなる。バイクでは、クラッチの1の上がNとなる。Nとは中間点と言 [続きを読む]
  • クニトコタチ
  • クニトコタチは、のだちひこが本名で霊界物語でも、富士山で活動した。昔の富士山は巨大であり、富士山の半分が高山になるのだろう。しかし、出雲と飛騨は、皇祖は兄弟なのに歪みあうとは…。ものすごい敵視している。ま、…彼らも、もうじき、地球からおさらばさ。バイバイ??。 [続きを読む]
  • 天孫族
  • いちいち、自分たちを天孫族、出雲族神とか名乗る人はいるが、選民思想に似ている。[ばっかーじゃねのー]東大出身とか、ステータスをこだわる国民性があるのだろう。天皇家もそうだが、神の一族だとかよくまあ、年齢的に大人が中二病全開で話せるよ。タカアマハラは、古代王朝を建設した場所だろう。出口王三郎氏によると、古代の人は、山に住んでいたとか。 [続きを読む]
  • 徐福とスサノオ
  • 徐福の正体は、スサノオ説について。検索したら、徐福が熊野と関連している。熊野、八、などはスサノオを表している。富士王朝は、出雲+ユダヤの場所。イエスは、どこから?流れてきたんだ。アマ族のスサノオルートにユダヤが合流したと分析するのが合理的。 [続きを読む]
  • 神皇の時代
  • クニトコタチが日本に目指して、岐阜、福井、山形を統治していた。日本における、最初に国家を建設した。日本神界には、天皇霊と言われる御方が存在するが、まさしく日本を統治した人。クニサツチと言う人が静岡、山梨を統治した。この二人が日本における最初の人。徐福と言う人が宮下文書を創設したというが、おそらく、イエスの可能性は高い。富士王朝になにかしら、助力している。飛騨の統治とかの話しは、徐福の可能性が高い。 [続きを読む]
  • 老子
  • 老子の正体は、クニトコタチ。もしかして、徐福は老子か?宮下文書の神皇ルートとアリオンメッセージのスサノオルートが当てはまる…。宮下文書では、クニトコが飛騨、越の国を治め。クニサツチが富士王朝を治める。クニサツチがイエスか?飛騨王朝、富士王朝。アマ族グループだ、すべて。 [続きを読む]
  • 神武と飛騨
  • 神武東征で、ナガスネヒコを討伐するときに飛騨に入った。そのときに、神武政権との婚姻が飛騨天孫民族だのになったのだろう。神武に位を授けたとかのは、なにかしらの比喩だろう。出雲と敵対しているのは、日向との因縁なのだろう。桓武天皇の時代になって、律令制度により、部落制度が実地されたのだろう。藤原一族と言うより、百済=中国の奴隷制度の思想に近い。大和朝廷の藤原一族の支配下になり、藤原朝廷に逆らったものが、 [続きを読む]
  • ニギハヤヒの子孫などいない根拠
  • ニギハヤヒの子孫なといない根拠はある。まず、私はニギハヤヒの時代でその近くで生きていた。記憶では、娘しか覚えがない。転生と地理的に考えるに、娘が結婚しているなら、福岡の人間だが…。まさか…、いや、…。あの時、神社で会ったあの女性は…。まさか、漫画じゃ、あるまいし(笑)娘の記憶だが、30歳前後でニギハヤヒにおとうさーんて抱きついていた記憶がある。ニギハヤヒは、父親として過ごしたことがあまり、ないのだろう [続きを読む]
  • 徐福の正体
  • 徐福の正体は、スクナヒコ。不老不死の薬とは、医療に優れていたという意味だろう。宮下文書と霊界物語の名前が…。ナザレのイエスさん、特定しました♪ (#^ー°)v富士王朝を建設したのはイエス。霊界物語を読んでない人は、気がつかないだろう。霊界物語は重要な書物である。確かに、あの書物は面白くない。あれは、言語プログラムになっているから。シリウス文明のブログ主も、アセンション情報も、ナザレのイエスが関わっている [続きを読む]
  • 古代国家
  • 古代国家、越の国、飛弾の国、富士の国。反大和勢力であったはずだ。桓武天皇以後、朝廷に逆らうものは弾圧されていくようになる。飛弾の国は、最初は出雲系グループと協力関係だったはず。だが、何故、敵対的になったかは、大和勢力に寝返えたと私は思う。日本史上、悪名高い天皇、桓武天皇。[桓武天皇の夢とは、 百済王家による支配なのだろう。]おそらく、藤原一族とは百済王家と関係しているはず。 [続きを読む]
  • 正しい意見なのか?
  • シュタイナーは、人類のなかでも超人的な人物だから、盲信しやすいのだろう。物事を判断する上で、肯定的、否定的ととらえることで相手の指標基準を考えることが重要と思う。否定的な意見を言われたから、腹をたつとか、そのような御方は興味はない。シュタイナーの言いたいことは、つまり、自由の哲学は、方向性の作用を理解せよと言うことだろう。シュタイナーは、神秘学理論をもう少し、説明するべきだった。アセンションの意味 [続きを読む]