shige さん プロフィール

  •  
shigeさん: 競馬徒然草
ハンドル名shige さん
ブログタイトル競馬徒然草
ブログURLhttps://ameblo.jp/wq0vvxgj/
サイト紹介文競馬に関することを徒然なるままに。。。
自由文独自のRFO理論や番組カテゴリーを素材にして馬券構築を考える
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2010/12/16 16:37

shige さんのブログ記事

  • 今日もせっせと、、、
  • 3階の呉服展示場に隣接していた嫁の箪笥部屋(今回引っ越し屋さんに要請)から出てきた結婚式のお色直しの写真パネル時代を感じます(因みに私が51?⇒73?、嫁47?⇒52?) 来週の火曜日に商品と備品の引っ越し水曜日はエアコンの撤去と照明、防火設備の撤去開始 そして、土曜日、日曜日の2日間は会社の駐車場で「歳末助けあい協賛」青空市「ガレージセール」(報恩謝得市) 売上金の全額を共同募金に寄付 祖父は地域社会に [続きを読む]
  • 閑話
  • 先週の土曜日、日曜日の2日間、三ちゃんが片づけの応援に〜 本当にお疲れさんでした??(感謝感激) そして今週は、銀行・証券会社(融資関連)建築関係(電気、電話、ガス、水道・下水道)の業者(スタッフ)さんとの打ち合わせ 会社と隣接倉庫の解体作業??に入るまでのスケジュール調整の最終的な確認 明日金曜日からは引っ越し作業に〜そんな訳で競馬どころじゃない状況 なんせ、新聞もネットも一切見ていない(家に帰れば [続きを読む]
  • 三ちゃんへ
  • 10月29日(月)最後の営業開店前風景 黙々とパソコンと向き合っている私 ブログを自宅で書いたり、会社で書いたり・・・。新社屋になれば自宅のみでの更新になります。競馬もリアルタイムで参加することも少なくなりそう、、、。スマホで(朝一)購入、結果は仕事が終わってから〜 三ちゃん>今週は整理作業の応援、本当に感謝です♪でも土曜日の競馬は無理かなぁ;^^ 日曜日の「JBC三部作」は参加するかも? ※2011・ [続きを読む]
  • 感無量
  • 昨日10月29日(月)は私が修行先から帰り、昭和52年11月01日に会社に入社してから丁度丸41年、、、 それから、会社の五か年計画を立て昭和56年:店舗全面改築・改装(昭和57年:本宅3階ビル新築)昭和58年:店舗3階呉服展示場全面改装(昭和58年:10月結婚) 昭和60年:04月長女誕生 昭和62年:04月次女誕生 昭和63年10月:祖父死去平成03年:02月三女誕生平成04年06月:父死去 平成08年 [続きを読む]
  • 秋天の回顧
  • 直前にラジオの実況を聞こうと〜 ダンビュライトの競走除外をアナウンスする声が、、、「えっ!?」「これで豊君は消え、アルアインにも・・・」「戸崎君が教えてくれた起点4番目のシグナルも!!」「レイデオロと並走していた和田君とミッキー」「最終コーナーでは脚色の違いが!?」 最後まで迷ったキセキ・川田コンビ昨年とは違う結果になると・・・ ⑦キタサン【1】⑧レインボー【3】・・・春天① ⑩キセキ【着外掲示板】・ [続きを読む]
  • 「天皇賞秋」の結論
  • 今回は結論から 軸:⑪ミッキーロケット相手:④⑤⑥⑦ 昨年の牡馬三冠ウイナーが揃い踏みした平成最後の「天皇賞秋」 グレード制導入以降の三冠馬秋天参戦1984天皇賞秋:7−8ミスターシービー【①】前走「毎日王冠②59.0?皐月賞:5−8 1985天皇賞秋:3−8シンボリルドルフ【②】前走「宝塚記念」取消 「日経賞」58.0?①・・・春天①8−5皐月賞:5−2 1995天皇賞秋:1−2ナリタブライアン⑫:前走「阪 [続きを読む]
  • レース回顧
  • 「スワンS」はグァンチャーレがしっかりと仕事をしてくれましたが?やはり、ルメールの重賞連勝記録は途絶えました、、、残念 グァンチャーレが輝いた「シンザン記念」7⑨04グァンチャーレ8⑪02ロード冠馬:四位8⑫01再現するなら7枠・8枠だと思っていましたが、、、やはりロードが先着しましたなぁ しかし、デムーロの無理な騎乗は次におつりがない状態に〜対するルメールのモズアスコットはここで2着死守して本番の [続きを読む]
  • 「アルテミスS」結論
  • 今年の2歳牝馬のスタート重賞「アルテミスS」 今年は第01回「アルテミスS」を無視出来ない状況 2012:ジェンティルドンナ・・・牝馬三冠達成(シンザン記念4枠07裏09:☆02人)秋華賞18頭7⑭05:岩田★1①18:内田☆1②17:06人 第01回「アルテミスS」18頭1①18:★4⑧11:04人7⑬06:07人「ウイン」冠馬※4⑦12:内田※3⑤14:☆02人 2018:アーモンドアイ・・・・・ [続きを読む]
  • 毎日放送賞「スワンS」の結論
  • 毎日杯毎日王冠=============毎日放送賞「京都大障害」(現京都ハイジャンプ) ↓毎日放送賞「京都4歳特別」・・・「京都新聞杯」に統合   ↓毎日放送賞「スワンS」 2017毎日杯 08頭【裏ゾロワイド1・3】3③06アルアイン:松山[テン乗り]・☆02人1①08サトノアーサー:川田・★01人6⑥03キセキ:[外]A.シュタルケ[テン乗り]・□ブービー人 毎日王冠 12頭【ゾロ目ワイド1・3】6⑧05リア [続きを読む]
  • 天皇賞秋の解読:戦歴【57?定量戦と58?定量戦】
  • レースの指針となる最内馬&大外馬①ステファノス:7歳・・・4歳②、5歳③、6歳⑩⇒4年連続の参戦※藤原厩舎:起点4つ目の枠、対称枠エイシンフラッシュ・・・4歳⑥、5歳①、6歳③ ⑬アクションスター:8歳・・・初GⅠ参戦※アグネスタキオン産駒:起点3つ目の枠・4つ目の枠アグネスアーク:4歳②(毎日王冠②・札幌記念②)ディープスカイ:3歳③(神新杯①・ダービー①)ダイワスカーレット:4歳②(大阪杯①・ [続きを読む]
  • 悪友からの電話
  • 月曜日の夜に、久しぶりに悪友からの電話(私が翌日休日なのを見越して;^^) 「おい、菊花賞は残念だったなぁ」「お前のブログを読んでいたお陰で昨年の皐月賞と同様に枠連5−6をしっかり取らせて貰ったぞ」 「メジロラモーヌの年度と同じく6枠がしっかり1着になったのには驚き、桃の木、山椒の木だったがな^^」 1986エリザベス女王杯:6⑬07−3⑥14−1②18 菊花賞:6⑬09−6⑭08−5⑪11 『俺はまんまと? [続きを読む]
  • 天皇賞秋のシナリオ:序章
  • 今年で平成最後となる「天皇賞秋」 2019・04・30:平成31年今上天皇:*生前退位⇒上皇* 天皇の退位は、江戸後期の119代光格天皇(1771〜1840)以来、約200年ぶりとなる。 2019・05・01:新元号01年皇太子殿下:天皇即位 今年の「天皇賞秋」は平成最後の「天皇賞春」と新元号となる最初の「天皇賞秋」への予告も加味されたシナリオになる…筈です。 平成最後「天皇賞秋」+「天皇賞春」・・・平 [続きを読む]
  • JRA競馬に於ける”今上天皇と皇太子殿下”の本質的な違い
  • 「行幸」とは天皇陛下が外出されること。「行幸」先から帰られることを「環行幸」と言う。 「行幸啓」とは天皇・皇后両陛下がご一緒に外出されること。「行幸啓」先から帰られることを「環幸啓」と言う。 「行啓」とは太皇太后・*皇太后・皇后・皇太子・皇太子妃・皇太孫が外出されること。行啓先から帰られることを「環行啓」と言う。*皇太后:先代の天皇・皇帝の皇后であった者、およびその称号。日本に於ける皇太后 ・天皇の母 [続きを読む]
  • 天皇賞秋のシナリオ:天皇(皇后)両陛下の想いを込めた平成最後の天皇賞秋
  • 昭和33年、敗戦から復興を遂げた日本国に明るい話題が〜皇室会議は11月27日に日清製粉社長正田英三郎氏の長女美智子さんを皇太子妃に迎えることを発表 継宮明仁親王殿下と正田美智子さんの”テニスコートの自由恋愛”は平民からの皇室入りという当時の皇室の慣例を破る出来事に〜「昭和のシンデレラ」、「世紀のご成婚」と呼ばれた。翌年の昭和34年は”ミッチーブーム”が全国に≪テレビの創成期でしたが…このことが契機 [続きを読む]
  • 今週は多忙につき、天皇賞秋のシナリオは木曜日の朝に公開
  • 今週は、新社屋の建設の打合せ等があり、ブログの更新はままならない状況に、、、 「天皇賞秋のシナリオ」ダービー馬回避:出てくればお客さんだったんですが;^^次走がジャパンCならば!?おそらく、ジャンポケのJCをシナリオの素材に使ってくるんじゃないでしょうか?ジャンポケ:角田⇒[外]O.ペリエワグネリアン:福永※アーモンドアイが出走してくるならば!?もう一つの年度に照準を合わせて草稿する予定♪ 「天皇賞秋」: [続きを読む]
  • 回顧:追記
  • 第79回「菊花賞」の回顧の中では敢えて触れませんでしたが? 平成最後の「秋華賞」と「菊花賞」 秋華賞4⑦:石橋⇒北村友[テン乗り]5⑩:★幸(牝馬三冠騎手)6⑪:☆ルメール⇒★ルメール(牝馬三冠騎手)に 菊花賞4⑦:■武(牡馬三冠騎手)4⑧:★幸 6⑫:石橋⇒★ルメール[テン乗り] 来年、平成最後の第79回「桜花賞」、第79回「皐月賞」への予告?? 落馬負傷した石橋脩君おそらくテレビを見ていたと思います。彼がタ [続きを読む]
  • 菊花賞回顧
  • 平成最後の79回「菊花賞」 来年の平成最後の79回「桜花賞」79回「皐月賞」に影響を与える・・・筈だと先読みしていましたが? 「桜花賞」:ルメール・・・【連覇】平成最後「皐月賞」:ルメールの隣枠が戴冠 残念ながら昨年の「皐月賞」の騎手の再会オペレーションとは・・・ならず!!≪稼働枠の再現と同一厩舎の丼馬券:池江⇒友道≫ ルメール騎手は本当に上手く騎乗しましたねデムーロ騎手は最後の仕掛けが少し早かったの [続きを読む]
  • 補足:牝馬三冠と牡馬三冠
  • 牝馬三冠桜花賞7⑬06☆02人気1①18★01人5⑨10:□川田:□7⑭05:デムーロ オークス7⑬06:★01人1①18:□川田1②17:☆02人□4⑧11:デムーロ 秋華賞6⑪08:★01人7⑬06:□川田1②17□8⑱01:デムーロ※4⑦12:☆02人 ・ラッキーライラック起点3つ目の枠が連対(2歳GⅠ含)②⇒①⇒①⇒①・□デムーロ起点6番目がすべて稼働:②③⇒①⇒②||||||||||||||||||||||||||| [続きを読む]
  • 菊花賞結論
  • 「何故、今年の菊花賞はフルゲート施行なのか?」これが私が2つ目に感じたことでした;^^ ≪ダービーだけをフルゲート施行に拘った主催者の意図!!≫ 出馬表が確定して配置を見て最初に感じたこと〜5⑨10デムーロ6⑫07ルメール 「何故ルメールは7⑬06に配置されなかったのだろうか!?」 2017秋華賞7⑭ディアドラ:ルメール菊花賞7⑬06キセキ:デムーロ7⑭:和田7⑮:武≪皐月③≫8⑯03アルアイン:ルメー [続きを読む]
  • 富士ステークス結論
  • このレースを紐解く場合に大切なこと、、、 第01回富士S 芝1400①3⑤14エアジハード(3歳)⇒翌年「安田記念」→(天皇賞秋③)→「マイルCS」3⑥13戴冠 第03回富士S 芝1600変更②5⑨08トロットスター(4歳)⇒翌年「高松宮記念」→「スプリンターズS」4④09戴冠※3歳参戦:④歴*③3⑥11ダイタクリーヴァ(3歳)→「マイルCS」6⑪08②≪高橋亮落馬負傷:[地]安藤≫ 2頭のスプリント [続きを読む]
  • 血統の確信、菊冠の浪漫。
  • 昨日、JRAから公開されたG1ヘッドライン「血統の確信、菊冠の浪漫。」 気になる語句はズバリ《血統》ですそして最後の語句《浪漫》でしょうか?過去のサラブレッドインフォメーション(サライン)やレーシングダイアリー(レーダイ)そしてヘッドラインでも使われることがなかった初めての語句ですから;^^ そしてキャッチコピーですね!?「名詞+助詞+名詞、名詞+助詞+名詞」の構成文〜昨年ヘッドラインに使われた時に新鮮な [続きを読む]
  • 牡馬・牝馬三冠騎手&三冠達成騎手のシグナルサイン種明かし:vol.3
  • それでは種明かしに、、、 【基本型】■・☆武:起点4つ目の枠・隣枠■・☆池添:起点3つ目の枠・隣馬・牝馬(対称枠)□・☆岩田:隣枠・隣馬□四位:隣枠□横典:起点4つ目の枠□内田:起点3つ目の枠□川田:起点3つ目の枠□デムーロ:起点4つ目の枠★幸・蛯名:起点3つ目の枠★・☆ルメール:起点3つ目の枠&隣枠☆福永:起点3つ目の枠 2017阪神JF2④15:《3》3⑤14:★幸・・・次回牡馬戦へゲート位置発信 [続きを読む]
  • 牡馬・牝馬三冠騎手&三冠達成騎手のシグナルサイン種明かし:vol.2
  • ★牝馬三冠騎手:幸、蛯名、 *ルメール☆達成騎手:■武(秋)、■池添(オ)、□岩田(オ)、福永(秋)、*ルメール(桜)岩田君は牡馬三冠達成騎手 ■牡馬三冠騎手:☆武・☆池添□達成騎手:武(ダ)、四位(菊)、横典(ダ)、☆岩田(ダ)、内田(皐)、 川田(ダ)、**デムーロ(菊)豊君と池添君は牝馬三冠戴冠達成騎手 vol.1ではデムーロ&ルメールの2人のシグナルサインを公開しましたが? 牝馬戴冠達成騎手と牡馬戴冠達成騎手の場合は彼等が最後 [続きを読む]
  • 牡馬・牝馬三冠騎手&三冠達成騎手のシグナルサイン種明かし:vol.1
  • *:今年達成 ★牝馬三冠騎手:幸、蛯名、*ルメール☆牝馬三冠戴冠騎手:武、福永、池添、岩田、*ルメール **:昨年達成■牡馬三冠騎手:武・池添□牡馬三冠戴冠騎手:四位、横典、岩田、内田、川田、**デムーロ 前回「秋華賞の結論」の中で書かせて頂いた□デムーロ:昨年(菊花賞)牡馬三冠戴冠達成♪・彼の起点6番目の馬桜花賞7⑭・・・1①【2】(+6)、5⑨・・・【3】(−6) オークス4⑧・・・7⑬【1】(+6) 秋 [続きを読む]
  • 菊花賞のシナリオ
  • 「菊花賞のシナリオ」を草稿していましたが、事前に考察するテーマはこの3つに、、、 1.平成最後の菊花賞2.GⅠ昇格ホープフルS覇者のクラシック三冠ロード3.牝馬三冠挑戦馬登場年 最初はこの中から、ホープフル覇者のクラシック三冠最終「菊花賞」初参戦から〜【G1昇格「ホープフルS」覇者のクラシック三冠ロード】をテーマにシナリオを草稿していましたが、、、 敢えてテーマを変えてみました;^^ 【三冠牝馬誕生年度 [続きを読む]