太田園 さん プロフィール

  •  
太田園さん: 太田園のお茶日記
ハンドル名太田園 さん
ブログタイトル太田園のお茶日記
ブログURLhttp://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
サイト紹介文静岡のお茶屋の4代目です。 大井川たもと、金谷で120年営業。 お茶についての日々アレコレ
自由文静岡県の島田市、旧金谷町で、120年にわたりお茶の専門店様向けの問屋をやっております。
何代も関係が続く契約農家さんと二人三脚で、美味しいお茶をご提供しています。
お茶に関する日々の仕事、日常の出来事、思ったことを綴ってています。
本店HP  http://www3.tokai.or.jp/tea-ootaen/
ネットショップ http://ootaen.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/12/15 16:14

太田園 さんのブログ記事

  • 煎茶「初摘」秋の仕上げで出来上がりました。
  • 煎茶「初摘」が出来上がりました。秋の火入れなので、やはり空気が乾燥するので、火入れが良く入ります。そのため夏に仕上げたお茶よりもやや香ばしく、甘味を引き出す火入れになりました。夏場は香ばしくしようと思っても、湿度が高い分、火入れ乾燥機の温度をいくら上げても、香味を秋の仕上げのように引き出すことはできません。またあまり温度を上げすぎると、焦げてしまったり、お茶の色や、水色の色を落とすことにもなってし [続きを読む]
  • 昨日は川根茶品評会の審査員でお茶の審査に行ってきました。
  • 昨日は川根の川根茶品評会に審査員として招かれ行ってきました。審査員はたくさんのお茶を同時に見ることができるので、大変勉強にもなります。昨日は約20種類以上のお茶を3回、3つの種目別(大体どこもですが、設定値段別選手権になります)に拝見、審査せていただきました。普段川根のような形状のあるお茶はあまり見ないので、そういった面でも勉強になります。ですが、昔と違い川根でも結構蒸し系が増えてきているようで、中蒸 [続きを読む]
  • 地元の金谷茶品評会の審査。
  • 先ほど、地元の金谷茶品評会の審査会が終了しました。毎年、市元の茶商さんが集まり、お茶の審査入札をしています。今日はその審査の日。他地区の茶商さんや、県の茶業試験場の先生に審査していただきます。来月そのお茶を入札します。そこで、少し市の担当の方とも話したのですが、なかなか審査のやり方が難しいです。というのも、旨いお茶を見つけるか、公平になるように審査するかです。例えば、お茶の新社大体同じなのですが熱 [続きを読む]
  • お茶の仕上げ、「特撰ヤブ北」仕上げました。
  • 昨日仕上がった「特撰ヤブ北」です。もう少し秋になってから仕上げたかったのですが在庫がなくなって、仕上げました。でもお天気が不順で、まってまってまって、お天気が安定した今週に仕上げました。やはり、夏場でもお天気の良い日、湿度が少ない日に仕上げた方が火入れ乾燥の火の入り具合が良く、芯まで火入れが入る感じです。特にこれから秋。新茶時の頃よりも少しづつ火入れ乾燥を強くして、茶葉の芯の旨味を引き出していきま [続きを読む]
  • 茎茶、業務用1番茶「ヤブ北棒」製造しました。
  • 今朝は、業務用の1番茶茎茶「ヤブ北棒」を製造しました。夏場なので、量は少し少なめですが、在庫がだいぶ足りなくなってきました。拝見(お茶を見るのをお茶屋では拝見といいます。なので、お茶を見るお盆も拝見盆と言います。)すると、かなり内容(味、水色、香りなどの、いわゆる内実とか内質などといわれる)のいい出来。やはり茎茶は内容が良くないといけません。少し火入れは弱めですが、茎茶の甘みが出るように、茎の芯ま [続きを読む]
  • 夏季休暇のお知らせです。
  • 今週末の8/11(土)〜8/16(木)まで夏季休暇をいただきます。僕自身は、お盆でお寺さんや、嫁さんの実家へ行きますが、周辺にはいますので、対応は可能です。ただ運送会社がやはり今の時代で厳しくなり、締め切り時間の早期化、運送料金の休日料金アップ、会社によっては前日予約でないと受け付けない等なってきました。それはそれでしょうがないのですが、前日予約というのはちょっと・・・・。休日の出荷自体が急ぎの物しかない [続きを読む]
  • 茎茶の、最上級。ミル芽から出た茎茶「ちゃばしら」仕上げました。
  • 茎茶の最上級品「ちゃばしら」作りました。さて、新茶からずっと販売してきたのですが、こういう茎は出るところが少ないので、製造に苦労します。上質な茎を集めなくてあいけないからです。どういうことかというと、まず、上級茶から出た茎を保管してためておくのですが、上級茶の製造の量がまず限られます。そして、お茶は高い上級茶の、小さい柔らかい新芽を摘んで製造するので、茎の割合自体が少ないです。同うことかというと、 [続きを読む]
  • いいお天気。いいお茶の仕上げ始めました。
  • おはようございます。今朝は快晴、日本晴れ。朝からいいお天気です。そのため今日からいいお茶の仕上げです。午後から曇りになるようですが、それでも今日はまだ湿度が最近の中では一番少ないです。お茶の仕上にはいいお天気です。お茶は乾燥物です。他の乾燥食品もそうでしょうが、湿度はかなり影響します。お茶の場合、湿度によって静電気の発生量が違い、そこで仕上げ精度がどうしても1%程度の誤差が出ます。例えば粉などは飛 [続きを読む]
  • JA秋川五日市ファーマーズ愛菜で新茶つめ放題
  • 毎年行う、新茶のつめ放題です。農業祭に合わせて行います。毎年車で1杯持っていくのですが、2日目には品切れです。今年は少し多めに持っていきます。水出し煎茶の販売、その他お茶、急須も販売いたします。お近くの方はぜひおいでください。http://www.ja-akigawa.or.jp/t_aina.html昨年の様子です。今年のつめ放題用のお茶です。たっぷり入れますのでお近くの方はぜひ茶缶が通常つめ放題を行う缶よりもかなり大きな300g缶を使用 [続きを読む]
  • 業務用煎茶「花の雫」出来上がりました。
  • 今朝は業務用の煎茶「花の雫」を製造しました。一昨日から仕上げ加工、火入れ加工をして、今朝合組をして出来上がりになりました。さて、実のところ今年の相場的には、1番茶は安いお値段のところまでできました。そのため、今年のこの「花の雫」は1番茶も使用して製造しています。なので、味は業務用の煎茶としてはいい味に出来上がっています。やっぱり1番茶は水色も味もいいお茶ですね。今日は涼しい日です。曇りで気温が低く、 [続きを読む]
  • お茶の再審査。年間の材料決め
  • 今日は、今年仕入れたお茶の審査です。新茶の時には新茶としてしばらく販売する分と、年間で販売する分の在庫を、いっぺんに仕入れします。新茶として販売する分は仕上げ火入れ加工して、木箱に真空窒素封入して保管し、順次販売していきます。年間で販売する分は材料として荒茶のまま50kgの木箱に真空窒素ガス封入して保管します。荒茶のまま保管した方が鮮度が持ち、劣化が少ないです。仕上加工をしたお茶の方が水分量が少ない [続きを読む]
  • ほうじ茶を炒りました。
  • ほうじ茶を炒っているところです。うちのほうじ茶は、自家炒り。今は自分のところでほうじ茶を炒らないで、委託加工に出すところも多いです。正直結構いるのに大変。お茶を炒ると、微妙な熱のバランスで、微調整をし続けないといけません。少し適正温度より高くなると、一気に温度が高くなり黒焦げに・・。下がり始めると今度はいられずに青いままとか・・・。熱を炒ることによってお茶が膨らむのですが、そのの膨らむときに周囲の [続きを読む]
  • 業務用1番茶「金谷みどり」100g400円が出来上がりました。
  • 昨日の夕方仕上がった、業務用の「金谷みどり」100g400円です。これで1番茶の煎茶は打ち止めです。このお茶のクラスは通常ですと、2番茶クラス、もしくは1番茶と2番茶の混ざったものでないとできません。それは原価の問題で、今年は急激にお茶が伸びたので、最後の方のお茶でこの価格帯ができました。しかし、水色味はやはり1番茶。安いわりに旨いです。今年はこの一角下のお茶よりも、このお茶の方が味があって、緑も良く出てお [続きを読む]
  • 品種茶№7132「さわのみどり」できあがりました。今年は甘いです。
  • 昨日の夕方出来上がった、品種茶№7132「さわのみどり」です。今年は最初の方はあまり品種の特徴が出てないと思いましたが、茶期を通じて農家さんに製造を調整してもらって、特徴的な甘さや水色が出るようになりました。自分的に意外に感じるのは今年のお茶はほんのりと甘いということ。というのも、少し今年はこの品種はコクがないように思っていたのですが、仕上げてできたものを飲むと化けました。お茶は荒茶のままでは欠点にな [続きを読む]
  • 業務用茎茶「ヤブ北棒」が出来上がりました。
  • 業務用茎茶「ヤブ北棒」を作りました。かなりいい感じに出来上がりました。茎茶は、その独特の甘い香り、茎の甘みを引き出すために、煎茶とはまた違った火入れをしなくてはいけません。そのため、昨日まで仕上げていた煎茶系とは、設定が全く違います。温度を高くすれば色が落ちるが、高すぎると乾燥が弱く、火入れをしっかりしないと茎独特の甘い香りと甘みが生きません。その兼ね合いを見ながら設定をかなりいじります。茎茶はそ [続きを読む]
  • 100g500円の川根路が仕上がりました。
  • 昨日今日で、100g500円の川根路を仕上げました。さすがに1番茶の下のお茶になるため、出物の粉や棒が多いです。そのため出る量もですが、仕上げるのに時間がかかります。どうしても機械に掛ける投入量を絞ったり、時間を掛けたりしなくてはいけません。ですが、その甲斐あっていい出来です。火入れも、少し香ばしく、旨味を引き出しています。仕入れは90%終了。今日は午前中がかなりの大雨で、そのため農家さんはお茶の摘採はし [続きを読む]
  • 俺んちの荒茶が出来上がりました。
  • さて、荒茶づくりの「俺んちの荒茶」が出来上がりました。200g1000円です。荒茶のまま火入れ加工と、本当の誇りのような細粉だけ取ったままのお茶です。荒茶のままですと、どうしてもきつく、慣れた人でないと胃を荒らしてしまいます。どうせなら美味しく飲んでいただきたい。そういう考えで製造しています。荒茶のままですので、茎や、細粉よりも重いところの粉などはそのまま入っているので、見た所は煎茶よりも悪い感じです。 [続きを読む]
  • 新茶の「上芽茶」を作りました。
  • 上芽茶を作りました。芽茶はお茶の芯のところです。小さい玉のように重いところ。そのため、味はすっきりとした感じの味になります。もちろんこれもお値段の上の方が、柔らかい新芽のところの芽になるので、旨味などをよく溶け出すので、水色が濃くなります。何日か前の写真の特上芽茶と比べると、それがお分かりになると思います。いい出来のめ茶でした。芽茶は好き好きのあるお茶です。小さい玉のような目のところの物なので、粉 [続きを読む]
  • 煎茶100g600円の初摘が出来上がりました。
  • 煎茶の600円が出来上がりました。良いよ、生産はラストスパートに入ってきています。正直、材料だけならばこの下の川根路も仕上げることが出来るのですが、とても時間が足りません。順番に、丁寧に仕上げていっています。さて、1番茶の中盤のお茶で仕上げています。これより下のお茶だと、また芽あいが変わってきてしまいます。旨く火入れが入って、旨味を味わえるお茶になりました。ぜひご賞味ください。太田園ネットショップお茶 [続きを読む]
  • 新茶で、茎茶「鷹の爪」ができあがりました。
  • 今朝、茎茶の100g600円の「鷹の爪」ができあがりました。これは100g1000円前後のお茶を仕上げるときに出る茎を集めて、仕上げたものです。茎独特の甘みが今年のお茶は強いように感じます。茎茶は好き嫌いがあり、茎独特の甘みが好きという方、煎茶のコクが好きという方、茎茶の香りが良いという方、茎茶のすっきりとした味が好きという方、様々です。茎茶は、茶の木の新芽の先に養分を運ぶ、いわばパイプです。そのためパイプの [続きを読む]
  • 特上芽出来上がりました。
  • 今日は、め茶の一番上の物が出来上がりました。うちの仕入れのお茶中蒸し系で、蒸しが良いので芽茶でも濃い水色が出ます。これが若蒸しだとここまでの水色が出ません。いい味を出しています。芽茶は好きな方は好きなんです。逆に知らない方も多いです。まあちょっとしたまれ物間感のお茶です。太田園ネットショップお茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/フェイスブックMixiページ [続きを読む]
  • 「特撰ヤブ北」100g800円出来上がりました。
  • 今日は100g800円の煎茶、「特撰ヤブ北」が出来上がりました。昨日の夕方の時点で、出来上がりはしていたのですが、合組は今朝の早朝になりました。お茶を仕上げるときに、お茶の葉の太さと長さごとに分け、それぞれ茎を取り、粉を取り、火入れをします。大きさごと使用する火入れ乾燥機が違うので、最後に合組をして、品質の平均を取ります。火入れ機を、お茶の長さ太さごとに分けて違う機械で入れないと、旨いお茶にはなりません [続きを読む]
  • 上級茎茶「ちゃばしら」100g800円が出来上がりました。
  • 一番上の茎茶「ちゃばしら」が出来上がりました。今まで仕上げた上級茶の、手摘みクラスの茎と、農家さんがそのクラスを製造した時出た茎を、集めて仕上げたものです。うちの茎茶は、茎の部分と、それの濃さを出すための専用のお茶を合組して作ります。お茶と茎を別bwつに仕上げ、火入れし、合組します。お茶の半部分と、茎の部分では、太さも乾燥具合も違うので、仕上げの抜き方や、火入れの温度設定も全部違います。しかし、茎茶 [続きを読む]
  • 100g1000円の玉翠が出来上がりました。味ののっているお茶です。
  • 今日100g1000円の玉翠が出来上がりました。この値段までできると一気に出荷が忙しくなってきます。今年は少し新芽が黄色いので、水色も昨年よりは少し黄色めです。ですが、色を出す、つまり新芽が緑に染まるまで待つと、新芽は伸びて硬くなってしまいます。その前に、旨味のある柔らかい新芽で作ったお茶です。そのため味のある、旨いお茶に仕上がりました。やはり売れる値ごろのお茶なので、たくさん仕上げ、これで1番茶の仕入れ [続きを読む]