Charlie さん プロフィール

  •  
Charlieさん: < Мираж > (蜃気楼)
ハンドル名Charlie さん
ブログタイトル< Мираж > (蜃気楼)
ブログURLhttp://mirage-hdr.seesaa.net/
サイト紹介文北海道・稚内で、またロシアのサハリンでHDR画を創って愉しんでいます…旅先の画も在ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供729回 / 365日(平均14.0回/週) - 参加 2010/12/16 00:08

Charlie さんのブログ記事

  • 旧 北海道拓殖銀行大泊支店:コルサコフ(2018.09.22)
  • ↓建物に覆いを掛けていた状態が少し続いていたが、それが外されていた…↓工事中の建物の脇に在る歩道で見受けられる、トタンで屋根を造る歩行者通路が…↑この古い建物…修復の工事に着手している様子だ…↓碧空に白雲が流れているような様子の中…何となく見栄えが好かった…「貴重な文化財」という側面も在るような建物ながら…長く利用されず、何となく「朽ちるに任せた廃墟」という風でもあった…そういう状態から、完成後の [続きを読む]
  • <鮭の押し寿司>(2018.09.21)
  • ↓ユジノサハリンスクの日本料理店で「人気メニュー」となっているモノだという…↑「鮭の押し寿司」と聞いて…何となく思い浮かべるモノとは様子が異なる…サハリンの人達の好みに寄り添った「アレンジが施された日本風料理」ということになる…恐らく…溶けるチーズを押し寿司に乗せて加熱するのだと思うが…「魚にクリームソースを合わせた」ような、洋食的な味わいにやや甘味を加えた和風の調味料が加わる…という按配である… [続きを読む]
  • コルサコフ港南埠頭(2018.09.22)
  • 後になって…「気儘な休日らしい…」と苦笑いしてしまったのだが…朝食前に一寸辺りの様子を眺めようと戸外に出て、天候が好いので、朝食は「後刻に早めの昼食を兼用ということにでも…」ということにしてしまって、バスに乗ってコルサコフへ出掛けてしまった…↓コルサコフでは気に入っている場所である高台に上がり、港の眺望を楽しんだ…この南埠頭が見える側は市街の一部も見えて面白い…↑場所自体が、1925年の「摂政宮行啓の [続きを読む]
  • 色…:早朝のレーニン広場(2018.09.22)
  • 休日の土曜日…普段のように24時間営業の店で朝食を楽しもうと考えたのだったが…普段よりやや早く、戸外の様子を眺めに出た…↓灯りが未だ残っていた…深夜に散水車が登場しているようで、道路面が湿っている…↑湿っている路面に灯り等が映り込んでいる…↓やがて灯りが消え、少し明るくなった…↓東寄りの空で朝日が高くなって行こうとしている中、西寄りの空に光が跳ね返り、空の色が変わっている…↓空の蒼に、花の色のような [続きを読む]
  • 「高所作業」…(2018.09.20)
  • ↓低い階に店舗や事務所が入り、高層階が住宅という建物…外観では一寸判り悪いが、15階建て程度に視える高いビル…何気なく見上げると、少し変だった…↑高層階の硝子張り部分で何かが蠢いている?!↓ロープでぶら下がって?窓拭きか何かを?↑こういうの…ユジノサハリンスクでも見受けられるようになっている訳だ…方々で視るが、その都度に驚く…高層建築の硝子張り部分に碧空や雲が映り込む眩しい感じの午後だった… [続きを読む]
  • 「ОПАСНО!」(アパースナ!)=「危険!」(2018.09.20)
  • ↓ユジノサハリンスク都心部の建物で、壁に「ОПАСНО!」(アパースナ!)という看板が掲出されているのを存外に多く視掛ける…「ОПАСНО!」(アパースナ!)=「危険!」と言われても?「ややこしいモノ」が置かれている筈もない、街中の普通のオフィスやら住宅やら商店が入居している建物の壁なのである…実際…東京方面からユジノサハリンスクへ旅行に来た方に「随分と沢山、“危険!”と貼ってあるのは??」とお訊ね頂いたこと [続きを読む]
  • エントランス…(2018.09.20)
  • ↓建物の地階に在る店への入口である…↓こういうような階段の通路になっている…↓入口扉の辺り…照明は手が込んでいる…↑“手”が「灯りを掲げる」ような形になっている…最近、寄る機会が何となく多い、気に入っている場所である… [続きを読む]
  • サハリン州郷土博物館(2018.09.20)
  • ↓碧空に白雲が流れ、半逆光になっている様子…暫し見入ってしまった…「20℃に届くか届かないか…」という、上り切らない気温の中、光ばかりが強烈な感…「時季らしい」というような空気感が漂う…庭園の植物が若干色付いていることにも気付く…こういう画を撮った時…「広角ズームを入手して善かった!」と思う… [続きを読む]
  • <Альпийский Саб>(アリピースキー サブ)(2018.09.18)
  • ↓かなり頻繁に頂く朝食である…↑チキンソーセージにチーズ、レタスやタマネギにトマトやピーマンとハラペーニョ…意外にヴォリュームも在る…在れば「黒パン系」を選ぶのだが…「白パン系」でも差支えは無い…ユジノサハリンスクでは近所の、朝食利用には非常に便利な24時間営業の店で供される…ユジノサハリンスクを少々離れるようになると、これが酷く恋しくなることも在る… [続きを読む]
  • 「背中」から…:レーニン広場(2018.09.19)
  • ↓大きなレーニン像の背中側から、ユジノサハリンスク市行政府本庁舎の方を望んだ…↑この方角に雲が拡がり、何となく面白い景観だった…↓もっと像に近寄ってみた…↓こうやって視ると「一歩を踏み出す“巨人”」というようにも見える…ユジノサハリンスク市行政府本庁舎の側から、レーニン像の正面を眺める場合が多いのだが、時には「背中」から視るのも面白い… [続きを読む]
  • サハリン州立美術館=旧 北海道拓殖銀行豊原支店(2018.09.14)
  • ↓「やや写真を撮り悪い?」という感も否めない場所の建物だが…新たに入手した“広角ズーム”が好い按配に活躍してくれた…往時、ここが銀行の支店であった頃にはこの“大通”(=現在の“レーニン通”)に面した側が出入口であったと考えられるのだが…現在、美術館の出入口は裏側である…↓「角」を巧く活かして「曲面」を採り入れた、美しいデザインの建物だ…何時も何気なく通り過ぎているのだが…カメラを手に、「見過ごしがち [続きを読む]
  • 秋色へ??(2018.09.18)
  • ↓射し込む西日の光に、街路樹の生い茂った葉の一部が浮かび上がっている…眩しい…↑目を細めて街路樹を見上げる…緑の中に、極々一部ながら「赤」が視えた…夏から秋へ移ろう途上?或いは既に秋が始まっている?「季節の色」が変わろうとしている感だ… [続きを読む]
  • 白雲:レーニン広場(2018.09.18)
  • ↓レーニン像の足下に寄って見上げてみた…↑「15mm相当画角」の面白さ!碧空に、器用に散らしたような白雲が面白い拡がりを見せている…↓眺めていた短い間に、雲は刻々と流れていた…↓若干、ズームで画角を換えてみた…“秋”の空気感な中、「夏の残滓?」のような強めな光線…独特な雰囲気が在る… [続きを読む]