政近準子 さん プロフィール

  •  
政近準子さん: ファッションレスキューパーソナルスタイリスト
ハンドル名政近準子 さん
ブログタイトルファッションレスキューパーソナルスタイリスト
ブログURLhttps://ameblo.jp/jmasachika/
サイト紹介文日本で初めての個人向けスタイリストサービス、パーソナルリストを創始した政近準子の社長日揮
自由文外見は、中身(内面)を垣間見せるもの。
まんま、ではない、内面と外見の表現 そこに、ちょっと先の未来が加わって
おしゃれはパワーを持つ。
どう生きるか?が解決されないと、
スタイルがある人生は
送れない。
ファッションは自己表現である。
http://www.fashion-rescue.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2010/12/16 15:14

政近準子 さんのブログ記事

  • ファッションは平和の象徴
  • 毎日何を着ていくか ファッションを考えられること自体が【平和】の印。戦争・テロ・天災・・・そんなとき、服なんて一番にどうでもよくなるそれどころではない、だからこそ何を着ようか?そのものが平和な日々である象徴だ。8月6日は毎年夏休みじゃなく特別登校日だった、政近さんの講演を聞いて大事なことを思い出しました。広島で生まれ育ったからこそ、より深く強く平和への思いを伝えて生きたいと思いました。ファッション [続きを読む]
  • 明日、広島でレジェンド北別府さんと、講演^^
  • 広島出身の私。あの、【北別府さん】とご一緒に!北別府さんといえば、、レジェンド。カ〜プ〜〜?? 213勝! 神!広島・東京開催の平和イベントにて、登壇ご一緒できるなんて、ある意味夢のようです。10月14日に広島、10月15日に東京!!( 告知遅すぎですね、すみません!)有名女優の橋本マナミさん、認知科学者の苫米地英人博士もご一緒できるとは、楽しみです??是非皆様 いらしてください!!オファーいただいた主催者の [続きを読む]
  • 一人で行けば速くいく。 みんなでいけば遠くに行ける。
  • 一人で行けば速くいく。みんなでいけば遠くに行ける。簡単に速くできたことは一瞬いいように感じるが真価を問われた際には弱いでしょう。じっくり亀のようにひたすら辛抱しながらやっていくとその際には多くの人が離れても行きます。気軽に手っ取り早くスキルやツール 簡単な教えを商売にするほうが一見得をした気分になる。その気分がなかなか味わえないと簡単なほうへと方向転換していくわけです。私は引きとめもしない。いずれ [続きを読む]
  • ハロウインファッション 小物で遊ぶ
  • ファッションはどこまでも楽しい。表情も 大事な仕上げ。ハロウイン 小物で遊ぶおとなのタウンカジュアルスタイル。@新聞連載10月号から。首もとの水玉スカーフは、草間弥生の水玉かぼちゃからのインスピレーション。ベルトと靴は今期流行のレッドを投入。魔女帽子とスカートは黒じゃなくネイビーなのがミソ。(魔女っぽくなりすぎないのよ)ハットのチェーンは自分で付けちゃうよ。(洋服の賢い着回しは季節も越える)実はこ [続きを読む]
  • 長所より短所
  • 個性の存在において長所より短所のほうが必要である。だから無理にいいひととか、モデルプロポーションになろうなどとしないことである。八方美人ほど何を着せてよいか見えてこない。服は着飾る必要はないが選ぶ能力が必要である。何を選ぶのか?は 選ばれる人かどうか?に近い。ただいい人に仕事なんてやってこない。選ぶ能力は、人に選ばれる能力と同じ。悪い人には仕事はもっとこないけど それは八方美人ということでは決して [続きを読む]
  • 媚を売るのは簡単
  • 個性の存在において長所より短所のほうが必要である。だから無理にいいひとになろうなどとしないことである。八方美人ほど何を着せてよいか見えてこない。服は着飾る必要はないが選ぶ能力が必要である。何を選ぶのか?は 選ばれる人かどうか?に近い。ただいい人に仕事なんてやってこない。選ぶ能力は、人に選ばれる能力と同じ。悪い人には仕事はもっとこないけど それは八方美人ということでは決してない。技術、経験、実績あら [続きを読む]
  • 中村龍太 父に。
  • 【?? 速報!】 弊社スタイリスト・中村龍太 父になりました。絶対幸せになってほしかった二人が結婚して結婚式で幸せをもらい今度は親になる喜びを分かち合える。二人はファッションレスキューが運営するスクールPSJで知り合った。もし11年前 プロ育成学校を立ち上げようとしていなければこの結婚も赤ちゃんの誕生もない。学校をやってきてよかったなと心からおもう表面的じゃない、人間的つながりの深さある学校と会社を [続きを読む]
  • 高校生 大学生のファッション テレビ出演収録報告。
  • 恋人を探すように、そして待つように。そんな選ばれ方、嬉しいじゃないの!というテレビ仕事。探したけど探せなくて。やっぱり政近さんじゃないと納得がいかない!なんて 言っていただいたオファーの内容は 【服装における教育番組】だから。誰を選ぶか?を逆に選ぶ側が問われている時代だと思います。オファーを頂きながら立て込んでましてなかなか受けられずお急ぎだったようで他も探したけどやっぱり納得がいかなかったと数ヵ [続きを読む]
  • 綺麗を差別化 豊山とえ子氏スタイリング
  • 唯一無二 を表現する。美しさにも【人との違い】がある。綺麗な人、という【枠】に埋もれない。その島の中でも、【唯一無二】にすること。そのスタイリングは簡単ではない。顧客への限りなき愛と仕事への執念&経験がないと見えてきません。美しい人というのはすべてを得するようで意外と 綺麗な人枠の中に【見る人が勝手に納めてしまう】という事が起きたりしているもの。知的、綺麗、美しい 豊山とえ子氏だからこそ、【綺麗に [続きを読む]
  • 自らやる。その価値の大きさ。
  • やるひとは 自分から、やる。シンプル。 やらないひとは  言われたらやるひとやらされるひとやってるつもりでいるひと本当にやらないひと がいる。 本当にやらないひとより「ましだ」と思っていたとしたらそれは大間違い。ほぼやっていないに等しい。いや やらない人よりややこしかったりする。 自分からやるひとの価値がいかに大きく そして少ないのか多くの人は知らない このことを知るだけでも どれほどのチャンスなの [続きを読む]
  • 裏切り
  • 信じる。裏切られるのは弱いから裏切られるのです。落ち度があるからそうなるのです。裏切られたくなければ、強くあること。でもその強くは単なる勝ち負けのような強さなんかじゃない。裏切られることを何度も繰り返しそのときは涙も出るほど辛くてもその経験が、結局は自分を真に強くします。裏切るより裏切られるほうがいいじゃないか。と理屈で自分を慰めているうちはまた裏切られます。裏切られたからお終いなんじゃなくて間口 [続きを読む]
  • リツコシラハマ 展示会にて。
  • ファッションデザイナーへの憧れ、創り手の魂も共に纏う。大好きなリツコ・シラハマの展示会へお邪魔してきました。作品はもちろん、大人の女性たちのことがよ〜く考えられたパターン(型紙)に 程よいエッジが利いたデザインは弊社の顧客たちにも、とても愛されています。なのでシーズン定期的にバイイングさせて頂いていますが私が顧客へ提供するのは商品とスタイリングだけではないのです。作り手がどういう人で、メゾンの歴史 [続きを読む]
  • 男女の友情は成立するのか?
  • 年を重ねると、良いことのひとつ。男女の友情が成立すること。笑6年5ヶ月の間 毎月一回77回目の呑み。どうしてそんなに長く付き合いが途切れないのか?と周囲に不思議がられる会なんだけどこれはずばり会長 と自称副会長 笑 が男性だからかもしれない。 現在男女11人のメンバーがいるのだけど一昨日は代官山で4人で逢う。来れる人がくる、ということになっているけどその気軽さだけでは正直続かないこれは良い意味で。 [続きを読む]
  • やる気より 地道な行動。
  • やる気になったというだけでは中途半端。という話。あなたは何をしたいのかどういう風にいきたいのかどんな人間として何を成したいのかそれは一時的なやる気なのかもしくは一時的な気の迷いなのか本能的な心の訴えなのかやっと見つけた魂の訴えなのか自分と向き合うことは大事だけれど結局はやるかやらないか やったひととやらないひと今日一日何をやるのか 目標なしでズルズル、それはやったことにならず。どんなに優れた思考で [続きを読む]
  • 花は嘆かない 教え子たちと。
  • 花は嘆かない ただ今を生きる。花は妬みもしない ひたすら己の花を咲かせる。花は潤いを与える 見る人の心に。そうでありたいなと思う。冬があり 夏があり晴れの日と雨の日があってひとつの花が咲くように悲しみも苦しみもあってわたしがわたしに なってゆく。そんなこんなも話せる教え子は まぁ限られる。冒頭の、、、悲しみも苦しみもあって、魅力的なひとここのところを感じる、生い立ちや境遇やいろいろある人生のなかで [続きを読む]
  • 弱さを克服するのが強さ。
  • 弱さを克服するのが強さ。そして何の苦労も何の葛藤も何の批判もなく効率よく強く(一瞬の成功なども含め)なったとしても弱くなるのも あっという間。落ちるのもあっという間なのです。長く継続し一線に立つとは人と戦わず弱い自分を克服し長い月日をかけて多くの不条理まで経験してコテンパンを味わう。それでも土台を築き その都度乗り越えることでしょう。一瞬の成功なら誰でもできる。自己満足でいい仕事なら誰でもやった気 [続きを読む]
  • 似合わせるドレス そして仕事への向き合い方。
  • 批判なくして前進なし。 そして 似合わせる、という話も。うちのスタッフ今それぞれ戦っている自分はやってるつもり、と言い訳がひとつでも出てくるうちはプロじゃない。やれそうなこと、たのしそうなこと、言われたことだけ、それ以上はしないそういうのは仕事じゃない 誰だって代わりがいる。プロフェッショナルって次の仕事が来ることだよ仕事がまた、仕事を呼ぶひとのことだ。そういう人になるには甘い環境では無理。甘い精 [続きを読む]
  • 江原早織 30歳。入社7年。長い付き合いから成り立つ会社という話も。
  • 入社23歳・そして今、30歳。大人になったよなぁ〜サリー お誕生日おめでとう!そうか私が45歳のとき、サリーはレスキューに入社したんだねまだあんな若輩者だった自分によくぞついてきてくれました。一緒に働く、働き続けるということこれ案外、ひとり起業の人が超えられない【壁】。やっと誰か入ったけど続かないし辞めました、もう人と組むのは無理だという相談は後を絶ちません。どうしたら? という問いにはこう答えま [続きを読む]
  • 大人の白靴下はありか? いい日 いい服。
  • 「いい日、いい服。」中国新聞連載・9月号はチルデンニット。そして白ソックスはありなのか? 服装は 断舎利ではなく 【○○○】が正解。←最期まで読んでみて!退屈な大人にならないために。 数日前に、上半身だけ投稿しいつもと全く違う雰囲気に驚かれ かなりのご質問や反響を頂きました。掲載後の全身画像をお楽しみに^^ということでやっとご紹介です。多かったご質問。娘のものを着てもいいの? はい、お嬢様どころか [続きを読む]
  • こういう投稿、ありがたいな。著書のこと。
  • FBでこういう投稿してくださるかた達沢山いらっしゃいますが いつもほんとうに有難いと思っています。 同じ東京じゃなくても著書は遠い地まで届いている そう思うと 出版者にも感謝。ライターさんたちにも感謝。 読者さんたち、あってこその自分。 心から あらためて ありがとうございます。 おかげさまで 政近の著書は10冊。11冊目の執筆中です。 _____FB投稿にあったのは こういうかんじ。Miku Takahashiさんから [続きを読む]
  • ファッション死語にご用心!
  • アメーバーのように増殖・変化していくファッション用語。今や もう ジーパンもNG〜 ???しかし 宇宙人のように使いこなしているほうが何だか アホっぽいと感じることもある。若い子なら、自然なんだけど。かといって あんまりにも強烈な【死語】は使ってはいけない。間違いなく 若い子どころか 中年にも引かれます。????まさかの◆とっくり◆チョッキ◆カッパ◆チャックとかは やばいです。(ーー;)わはは そんな [続きを読む]
  • 平凡なひとと 卓越したひと 卓越したセンス
  • 【 卓越した人 】卓越した人はもともと凄いんじゃなくて課した目標を裏切らず 日々積み上げているうちに誰もが追いつけない境地へ達しているひとだ。長い年月をかけて、いつの間にか。平凡から非凡になるまでの努力を苦としない。ひたすら決めたことを 当たり前にやるひとだ。この当たり前の基準がそもそも ちゃんとしている。 【 平凡な人 】報われなかった経験が 人を平凡にする。ほんとうは 頑張りたいのに頑張ったけ [続きを読む]
  • おろそかにしていると。
  • いつの日か出会う禍はおろそかにしてきた、あることの報い。気がついていながらあとまわしにしてきたこと放置してきたこと途中でやめたこと。悪い結果は行動の不足からしか 起きない。取繕う何か、に気がついているなら優先順位を上げましょう禍は、怠慢な人、逃げ腰な心、にやってくるのだから。おろそかにしがちなひとは せめて善き行動・追求ありき、な島・集団に身をおく努力をすること。中身も外見も鍛えられる。 [続きを読む]