hibou さん プロフィール

  •  
hibouさん: THE OWL GENE LURE'S/オウルジーンズ
ハンドル名hibou さん
ブログタイトルTHE OWL GENE LURE'S/オウルジーンズ
ブログURLhttps://ameblo.jp/owlgenes/
サイト紹介文岡山県発ハンドメイドトップウォータールアー”オウルジーンズ”ビルダー、イブーのブログです。OWLGENES.
自由文岡山県にてブラックバス用ハンドメイドトップウォータールアーを製作販売しております。THE OWL GENE LURESことオウルジーンズです。ルアー製作日記と見せかけた宣伝?やったり、日々の出来事に見せかけた宣伝?等を綴っております。
所属シーバスクラブ、リレイテッドでの入道捕獲までの道、シーバスから学ぶ淡水釣り論等・・・に見せかけた宣伝です。   多分。 
よろしくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2010/12/16 16:22

hibou さんのブログ記事

  • 動画で釣果
  • どうも外に誰かがいるな...っていう気配がして、恐る恐る外に出て覗いてみると、かなりご高齢のおじいちゃんが工房の前でキュウリの漬け物をボリボリと食べていました。歩き食いでもなく、工房の壁1点を見つめながらボリボリと...目があったので、とりあえず会釈したらおじいちゃんも会釈してくれました。体調絶不調。地元オブ地元のシングーくんからは、動画で釣果。厳密に言うと、写真をとるほどのサイズじゃなかったから、動画 [続きを読む]
  • 今回は、いろいろと投げた...
  • 普段は「目指すアクション」がぶれるので...それが名作であればあるほど、それに「引っ張られたり」してしまうので、使い比べたり参考には絶対にしないようにしているんですが...実は、今回ばかりは「操作フィーリング」ってのをテーマにしたこともあって、自身の好きなルアーを投げ比べたり、それなりに参考にもしました...王道の現行は、いまでは?中国製。それでもやっぱり、言わずもがないいルアーでした!かなり強めのタック [続きを読む]
  • 日曜 ハイキング
  • 参加しはじめて、今回で4回目となりました。今年も恒例となった、地元地域の企画、操山のハイキングに参加してきました。今年は8キロコースに参加。晴天に恵まれ、展望台からの景色も...!折り返しで参加者に振る舞われる豚汁は、格別...普段は釣りしかしないくせに、好んで着るアウトドアウェアが、一年のうちに唯一それっぽくなる日...普段の運動不足から、とらあえず足が棒...今日は休みです。釣果は岡山の橋本君。今回はホー [続きを読む]
  • アシストリングとかスナップとか
  • プロトの段階では、画像の通りアシストリングをつけていたボーボリグマス。口奥にアイがぴったり収まるので、これだと結びにくいと思って とりあえずリングを付けていました。ぐいっとロッドを煽ると、アシストリングのところでワンクッション...これはスナップでも同じことが起きます。例えばルアーが横を向いている場合はそこで一瞬、リングやスナップが動いてからルアー本体に力が行く。ワンテンポ遅れます。より軽い力でダイ [続きを読む]
  • ボーボリグマス、オススメしマス。
  • ダイエット継続中、一日中腹が鳴るって日があって、この音は異常なのか?...って、気になったのでググります。この音に、昔のギリシャの人は「ボーボリグマス」って名前をツケテマス。ハラペコサウンド。ボーボリグマス。今回は、作った本人も出来れば4色とも抜きたい!っていう仕上がりでラインナップ。このタイプのプラグの出す大きな音&バブルはダイブが肝。こういうプラグで、やたらと重く感じたり、レスポンスが遅れるイメー [続きを読む]
  • 作品案内2018 11月新作【BorBorygmus】
  • 極力短い移動距離で、より大きな音と泡で誘う。ウィードの中に潜む個体、深場や広範囲からバスを誘うには こいつが効果的。「BorBorygmus」水面を割って出て来るバイトのイメージよりは、深場や広い範囲から引き寄せ、次のアクションで水中に入り込んだ瞬間に引ったくられていくイメージ。その、自らバスの鼻先まで「喰われに行く」ってのもこのタイプの武器。小難しい「使い方」よりも、「より強く大きな音を、より短い移動距 [続きを読む]
  • 「桐で削った」シリーズはこれ
  • お問い合わせがありましたので、ここでも今一度説明しておきます。マイナーチェンジと改良、バージョン違いで幾つか存在する「ウルラ」シリーズ。今年のモデルの「桐で削った」シリーズは、現在ウェブでの先行販売分のみで、世に出ている物は、以下の物のみとなります。こちらは7周年の完全限定版。そして、全国版として問屋さんから流通する「桐で削った」シリーズは、現在製作中で、下記カラーでラインナップします。まだ発売し [続きを読む]
  • 箸と桐のジョイントウルラ
  • 箸完成。なかなか好評。ここのところの連投は、「桐で削ったジョインテッドウルラ」釣果。琵琶湖は番長さんからこちらの番長が使っている桐ウルラは、全国リリース版。いわゆるプロト、サンプルモデル。去年のMVP賞の贈呈品なのです。番長のおかげもあって、このプロトよりもさらに改良されて、全国版。製作中ですm(_ _)mそして、もう一本。55。オウルジーンズチャンネル アクション&実釣動画オウルジーンズ オフィシャルホーム [続きを読む]
  • チョップスティックナースログ?
  • ウェブストアでの特典ノベルティで製作した、岡山名物の一つ「備前焼」の箸置き。連続して、続けて2回のご利用、2作品のお買い物で合計1万円以上の荷物に同梱される、ちょっと高級なばらまきノベルティ。箸置きがあるなら、これも欲しいって...チョップスティック、箸です。普段から、割り箸は塗料を混ぜるのに使うので、このタイミングで自分用の箸も作ることにしました。ロゴを入れるので、太めの木製箸を探しまして、口に入れ [続きを読む]
  • 作業風景とドレッシングとか...
  • 今日は、子供の学校行事。特に6年生の長女にとっては小学生生活最後の会ということもあって、朝からビデオカメラ、カメラを持って、並んできました...残念ながら液晶ディスプレイや、ファインダー越しでは、感動する暇もない、大忙しの学校行事でした...お父さんあるある?画像は昨日の作業風景から...角材のままだと時間がかかるので、角を落として六角に...作業着にしているチロリアンのスウェットカーディガンは、懐かしい世代 [続きを読む]
  • やることだけはある
  • 頼んでいた塗料が間違って届くというトラブルもあって、ちょっと作業の順番が狂う...角材を旋盤にセットする為の段取り。この子はすでに目止め中。やること「だけ」は、ある。琵琶湖から11月の釣果便りを届けてくれたのは、カワハシユータからでした。珍しい?おかっぱりでの釣果は、去年のバージョンのジョイントウルラ。オルカの、新しい竿のテストも兼ねての釣行で...その辺りも宣伝?になるかどうかわからんけどしておきます [続きを読む]
  • バブル引きとか浮き上がりとか、フィーリングがいい奴。
  • 何気なく作ったりした物に限って、予想以上に良かったり...ってのはあるある。ただ、そういう奴は量産を考えずに作ることが多いので、いざレギュラーとしてラインナップの仲間入りとなると、やっぱり再現がややこしい...浮力が大事になるタイプなので、泣く泣くベースブランクの時点で「重い」木はハネました...いい感じ!物のついで。もう二度と復刻の予定は無かった、チキチキバンバン。当時のブレードはもう無いけど、少しモデ [続きを読む]
  • 旨いドレッシング情報求む
  • 今日の昼飯。ここにカップスープか春雨スープで、一応は満腹。ベジタリアンでは無い。馴れさえすれば、これはこれで苦ではなくなる、ダイエット飯継続中...旨いドレッシング情報求む。やる気になったので、セッティング出し開始。0.5〜1gでこんなに変わる。基本的に、「音と浮力とフィーリング」が前に出てくるタイプのカテゴリーなんで、ウェイトバランスは最重要。水面をドガン!って割って出てくるよりも、寄せるだけ寄せて、 [続きを読む]
  • カロリー爆弾
  • サフや、塗料粉が怖いので工房にはパソコンは置いていませんから...もっぱらタブレットが簡易パソコン代わり。キーボード、マウスも付きます。オフィスアプリも入ってるので、伝票の作成も出来てしまう。なんて便利。こちら、第一便は出荷完了しています。ゆっくり巻けよ!こちら、リリース時にはダブルフックになる予定。ちょっと浮力は強めで。イメージとしては、すぐに泳ぐウッドのオールドのラッキー13じゃなくて、どちらかと [続きを読む]
  • 鍵っ子スタイル
  • ポケットに物を入れるのが嫌いで、わりと昔からバッグ、リュックを手放せない派。タバコを吸っていた頃は、タバコだけはポケットに入れていたけど、辞めた今となってはもうポケットには基本的に何も入れないスタイル。携帯電話も、リュックのここに取り付けるスタイル。鳴るとすぐ解る。パカッと取り外せます。工房の鍵ですらポケットには入れたくないので、首からぶら下げる「鍵っ子」スタイルなのです。釣りの時なんかは、特に [続きを読む]
  • 二年越しの、これ、なんの仮装?
  • 「なにかしらの仮装」で来ること!というミッションは、もう二年も前の今日の話。画像はその時のオウル西見。なんの仮装?あるいはコスプレ?仮面のズレ感と、蝶ネクタイ。ハローズ(ディスカウントスーパー)の袋に、満点の笑顔。二年越しでも謎は解けず...そんな今日は、工房でも「仮装で作業」...嘘に決まってる。「桐で削ったジョインテッドウルラ」で釣果。黒羽で、岡山の橋本くん。ウルラなら、「記録も記憶も」バス釣りオモ [続きを読む]
  • 馬、梟、猪
  • 先日のショーケース記事で、「ここの和室に合う置物を...」ってことで、地元の橋本くんが備前焼を持ってきてくれた!とても気に入りました!時々掃除もして、大切にしますm(_ _)m本当にありがとう‼そして、この二体には64番、65番のナンバリングを付けました。番号の割り振りも、もちろんランダムです。あしからず...ただいま、猛烈出荷準備中!オウルジーンズチャンネル アクション&実釣動画オウルジーンズ オフィシャルホー [続きを読む]
  • 鳥だけに...
  • 土曜、日曜は小学校と公民館を解放した学区「分化まつり」。町内会として、「焼き鳥屋」さんにチャレンジしてきました。朝から準備。あくまで奉仕価格ということもあって..飛ぶように売れました...鳥だけに。こういうイベントや地域のイベントでは、誰かが引き継いで次へ次へ...どこも同じ、それが課題。岡山県北、津山のコディさんからは..!珍客。オリジナルオウルベイト。オウルジーンズチャンネル アクション&実釣動画オウル [続きを読む]
  • 寿司屋のショーケース
  • 自宅から工房へは自転車で5〜6分。歩いてもせいぜい15分?ってところ...その通勤道中に、もう数年前に引退して営業していないお寿司屋さんがあります。そこのご主人の散歩コースがオウルの工房前ってこともあって、顔を合わせれば挨拶をする仲です...そこのお寿司屋さんの店舗入り口、軒下には、立派な木枠のショーケースが飾ってあるのですが、この度その什器をオウルの工房でいただくことになりました。オウルジーンズの工房は [続きを読む]
  • レーザービーム
  • 受注製作のホーンテッド18。こちらで「ちらっ」と予告した通り、尻尾まで光る「ホーンテッドキャスパー」がランダムで混ざります。「光るキャスパー」なんて、邪道!って声もあるかもしれないので、カラーネームを「ホーンテッドキャスパー」と名付けました。競争率が高くなってしまったので、光る本数を増やそうかとも思ったのですが、「当たったときの嬉しさ」の度合いを維持するために、当初の予定通り「二個」だけ作りました [続きを読む]
  • 福梟
  • 年末に向けて準備しているのは、初の試み...初めてやる「福袋」。楽しめる、楽しみになる?よしやろう!って話。ハンドメイドルアーを作ってますから、特に在庫とかがあるわけじゃないので、今から「それ」用に、ちょっとずつ仕込んでいます...すべて「それ」用のオリカラプラグと、「それ」用のスペシャルルアーでまとめます。しかも大当たりには、なんと「あれ」が当たる!だとか...こっちの当たりには、「あれ」入れたらどう? [続きを読む]
  • ラ目
  • ファンシーショップで見つけた、ファンシーな奴から受けたインスピレーション......ってのは大袈裟で、「これパクろ!!ーション」とでも言うべきか...ラメだけは、やたら色んな色が買い置きしてある。今回は金色でやってみます。意外と存在感があることに感動!見た目に「個性とファンシー」を!...と、思っただけなのに、今までよりも目がキラつくのは嬉しい誤算...「ラ目」オウルジーンズチャンネル アクション&実釣動画オウ [続きを読む]
  • カラーパターンと釣果
  • 色塗りは下手でも...少しずつパターンでシリーズ化されると、集める楽しさも出てきた...こちらも、これからシリーズ化...か?関東からの釣果、鈴木さん。平日の雨だから、今日のんびり釣りできるかな?と期待しつつも、いざレンタルボートで出陣すると、ぱっと見回すだけで8〜10艇というプレッシャーだったとか...そんな、関東あるある?で、今日はアヴォイドスピナーが当たり。一番最近に作った姉金アヴォイド。とにかく立木に絡 [続きを読む]
  • 月曜から大残業。
  • ホーンテッドのビーズの付け根は、ビーズを掘って、その中にヒートンの頭をいれてあります。ボディ側に穴を開けてヒートンを埋め込むと、急にビーズの方がフリーになりすぎて、一体感のある良いアクションが生まれません。直径約8mmのウッドビーズに、5mmちょっとの穴を開ける。この作業がなかなか大変。何個かに一個は割りながら、一つ一つ穴を開ける。そして塗る。月曜から大残業。オウルジーンズチャンネル アクション&実釣動 [続きを読む]
  • いきなりマヨネーズ。
  • 絶対にフックサークルが付く設計のルアーの場合は、フックにゴム栓をしてスイムチェック。今回「羽手曲げ標準装備」なんてしたものだから、なかなか大変...個体差や、ハンドメイド特有の個性もやっぱりあるもので、それぞれに合わせて、自分的「釣れる」加減のアクションやらピッチやら音やらを微調整しながら、曲げたり組んだり、ばらしたりを繰り返して組み立てています...ひとそれぞれの「加減」や好みはあると思うので、もち [続きを読む]