Ainetos さん プロフィール

  •  
Ainetosさん: 日本帝國鐵道の記録
ハンドル名Ainetos さん
ブログタイトル日本帝國鐵道の記録
ブログURLhttp://imperial-railways.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文NゲージマガジンNo.54に掲載された山岳路線のレイアウトや、現在の製作状況等を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/12/16 21:35

Ainetos さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • カシオペアの食堂車内装整備と常越本線夜間走行動画撮影
  • カシオペアの旅で、深夜最後尾から遠く闇の中に続いていく銀色のレールを眺めていたラウンジカー。自分が座っていたソファーを装飾。さらに、青函トンネルを潜る最中、妻と一緒に酒を飲んでいた食堂車。自分たちが着席していたテーブルも含めて整備。全く見えない厨房も装飾。室内灯も装備して暗闇の中で試験点灯。窓越しに良い雰囲気を醸し出してくれました。個室寝台、ロビーカーも良い雰囲気です。停車している時だけでなく、走 [続きを読む]
  • E26系カシオペア ジャンパ栓の取り付けと室内装飾の整備
  • カシオペアの旅のあと、模型のカシオペアを実車に近づけるべく整備しました。最初にEF510とE26系の連結面。両者にあるはずのホース類が無いのが気になりました。そこで、客車側にジャンパ栓を装備。機関車側も同様。φ0.5mmの穴を開け、ジャンパ栓を取り付け。次に、単色のままで味気ない模型の室内。これを装飾します。冨塚製のシールを、一日一両を目安に張り付けていく地道な作業です。自分が一晩旅をした部屋も再現。窓が無く [続きを読む]
  • カシオペア乗車記(その4:つくば〜小樽〜札幌) 
  • 本州上陸後、深夜に目覚め、妻を個室に残し一人ラウンジカーへ。誰もいないラウンジカー。一人で独占。背後に続く銀色の鉄路。ぼーっと眺めているだけで、幸せな気分になります。仙台駅を通り過ぎ、南東北へ。鉄路を見ているうちに夜が明けました。徐々に現実世界に引き戻されるような気がします。朝日に照らされて線路に映る自分の影。いよいよ東京まで100?。大宮駅到着。カシオペアから東武野田線を眺めるのがとても新鮮です [続きを読む]
  • カシオペア乗車記(その3:つくば〜小樽〜札幌)
  • カシオペアのシャワー室を初めて使用。「あけぼの」や「北陸」のシャワー室と同じような造り。ただ、列車の中ですっきりできるのは大変ありがたいものです。10年以上前のGPSナビゲーションシステムの雰囲気が感じられるディスプレイ上の位置表示。もうすぐ函館。カシオペアと同じく廃止になる白鳥が引き上げるところ。機関車の付け替え。青函トンネル通過前、今回の行程で2回目の行列に並び食堂車に入室。妻と二人で乾杯。トンネル [続きを読む]
  • カシオペア乗車記(その2:つくば〜小樽〜札幌)
  • JR北海道の売り上げに少しでも貢献しようと思い、妻と自分の二人分の乗車券を札幌駅で購入。改札をくぐると、苫小牧や千歳などのローカルな行先とならんで、「上野」の文字。ホームは鉄道ファンのほか、これからカシオペアに乗り込もうとする人たちがたくさん見られました。雪で滑りやすくなったホーム。気を付けながら機関車を撮影。シャワールームのカードを購入するために、妻に荷物を任せ、自分は食堂車の廊下で並びました。そ [続きを読む]
  • カシオペア乗車記(その1:つくば〜小樽〜札幌)
  • 今年に入ってから、カシオペアのチケットを取るべく、毎朝みどりの窓口で端末を叩いてもらうのが日課になっていたのですが、廃止の一か月を過ぎたある日のチケットが奇跡的に取ることができました。予約から一か月後のある晴れた日、残雪の北海道に渡って、最後の北海道と東京を結ぶ最後の寝台特急に乗車してきました。TXの始発に乗って、妻と二人でつくばから羽田空港、羽田から新千歳まで。久しぶりに来訪した北海道には、前日 [続きを読む]
  • 新潟交通 ニパ子ラッピングバス 電飾化
  • 常陸国と越後国を繋ぐ常越本線。常陸の筑波、越後の燕。筑波の科学、燕の技術。もしかしたら当鐡道の常越本線のコンセプトに合致するかもしれないマスコットのラッピングバスに照明加工を施し、日本帝國鐡道常越本線のレイアウトに設置してみました。停留所用の細かい表示板のステッカ。バスの停留所に用いられる停留所名や時刻表が描かれたステッカは、これまで商品化されてきた同じ類のものの中で、初めて見る気がします。実 [続きを読む]
  • 過去の記事 …