さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: ずっと笑顔で大きくなぁれ!
ハンドル名さくら さん
ブログタイトルずっと笑顔で大きくなぁれ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/sakura4060/
サイト紹介文2009年5月生まれ ダウン症の息子との毎日を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/12/18 09:51

さくら さんのブログ記事

  • 胃腸炎と、工作いろいろ
  • けんちゃん、胃腸炎になり、1週間、引きこもり生活をしました 最初は熱もあり、病院にも行きましが、この時まだ下痢はしておらず、「喉は痛くない、お腹が痛い、気持ち悪い」と、けんちゃんの訴え。 先生も確かに喉は赤くない、お腹を押したり聴診器あてて、胃腸炎でしょうと整腸剤と吐き気止めが処方されました。 ここ最近、「喉が痛い」という時は、本当に溶連菌やアデノだったりするのですが、けんちゃん、喉は弱いけど、あま [続きを読む]
  • 夏休みの宿題
  • 夏休みの宿題、ほとんど終わりました(親がほっとしますねぇ〜) 国語・算数のプリント  1学期の復習。毎日1枚の宿題を1日2枚ペースでやり、終了。 絵日記 2枚 日生劇場のファミリーコンサートに行ったことを書くことにしました。 書く前に「いつ? だれと? どこへ? なにをした?」を質問してそれを繋げて日記の文を書かせました。絵はコンサートは写真だったので、私が「こんな人達が舞台にいたね〜」と書いた絵( [続きを読む]
  • 矯正歯科を初受診
  • 1年くらい前に歯の矯正について記事に書きましたが、その時に矯正する可能性があるなら、ダウン症の矯正を保険で診療している病院に慣れておいた方がいいという先輩ママからコメント頂き、確かにと思いつつ、1年経ってしまいました。 先日、初めて矯正歯科を受診してきました。 目的は現状の把握と将来の矯正についての相談です。 2018年8月 Sセンター 矯正歯科 丁寧に診察・説明して下さり、色々と納得出来ました。 反 [続きを読む]
  • 通院の記録 〜2018年春・夏〜
  • 通院の記録の覚書です。 2018年4月 Sセンター 遺伝診療科 1年毎の定期健診。最近の様子をヒアリング後、採血をして甲状腺機能などチェック。→問題なし。次回1年後。 2018年 Sセンター 整形外科 同じ日に頸椎の経過観察 → 問題なし。次回1年後。この件は以前、詳細を記事にまとめました。頸椎経過観察 2歳〜8歳のまとめ 2018年 6月 M歯科 学校の検診で、要治療=歯石、要相談=融合歯、不正咬合を [続きを読む]
  • 3年生の個人面談と切替の課題
  • 夏休みに入ってすぐに個人面談がありました。 現状、特に困ったこともなく、学校生活も落ち着いて過ごせていて、学習の意欲もあるとのこと。 かねてからの課題の切替に時間がかかる点は、3年生の担任の先生から見て、4月からの3ヶ月間でも、徐々に改善してはいますが引き続き、指導していきたいとのこと。 先生が「キ・リ・カ・エ」を合言葉にして下さっているようで、家でも自分で「キ・リ・カ・エ」と言っているという話を私 [続きを読む]
  • 数の概念を育てる ③ 〜数を使った遊びや声かけ〜
  • 少し間が空いてしまいましたが、「数の概念を育てる」シリーズの続きです。 数の概念を育てる ① 〜10までの数唱〜 数の概念を育てる ② 〜大きい・小さいetc.〜 ③は数を使った遊びや声かけです。 ①、②、③と、順に書いていますが、これらのことは同時進行だったり重なる時期ありと思って読んで下さい。 最初の数の入った声かけ、というと年齢をきく、「なんさい?」「〇さいです」 のやりとりでしょうか? といっても、本人 [続きを読む]
  • 数の概念を育てる ① 〜10までの数唱〜
  • 一般的に、ダウン症児は、算数が苦手と言われています。けんちゃんにも、残念ながらその特徴が表れていて、思わず、ため息が出てしまいますが、それでもなんとか、少しずつ教えようと現在も試行錯誤中。よく言われるのが、『数の概念を理解するのが、難しい』ということ。『数の概念』をどうやって教えるかということは少し置いておいて、まずは、数に慣れることから、始めました。一番最初にやったことを遡ると...お風呂で、1 [続きを読む]
  • はじめてのおつかい スーパーにて
  • 3連休最終日、テレビで『はじめてのおつかい』という番組を観ていたら「けんちゃんも、はじめてのおつかい、行きたいスーパーへお買い物行くの。」と宣言。これまで、近くのポストへ手紙を出しに行ったり、自動販売機でジュースを買ってくるという、おつかいは出来ていますが、買い物は一緒に行った時に商品を選んだり、お金を払ったことしかありません。どうしようかなぁと思いましたが、翌朝、目覚めても、学校から帰ってきても [続きを読む]
  • 『発達の振り返り』というカテゴリーについて
  • 先月から、『発達の振り返り』という、カテゴリーを設けました。第一弾として、『手の発達』について書きました。どうして、このカテゴリーを作ろうと思ったか?について、私なりの想いを書いておこうと思います。これまで、その都度、療育でこんなことをやった、家でこんなことに取り組んでいる、と書いてきましたが、息子も9歳になったし、少しまとめてみようか...と思ったのです。なぜなら、私自身、他の方のブログで、療育 [続きを読む]
  • 数の概念を育てる ② 〜大きい・小さいetc.〜
  • (先日、書きかけの記事を誤ってUPしてしまいましたが、その時の下書きからは、加筆・修正しています。)けんちゃんが、まだ1歳の頃だったでしょうか。パパが親の会で、小学生のお子さんを持つ、先輩お父さんから「ダウン症児は、特に算数が苦手らしい」という話を聞いてきました。当時の私にとっては、まず歩けるようになること、その次は言葉のことが気懸りでしたから、『算数』なんて、随分先の話ね、という感想でした。でも [続きを読む]
  • 手の発達 ④ 〜字を書く〜
  • 手の発達 ④ は、字を書く、えんぴつ持ちの話です。えんぴつ持ちは、「てっぽう バンバンの手だよ」と教えました。てっぽうバンバンの手にしてから、クレヨンを握らせると上手く行きました。そして、いよいよ、ひらがなのなぞり書き。なぞり書きは、我が家はこの2つのアイテムが大活躍しました。1つは、くもんの書き方カード大きさが大きめで、ホワイトボード用のペンで、何度も書いたり消したり出来るのが、ちょうど良かったで [続きを読む]
  • 手の発達 ③ 〜描く・書く〜
  • 少し間が空いてしまいましたが、手の発達 ① 〜握る・つまむ〜手の発達 ② 〜道具を使う〜の続き、書く(描く)ようになってからの手の発達についてです。書くようになった当初は、握り持ちでした。写真は外出先で、クーピーしかなかったのですが、クーピーはちょっと細いです。最初は太めのクレヨンがいいと思います。書き始めは持ち方や、書き方よりも楽しい気持ち優先でと自由にさせていました。機会があれば、絵の具や習字の筆 [続きを読む]
  • とても反省したこと
  • 情けないことを告白します。土曜日、些細なことで、けんちゃんを叱りました。そうしたら、すご〜くイヤ〜な態度で 「バカ!」と、けんちゃんが私に向かって言いました。冗談っぽくではなく、『いけない言葉』だとわかっていて、わざと言った、という態度でした。「今、『バカ』って言ったよね それは、言ってはいけません。」と叱ったら、不満そうな顔。私には思い当たっていました。少し間、勉強を教えていた時にヒートアップし [続きを読む]
  • 手の発達 ② 〜道具を使う〜
  • 前の記事の続き、道具を使い始めるようになってからの手の発達についてです。↓の写真は、初めて、自分で食べるようになった頃のものです。スプーンは上からの握り持ちです。一人で食べる前に、練習したかと聞かれると、フォークに食べ物をさしてから、渡したりしていましたが、すぐに投げてしまい、ずっと食べさせて〜という感じだったのが、急にやる気になった、と記憶しています。その子なりの、タイミングがあるんだと思います [続きを読む]
  • 手の発達 ① 〜握る・つまむ〜
  • 先日、年下のお母さんから、「どうやって字が書けるようになりましたか」と聞かれました。「最初はくもんの書き方カードや、アプリを使って教えたよ。」と答えましたが、そのお子さんの状況をもう少し知っていれば、もっと適切なアドバイスが出来たかもなぁ〜と思いました。 字を書くためには、手の発達と認知の発達、両方が関係するかと思います。私は専門家でもないし、ダウン症児一人しか育てていないけれど、手の発達について [続きを読む]
  • さくらんぼ算の引き算
  • 先々週の学校公開の算数の時間に、繰り下がりの引き算の教え方について、先生に質問させて頂きました。ブロック使った計算は出来るようになって、次の段階の教え方は1つの例ですが...と先生が、さっと提示して下さったのはさくらんぼ算 A   ↓けんちゃん、繰り上がりのたし算、さくらんぼ算でやっていないし、10の分解や5の分解もあやふやだから、ハードル高いなと思っていたのですが...。先週から、早速、さくらん [続きを読む]
  • くもんの算数を休会
  • 以前、くもんが足踏み中だという記事を書きました。2末に算数を休会しようかと考え、先生と相談し、一旦、結論を保留にしたまま様子を見ていましたが、やはり5月いっぱいで休会することにしました。休会と言っても、3ヵ月経つと、自動的に退会になるそうです。将来、再開するかわかりませんが...。休会前にやっていたことを覚書として残しておきます。トータル1年以上学習していた2A (和が20までのたし算)くもん的に [続きを読む]
  • 漢字かるた
  • 先日の学校公開で、先生の手作り教材、漢字かるたを使っていました。けんちゃんが楽しそうに使っていて、良さそうな教材だったので、マネして家で作ってみました。まずは、家にあった1年生の漢字ポスター(よみがな、単語の例つき)をハガキにコピー。ハガキ1枚で8文字の大きさです。裏には漢字を手書きしたシールを貼ることにしました。すると、「けんちゃん、書きたい」と最初は簡単な漢字だけ、お願いしよう、そのうち飽きる [続きを読む]
  • 通常学級への未練
  • 繰り返しになりますが...就学については、各ご家庭の考え方・事情、本人の性格や発達、また自治体の体制もかなり、バラつきがあるので、一概に、ここがいいとか、言うことは出来ないと考えています。3年生のダウン症児の、一人の親の個人的な回顧録として、読んでいただければ、気が楽です。私は、けんちゃんが小さい頃は、小学校は1,2年生の間だけでも通常学級に行かせたい、と考えていました。しかし、年中の秋頃から考え [続きを読む]
  • 特別支援学級と特別支援学校
  • 少し前の記事で、支援学校と支援学級、大人の手の数は同じくらいでも、手のかけどころ、かけ方が違うのかなと思う点があります、と書きました。どんなところが違うと思うのか、これは、私が経験・見聞きした範囲で個人的な感想も含まれるので、ご了承下さいね。こちらの記事も読んだ上で、お読み頂けたら、幸いです。特別支援教育の専門性まず、よく言われるのが、支援学校の先生の方が、特別支援教育の免許保有率が高い、つまり、 [続きを読む]
  • ちょうちょ結び
  • 明日の学校の用意を自分でしていました。体操着をたたんで袋に入れて、巾着のひもをしめるまでは出来るのですが、今までちょうちょ結びがちゃんと出来ていませんでしたこれまで何回か教えようとしてみたけど、上手く出来なかったから、まぁいいか〜と先延ばし。今日はやる気ありそうだし...と真面目に教えてみたら...出来ましたあ、でも、確実に覚えるようにと、もう1回やってみて!とやらせたら、成功2回で、あとはやる気なしに [続きを読む]
  • 3年生 1学期前半の学習について
  • 3年生になって新しい学習グループになりましたが、これまでより進むスピードがUPしています。たぶん同じグループの他の子にとっては、昨年度も学んだ内容の繰り返しでもあるかと思いますが、けんちゃんにとっては、ほとんどが初めて学ぶこと。盛沢山な内容だけど、ついていけているかなぁ〜来週、学校公開があるのでドキドキですプリントは個人のレベルに合わせて下さり、わからないところは教えて下さっているので、持ち帰って [続きを読む]
  • 校外学習と、交流について考える
  • 就学相談を振り返っての記事は、また後日、少しずつ、書いていこうと思います。3年生になって、校外学習の機会が増えています。5月には町探検2回、美術鑑賞1回、出かけました。町探検は学校の周りを歩いて、自分達の住んでいる街について学ぶもの。通常学級は3年生から、社会科が始まりますからね。ちなみに支援学級には、時間割に社会がなく、『生活』や『総合』という科目の中で、事前学習をしていました。この校外学習は、 [続きを読む]
  • 就学相談に向けて まずは色々見学してみる
  • 自分から就学相談体験談的な記事を書いておいて、なんですが..私の話、鵜呑みにしないでね、影響され過ぎないで下さいね、とも思います。ブログでそんなに影響されないか、自意識過剰かって自分にツッコミ入れながらも、一応、前置きしておきたいです。現実社会でも、年下の子の親御さんから、どうして、支援学級にしたのかと聞かれたら、なるべく誠実に答えるよう、心がけています。私も先輩ママの体験談、支援者の意見、沢山聞 [続きを読む]