seisuian さん プロフィール

  •  
seisuianさん: 水野設計室
ハンドル名seisuian さん
ブログタイトル水野設計室
ブログURLhttps://mizunosekkei.jp
サイト紹介文伝統工法の家作りを実践している設計事務所です。 「手刻み・土壁・石場建て」の現場をご紹介します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2010/12/19 12:33

seisuian さんのブログ記事

  • 静岡の石場建て2 計画
  • 意匠・構造の設計と積算も終わり、ようやく確認申請・適合判定の作業に入ります。 浜松に建つこの石場建ても、自然の素材の特性に合わせた家です。 礎石の上に、天竜の地松と杉桧の柱梁を手刻みで組み差し、貫を通した木組みに、竹小舞 ... [続きを読む]
  • 愛知の木組み4 造園
  • 完成して1年が過ぎた「愛知の木組み」です。 草木も少しづつ育ち始めて、家の中から眺める景色は気持ちよかったです。 まだ小さな木ですが、10年もすれば設計していた頃に想像されていた森のような庭になりますね。 [続きを読む]
  • 愛知の土壁3 刻み
  • 昨年から始まっている刻み作業の様子です。 大工は、刻みの時から地下足袋を履き、仕事ぶりや性格はどこからどう見ても大工にしか見えない碧南の尾崎棟梁。 建築士でもあり住宅から社寺まで一人で手掛けてきたそうで、愛知の土壁でも自 ... [続きを読む]
  • 岐阜の石場建て11 造作
  • 土壁もほぼ乾き、造作工事が始まっています。 樹脂で接着した合板類は使用せず、大量の無垢板を一枚づつ貼っていきます。 床は足固めに野地板[桧:12mm]、根太[桧:45角]+断熱材、下地板[桧:12mm]、仕上げは桧の板で ... [続きを読む]
  • 南会津の茅葺き(春)
  • 南会津へ、茅葺き民家を見に行ってきました。 山間部に点在する茅葺きを見ながら、車で三か所の民家郡を回りました。 久しぶりに、感動する建築・風景に出会えました。忘れないよう記録です。 1.前沢山村集落 2.水引山村集落 3 ... [続きを読む]
  • 愛知の土壁2 地下掘削
  • 地下室工事が始まりました。 初めての地下工事で慣れない部分もありますが、頼もしい監督のおかげで順調に進んでいます。 と同時に、私の積算・施工の知識・経験不足を痛感してます。 わからないことや知らないことは、直ぐに 聞いて ... [続きを読む]
  • 額縁
  • 今年の一作目は、額縁です。 随分前から大切にしまっていた Rachel Carson を飾る為に作りました。 高校生の時に Silent Spring と出会って化学に進み、子供が生まれて sense of wonder ... [続きを読む]
  • 一宮の石場建て3 製材
  • 一宮の石場建て、最後の調整も終わり、いよいよ工事が始まりました。 まずは材木の準備からです。 写真の木は、一年前に伐採し葉枯らしで乾燥させてた桧です。 大黒柱となるこの木の製材の様子を、建て主と見学しました。 お目当ては ... [続きを読む]
  • 土壁の藁
  • 旧四月十五日を過ぎ、田んぼの蓮華は今年も満開になりました。 田んぼの中に入ると、ミツバチたちの羽の音が響き渡っています。 春の草が終わったら、いよいよ夏が来ます。 来週には、種籾を浸して、田植えの準備。 子供達と過ごす8 ... [続きを読む]
  • 岐阜の石場建て10 土壁
  • 柱梁の木、小舞の竹、土壁に入れる稲の藁、畳の井草などの植物資源。 基礎の石、粘土から成る土壁と瓦、漆喰の石灰などの鉱物資源。 これらの資源だけで家を作る「伝統工法」はとても魅力のあるものです。 ほんの数十年前までは、全て ... [続きを読む]
  • 抽斗箱
  • 家具作り2年目、今年は一年かけて抽斗箱を作ってました。 図面も適当に、半年かけて「墨付け 刻み」が終わりました。大変な建て方でしたが、無事完了。やっぱり、図面は必要ですね。 不具合があっても自分で修理しながら、ずっと使っ ... [続きを読む]