Mr.男呉 さん プロフィール

  •  
Mr.男呉さん: ほろ酔い日記
ハンドル名Mr.男呉 さん
ブログタイトルほろ酔い日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/go-go-junsun/
サイト紹介文呉市のグルメやカープの試合を語ろうと思っています。
自由文呉市と酒場とカープを愛する小市民です。

新参者ですが、宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2010/12/23 23:12

Mr.男呉 さんのブログ記事

  • 大人の遠足 in 山口県萩市
  • 広島県民なら小学生時代に修学旅行で必ず行った場所それは秋芳洞いきなり懐かしい代物と出くわし大興奮しかし何処の商店街も寂れている。大人はひたすら歩くタクシー代しぶり、まさかの往復秋芳洞、こんなに長かったか?疲れた〜続きまして吉田松陰先生の軌跡もだった思い出がある松陰神社へgo〜記憶を辿る旅、面白かった。行楽の秋、まだまだ楽しみたい。 [続きを読む]
  • ラーメン 勝っちゃん
  • 広島市鷹野橋界隈はグルメ激戦区気になるラーメン屋さんがあったので潜入捜査換気扇から獣臭漂ってますMr.マリック風に言うと…キテマス久々に食らった刺激臭の元は豚骨スープベースとなる豚骨ラーメン550円呉市で言う所のホームラン広島で言うと閉店しましたが八戒上八丁堀の上海総本店に近い雰囲気と香り漂うお店これは中毒性あり…久々なかなかワイルドな余韻の残るラーメンと御対麺広島出会えた、うまかっちゃん勝ちゃんに白旗 [続きを読む]
  • 博多 華味鳥 広島店
  • 美女からの依頼で鍋が食べたいと一報を受けググりました美女と鍋が食べれるなんてイベントオリンピック毎にあるかないか分からない、それくらい貴重な夢の1日自らの情報網をフル発揮した結果中四国最大の繁華街流川エリアにありました。今シーズン初鍋のターゲットは水炊き付き出しも博多と鳥に拘った一品屋号でもある華味鳥の卵をふんだんに使った出汁巻き卵出汁で空中浮揚する卵焼き唐揚げも売りみたいです。衣の薄さは自身の証 [続きを読む]
  • 関白
  • 季節の変わり目になると食べたくなる飯がある。呉市本道2丁目界隈はグルメエリア香りが届けられないのでサウンドでお楽しみください。ジンギスカン鍋に乗っているのは豚耳と豚足コラーゲンのコラボレーションツケダレのポン酢でビールも進むケンタも驚くであろう骨付き唐揚げガテン飯には生大が似合う [続きを読む]
  • 拉麺 稲盛
  • 安佐南区広島インターチェンジ界隈のお初寄り店食インスタグラマーのグラマーな白濁色にロックオン台風に負けず車を走らせる事1時間一杯啜って帰ります。味付けモヤシに紅生姜キクラゲさんは乗っている。広島で一躍スターダムにのし上がった、あの一杯の味でした。 [続きを読む]
  • 寿し 海華
  • 呉市広町の商店街の外れにある寿司屋さんにて宴会付き出しカボチャ?の煮こごり風?肉厚刺し盛りからのスタートメバルの煮付けはお上品な味付けかれいの唐揚げビールが進むやつ和の宴会の楽しみの一つ茶碗蒸しおい後輩土瓶蒸しは汁を楽しむ料理をだぞ。先に具を食うな…そんな会話の弾む宴大トリの大競演握り寿司アラカルト金額は知りません… [続きを読む]
  • フェイスガード
  • ヘルメットにフェイスガードを付けてのホームランを放った丸選手昨夜は逆転タイムリーを放った鈴木選手もフェイスガード着用組近鉄のタフィーローズ選手が大きめのヘルメットを深く被る理由は高めの球に手を出さない為にツバで高めの球は隠す為だったらしい気分転換にフェイスガードを付けたみたいですが、功を奏した様にみえました。ヘルメットと言えばバティスタの浮いたスタイルは阪神に在籍したオマリー選手を思い出した個性派 [続きを読む]
  • 拝啓 鈴木誠也殿
  • いつの試合か忘れましたが解説のジャパン代表監督の小久保氏が鈴木誠也選手の引っ張る打球に苦言を呈したそれ以来、鈴木誠也選手が異常なまでに引っ張る打球に拘っている様に感じるそんな我が道を行く鈴木誠也選手が大好きです。遅ればせながら広島東洋カープ地元優勝おめでとうございます。 [続きを読む]
  • 喜八屋
  • 舟入エリアの名店に久々に寄らせていただきました。奇しくも愛する広島カープの優勝を見逃した日今日は喜べぬ1日だからこそ明日に繋げよう…喜八屋 でラーメンをすするこれぞ広島の中華そば…そのものチャーシューの花びら咲きました [続きを読む]
  • 連夜のマジック1
  • フランスアに打たすか?松山当たっとけやコイと言うものは美人局で焦らし上手だと熟思う。そして、掴めそうで掴めない、なかなか実らないのがコイ心であるそのうち優勝するでしょう [続きを読む]
  • 亀の家食堂
  • 広島市安佐南区長束の住宅街にひっそりと佇む歴史あるお店派手さの無いメニューはホンモノの証メニューを見ただけでサラリーマンの憩いの場所と分かる。そんな亀ハウスに潜入捜査孫悟空が池で恐竜の尻尾を捕まえて振り回していた頃を思い出した…幼少の頃に食べたそのままの味カツ丼熱々の玉子トロトロ、パフパフしながら…もとい…ハウハウしなが頂きました。先輩の食べているオムライスが気になる。亀仙人は不在でしたが、優しい [続きを読む]
  • 眼鏡が顔の一部ならカープは生活の一部です
  • 野村監督が育てた苗に花が咲いたシーズンとなった2016年の25年ぶりの優勝の時は自分の事のように嬉しかった。なぜなら20年務めた職場から2010年に職場移動となり激務の苦痛の日々だった時にカープの不甲斐ない戦いと不慣れな自分を重ねていた。2016年のシーズンは頑張って辛抱していれば必ず結果は出るとカープに教えて貰った様な気がした…だから意欲が湧いた。2017年は仕事量も減り今まで一人で熟していたのに暇になると他部署の [続きを読む]
  • 笠岡ラーメン 山ちゃん
  • 笠岡ラーメン三軒制覇世界の山ちゃんでもなく広町の山ちゃんでもなく 笠岡漁港?にある笠岡の山ちゃん…スタンダードな醤油ラーメンは万人受けすると思います。追い醤油に調味料 カウンター7席座敷一つなかなかの極小地空調の効きが悪い麺が柔らかい人生の大先輩が切り盛りするラーメン店あるある 適用店でした。大盛り700円はお得感あり。鶏肉チャーシューは持って帰って一杯やりたい…毎回そう思う…地元の味を守り続けるご夫婦 [続きを読む]
  • NHK 目撃にっぽん
  • アーティストAjuさん心の街並みを描くと言う番組を見たアスペルガー症候群と診断されたアーティストの人生親以上の愛情を注いでくれる人との出逢いで環境が変わり生きる喜びを得た世の中、ドラマ以上の感動があると再確認した。人と色々出逢う事で良きも悪くも人生は変わる事ができるのだろう…私の部下もアスペルガー症候群の症状が当てはまる社員がいます。心の病も変化が起きる可能性はあるのだと勇気付けられた。 [続きを読む]
  • 萬来軒
  • 片道80キロの道のりを掛けてでも食べたい炒飯が尾道にある。昨日、初黒星となった#稀勢の里 の土俵際を思わせる炒飯の寄りは今や尾道を代表する光景勇み足的に早く出る炒飯は作り置きだろうそんな事はどうでも良い私も萬来軒の炒飯に完敗である。せっかく来たのだから義務的に尾道ラーメンもいただくラーチャーで1180円プラスガソリン代大人とは時間の使い方が無駄である、つくづく感じる。 [続きを読む]
  • 宣伝酒場 王将
  • わが町呉市にも餃子の王将が存在する。本家大阪もビックリのシュチュエーション生ビールが丁寧先ずは呉市と言えば鶏皮味噌煮込み刺しのタイプ手羽の味付けも最高で〜す 本家よりも美味しい餃子仕事が丁寧なんです。本日も酒場の笑顔頂きました。 [続きを読む]