Le Sirius さん プロフィール

  •  
Le Siriusさん: Rendez-vous avec les Apollons  パリで男たちと
ハンドル名Le Sirius さん
ブログタイトルRendez-vous avec les Apollons パリで男たちと
ブログURLhttp://rdvavecapollons.blog109.fc2.com/
サイト紹介文パリの街で男をめぐる僕の日々。男との出会い、セックス、恋愛、相棒Sのこと・・・
自由文パリの男たち。パリにやって来る世界の男たち。男たちのまわりに僕の暮らしがある。一瞬の熱い出会い。数日のつきあい。ゆったりと流れる友情への道。形はさまざま。

好きな方向へ、したいことを奔放に求めて駆けてきたら、今日の自分がある。仕事、遊び、友人、趣味で埋まる日々の隙間を縫って、毎日のどこかに濃厚で楽しい秘密の時間が陣取っている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/12/24 21:11

Le Sirius さんのブログ記事

  • 枕元の驚嘆と笑い
  • これまでのウーゴの話               「待つ男」            「ウーゴの道」            「夏風」            「道標 [続きを読む]
  • 夜を越す男
  • これまでのウーゴの話   「待つ男」             「ウーゴの道」             「夏風」             「道標」         [続きを読む]
  • 評判の男
  • あれ、こんなのでいいのだろうか。 気づいたらその男が家にやってくることになっていた。どんな顔をしているのか、まったく分からないまま。強引に約束をとりつけられたわ [続きを読む]
  • 静寂
  • せっかくのプロフィールがまったく白紙だというのはもったいない。 そう思ったのは、その若い男としばらく会話を − バーチャルの会話を − 交わしたあとだった。白紙で [続きを読む]
  • まだサファリ中
  • 9月に入ったからもうバカンス客も減っているだろうと思ったらどうもそうではないようだ。ホテルは満室らしい。が、気にならない。いや、むしろ他にも大勢客がいてくれて嬉 [続きを読む]
  • Hilton Labriz
  • 珊瑚礁に当たって砕ける白波。そこからこちら側はペパーミントに輝く浅瀬の海。そのペパーミントの漣が真っ白な砂を這い上がっては戻る。びっしりと茂る緑濃い木々を突っ切 [続きを読む]
  • 追記
  • ようやくサウス・ルアングワでのサファリの大体の様子をビデオに編集し終わったので、是非ご覧ください。文字にて描写したことの多くが映像として登場しているので、ああこ [続きを読む]
  • Mosi oa Tunya
  • そのもの自体よりも先にまず虹が目に飛び込んできた。 ひんやりした朝の澄んだ大気の中、地響きのような音が沸いているが、たえずそうであるためにそれが当たり前のように [続きを読む]
  • 若大将
  • 明け方、空が明るくなるよりも早く目が覚めた。早寝早起きにはすっかり慣れているが、起こされた原因は目覚ましではなく別の音だった。 ゴォーッゴォーッ・・・ゴォーッゴ [続きを読む]
  • 空を滑る 地を飛ぶ
  • 胸のすくような伸びやかで穏やか、雄大な景色だ。僕たちは広い川の岸辺にいる。流れているとはいえ水位の下がった今のこの川は湖のように静かで、たぶん右から左へと流れて [続きを読む]
  • 闇からぼた餅
  • 離陸数分後から着陸に至るまで、ルサカを飛び立った機の窓の下に広がっているのはただただ灌木に覆われ赤茶けた大平原だった。いつどの方角を見渡しても人の住んでいそうな [続きを読む]
  • カバは泳げない
  • えっ、そんなに早くですか?思わずそう訊き返してしまった。日の出とともに出発という日々はまだ少し先のこと、ここでは徐々に早起きへと慣れていこうかという感じでのんび [続きを読む]
  • セピア色の招き
  • 目に入ってくるものを見渡しても、それほど懐かしい国に来たという感慨は押し寄せてはこなかった。出迎えの運転手やホテルの者たちの英語の訛りを耳にして「ああ、こういう [続きを読む]