Le Sirius さん プロフィール

  •  
Le Siriusさん: Rendez-vous avec les Apollons  パリで男たちと
ハンドル名Le Sirius さん
ブログタイトルRendez-vous avec les Apollons パリで男たちと
ブログURLhttp://rdvavecapollons.blog109.fc2.com/
サイト紹介文パリの街で男をめぐる僕の日々。男との出会い、セックス、恋愛、相棒Sのこと・・・
自由文パリの男たち。パリにやって来る世界の男たち。男たちのまわりに僕の暮らしがある。一瞬の熱い出会い。数日のつきあい。ゆったりと流れる友情への道。形はさまざま。

好きな方向へ、したいことを奔放に求めて駆けてきたら、今日の自分がある。仕事、遊び、友人、趣味で埋まる日々の隙間を縫って、毎日のどこかに濃厚で楽しい秘密の時間が陣取っている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/12/24 21:11

Le Sirius さんのブログ記事

  • 後朝は・・・
  • リオネルについての過去の記事  「狩りはユベール気分で」                        「リオネルと男たち」  ぼってりと重たそうに花を咲かせた [続きを読む]
  • それぞれの秘密
  • 暖冬かと気を緩めていたところへいよいよ訪れたこの雪。大雪ともいえるほどに降り積もった雪道を恐る恐る車を走らせながら僕は時計を何度も見る。平日の6時といういつにな [続きを読む]
  • 銀座のニマル
  • 毎日、朝は別として昼、夜と迷うことなくスリランカ料理を食べること一週間が過ぎ、辛さも適度で ― ひょっとしたら普通の人にとっては辛すぎかもしれない ― 飽きること [続きを読む]
  • Blue panorama
  • くすんだ寺の中へと入って行くような石階段を昇り、日射がなす明暗のコントラスの中で薄暗くガランとしたレストランを抜けると、目の前に緑の芝生を台座に水平線が広がって [続きを読む]
  • 波想曲
  • スリランカの南端の町Galleゴールからそう遠くないKoggalaコガラという町を最寄りとするところにこのホテルはある。目の前の海を左から右へと眺め渡して文句を言う人がきっ [続きを読む]
  • 葛藤
  • 今、隣にSが座っている。その向こうには楕円形の小窓が並んでいて、僕の席からは外の景色は見えないがおそらく顔を近づけたところで見えるのは広い空と雲だけだろう。耳に [続きを読む]
  • ポン引き
  • 過去のダヴィッドとエルヴェの話   「ダヴィッドとエルヴェ」「ダヴィッドがまたベゼされたいって言ってるよ〜」 また来たか。もうその手には乗らない。おっさんエルヴ [続きを読む]
  • 枕元の驚嘆と笑い
  • これまでのウーゴの話               「待つ男」            「ウーゴの道」            「夏風」            「道標 [続きを読む]
  • 夜を越す男
  • これまでのウーゴの話   「待つ男」             「ウーゴの道」             「夏風」             「道標」         [続きを読む]
  • 評判の男
  • あれ、こんなのでいいのだろうか。 気づいたらその男が家にやってくることになっていた。どんな顔をしているのか、まったく分からないまま。強引に約束をとりつけられたわ [続きを読む]
  • 静寂
  • せっかくのプロフィールがまったく白紙だというのはもったいない。 そう思ったのは、その若い男としばらく会話を − バーチャルの会話を − 交わしたあとだった。白紙で [続きを読む]
  • まだサファリ中
  • 9月に入ったからもうバカンス客も減っているだろうと思ったらどうもそうではないようだ。ホテルは満室らしい。が、気にならない。いや、むしろ他にも大勢客がいてくれて嬉 [続きを読む]
  • Hilton Labriz
  • 珊瑚礁に当たって砕ける白波。そこからこちら側はペパーミントに輝く浅瀬の海。そのペパーミントの漣が真っ白な砂を這い上がっては戻る。びっしりと茂る緑濃い木々を突っ切 [続きを読む]