keiko さん プロフィール

  •  
keikoさん: 第一生命トラブル対応の一部始終
ハンドル名keiko さん
ブログタイトル第一生命トラブル対応の一部始終
ブログURLhttp://kassis.blog90.fc2.com/
サイト紹介文第一生命トラブルのドキュメント。 偽造契約書類・録画・録音でその一部始終を検証します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/12/26 01:46

keiko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 国家賠償訴訟 被告準備書面(1)が届きました。
  • 平成29年2月14日に、被準備書面(1)が届きました。被告第1準備書面 2頁 第1 法律上の主張はすべて争う。なお、原告の意見にわたる部分については、認否の限りではない。」・・・と、その余の事実の対象の特定、及び、反論理由がありません。ちなみに、原告は、その余の事実を、「控訴答弁書、一審・二審判決」からの転写で主張しました。ですから、被告は、自分で自分の主張を、「不知ないし否認」と、反論したことにな [続きを読む]
  • 最高裁から「決定・棄却」が届きました。
  •  最高裁の記録到着通知書から、2ヶ月18日で決定がありました。下級審のあまりの酷さから、予想はしていましたが国家権力の腐敗は想像以上でした。下級審の「最高裁判例違反・弁論主義違反・釈明義務違反・・」は、「その実質は事実誤認または単なる法令違反・・」のようです。しかし、弁論主義・釈明義務違反が、単なる法令違反であれば、憲法76条3の、「すべての裁判官は・・この憲法及び法律にのみ束縛される。」の法律と [続きを読む]
  • 裁判官の目視のみで自署認定した筆跡の比較資料
  • 原審では、裁判官の目視のみで、申込書の筆跡は良孝自署と認定し、それを基盤とした推測で事実認定をしました。しかし、誰が見ても、平成4年・9年の申込書の筆跡は、被上告人の筆跡です。簡易裁判所・地方裁判所・福岡高裁は、「すべての裁判官は・・この憲法及び法律にのみ束縛される。」の、憲法76条3の憲法違反、及び、複数の最高裁判例違反をしました。最高裁は、その判決をどのように判断するのでしょうか。下級審がここまでで [続きを読む]
  • 特別上告理由書の全文 (四審)
  • 最高裁へ特別上告理由書を提出しました。(四審です。)原審は、判例違反のオンパレードでした。ですから、敗訴の場合は、「筆跡判断は、裁判官の目視だけで判断し確定する。更に、それを基盤として、推測ですべての事実認定をすることができる。」・・が、筆跡判断の新たな判例になると思われます。(判例変更・・?)平成28年6月10日 特別上告理由書1頁2頁3頁4頁5頁6頁7頁8頁9頁10頁11頁 [続きを読む]
  • 最高裁から記録到着通知書が届きました。
  • 福岡高裁上告審で敗訴しました。敗訴の理由は、「所論の違法はなく、・・」です。「所論の違法ではなく、・・」の根拠の説明はありません。あまりにも、デタラメな判決なので、すぐに、最高裁に上告しました。(四審です。)最高裁  記録到着通知書 (平成28年7月12日)福岡高等裁判所・上告審判決 (平成28年4月21日) [続きを読む]
  • 上告審の口頭弁論期日通知書が届きました。
  • 上告審である福岡高等裁判所から期日通知書が届きました。平成28年4月21日(木)午後1時10分口頭弁論期日(判決言い渡し)平成28年01月18日に上告理由書提出平成28年03月02日に上告訴訟記録到着通知書平成28年03月16日に期日通知書記録到着からわずか14日で判決言い渡し期日が決定したので、驚きました。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …