シドニーで英語の先生  内田直見 さん プロフィール

  •  
シドニーで英語の先生  内田直見さん: オーストラリアで英語の先生
ハンドル名シドニーで英語の先生  内田直見 さん
ブログタイトルオーストラリアで英語の先生
ブログURLhttps://ameblo.jp/sydneykodomo/
サイト紹介文シドニー生活、シドニーの英語学校での仕事、英語教育、英語指導法について、綴ります。
自由文シドニーで児童英語教師
(JーSHINE)を育てる
トレーナー、保育士を経て、現在はシドニーの英語学校で留学生に英語を教えています。

英語教育、スイーツ、嵐が
大好きです。

娘のちゃみいは、24才。
オーストラリアの小学校で先生をしながら、
大学院で勉強しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供326回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2010/12/26 07:01

シドニーで英語の先生  内田直見 さんのブログ記事

  • 英語絵本、ハロウィーン後も使えそう!
  • オーストラリアでは、ハロウィーンの盛り上がりにはいまいち欠けます。それでも、大きな書店にはハロウィーン関連の英語絵本が売られていまるのを見かけました。今日は、書店で見たハロウィーン絵本のご紹介です。ハロウィーン以外でも使えそうな絵本もありましたよTrick or Treat on My Street/Grosset & Dunlap¥価格不明Amazon.co.jpI Love You, Little Pumpkin! (Snuggle-Me Stories)/Little, Brown Books for Young Readers¥ [続きを読む]
  • 英語の発音 ネイティブの発音は正しいか
  • シドニーの英語学校の、ビギナーとエレメンタリークラスで英語を教えています。この前、とあるネイティブの先生に、私の発音を注意されました。注意された単語は、question。その先生が言うには、question のqu  の音は、/ke/ 。え?qu の音ってkeでしたっけ?とりあえず、その場はこの先生の音を繰り返し言っておきました。でも、おかしくない?調べたら、questionqu の音は、/kw/。この先生の発音だと/w/の音が抜けています。 [続きを読む]
  • 海外で、日本人を毛嫌いする日本人
  • シドニーの英語学校の、ビギナーとエレメンタリークラスで英語を教えています。以前にも似たような記事を書いたのですが、また同じような出来事を目にしたので。。。書きます。海外留学や、ワーキングホリデーをしている人たちのアドバイスでよく聞くのが「日本人と日本語で話すのはやめよう。」「日本人と一緒にいるのはやめよう。」でもですね、私が思うに絶対に日本語を話しちゃダメってことないし、絶対に日本人の友達を作っち [続きを読む]
  • シドニーでの再会と出会い
  • 日本で児童絵英語の仕事に携わっていました。当時の生徒さんは皆、大人になっています。その時の生徒さんの一人が、8月、旅行でシドニーに来ました。12年ぶり以上の再会です。英語の先生になっていて、私が卒業した高校で教鞭をとっているそうです。すごいご縁を感じました。英語が大好きな気持ちが、英語を使う仕事につながったんだろうな。嬉しいかぎりです。そして、3年間、シドニーで英語を教えていたEちゃん。今年の始め [続きを読む]
  • 海外留学、先生との相性ってあるか
  • シドニーの英語学校のビギナーとエレメンタリークラスで、英語を教えています。語学学校で、自分のクラスを担当してくれる先生との相性ってあると思います。先生との性格の相性。先生の教え方との相性。以前にも書きましたが、相性が悪かったとしても先生がプロフェッショナルであれば、性格の相性が合わないのは仕方ないことのかな。。。と思います。プロフェッショナルじゃないというのはどんなことかは、コチラで記事にしていま [続きを読む]
  • オーストラリア生活ハイ
  • シドニーの英語学校の、ビギナーとエレメンタリークラスで英語を教えています。初めての海外、あるいは、初めてのオーストラリア。。。という学生もいます。こちらに来てすぐに、ホームシックにかかる学生もいます。そうかと思えば、自分の国にはなかったオーストラリアの良さを発見して、オーストラリア生活を存分に満喫する学生もいます。こちらでできた海外やローカルの友達と出かける。イベントに参加する。英語をいつでも使え [続きを読む]
  • 子ども向け英語番組、ナンバー1
  • 娘(ちゃみぃ)が子どものころ、私のほうが夢中になったテレビ番組ナンバー1。Barney and Friends。恐竜のBarney、ちっともかわいくない。。。けど、愛嬌があるんですよね。Best of Barney [DVD] [Import]/Lyons / Hit Ent.¥1,203Amazon.co.jpBarney - More Barney Songs [DVD] [Import]/Lyons / Hit Ent.¥961Amazon.co.jpI Love My Friends [DVD] [Import]/Lyons / Hit Ent.¥1,204Amazon.co.jpマナーとか、子どもの知的好奇心 [続きを読む]
  • 英語学校、こんな時はクレームしよう!
  • シドニーの英語学校のビギナーとエレメンタリークラスで英語を教えています。先日、クレームされたことを記事にしました。↓  ↓  ↓オーストラリアの英語学校、そんなクレームありですか?こういうクレームはね。。。私がネイティブだったら、でなかったと思う。日本人(アジア人)でノンネイティブの先生は、「文法しか教えない。」「発音を教えられない」と、頭から思ってるから出たんだろうな。。。結局、言われたことを取 [続きを読む]
  • オーストラリアの大学院、論文
  • 娘(ちゃみぃ)の大学院での勉強。あと少しで終わります。というのも、現在論文を仕上げる最終段階にきているからです。週2日、小学校で教えながら、論文執筆に向けてインタビューしたり、専門書を読んだり。論文を提出したら、しばらくはゆっくりできるね、ちゃみぃ。そして、日本だ〜論文は、後ほどウェブサイトでアップされるかもしれないそうなので、もしもそうなったら、ここでお知らせさせてください。ブログを読んでいただ [続きを読む]
  • 児童英語のワークショップ 
  • 今年は早々に日本行きの航空券を買いまして。。。年末年始は日本です。毎年、日本に行くのに合わせて児童英語のワークショップを開催していました。でも今年は、開催しないことにしました。今の仕事に集中したいこと。(準備を含め)ホリデーは仕事なしで楽しみたいこと。が、その理由です。児童英語の世界は大好き。児童英語だけじゃなく、英語指導法とか、英語力アップのワークショップも開催してみたい。でも、今年はホリデーを [続きを読む]
  • ハロウィーン、レッスンアイディア
  • オーストラリアでも、最近認知度を高めつつあるハロウィーン。児童英語教室の先生は、ハロウィーンパーティーの準備で忙しい時期ですね。ハロウィーンのレッスンプランを考えるのも大変ですね。これは昨年やった。この絵本はもう読んでる。長く教室に通っている子どもにとっては、ハロウィーン関連の表現はすでに何度も学んでいて、もう知ってる。つまんない。なんてことを言われたりすることもあるでしょう。私、思うんです。ハロ [続きを読む]
  • シドニーの英語学校、英語教育界の著名人
  • シドニーの英語学校の、ビギナーとエレメンタリークラスで英語を教えています。この前の土曜、Certificate IV in TESOLを勉強していた時にコースを担当していた、トレーナーの先生に会いました。オーストラリアの外国語としての英語教育界の著名人の一人です。そして、私のキャリアを英語を教える道に戻してくれた先生です。メールやSMS等でのメッセージのやり取りはあったものの、会うのは約2年半ぶりです。久しぶりの再会でした [続きを読む]
  • IELTS、オンラインコース期限切れ
  • 3か月前にオンラインのIELTSコースの受講を始めました。予想以上にボリュームがあって、いい意味で期待を裏切ってくれました。受講後に、短期で仕事が入ったり、その後も、コンスタントにいつもの職場で朝のシフトや、昼のシフトをいただいたり。。。で、勉強する時間がないで、ほとんど手をつけられずに終了。再度、受講しようと思っています。今猛烈に忙しいので、始めるなら、日本にホリデーで帰る時期かなぁ。。。とりあえず [続きを読む]
  • 海外の語学学校、英語が話せるようになる
  • シドニーの英語学校のビギナーとエレメンタリーレベルで、英語を教えています。先日、オーストラリアの語学学校の中で、最先端の英語教育を提供している学校の一つのインタビューに行ってきました。↓  ↓  ↓海外で働く、英語学校の面接に行くそこで言われたこと。CELTAでは、スピーキングの時間をたくさん入れるようにと学ぶ。学生もスピーキング力を伸ばしたいっていう。でも実際には文法を教えることに時間をかけることが [続きを読む]
  • オーストラリア生活、感心すること
  • 今日は、英語関連とは異なる記事を書きますね。日本ほどではありませんが、朝の電車は通勤と通学の人たちでいっぱいです。いつも感心すること。それは。。。公共の交通機関で、席を譲ることが当たり前にされること。なぜかわかりませんが、私、よく席を譲ってもらいます。小っちゃくて細い、白い顔したアジア人が、重そうなバッグを持って電車に乗ってきたら。。。不憫になるのかな。この前の金曜も、席を譲ってもらいました。ご高 [続きを読む]
  • 海外で働く、英語学校の面接に行く
  • シドニーの英語学校のビギナーとエレメンタリークラスで、英語を教えています。今の仕事は大好き。でも働く条件や、自分を切磋琢磨できる環境を考えたとき、今の学校では不十分と考えています。先日、いつか働いてみたい学校の求人が出ました。ダメもとで応募すると。。。面接に呼ばれました。学校の施設や学生にとっての学ぶ環境を考えると、素晴らしい。英語を習得することが第一目標の学生たち。今の学校と比べたら、授業料も高 [続きを読む]
  • ハロウィーン、絶対欲しい英語絵本
  • ハロウィーンで使えそうなInteractiveな英語絵本を図書館で見つけました。ここで言うInteractiveとは、本に書かれていることを聞いている人(読んでいる人)がすることで、話が展開していきます。例えば、Shake the book and turn the page...というようにです。There’s a Monster in Your Book/Puffin¥1,137Amazon.co.jpThe Scared Book (English Edition)/Hachette Australia¥価格不明Amazon.co.jpハロウィーンパーティーでも [続きを読む]
  • オーストラリア留学、手を出してはダメなもの
  • シドニーの英語学校の、ビギナーとエレメンタリークラスで英語を教えています。先日、このような記事を書きました。↓  ↓  ↓オーストラリア留学、お金のこと オーストラリアに長くいたい。でも、資金がない。あるいは資金が尽きてきた。ビザとり英語学校に通って、働きながら、学校に行って長期滞在する方法をとる。それでですね、まぁ、働いていれば、いろいろありますよ。カジュアルで働いているのであれば、急に解雇され [続きを読む]
  • 英語の児童書、大人の多読
  • 自分の英語力を考えたとき、洋書を読むにはまだ難しい。。。ことってあると思います。それで考えるのが、「英語の児童書」を読むこと。児童書でも、学べる語彙ってたくさんあります。読みやすいから多読もしやすい。問題は。。。児童書なだけに、ストーリーの展開が予想できちゃう。私の場合はそれに加えて、「そんなこと実際にあるわけないでしょうよ。」と、大人目線で捉えちゃうんですよね。でも、児童書レベルでも学べる表現や [続きを読む]
  • 人生を変えた、オーストラリアの語学留学
  • シドニーの英語学校の、ビギナーとエレメンタリークラスで英語を教えています。オーストラリアの語学学校に通うメリットって何でしょう英語力のアップは、もちろんです。でも、私が思う大きなメリットは、1 様々な国の人と交流できる。2 日本にいたら、  知る由もなかった  考え方や  価値観を知る。3 日本にいたら  できなかったであろう  経験ができる。  (いいことも、   悪いことも。。。)です。私は、 [続きを読む]
  • オーストラリア、スイーツ・デザート生活
  • 子どものころから、甘いものが好き。ここ最近、ますます好き。オーストラリアのスイーツ・デザートクイーン。私です。あっ自称です。ちょっと前までシドニーのカフェって、どこに行っても同じだなと思っていました。それがSNSの普及のせいか最近おしゃれカフェが増えたのです。それに合わせて、カフェ独自で、創意工夫のあるスイーツ・デザートを出すようになりました。ということで目下の日々の楽しみは、スイーツ・デザートハン [続きを読む]
  • オーストラリア留学、お金のこと
  • シドニーの英語学校のビギナーとエレメンタリークラスで英語を教えています。英語力の向上を目指すなら、英語学習に集中できる時間をできるだけ、たくさん作ること。アルバイト先や友達と、英語でコミュニケーションができる時間をもつ。一人の時間も、なんらかの形で英語にふれたり、英語そのものの学習に充てる。それでですね。これをするためには、ある程度の資金の準備が必要なのです。資金とは、1 学費2 働かなくても暮ら [続きを読む]
  • 英語絵本、動物たちに「おやすみなさい。」最後まで素敵!
  • 図書館で、寝る前の子どもに読み聞かせしてあげたい絵本を見つけました。I just want to say good nightI Just Want to Say Good Night/Nancy Paulsen Books¥2,114Amazon.co.jpアフリカに住む女の子、Lala。ベッドに行く前にしたいことは、動物たちへのGood night.Lalaの身近にいる動物たちに、おやすみを言って。。。最後は何にGood night.っていうのは。。。ネタばれしちゃうと面白くないけど、絵本を選ぶ時の参考にしていただ [続きを読む]
  • 海外在住、日本の家族の余命宣告
  • 今日は、父がなくなってから3年目の日です。シドニーに移住する前に考えていたのは、「親の死に目にはあえないだろうな。」ということです。これは海外在住をしている人が、一度は考えることなのではないでしょうか。そういうこともあると覚悟を決めて、海外移住しているんじゃないかな。。。日本にいたって、何かあったときすぐにかけつけることができないことってある。海外に住んでいれば、それがもっとできないということです [続きを読む]
  • ネイティブは英語学習者の気持ちがわかるか 発音
  • ビザとり英語学校のビギナーとエレメンタリーレベルで、英語を教えています。先日、このような記事を書きました。↓  ↓  ↓ネイティブは英語学習者の気持ちがわかるか 単語 今回は、前回の記事とは別の先生の話です。エレメンタリークラスで、発音の練習をしたときのこと。授業が終わったあと、とあるクラスの先生が私のところに来て。。。先生「自分は、  Education psycologyを  大学で学んだ (だいぶ前のこと)。」 [続きを読む]