Tomozo さん プロフィール

  •  
Tomozoさん: ゆずみそ手帖
ハンドル名Tomozo さん
ブログタイトルゆずみそ手帖
ブログURLhttp://livinginnw.blogspot.com/
サイト紹介文シアトル在住、英語と日本語の間でいつも戦い、さすらう脳天気な翻訳者のご近所&脳内&あちこち放浪日記。
自由文12年住んだオアフ島から2009年にシアトルに引越しました。英日翻訳をやっています。大学生息子と2人家族です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2010/12/27 08:03

Tomozo さんのブログ記事

  • 過眠ペンギンと紫蘇ジュース
  • シアトルはシアトルなりに猛暑なり。…でも、天国のように涼しく感じられます。昨夜は暑くて寝苦しいくらいだったけど東京に比べたら(以下略) 。旧友みもりんがくれた、ふざけたおみくじ。むかし駄菓子屋にあった「点取り占い」みたいだな。出口かずみさんという人の絵本といっしょについていた。とにかくよく寝てしまうペンギンの話の絵本。身につまされる。「ちょっと横になるはずでも気付くと8時間ねている」どころか、きょう [続きを読む]
  • 深川不動尊、お茶漬け、カフェ犬、漱石先生
  • 本日シアトルに戻りました!涼しい!いやシアトルにしたらマックスに近いくらい暑いけど、東京に比べたら天と地です。だって散歩をしても全身汗まみれにならない。さっき近所のスーパーに行ったらレジのおばちゃんが、あついからミニ扇風機を据え付けているのだと自慢したので「いや実は今日トーキョーから帰ってきたんだけどね…」と、昨日までの地獄の暑さをひとしきり自慢した。そんな熱暑のトーキョーの最終日ちかく、なおみ先 [続きを読む]
  • だんご虫のハンカチーフ
  • 30代のころに女性雑誌のコラムかなにかに感化されて、大人だからハンカチは白の麻にしなくちゃと思ったことがあった。しばらく白いハンカチを使ってみたのだけれど、やっぱりどうにも自分のキャラには合わなかった。よく考えたらわたくしは、『家庭画報』に出てくるマダムでもなく、タイトスカートのスーツを着こなすキャリアウーマンでもなく、要するにきちんと糊のきいた麻のハンカチが似合う女ではなかったのである。どちらかと [続きを読む]
  • ここは熱帯
  • 連日、関東地方は35度越え。華氏95度!ときくと、さらに驚く。中国地方や四国にも甚大な被害があった先週の水害、この猛暑の中でライフラインが復旧しないところもあると聞きます。一日も早く落ち着いた生活に戻りますように。しかしこの時期にこの東京でオリンピックをやろうとしているこの国は正気なのか。64年の東京オリンピックは10月だったのですよね。その時よりもずっと暑くなっているのに。エアコン室外機の熱気と、アスフ [続きを読む]
  • 台形
  • 国立にある不思議なダイニング「台形」。とても意味ありげなこの名前ですが、 台形の土地にたっているから台形。なのだそうです。ご主人が世界各地や日本各地であつめているという、不思議な骨董品にかこまれたお店。 壁には、古い護符や異国の家族の古い写真。ところで大黒天というのはシヴァ神の化身だったんですねー。印度では憤怒の神が、日本へ来ると打ち出の小槌を持った微笑みの神になるふしぎ。 マダムMが以前からとても [続きを読む]
  • セーラー服おじさんにお会いしてきました
  • セーラー服おじさんにお会いしてきましたー。 待ち合わせ場所は中野駅。平日のお仕事帰りなので「B面」(サラリーマン姿)で登場かと思ったら「A面」(ごらんの服装)で改札にご登場されたので、同行のマダムMともども大騒ぎ。途中、カラオケボックスで着替えてくださったそうで、着替えのはいったスーツケースをゴロゴロ引いてきてくださいました。 マダムともども超ハッピー。ありがとうございましたー!!まずは焼き鳥屋さんに [続きを読む]
  • 象に乗ったイケメン
  • にしんそばを食べたあとで東寺に行きました。どーん。迫力の大門。お大師さん像に花がそなえられている。すこーんと広い境内。伏見稲荷とちがって観光客は少ない。こちらの「講堂」のなかに立体曼荼羅があります。建物は何度か火災にあい、現在のものは江戸時代の慶長年間に再興されたものだとか。中は撮影禁止なので、いただいたパンフレットから。詳細は東寺のサイトをどうぞ。ここには空海さんが考案したといわれる「立体曼荼羅 [続きを読む]
  • きつねたちの山
  • 京都は何度も行っているのだけど、かなりの有名どころの寺社や名所のいくつかはまったく行ったことがありません。伏見稲荷もそのひとつで、今回はじめて行ってみました。阪急電車の駅からきつねさんがお出迎え。駅構内からもうすでに鳥居的。 ここもインバウンドの観光客が実に多くて、修学旅行生を別にしたら全体の7割くらい外国人という感じだった。 キモノを着た2人組の中国人らしい女の子に、オーストラリア人らしい白人のおじ [続きを読む]
  • 大雨の京都、濁流と八坂神社のキモノ観光客
  • 和歌山のほうに数日間行ってきて、きのうの夜京都に戻りました。そしたら鴨川がたいへんなことになってました。丸太が流れている!こちらは先週の、いつもの鴨川。 鵜が魚を獲っている、のどかな浅い川でした。そしてこちらが本日。濁流の鴨川をとぶ鴨ちゃん。観測史上最高水位なのらしい。 しかし大雨のなか、みんなよう自転車に乗って出かけてはる。地区によっては避難勧告も出ていて、京極や河原町のあたりでも三分の一くらいの [続きを読む]
  • IJET-29
  • 大阪へは、日本翻訳者協会のカンファレンスIJET-29に参加するために行ったんでした。場所はキラキラしたグランフロント大阪。参加したのは東京、仙台とこれで3回目。今回は350名くらいの参加者だったらしいです。毎回企画を練って場所を確保しその他もろもろ運営される実行委員会の皆様には頭が下がる。1日目のバンケットは新阪急ホテル。 雅楽の演奏つき。かわいい「福娘」ちゃんたちも登場してました。日本だね。ごはんは盛りだ [続きを読む]
  • 水茄子と曽根崎
  • 大阪に行ってました。大阪も人が多い。梅田はカオス。そして左側通行。東京よりも、人の歩く速度が遅い気がする。単に週末だからか。 北浜のクラシックな建物。おもしろーい。昭和初期?アールデコを独創的に解釈したかんじ。オシャレなウイスキーバーやらブティックやらが入っているらしいです。大阪の女N美ちゃんがかっこいいお蕎麦屋につれてってくれました。魯山人じゃなくて土山人。 鬼ちゃんがみはっている入り口もお洒落。 [続きを読む]
  • あの人のふるさと
  • なおみ先生のお宅に滞在中、1日だけすかっと爽やかに晴れた朝に、自転車を借りて柴又へ行ってみました。柴又といえばこの人。寅さんとさくらちゃんの像が駅前に。朝10時ころ到着だったかな。まだお店も開いたばかりで観光客もまばら。帰る頃には団体さんがわーっとやってきていました。柴又に来たら団子はお約束、というわけでみたらし団子を1本購入。しかし高い。団子1本170円かい!観光地じゃのう。まだ人が少なく静かな門前、ね [続きを読む]
  • コロッケ未遂
  • 京成線の立石という駅の駅前にたいへん美味しい肉やさんのコロッケ&メンチカツがあるというので、なおみ先生とわざわざ電車に乗ってコロッケを買いに行きました。が、お休みだった。朝からコロッケに向けて調整をしていただけに、二人とも大きなかなしみを味わった。コロッケの不在をたこ焼き大ちゃんで埋める。美味しかったです。でもアツアツで、一気に食べると口のなかが大変なことに。通過するちょっとやさぐれた猫たちや、謎 [続きを読む]
  • 交流できなかった
  • 先週は東京下町にお住まいの、版画家のなおみ先生のおうちに3泊ほど泊めていただきました。おばあ様が長年お一人でお住まいだったというとっても昭和なつくりのおうち。うちの祖母がやっぱり一人で長年住んでいた2階建ての家によく似た間取りで、そしてまるで忍者屋敷か天守閣のような急な階段もなつかしい。1階に子象くらいの大きさのリトグラフ用のプレス機を設置してアトリエにしていて、もういちいちあるものがツボすぎて住 [続きを読む]
  • 雨と明神
  • 雨の御茶ノ水界隈。クライアントさんとの打ち合わせのあと、神田明神に行ってみた。 ビルのあいだにある緑の鳥居。絢爛豪華な門。きりりとしている。大祓の茅の輪がありました。本殿も屋根のラインがかっこいい。都会的な感じ。雨は小止みになってくれて、しっとりした風情。お社の脇に小さい馬ちゃんがいた。自作イラストつきの絵馬が多いなあ、なんだろう?と思ったら、なんか最近アニメの舞台になったらしく、「巡礼」でファン [続きを読む]
  • お墓のはしご マレーの虎の霊園
  • 日曜日はお墓のはしご。父方の家のお墓はさいたま市にあり、母方の祖父母のお墓は小平駅の前の小平霊園というところにあるので、半日以上かけての郊外ドライブでした。【メモ】小平霊園に行くときはお花とお線香、ハサミと軍手をもっていくこと。霊園前に石材店が並んでいてお花を売っているんですが、さいたま市の霊園前ではセットで1050円なのに、こちらは1700円。さすがに都内は高いですね。【メモ】霊園に行く前に区画のメモを [続きを読む]
  • なみすけとちくわパン
  • 昨日の朝、連ドラでも見るべかなと思ってテレビをつけたらその瞬間に関西で地震があったとニュース速報が流れ、地震情報に切り替わってしまいました。震度6だというのでびっくり。大阪の友人たちはみんな無事でほっとしたものの、テレビやツイッターでながれて来る被害の映像に何度も震え上がりました。東京も、そして米国西海岸もいつ地震が来てもおかしくない地域。できる限りの備えはしておかなくてはいけませんよね…。といつ [続きを読む]
  • ランチがさらに安い。
  • 国立大学通りのお蕎麦屋さんの前の盛り合わせ。こちらは新宿駅。ホームに入ってくる列車に頭を下げる清掃員の方々。こういう光景もしばらくぶりに見ると、軽く衝撃的です。東京に着いた日は、スーツケースを引きずって吉祥寺へ直行しました。中学高校が吉祥寺だったので(高校は1年ちょっとしか行かなかったし学校に行ってる時間よりも街をフラフラしていた時間のほうがきっと長かったけど)、なにかというと吉祥寺に足が向いてし [続きを読む]
  • 天神様と子連れ犬とニワトリとフクロウ
  • うち(弟の家)から国立駅への間にある谷保天満宮に行ってきました。ずっと前にたしか、母と行ったことがあると思う。 巨木に囲まれてしっとりした雰囲気の天満宮です。牛ちゃんの像の写真を撮ろうと思ってて忘れた!太宰府にくらべたらこぢんまりとしてますが、飛梅もあるし、梅園があって、梅の花の時期に来たときには甘酒の屋台があった。ニワトリちゃんがたくさんいます。なぜか立派なオンドリばかり。こちらは神楽殿。時代劇 [続きを読む]
  • ランチが安い。
  • 関東地方は雨です。沖縄に台風が来ているらしい。わたしとしたことが晴れ女の面目まるつぶれ。でも死ぬほど暑いよりはいいな。2年前の夏、何を着ても3歩歩くと滝のような汗をかいていたのを覚えていたので長袖はカーディガンしかもってこなかった。けっこう寒いです。バスで国立に行ってみた。駅前の桜の並木のところにいろんなあじさいが植えてある。あじさいはシアトルにもたくさんあるけど、日本の湿度の中で見るとさらに風情が [続きを読む]
  • あなたに可能な限りの最高のバージョンになってほしいのよ
  • 日本に来ています。シアトルを朝出発したときは大雨だったけど、上空は快晴(あたりまえ)。霊峰タホマ AKA レーニア山が、雲の中からお見送りしてくれました。ポートランド経由だったんだけど シアトルからの便の到着が遅れて、ポートランドの空港では乗り継ぎの時間がまったく時間がなくて残念でした。久しぶりに10時間のフライト。長いね!日本は2年ぶりです。機内ではLady Birdを観ました。面白かった。ごく平凡な街のごく平 [続きを読む]
  • チェリー通りとIBMビル
  • 久々にダウンタウンのチェリー通りを通りました。前にコロンビアタワーのローファームでバイトでしていた時の通勤路。コロンビアタワーの隣りに、新しいビルが完成してた。香港ぽいなあ。「F5 タワー」。ああそうそう、あのワールドトレードセンターの新しいビルと似てるね。19世紀からのシアトルエスタブリッシュメントの社交場、レーニア・クラブのすぐ真後ろです。こちらはミノル・ヤマサキさんのIBMビル。この向かい側のレーニ [続きを読む]
  • 若いソロとザ・銀河
  • このあいだ、ジェニファーちゃんと『SOLO』を観に行ってきました。期待以上に面白かった!ミレニアム・ファルコンとチューバッカの登場シーンでは熱いファンから拍手と歓声があがっていたよ。(わたしもヒューヒューいいたかったけど我慢した)スターウォーズシリーズは、このところスピンオフのほうが面白いなあ。ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクくん(覚えられん)、89年生まれなのかー。遠い目になるなあ。オリジナル [続きを読む]
  • 300年のものさし
  • チャイナタウンの近くに髪の毛を切りに行った帰りに、ダウンタウンの滝の公園でサンドイッチ。ああ贅沢。この公園の中はセキュリテイのお兄ちゃんが常駐して目を光らせていますので、ホームレスさんたちの多い地点なのだけど、おっちゃんたちは入ってこない。カフェテーブルとチェアがたくさん置かれ、カップルや家族連れが滝の前で写真を撮ってる。コーヒーを片手に仕事している人もいる。パイオニアスクエアの中にあって、ここだ [続きを読む]
  • 人のうらやむ生活でも
  • 久々にしとしと雨の1日でした。きょうは家で仕事なので、しっとりした天気で落ち着きます。しかし頭は落ち着かない。散歩に出ると、ドッグウッドがなだれのように満開です。 アンソニー・ボーデインさんが亡くなったって朝いちのニュース速報で見て、うっそー!と大声をあげてしまいました。自殺?? 世界を旅して、おいしいものを食べ、面白い人に会うという職業。CTちゃんと、「この人って、世の中で一番イイ仕事してるよね」と [続きを読む]