Tomozo さん プロフィール

  •  
Tomozoさん: ゆずみそ手帖
ハンドル名Tomozo さん
ブログタイトルゆずみそ手帖
ブログURLhttp://livinginnw.blogspot.com/
サイト紹介文シアトル在住、英語と日本語の間でいつも戦い、さすらう脳天気な翻訳者のご近所&脳内&あちこち放浪日記。
自由文12年住んだオアフ島から2009年にシアトルに引越しました。英日翻訳をやっています。大学生息子と2人家族です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2010/12/27 08:03

Tomozo さんのブログ記事

  • カニアカププの廃墟へ
  • オアフ島で、ラウラウちゃんと行った短いハイキング!カニアカププという場所です。カニアカププ。Google日本語変換に覚えさせるのにちょっと苦労した。ここは何かというと、カメハメハ3世が建てた、夏の別荘跡です。ヌウアヌの森のなかにあります。毎日通勤で少なくとも1000回くらい往復したヌウアヌ・パリのすぐ近くにあるトレイルだけど、存在も知りませんでした。今回のオアフ島で、ほんとにわたしは12年住んでいたのだろうか [続きを読む]
  • シアトルの黒歴史と、今日の収獲
  • なぜか大変忙しくなってしまった11月。仕事とお勉強でものすごく引きこもり度の高い、たいへんに充実した毎日である…(ヽ´ω`)ヽ´ω`)ヽ´ω`)…きょうも人間にあわなかったぜ……。 仕事の息抜きに、毛をすきながらレイシストの歴史を読む。たくさん取れました。たまにこんがらかった毛の束がとれると、ものすごい達成感がある。こんなことで幸せになっている自分がちょっとかわいそうになる午後。シアトルのKKK団です。1923 [続きを読む]
  • 雨とゆれる橋とよく喋る人
  • 来週水曜日まで雨マークのシアトルでございます。先週からなぜか急に忙しくて週末はずっとひきこもり。雨だし、いいんだけど。今日も授業に行けるかどうかきわどいところだったけど、ベトナム戦争のところは聞き逃したくなかったので無理くり行きました。バスでー!今いるところから学校へは、湖をわたってバスを乗り換え。待っても待っても次のバスがこないので、歩いた。そこから教室まで歩いて20分弱。するとタイミングよく横な [続きを読む]
  • 猫はなんでも知っている
  • ねこシッターにきています。しんのすけくん、りんたろうくんに加え、ぴちぴちギャル―ズが2名加わって、非常に微妙な猫界のダイナミクスが目前に毎日くりひろげられる。たいへん興味深い。 もうこのお嬢さんたちはエネルギーと好奇心のかたまりです。目を離すととんでもないところに突入している。 右を見ても左をみても肉球だらけで幸せです。しかし時間が足りねえ!!!たしか1週間には7日あったはずだったのに、みんないったい [続きを読む]
  • ホノルルの代官山 
  • 脳内ハワイ遠足シリーズ。年に4回くらいハワイに行けるようにしたいなー。そうだ、ラウラウちゃんちで仕事すればいいんだな。(ΦωΦ)フフフ…こちらはホノルルで、ラウラウちゃんと、マーケティングコンサルタント&翻訳者のAKIちゃんとそのご友人とお出かけしたカカアコの新施設「SALT at Our Kakaako」。 カメハメハスクールの基金が所有する物件のひとつだそうで、とっても地元志向。ニューでオシャレなハワイのカルチャーを盛り [続きを読む]
  • ホノルルのスイートホーム
  • 冷たい雨のふる11月に、脳内だけホノルルへ。ああ、どこでもドアがほしいにゃあ。マダムMが帰国されたあと、ハワイ滞在のラスト5日間はホノルルにお住まいのラウラウちゃんちに泊めてもらいました。もうこれもまた、ハレイワのメリーベスちゃんちと並んで、オールドハワイな風情でいっぱいの素敵ハウス。芝生のお庭にはもちろんプルメリア〜。マンゴーの木の下にピクニックテーブルがあり、ブーゲンビリアにパパイヤに、ビワの木ま [続きを読む]
  • 2022年の大停電の話
  • 『ブレードランナー 2049』の27年前の世界で発生したレプリカントテロによる大停電エピソードのアニメ短編がYouTubeで公開されてるの知りませんでした!監督は『サムライチャンプルー』の渡辺信一郎さん。サムライチャンプルー、うちの息子が中学校のとき、「Adult Swim」でよく見てたなー。わたしはあんまりちゃんと見たことないんだけど。 『Blackout 2022』は 15分の短編だけど、画面の密度がものすごーく濃くて、みごたえがっ [続きを読む]
  • ワシントン大学のシニア向け無料聴講制度
  • 昨日の雪は止んで、今日はよく晴れた綺麗な一日でした。でもちょっと寒い。本日のキャンパス。「レーニア・ヴィスタ」という噴水広場で、名前のとおりこの噴水のむこうの真正面にレーニア山がきれいに見えるのだけど、写真だとほとんどわかりませんね。この噴水は、アラスカ・ユーコン博覧会のときに作られたものです。この博覧会のことも以前、このブログの記事に書いたことがありました。4年半前だわ、うわはは。この左手の建物 [続きを読む]
  • 超80年代
  • 急に予想外のボリュームのお仕事が舞い込んできて、たいへん嬉しいのですけど、どひゃ〜、あわあわ。となっている折、Netflixの Stranger Things シーズン2が公開されてしまいました。シーズン1も超大好きでした。すべてが王道。 キャラクターが全部いい!ウィノナ・ライダー最高。 舞台は1984年。キャラクターたちのヘアスタイルも洋服もミュージックも小道具も、涙でるほどオーセンティック。しかし。80年代って、もはや「時 [続きを読む]
  • 雪とイクラとハンサム君
  • お寒いざます〜!!シアトルは今朝、華氏35度(1度C)!きのうは雪が降ってました。うちのへんでは全然積もらず地面につく前に消えてしまう雪だったのでしたが、明日の朝も雪だってよー!あっという間に冬ですね。そんなきのうの空。雲が、いかにも凍ってる感じでぼわーんとキラキラしてる。まことに寒そうな空でした。こずも食堂主人のくーちゃんママに、貴重な地元産いくらをいただいた!ご友人の特製だそうです。身近に鮭釣りに [続きを読む]
  • イオラニ宮殿の悲劇(その2)
  • カラカウア王は新しもの好きで、宮殿に当時最新技術であった電灯をつけるため、私費を投じて蒸気発電機を設置したそうです。電話や水洗トイレまで完備。この宮殿は明治15年完成ですよ。当時、まだホワイトハウスにも電気は引かれていなかったそうです。立派なトイレ。この宮殿は、完成からほんの10年ほどで、ハワイ王国が乗っ取られる舞台となってしまったのでした。今回、森出さんにツアーで案内してもらいながら、そのひどい話を [続きを読む]
  • イオラニ宮殿の悲劇(その1)
  • 冷たい雨の降るシアトルですが、脳内では妄想ハワイに戻っています。今回のホノルルでは、地元ライターの森出じゅんさんのご案内で、イオラニ宮殿ツアーに参加しました。森出さんは『ミステリアスハワイ』『ハワイの不思議なお話』という著書を2冊出されている、ハワイのエキスパート。ブログも書かれています。イオラニ宮殿のドーセントのボランティアをずっとされていて、毎週水曜日の日本語ツアーがご担当です。マダムMが森出さ [続きを読む]
  • 今一番忙しい人たち
  • 今日も良い天気でした。毎日言ってますね。でも予報では明日から雨みたい。気温も下がるようです。今日は春みたいにぽかぽか陽気で、薄手のセーターに薄手のコートでも歩いてると汗をかくほどでした。なにかの常緑樹の花が満開で、気持ちよくあたたかいので外のベンチに座って本を読もうと思ったら、黄色の花粉の雲がどわっとやってきて、全身花粉まみれになってしまいました。こんな時期に花が咲くんですね。何の木だか見てこなか [続きを読む]
  • サンセットビーチのサンセット
  • 中間試験も終わったのでハワイ日記の続きを書いて思い出にひたります。ハワイは仕事で行ったんですよ!ほんとですよ。クライアントさんと会合したり、取材したり、けっこう忙しかったんですよ。あーたいへんだった。 そしてこちらは、その合間の休日に息抜きでいきました。私が世界でもっとも愛する砂浜です。サンセットビーチ。 ハワイなのでいちおう水着を持っていこうかと思い、10年以上前にハワイで買った一枚きりの古い水着を [続きを読む]
  • 君だけではないのだ
  • 今日も午後から晴れて、明るい1日でした。じゃなくて半日か。うちの近所は東京杉並区なみに建て込んでるので、夜などブラインドを開けておくと、お互いに家のなかみが金魚鉢のように丸見えです。今日は、夕方帰ってきてうちのドアを開けるときにふと隣のアパートの明るい窓をちらと見たら、カトリックの尼さんがいたのでびっくりした。こんなところにシスターが住んでいるのか!?と一瞬思ったけどそんなわけはなく、ハロウィーン [続きを読む]
  • レプリカントたち
  • Cineramaで、『ブレードランナー 2049』を観てきました。シネラマの前に、ポップコーンの街角ボックスアートができてた。映画は良かったです!あちこちに「んん?」と思うところもあったし、ストーリーテリングはもうちょっとこうしてほしかった、というところがないではない。ちょっと不親切すぎる気もする。でも2049年の雪の降るロサンゼルスと荒れ果てたサンディエゴを観るだけでも、劇場にいく価値はありでした。ひとつひとつ [続きを読む]
  • スザロにスタバができていた!
  • スタバ好きの「うーすか」ちゃんに特報です。 うちの学校の目玉物件、スザロ図書館です。この図書館については前にも何度もご紹介いたしました。うーすかちゃんもシアトルに来たときに、当然行ったよね。ホグワーツな読書室と、結婚式場のような美しい階段のある建物です。 なんとこの中に、ピカピカのスタバができていたのを今週月曜日に発見いたしましたよ!じゃじゃーん。図書館のあの意外に狭い入り口を入ってすぐ右、以前カフ [続きを読む]
  • 平和な町のモンスター
  • おかげ様で、風邪はほぼ治りかかり、無事に試験も受けてまいりました!上の写真は月曜日、教室の窓から。今日は雨まじりの曇り空です。酒粕甘酒、キムチ、レモンと生姜、そしてネギと生姜を大量投下した鶏スープという連合軍を揃えて迎撃しました。そしてよく寝る!精鋭甘酒部隊が特に利いたと思う。もう1年以上冷凍庫でねかせていた、ラウラウちゃんからもらったおいしい日本の酒粕の最後の200グラムでした。もうだめかと思ったら [続きを読む]
  • 歩ける町の幸せ。
  • うーん、今日はかなりの時間をアメリカ現代史超特急詰め込みに費やそうとしましたが、やっぱりメモリのキャパシティが追いつかないわー。デジタルクリエイターズのメルマガに、「Walkable」というコラムを書いてます。でも実はだいぶ前にぽんず単語帳に書いたのの焼き直しです。ほかのネタで書きはじめていたのだけど、時間がなくなってしまいました。 こちらに再録しましたのでよろしければご笑覧くださいませ。今日も快晴。外は [続きを読む]
  • おばちゃん学生の秋学期
  • いかーーん、風邪ひいた!ハワイから帰ってきたあと、すぐ秋学期がはじまっています。ていうかもう始まっていました。いままでこの大学の「イブニング・ディグリー・プログラム」、すなわち夜間のクラスをとっていたのですが、そのプログラムが資金難のため、昨年度限りでなくなってしまった。なので、今学期からは昼間の生徒になっているのです。昼間のキャンパスは、人が多くてびっくり(笑)。そりゃいるよね。いままで薄暗いキ [続きを読む]
  • ボルシチと紅葉
  • 脳内ハワイ旅行の途中ですが、ちょっと現実に戻ってみました。とっぷりと秋に染まった雨がちのシアトル。今日は午前中とてもお天気よかったですが。同じ街角なのに毎日景色がかわるので、毎日の近所の散歩が雨でも楽しみです。雨落ち葉も風情があるけれど、日がさすとやっぱり紅葉の色がぐっと迫力を増しますね。近所のスーパーで、何かを語り合っているような妙なかたちのカボチャを発見。これは食べられるのかな…。あんまり美味 [続きを読む]
  • もり過ぎのわたくしとワイアルア
  • ハレイワの隣、ワイアルアは、その昔、サトウキビ農園のために作られた小さな町。人口3,761人。それが、そんなにいるんだ!と思うくらい静かで、もちろん信号もスタバもなく、マダムMと一緒に車でうっかり通りすぎてしまったくらいの、ちっちゃい町。メインの建物はいまでもかつての砂糖工場。そこが今では、お土産ものとか、ハンドメイドの石鹸とか、そこでローストしたコーヒーとか、サーフボードとかの店になっていて町おこし的 [続きを読む]