たけしくん さん プロフィール

  •  
たけしくんさん: 車の修理屋たけしくん
ハンドル名たけしくん さん
ブログタイトル車の修理屋たけしくん
ブログURLhttp://takeshi-kun.com/
サイト紹介文読めば納得!プロの自動車整備士のホンネを情報配信!
自由文自動車の本来の性能を引き出す調律師です。明らかに調子がおかしいのに「こんなものです」で片付けられていませんか?適切に整備された車はとても調子がよく、一般的に考えられているよりずっと長寿命なんですよ。僕はあなたにクルマを、そしてモノを大切にして欲しいと思っています。プロの自動車整備士の日常を情報配信!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/12/27 13:17

たけしくん さんのブログ記事

  • マフラー音量規制と検査の実態(96db規制 近接排気騒音)
  • 京都運輸支局の車検コースの向かって一番左の4コースは、ここ一か月以上入口のシャッターで閉鎖されています。その理由は、ヘッドライトテスターの故障だそうです。ブレーキ、ヘッドライト、スピードメーターの計測・判定を同一場所で行うマルチテスターが、受検時の操作が少ないので人気がありますが、このマルチテスターが備わる3コース、4コースのうち1つが使えなくなっていて、連日繁忙期並みの混雑。さらに最近では、新米 [続きを読む]
  • マフラー音量規制と検査の実態(96dB規制 近接排気騒音)
  • 京都運輸支局の車検コースの向かって一番左の4コースは、ここ一か月以上入口のシャッターで閉鎖されています。その理由は、ヘッドライトテスターの故障だそうです。ブレーキ、ヘッドライト、スピードメーターの計測・判定を同一場所で行うマルチテスターは、受検時の操作が少ないので人気があります。現在、このマルチテスターが備わる3コース、4コースのうち1つが使えなくなっていて、連日繁忙期並みの混雑。さらに最近では、 [続きを読む]
  • 10年10万キロを越えて愛車と共に
  • 特に国産自動車の品質は近年目覚ましく向上しました。10年10万キロが耐用の限界といわれていた時代がありましたが、現代の自動車はそれぞれ2倍ほど(場合によってはそれ以上)の耐用年数・耐用距離という印象があります。適切な時期に油脂類や消耗品を交換することが大切ですが、自動車の各部機構を設計通りに稼働させるためには、基本的に純正部品を使用し、そして、機械の負担を少なくする油脂類の選定がとても重要になります。 [続きを読む]
  • 10年10万キロを越えて愛車と共に
  • 特に国産自動車の品質は近年目覚ましく向上しました。10年10万キロが耐用の限界といわれていた時代がありましたが、現代の自動車はそれぞれ2倍ほど(場合によってはそれ以上)の耐用年数・耐用距離という印象があります。適切な時期に油脂類や消耗品を交換することが大切ですが、自動車の各部機構を設計通りに稼働させるためには、基本的に純正部品を使用し、そして、機械の負担を少なくする油脂類の選定がとても重要になります。 [続きを読む]
  • 学生時代の追想(マーチR → ハチロク AE86 GT APEX)
  • 前回記事『学生時代の追想(ファミリア4WD→マーチR)』の続き峠道の下りを思いのまま操れるマーチRは本当に楽しかったです。自動車が軽量で、下りの恐怖から解放されました。ブレーキは良く効くし、挙動が大きく出過ぎてもスグ止まる。そして、ツインチャージャーの強烈なトルクが掛かった前輪は、操舵方向を定めてアクセルを踏めば、グイッと車体を引っ張ってくれてラインから逸れる気がしませんでした。マーチRに乗って10ヵ月経 [続きを読む]
  • 学生時代の追想(ファミリア4WD → マーチR)
  • せっせとアルバイトして19歳で手に入れたマイカーは、即実戦可のフルラリー仕様、マツダ ファミリア フルタイム4WD(型式:BFMR)の中古車両でした(平成2年 京都工芸繊維大学体育会自動車部 旧部室前にて)。6点式のロールケージが組まれたボディは各部当て板など溶接されたフル補強。フルタイム4WDターボの戦闘力に期待が膨らみましたが、思ったほどの加速が得られません。運転のことも整備のこともほとんど知らない頃でしたから [続きを読む]
  • 10万キロ走行は折り返し点(DBA-HC24S 日産 ピノ, アルトOEM)
  • 法定12ヶ月点検でお預かりした日産ピノは、10万キロに達しました。平成21年式 DBA-HC24S K6A 5MT 走行距離103,000km最初にお客様と出会った平成25年の盛夏、走行距離はまだ25,000kmと少しでした。「自分の身丈に合った自動車を」と考えて辿りついたと、熱く語って下さったのがとても印象的でした。今では少数になった軽自動車のマニュアルミッション。ターボ過給する過激なモデルは意図的に避けたとおっしゃいます。Webでいろいろ [続きを読む]
  • セレスピード警告灯点灯の理由は?(アルファ 147, 156)
  • 3月中に満開になった染井吉野は、荒れた天候がなかったおかげで大変ボリュームのある見応えのあるものでした。そんな季節の変わり目、人間の体調管理が難しいのと同様、自動車の不調も出やすいのかもしれません。セレスピード(アルファロメオのセミオートマチック)の警告灯が点灯したとの連絡を受け、同日に2台診断いたしました。2台とも長年拝見しているアルファロメオで、バルブタイミングのチューニングを施してからはエン [続きを読む]
  • メルセデス A180(W169)にブリヂストン レグノ GR-XI を
  • 標準ではコンチネンタルを履くメルセデスA180(W169)に、お客様は静粛性と乗り心地向上を期待してブリヂストン レグノ GR-XIを選ばれました。平成21年式 DBA-169032 走行距離 74,000kmメルセデス承認タイヤではないものを履くことに僕は少し抵抗がありました。一番の懸念は早期摩耗です。高速道を走行しないことを条件に、市街地走行では硬すぎるコンチネンタルの乗り味を改善したいとのご希望でした。作業を開始します。旧装着タイ [続きを読む]
  • メルセデス A180(W169)にブリヂストン レグノ GR-XI を
  • 標準ではコンチネンタルを履くメルセデスA180(W169)に、お客様は静粛性と乗り心地向上の期待からブリヂストン レグノ GR-XIを選ばれました。平成21年式 DBA-169032 走行距離 74,000kmメルセデス承認タイヤではないものを履くことに僕は少し抵抗がありました。一番の懸念は早期摩耗です。高速道を走行しないことを条件に、市街地走行では硬すぎるコンチネンタルの乗り味を改善したいとのご希望でした。作業を開始します。旧装着タイ [続きを読む]