簿記講師論の職人@後藤みち男 さん プロフィール

  •  
簿記講師論の職人@後藤みち男さん: 簿記で人生変えないか?
ハンドル名簿記講師論の職人@後藤みち男 さん
ブログタイトル簿記で人生変えないか?
ブログURLhttps://ameblo.jp/misuta-1/
サイト紹介文簿記をキッカケに、人生を変えるチャンスを狙っている、あなたに対するメッセージ・ブログです。
自由文日本一の簿記講師を目指す。茨城県日立市唯一の日商簿記3級〜1級・公認会計士の受験指導の学習塾を経営。趣味は、簿記講義・漫画・ブログ・散歩。「簿記」を通じて人生を変えたいあなたに、キッカケ作りを与えるのが使命。商売人としても修業中。お互いに、現代版のサムライを目指して頑張りましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/12/28 03:11

簿記講師論の職人@後藤みち男 さんのブログ記事

  • 第147回日商簿記2級対策!連結会計が苦手があなたへ
  • 後藤充男です。 拙著・「平成29年9月改訂・驚異の合格率78%!日商商業簿記2級合格塾(セルバ出版)」がアマゾンで予約開始となりました。 また、10月10日に全国の大型書店を中心に並びます。 何といっても、連結会計は約100ページに渡って執筆をしましたので、かなり詳しい内容になります。 その一部を目次で示しますと、 1 連結会計の基礎知識(1)連結財務諸表とは……294(2)親会社と子会社……294(3)本 [続きを読む]
  • 真に自分らしく生きるためには
  • ゲシュタルトの祈り 私は私のことをして、あなたはあなたのことをする。 私はあなたの期待に応えるために、この世にいるわけではない。 あなたは私の期待に応えるために、この世にいるわけではない。 あなたはあなた、私は私。 もし偶然二人出会うことがあれば、それはそれで素晴らしいこと。 けれど、もし出会うことがなければ、それはそれで致し方ないこと。 BY フリッツ・パールズ <諸富祥彦著、『「本当の大人」になるため [続きを読む]
  • 人間というのは
  • 人間というのは自分の幸せを探求している間は幸せになれない。 幸せは追いかければ追いかけるほど、逃げていく。 逆に、自分が取り組むべき何かに我を忘れて取り組んでいるとき、自分の人生に与えられた「使命」に我を忘れて取り組んでいるときに、幸福は結果として、自ずと、自然発生的な現象としてやってくる(BY ビクトール・フランクル)。 あなたの「使命」は何ですか? [続きを読む]
  • 形のない幸福を追い求めることほど、不幸なことはない。
  • 後藤充男です。 「(中略)不幸というものは定義付けすることができます。病気になったり、事故に遭ったり、あるいは大切な人を亡くしたり、その形はハッキリと目に見える。 しかし、幸福には定義や形がない。あえて言うならば、不幸な状況ではないということでしょう。形のない幸福を追い求めることほど不幸なことはない。 (中略)テレビに代表されるメディアの催眠術にかかってはいけない。幸せの形だけばかり追いかけてはいけ [続きを読む]
  • あなたは「常に今日が最後の日と思って生きる」なんてできますか?
  • 後藤充男です。 もし、今日が人生最後の日だとしたら、あなたは何をしますか? よくある問いかけですね。 と同時に、この問いかけには限界があるのではないかということも感じてきました。 なぜなら、あなたが比較的恵まれた環境(平和な日本等)にいて、かつ、比較的若くて健康なら、今日が最後の日になるよりも、今日が最後の日にならない確率の方が圧倒的に高いですからね。 そういう場合は、死をリアルにイメージできないんで [続きを読む]
  • 社会貢献の仕方は千差万別である
  • 後藤充男です。 先日、茨城県知事選があり、多選の橋本氏が敗れ、大井川氏が当選しました。 橋本氏の前の茨城県知事は、竹内県知事で、1993年にゼネコン汚職事件で逮捕・起訴されました。 そのとき、大学3年生だった私は、「俺の故郷でそんな悪(汚職)があるのは許せん。しかし、一大学生がどうこうできることでもない。よし、まずはお偉いさんと同じ目の高さになろう。そのために、まずは公認会計士になる。経済犯罪防止の [続きを読む]
  • 8人目の子供が産まれます!
  • 後藤充男です。 8冊目の新刊(商業簿記2級)の最終校正が終了し、出版社にゲラ原稿を郵送しました! 9月7日の発行予定日から少し遅れましたが、9月22日に発行される予定です。 私の方はすべての作業が終わりましたので、あとは出版社で最終ゲラ校正をして印刷所に持ち込まれるだけです。 いよいよ、私の8人目の子供(8冊目の本)が産まれます! 何度経験しても、感慨深いものですね。 この世に生きた証を残したい。 20 [続きを読む]
  • 商業出版の流れとは?(簿記検定試験の功罪も含む)
  • 後藤充男です。 今、9月8日発行予定の「平成29年9月改訂 驚異の合格率78% 日商商業簿記2級合格塾(セルバ出版)」の初校が終わり、出版社にゲラ原稿を郵送しました。 あとは、8月19日頃に、私が校正した原稿をベースに修正されたゲラ原稿が届く予定なので、それを8月25日までに最終校正をして、校了となります。 その後、印刷所に原稿が持ち込まれ、9月8日にはれて発行となります。 2012年12月18日に [続きを読む]
  • 「君の膵臓をたべたい」を読んだ感想とは?
  • 後藤充男です。 漫画版「君の膵臓をたべたい」を読みました。 面白かったです。 本の詳しい内容は、ネタバレになるので書きませんが、「こんな自分でいいだろうか?」と悩んでいる人には、特に気づきを得られる物語だと思いました。 つまり、「いろいろ嫌なところはあるけれど、それもひっくるめて自分なので、それを受け止めよう」的な考え方がありますよね。 では、具体的にどうすればそう受け取ることができるのかについては、 [続きを読む]
  • 生きにくいなと感じたら?
  • 後藤充男です。 鳥は飛び方を変えることは出来ない。動物は這い方、走り方を変えることは出来ない。しかし、人間は生き方を変えることが出来る。 BY 日野原重明 死してなお、「言霊」というエネルギーを通じて、我々にヒントを与えてくれますね。 生き方に行き詰ってきたと感じたら、あなたは生き方を変える時期に来ているのかもしれません。 そんなときは、今までと真逆のことをやると良いかもしれません。 不真面目だった人は [続きを読む]
  • 自分のことを幸せにできるのは?
  • 後藤充男です。 自分のことを幸せにできるのは、結局、自分しかいません。 だから、誰に何と言われようと、自分が幸せになるための事を最優先させる。 心からそう思いました。 [続きを読む]
  • 空気の暴力とは?
  • 後藤充男です。 ふと思いついたことですが、「暴力」にもいろいろあるよなと思いました。 腕力による暴力はもちろん、「言葉の暴力」もあります。 また、「こんなことを言ったら嫌われる」という雰囲気が漂う、組織における、「空気の暴力」もあります。 あなたは、日々、いろいろな暴力でストレスが溜まっていると思います。 しかし、どんな暴力にも屈せず、あなたはあなたの信念を貫いてください。 きっとあなたの信念が好きな [続きを読む]
  • あなたの生きざまは、漫画で例えると何ですか?
  • 後藤充男です。 昨日から2連講義です。 講義につい力が入って、今回はジャンプが土曜日だと忘れてしまいました(笑)。 朝方買ってきたので、20周年記念のワンピースを読んでテンション上がて講義に入ります。 20年前、公認会計士を目指して、友人O君と一緒に自主合宿して簿記の勉強をし、その休憩の合間にワンピースの初回を読んだ記憶が蘇りました。 O君がワンピースを読んで「面白いね、この漫画」と言っていたことを思い [続きを読む]
  • ライブ簿記講義のだいご味とは?
  • 後藤充男です。 本日から3連講義です。 今日は日商3級講義、明日と明後日は日商1級講義および建設業経理士2級講義です。 予習研究バッチリ! あとは、ライブでの受講生の様子を見ながら、ネタを出し入れします。 内容は同じでも、ライブなので、そのときそのときの講義は二度と来ない唯一のものになります。 これが、ライブ講義のだいご味です。 さあ、今日も都心部から茨城の日立まで通学されます。 その人のための、大人数 [続きを読む]
  • 植物からすればあなたは存在するだけで大助かりなんです
  • 後藤充男です。 本日は、ある公開講座(心理学)に出席してきました。 存在承認に関するテーマで、とても勉強になりました。 中でも印象に残っているのが、「ありのままに受け入れる(存在承認)がない中で成果承認(条件つきの受入)が先行することがマズイ」という部分でした。 すなわち、試験に受かったら認めてもらえるとか、何々が出来たら認めてもらえるとか、そういった条件付きの承認のことを「成果承認」といいい、我が [続きを読む]
  • あなたの理想のライフスタイルは何ですか?
  • 後藤充男です。 8冊目の原稿が完了し、出版社に送りました。 あとは、ゲラが上がって来るのを待つだけとなりました。 ひとまず、ほっと一息。 また一つ、この世に生きた証のキッカケを産み出せました。 そして、明日は予定通り、予約した講演会を聴きに行ってきます。 さらに、明後日は簿記入門の入門セミナーの講師業です。 やりたいことだけをやっているので、全然儲かっていませんが、自分の性格などをじっくりと深堀して見出 [続きを読む]
  • 生きているということは?
  • 後藤充男です。 富山講演が終わってから、出張簿記講師業の合間を縫って8冊目の原稿を執筆しています。 何とか今月中に脱稿と行きたいところです。 とはいえ、物凄い簿記の本にしたいですから、妥協せずに執筆しています。 一文字、一文字、どの言葉で読者の人生が変わるかわからないので、入魂して執筆します。 そう、20年前に、私自身がたった1冊の簿記の本で人生が変わるキッカケを得たように。 私の簿記の本で読者の人生 [続きを読む]
  • 小林麻央さんの魂に教えてもらったこと
  • 後藤充男です。 小林麻央さんがお亡くなりになりました。 いろいろな感じ方があると思いますが、生前、彼女自身は次のように述べています。 「死んだら、人はどう思うでしょうか。『34歳の若さで、かわいそうに』でしょうか。そんなふうに思われたくありません。2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生。病気の色だけに支配されることはやめました」 かかることから感じたことは、日本人は死=悲しいと思 [続きを読む]