ひこさん さん プロフィール

  •  
ひこさんさん: 盆バカひこさんの盆栽道楽
ハンドル名ひこさん さん
ブログタイトル盆バカひこさんの盆栽道楽
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/fwnt1093/
サイト紹介文悪性盆栽バカ病の盆栽道楽の記録です。切った張ったの危険な場面も多いので、気の弱い方はご注意!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供637回 / 365日(平均12.2回/週) - 参加 2010/12/28 23:18

ひこさん さんのブログ記事

  • 安行盆栽園めぐり 盆栽村
  • この看板が目印の安行「盆栽村」です。名前は村ですが、盆栽園です。駐車場から見て、一段下に棚場があります。入り口には、このように用土も販売しているので便利なんです。まずは、この左側ですが・・・これは松柏類が中心のハウスです。大から小までいろいろあります。松柏棚から雑木のハウスを望んでいます。このあたりは小さいヤツがたっぷり。長寿梅も豊富です。棚場のすぐ手前左奥には大物がずらり。バランスの良い品揃えが [続きを読む]
  • 7センチくらいで仕上げたい、芯を回して接いでいるケヤキ
  • 小さなケヤキを叩いて作ろうとしたけど、上手く吹かすことが出来ずに、芯を回して接ぐことでリカバーしようとしています。そろそろ外したいので、少し前から回した枝の途中の水吸いを削っています。もうコレが最終段階ですね。頃合を見て、完全に切断するつもりです。で、どうせなら7センチ以下で作って、KIDちゃんに喜んでもらう予定です。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 山モミジ09番の手入れとローヤ柿のジベレリン結実
  • いい調子の山モミジ09番です。徒長枝を切り戻したり、片葉刈りしたりしました。それと・・・このローヤ柿。今年は受粉代わりにジベレリンを吹きかけました。こんな萎びた花びら?を抜くと・・・中には青い実があります。調子に乗って、取れるものは取ってみました。それでも、まだ開きかけた花にはジベレリンをかけ続けます。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 蕾のできた梅もどきの針金かけ2態
  • 小さいけれど・・・メス花の蕾が来た梅もどきです。実の生る前の今のうちに針金をかけました。さらに・・・コッチの梅もどきにも蕾が・・・見えます。これも今のうちに・・・ちょっとだけ針金をかけました。梅もどきはいっぱいあるけれど、使えそうなヤツに限って蕾がありません。困ったものです。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 「ISO式山モミジ短節法」の総括
  • 今年も懲りずにトライした「ISO式山モミジ短節法」。この3幹の素材で検証してきました。結論から云いますと・・・肝心なのは、この1〜4のハカマ(みたいなヤツ)を、なるべく早くに除去することで、ある程度の節間のコントロールが可能(だろう)と云うことです。この写真の状態では遅すぎます。この写真の状態くらいまでには完了する必要があるということです。もちろん、相当に細かく、かなり神経を使う作業であり、且つちょ [続きを読む]
  • いよいよチリメンも 2 割って取り出す
  • 思い起こせば、ずっとこの二重鉢にしている気がします。芽はいい感じに出ています。で、この鉢なんですが、完全にイレギュラーなタイプだし、そもそも、ここから素直に抜ける気がしません。そこで・・・ハンマーでゴン!割って取り出しました。もう、根もカチンコチンです。やっとこさ解して・・・普通の3号駄鉢に。これも、葉刈りは5月でしょうか。盆栽ぽポチボタン [続きを読む]
  • いよいよチリメンも 2 割って取り出す
  • 思い起こせば、ずっとこの二重鉢にしている気がします。芽はいい感じに出ています。で、この鉢なんですが、完全にイレギュラーなタイプだし、そもそも、ここから素直に抜ける気がしません。そこで・・・ハンマーでゴン!割って取り出しました。もう、根もカチンコチンです。やっとこさ解して・・・普通の3号駄鉢に。これも、葉刈りは5月でしょうか。盆栽ぽポチボタン [続きを読む]
  • いよいよチリメンも
  • 元来横着なので、樹勢が落ちないかぎり、植え替えはなるべく先延ばしにしたいんです。でも、本当に樹勢を落とすわけにもいきません。これも、見るからに限界ですね。深鉢から、今度は普通の駄鉢に。駄鉢が好きなんですね。ところで、「チリメンの植え替えと葉刈りは同時にしない」 は師匠の教えです。真偽の程はわかりませんが、一応、その言葉は守っています。だから、バリカンはもっと暑くなってから。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 昨日の話 御成園で五葉松を手に入れる
  • 昨日のことです。第3日曜日は勉強会なので、みんな集まって賑やかなんですが、そこへ御成園友の会の実質的な支配者であるS鳥さんがやってきました。最初は私も樹の手入れに忙しくて話ができませんでしたが、そのうち・・・「ひこさん、最近、御成園に行った?」「いいえ、お祭り以来行ってませんよ」「今、ケンチャンのところに五葉松がいっぱい入っているよ!」「えっ?」この情報の裏を取ろうと、W名人に話すと・・・「俺も2 [続きを読む]
  • 春の長寿梅は新緑が美しいがボディ見えない
  • 所謂(いわゆる)、チビタンクの長寿梅です。普通の赤花です。今年は、芽が動き出すと同時にベニカXを散布しているので、アブラムシの被害はまったくなし。調子も絶好調なんですが・・・全身毛むくじゃらといった感じで、ボディがまったく見えません。そこで・・・輪郭で切り戻し、ボディも見えるようにしました。マッチョなボディは魅力ですが、座があり過ぎて、小さい鉢に収まるのかどうか・・・盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 「お客さん」を乗せた小葉のイボタの植え替え
  • 挿し木から作っている小葉のイボタです。?鉢を手にとって、やっと気づきました。作業の邪魔なので、別の樹に移ってもらいます。アマガエルをどかして見ると、汚いですねえ。で、表面を洗ってみると、根がスゴイです。やっぱり。特に説明も不要ですね。元の2.5号の駄鉢に戻しました。もう少ししたら、今度は葉刈りが待っています。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 敢えて取り木をしない選択 実生山モミジ
  • 2012年頃に実生した山モミジの一本です。ちょっと深く植えています。ポットから抜いて、根を捌きました。普通なら、ここで取り木するのがセオリーですが・・・この太根を処理することで・・・このまま作れないか?という作戦なんです。まあ、ダメなら取り木ということになるでしょうけど。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 挿し木から作っているクチナシの葉刈り&植え替え
  • クチナシのキヨホマレです。最初は・・・こんな挿し木からスタートしました。(2011年1月)まず、葉刈りしたんですが・・・気になって根を見ると、もう限界って感じです。そこで、根を捌き・・・アタッキン&アフェットの湯船に3時間ほど浸かってもらい・・・元の駄鉢に。クチナシ(特にキヨホマレ)は病気が入りやすく、好調を維持するのは結構大変なんです。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • ズミ(衣替えもの)の受粉作戦→成果?
  • ズミとか海棠とか姫林檎の受粉のために、花が咲いたものを寄せ集めて置いておきました。これら林檎系の樹種は、別の種類の花粉じゃないと、うまく実が生りません。今回、私が実を着けたいのは矢印のヤツです。それはどうかというと・・・花びらが散って、子房が膨らんで見えます。一応、上手くいったんじゃないかという気がします。ダメな場合は・・・この様に、柄が変色してしまうと、サイトーさんから教えられました。(これは姫 [続きを読む]
  • 真柏の掃除と葉透かし
  • モコモコになった真柏です。「見せ場」はこのフトコロのシャリ。それが今の状態では見えないので・・・まず、生き幹部分を掃除して・・・例えば、こんなところは・・・こんな感じに透かしました。こうして、シャリや幹の流れを見せることができました。盆栽ポチボタン [続きを読む]
  • 叩いた磯山椒を植え替えて、ちょっと手を加え構想を練る
  • 会のお祭りのセリで、つい声を出してしまったがために持ち帰った磯山椒です。針金で引っ張って、どうにかしようとしましたが、結局・・・こうしたのが、2月11日でした。その後、イイ感じで芽が吹いてきました。ちょっと考えて、ここを正面にしようと決めました。まず、切り残しを削り・・・鉢から抜いて根を捌き・・・駄鉢に入れました。磯山椒の傷は決して巻きませんが、黒くなるとボディと同化して目立たなくなります。ヤケが [続きを読む]
  • ローヤ柿にジベレリン 実践編
  • まだ開いていない蕾もあったので今日まで待っていました。で、いよいよ本番ですが・・・ジベレリンを用意し・・・スポイトで1ミリリットルを取り・・・300ミリリットルの水に入れて、300倍の溶液を作り・・・スプレーで・・・プシュプシュ。すると・・・後を見ると、終わりかけた花があるではありませんか。メスのくせに早いですねえ。まさか、どこからか飛んできた花粉で受粉しちゃったんじゃないでしょうね。まあ、これ全 [続きを読む]
  • 五葉松31番をザルに入れる
  • 五葉松の31番です。実生ものの五葉松ですね。五葉松は接ぎものも多いですから。で、今回はこれを・・・ザルに・・・ほぼそのままブチ込んでやりました。先日、ネジロでTさんが言った・・・「五葉松だって、多肥多水でやれば早くできるんじゃない?」という一言に触発されてしまって。で、やってしまったんですが、ちょっと気になるのは、芽がローソクになってしまうんじゃないか?ということ。W名人は、「それなら芽を途中で折 [続きを読む]