まぐかっぷ さん プロフィール

  •  
まぐかっぷさん: MugBlog
ハンドル名まぐかっぷ さん
ブログタイトルMugBlog
ブログURLhttp://hdrmug.blogspot.com/
サイト紹介文ゲーム開発やゲーム内容,etc
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/12/30 05:30

まぐかっぷ さんのブログ記事

  • The Event Horizon その35@Final Version
  • イベントホライゾンのラストスパートに向かった作業をしています。PGペンギンさんはシステム面,色々進めています。様々に制作が難航しながらも、自分達の出来る範囲で、何度も企画変更や、何が作りたいのか集約し、風呂敷を畳んだ結果に向かう旅をしています。開発は、たった二人。自由な開発は不可能の中で出来る範囲を判断し、部品をまとめ上げ、個性が見える一つの作品とするのに時間を要する感じです。以下、イベントホライゾ [続きを読む]
  • Mathematics The Demons Horizon
  • 2016年の9月からThe Event Horizonを開発開始し2年目に突入目前です。その前には、End of Star MCA:UNITYを2016年,7月26日辺りにiPhone版のテストリリースをしました。カリフォルニア州にある某モーテルに滞在しながら今は亡きMac Book Proを使い、極度に疲れている中、夜な夜なリリース作業をまぐかっぷが行ったのを思い出します。End of Star MCA:UNITYも2014年から開発し、2年かかりました。そこまで完成度や内容含めて大きいモ [続きを読む]
  • The Event Horizon その34@PV制作とGDPRやMetal
  • イベントホライゾンの作業をしています。PGペンギンさんはシステム面,不具合対処,色々進めています。EUのGDPR,EU一般データ保護規則から、色々様子を見つつ、End of Star MCA Unityや、制作中のイベントホライゾンの良い感じの通知機能等をオミットしたり公開を一時日本限定にしたりしていました。AppleがOpenGLのAPIの非推奨としMetal APIを推奨と、時代の流れと共に変化しているので、色々合わせて対策をして行きます。イベント [続きを読む]
  • MG:SURVIVE / PC
  • 今回の内容は『MG:SURVIVE』です。塵の海を舞台にした自足生活サバイバルゲームです。予想裏切るストーリー性のある本編と、素材、装備品強化のために、4人Co-opプレイで素材を集めや、レベルを上げるゲームサイクル。序盤の難易度が高く、食料が特に厳しいので栽培施設や食料周りが充実してくると一気に楽になり『ゲームが変化し続ける』ので本編クリアまで進められました。 [続きを読む]
  • The Event Horizon その30@方針転換全部イラストへ
  • イベントホライゾンは、現実世界とのシンクロを想定したシナリオで、実写素材沢山な感じの方針で、人物ライセンスした写真でキャラを作ってましたが、諸々事情で、イラストとして統一する方針転換をする事にしました。試しでアニメ風やパターンを描いたりと、試行錯誤した結果、絵的方向性としてイベントホライゾンは、イラスト風な感じになります。 [続きを読む]
  • The Event Horizon その29@2018年と赤い月
  • イベントホライゾンの仕様の煮込み作業しています。システム周りはPGペンギンさんが進めています。見た目は昨年に引き続き変化ほぼ無しですが、日々進歩している状況です。ゲームプレイ自体は"かなり長い宇宙の旅"になりそうです(デバッグがかなり大変と予想)全く関係が無いですが『スーパーブルーブラッドムーン』が見れました。Super Blood Blue Moon [続きを読む]
  • OPA627AU
  • 使い続けてきたDACヘッドフォンアンプであるCEC DA53Nが故障したため、HiFi級のDACを新たに用意しました。CEC通でDA53無印(2004年)からCECオンリーで通してきましたが、今回は趣向を変えました。筐体DAC-X6Jを使い、内部のオペアンプをOPA627AUと組み合わせた、DACヘッドフォンアンプ環境を選びました。増幅回路としては信頼性から医療機器にも使われるシリーズとの事で、色々調べ考えて音の信号増幅でも優秀な特性になるはず!と [続きを読む]
  • The Event Horizon その28@イベントシーン
  • イベントホライゾンのイベントシーン作業を進めています。ゲームシステム、戦闘部分の作業をPGペンギンさんが進めています。イベントシーンは基本的に一部エフェクトで動くCGイメージです。自分で撮影した写真やライセンスした写真素材等をベースにします。宇宙、国際的な学会やテロリズム、地球環境汚染問題と内容様々。銃撃シーンもあったり、マズルフラッシュにはエフェクトを載せたりと、そこそこ見応えのある内容に収まりそう [続きを読む]
  • The Event Horizon その27@3D UIとVR
  • イベントホライゾンの検証用テストゲーム作業を進めています。SE音やUI作業、シナリオ面を進めていました。PGペンギンさんの方でアドベンチャーゲーム的なシステムを作ったので、テキストベースで作業でき英語対応も英語勉強兼ねてやっています。---日本語:マンハイム「ちょ、ラティ君... ...!」英語版:Mannheim「OOPS! Ms.Laty...!」---日本語:ラティ「どう?凄いでしょう。ほぼ完全な信号で届いているから今回は私の勝ちね。 [続きを読む]
  • アライアンス・アライブ
  • 今回の内容はゲーム『アライアンス・アライブ』です。 3DSで発売され、ゲームバランスやシナリオ様々に評価されている作品です。お使いゲー、レベル上げ作業、悪い意味で形式化しているJRPG。再びゲームを起動し楽しみたいと思える作品は少なくなったように思います。世の中、楽しみを満たすコンテンツは多く、敷居は上がる一方に感じます。体験版から始めましたが、アライアンス・アライブは、最初の所感は、古い感じのRPGで音声 [続きを読む]
  • The Event Horizon その24@Unity2017.2その他
  • イベントホライゾンの検証用テストゲーム作業を進めています。プログラムシステム部分はPGペンギンさんが作業中です。まぐかっぷは、シナリオ面とグラフィック素材を作業中です。Unity2017が正式にリリースされ、Timeline機能諸々検証中です。ShaderForgeも個人導入して色々やっています。文でShaderを地道に書くのも達成感があり、例えば前回の特定の『ピクセルがNaN値になり黒が膨張する謎の不具合』も、saturate()で括り忘れて [続きを読む]
  • GhostRecon:Wildlands
  • 今回の内容はゲーム『ゴーストリコン:ワイルドランズ』です。 全く終わる気がしない程に超広域のミリタリーゲームです。制作がHoudiniを完全主軸にした体制で、Houdiniのコアでもあるプロシージャル要素を一定のルールに沿って広大な世界を構築し、尋常ではない物量を実現したオープンワールドには驚愕です。ゲーム自体は自由な方法で敵勢力の拠点を攻略するのが主に、その他のミニゲーム要素や成長要素、ノウハウが非常に詰まって [続きを読む]
  • Homefront:The Revolution
  • 今回の内容はゲーム『Homefront:The Revolution』です。同名の前作的なHomefrontとは様々に変わった新作です。発売当初はかなり不具合が多かったようで一先ず時間を置いてゲームをやって見ましたが、非常に面白い!S.T.A.L.K.E.R.ClearSkyにハマった人なら楽しめる全体の雰囲気。自分の陣地を広げて行く感じや倒壊した施設群廃墟感、攻略方法の自由度や、広過ぎず狭過ぎない丁度良いエリア区切りとアクション性の高い探索要素や武 [続きを読む]
  • The Event Horizon その23@エフェクトや小物
  • イベントホライゾンの検証用テストゲーム作業を進めています。プログラムシステム部分はPGペンギンさんが作業中です。まぐかっぷは、シナリオ面とグラフィック素材を作業中です。HoudiniのVEXプログラムを勉強しつつ、ゲーム用のエフェクトも制作中です。シナリオ上に登場する、天体望遠鏡や本、様々な小物も制作しています。PostEffectのAnti-Aliasの何かが干渉するのか特定のピクセルがNaN値になり黒が膨張する謎の不具合が中々 [続きを読む]
  • Houdiniで色々遊んでみる
  • Unity2017でイベントホライゾンを開発する傍らで、HoudiniのVEXプログラムの勉強開始しました。『プロシージャル部分が最も強力』かつ高速に計算するのが特徴で、一方、制御にどうしても独自言語で色々加えないと動かない難易度と、色々とかなり勉強になりつつ面白いのがHoudiniです。 [続きを読む]
  • The Event Horizon その21@ゲーム画面仮/バビロン空間
  • イベントホライゾンの検証用テストゲーム作業を進めています。プログラムシステム部分はPGペンギンさんが作業中です。まぐかっぷは、シナリオ面とグラフィック素材を作業中です。ゲーム内の背景ビジュアルはとてもシンプルかつ複雑です。イベントシーケンス等では人工的なSF室内も登場しますが、基本はゲーム内名称『バビロン』と呼ばれる異次元迷宮が舞台です。プレイヤー、ドロシーは、何らかの目的とルールでバビロンを進めます [続きを読む]
  • The Event Horizon その20@会話画面仮
  • イベントホライゾンの検証用テストゲーム作業を進めています。プログラムシステム部分はPGペンギンさんが作業中です。まぐかっぷは、シナリオ面とグラフィック素材を作業中です。『ストーリーモード』では、ステージクリア毎に物語が進みます。しかし、『誰もが必ず同じ進み方ではありません』そのため、物語には複数の終わり方があり、ゲームクリア時の評価として機能します。スマホで手軽に何度も周回プレイ出来る事を前提に設計 [続きを読む]
  • The Event Horizon その19@エクセキューショナーズ
  • イベントホライゾンの検証用テストゲーム作業を進めています。プログラムシステム部分はPGペンギンさんが作業中です。まぐかっぷは、シナリオ面とグラフィック素材を作業中です。ゲーム中、ゲームオーバーに陥れる存在、絶対的なルールとして『死刑執行人』エクセキューショナーズが現れます。ゲーム中、ラティ・マゼとマンハイムから、エクセキューショナーズの対抗手段を得ながら、イベントホライゾンを進むことになります。 [続きを読む]
  • Gears of War 4 :DirectX12
  • 今回の内容はゲーム『ギアーズオブウォー4』です。過去のGearsシリーズ3作は伝説的な過去の扱いとなり、新たな脅威の出現から始まる新シリーズです。ゲーム的には基本的に特に変化という大きい要素は無く、4人部隊で行動し、気象天候が劇的に変化、破壊要素。防衛要素やインフレ気味の展開、良くも悪くも『Gears』100%な内容でアーケードゲームライクに楽しめます。 [続きを読む]