32Count さん プロフィール

  •  
32Countさん: みすず刈る信濃の撮ってお記
ハンドル名32Count さん
ブログタイトルみすず刈る信濃の撮ってお記
ブログURLhttp://count32totteoki.naganoblog.jp/
サイト紹介文信州から全国に至るまでのローカル線を中心とした画像を公開。ライフワークでもある「名山と鉄道」は必見!?
自由文信州好きが嵩じてIターンしたカメラマンのネタ帳。趣味と実益を兼ねて、信州とその周辺エリアから全国に至るまでローカル線の旅情を求めて撮り歩いているほか、温泉、マラソン、登山、スキー、はたまた食の記事も併せて紹介しています。お見知りおきを…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/12/30 16:35

32Count さんのブログ記事

  • 湘南色とスカ色の邂逅
  • 久しぶりに興奮しました目の前で115系湘南色とスカ色の離合を収めることが叶ったからです♪坂城界隈へ山がらみでの撮影目的で出かけたのですが、思った以上に早く雲が湧いてしまって本来の目的は果たせず、はてさてどうしようかと思案して時刻表に目を落とすと…、 [続きを読む]
  • タニウツギ咲く浅草岳山麓を往く
  • 会津から長野への帰り道は再び六十里越えルートを選択。大志俯瞰で423Dを撮って国道252号線を魚沼方面へと辿ると小出〜只見朝の1往復をちょうどお迎えでき、2422Dを只見駅直近のスノーシェッドの飛び出しで撮り、折り返しとなる2423Dはワインディングロードを登りつめて旧田子倉駅近くの、浅草岳バックのポイントで撮影することにしました。 [続きを読む]
  • 会津盆地、水の時季
  • 会津盆地遠征の目的、そのひとつが蓋沼公園からの只見線・大俯瞰を写真にすること。その絶景ぶりは、昨年は朝焼けの風景を撮ることができたものの、列車を絡めての撮影はできずだったので、退院したならば浅草岳バックの急行色キハとともに撮りたかった題材でした。 [続きを読む]
  • オオキンケイギクそよぐ会津盆地に棚引く「汽車」のけむり
  • 磐越西線にはキハ40系のほかに、蒸気機関車も週末を中心に走っています。蒸機好きゆえに「おっかけ」も厭わずですが、この日の撮影は上下1本ずつにとどめました。その新津へ向かう下り8233レ、中学時代、初めてのひとり旅がまさに会津盆地で、磐越西線にも夕方には野沢まで会津若松のC11による客レの設定があったのですが、その時はカメラを向けず仕舞いで、撮れなかった汽車への郷愁というイメージであえてバックショット気味に作 [続きを読む]
  • 浅草岳から流れ落ちる雪解け水と縁結びキハ48
  • 6/2土曜日、二週連続の田子倉詣でとなりましたが、前回は此所が最終目的地だったのに対し今回はさらなる遠方への経由地だったことに訪問の目的に違いがあります。長野から東北方面へ向かう場合、国道117→国道252を通っていくのが会津やさらにその先の山形、仙台への最短ルートとなり、田子倉というピンポイントに関しては県庁所在地の福島からよりも長野のほうが50キロ程度も近かったりします。福島県民にとっては「奥会津」という [続きを読む]
  • 急行色キハと夏姿の浅草岳
  • 退院後10日目でクルマで県内での撮影ができたのに気を良くして、半ば諦めていた只見線新潟口での急行色キハの<只見線新緑満喫号>撮影の遠征を行うために、24日木曜日には入院で遅れていたタイヤ交換を行いその準備に勤しみました。改めて手早い措置を促し措置をしてくれた医療スタッフには感謝!です。 [続きを読む]
  • 青木湖畔の武田菱
  • 網膜剥離した左目の状態は順調に快復して退院後10日目にしてクルマでの撮影ができるようになり思い切って白馬山麓へとプチ遠征を試みることにしました。長野駅東口から白馬直通の路線バスも考えたのですが、大糸線の接続が悪くってこちらの選択に。 [続きを読む]
  • 高原の水温む時季
  • 5月15日、長岡のロクヨン1030号機を撮影した後にやって来る「しなのサンライズ」、この日は初代長野色+湘南色の組み合わせでしたが、コイツを安茂里カーブで撮ると北しなの線へ移動する際、スカ色充当の325Mに乗らざるを得なく、その1本前の321Mに乗るため早々に安茂里駅へと向かうことにしました。 [続きを読む]
  • Blue & Blue
  • 「桔梗ヶ原ワイナリー号」の約15分後にやって来るのが単1770レ。前回の記事で触れたとおりこの日の83レは広島更新色の1049号機。篠ノ井へと回送スジの単1770レにこの罐が充当されるので、はてさて、どう切り取ろうかと思案していると…、 [続きを読む]
  • 桔梗ヶ原ワイナリー号を犀川橋梁で撮!!
  • 昨日に続いて運転された「桔梗ヶ原ワイナリー号」。今日は編成を捉えるべく犀川橋梁南詰へ。ここをセレクトしたもうひとつの理由は北長野貨物83レが広島更新色1049号機が充当されたのも相まってで、その紺色に白帯の艶姿をサイド気味に捉えたかったからです。爺ヶ岳バックも念頭にあったのですが、どうやら善光寺平は雲に覆われて残雪の山稜を拝めそうになかったので、川中島駅で飯田行き3520Mから下車しました。 [続きを読む]
  • ■ASAMA■緑の風!!
  • 毎年5月恒例の「桔梗ヶ原ワイナリー号」。長野の189系で運行されるのですが、国鉄型車輌淘汰の昨今の状況から今年がラストかも!?「快速」表示とは言え午前中の信越本線上り列車においてのN102編成の営業列車は撮りたい対象であるのに加えて、昨日、長総から出場したてだけにピカピカ☆彡な状態で撮れそう、ということで、今朝も安茂里駅から犀川橋梁北詰まで歩いての現場入り。 [続きを読む]