角田和将 さん プロフィール

  •  
角田和将さん: 速読が持つ本当の力
ハンドル名角田和将 さん
ブログタイトル速読が持つ本当の力
ブログURLhttp://limixceed.co.jp/blog/
サイト紹介文10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル」(総合法令出版)の著者。
自由文角田 和将(つのだ かずまさ)
イントレ講師/トレーダー/作家

著書に10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル」をはじめ、「速読日本一が教える1日10分速読トレーニング」がある。 トレード対象はFX・株メインで、トレードスタイルは基本スイング〜デイ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/12/31 02:29

角田和将 さんのブログ記事

  • お金の使い方を知って、お金と時間を貯める方法を知る
  • ネットで情報収集をしている中で、以下のような記事を見つけました。20代の家計は、貯め方より使い方を学べ 富豪へのスタートダッシュの時期 https://t.co/boqkKH6lI8 pic.twitter.com/ikOjCQMi20— PRESIDENT Online (@Pre_Online) 2017年11月20日    私も拙著「貯金ドリル」で、お金は貯めようとするよりも、使い方に目を向けて、お金の流れを最適化することという考えに基づいていろいろ書きましたが、本には書ききれ [続きを読む]
  • 脳の働きから考える、何もしない時間や睡眠時間の重要性
  • 「時間のオンオフ」といった言葉がありますが、どちらかというと、オフという時間に対する考え方を多くの人は誤解しているような気がします。特に睡眠時間や余裕を持った行動を取るために必要な余裕時間に対しては、「何もしていない」時間、非生産的な時間だと思っている人が多いように思います。過去、システムエンジニアを会社員でやっていたときも、「バッファ時間(余裕を持つための時間)は見積もるな」とよく言われたもので [続きを読む]
  • ずぼらな僕でもビジネス活用できそうな手帳スケジュールの書き方
  • 前回に続きまして、今回もう1冊、本の紹介をしたいと思います。今回、紹介する本は「世界のVIPが指名する 執事の手帳・ノート術」という本です。私はノートこそ使いますが、手帳はまったく使わないので、興味は正直なところまったくなかったのですが><、速読ドリルでお世話になった編集者さんが関わった本との事で、とりあえず読んでみました。世界のVIPが指名する 執事の手帳・ノート術    すると、思いのほか考え方に [続きを読む]
  • 【資産構築の方法】学資保険の代わりに未成年証券口座を開設する?
  • これまでずっと私は本の紹介というものをほとんどしてきませんでした。理由は、私の著書をお読み頂いている方ならば何となくおわかりいただけるかもしれませんが、本に対する理解は人によって変わるからです。つまり、私がここで本を紹介して、人によっては「なるほど」と思う人もいるけれど、伝え方によっては「読む必要はない」と理解してしまい、その本を実際に自分で手に取って確認しないことが起こる可能性もあるのです。これ [続きを読む]
  • できない人に自分ができない理由はわからない
  • 速読だと特によく見かけるのですが、「速読なんてできるわけがない」とか「速読は科学的に不可能」といった感じで、「○○できない」と論じる人はいつの時代になっても必ずいらっしゃいます。もちろん速読を、パラパラめくって1度で内容が頭に入るものと定義していたら、それは不可能だと私も思います。そのような前提が不明瞭なまま、○○できないと言う意見を見たり聞いたりして、「あ〜、やっぱり○○はできないものなんだ」と [続きを読む]
  • 「覚えられない…」にメリットがある!?
  • 速読を教えていると、速く読めても覚えられない・・・と悩まれている人と出会う機会があります。そういう人のほとんどは、そもそも速読は関係なく、純粋に「覚えられない」ので悩んでいる、といった方が正確かもしれません。    ただいずれにしても、現実として人は忘れる生き物です。忘れるようにできているという事は、何かしらの理由がそこにはあると思われ、そもそも「覚えられない」事は悩む事ではないと私は考えています。 [続きを読む]
  • 出張時、楽に移動できるカバンや持ち物の考え方
  • 前回「スマートフォンだけで仕事を完結させるための環境づくり」の記事の続きで、今日は出張時に持ち歩いているものについてまとめてみたいと思います。僕の場合、出張で多いのは4〜5日間の期間が多いので、まずはそのくらいを基準にした持ち物をまとめてみたいと思います。カバンを選ぶ基準は容量とサイズ まず出張時に持って行くカバンは「Thule Crossover 32L Backpack-Black For MacBook Pro 17」です。Thule Crossover 32L [続きを読む]
  • 速読に必要な語彙力の基準(ご質問回答)
  • ブログ活動を本格化して1ヶ月ちょっと。お問い合わせフォームからのコンタクトも増えつつある、今日この頃でございます^^今日は頂いたご質問に回答してみたいと思います。※多少、文章は編集させて頂いております。何卒ご了承下さい。ご質問者:Bさん(仮称)題名: 速読の壁にぶつかりました。アドバイスお願い致します。メッセージ本文:私は1日が27時間になる速読ドリルの本で訓練した外国人の読者です。お蔭様で、一般的な [続きを読む]
  • 嫉妬や羨みの感情を克服するための原則的な考え方
  • 以前にニュース記事で、SNSの記事を見て嫉妬してネガティブになる人が多いという記事を見かけました。  http://www.sankei.com/entertainments/news/170124/ent1701240020-n1.html    他人と言っても自分の友達が良い人生を送っているのに、それに対して嫉妬しているという点には、かなり驚きました。  個人的には、ネガティブな事ばかり言う人(論理的な否定論ではなく、感情的な否定論ばかり言う人)よりも、明るく楽 [続きを読む]
  • 行動力を上げる本質的なやり方とは?
  • 行動する事が大事だということは、あちこちでよく言われます。僕も拙著の中でも行動する事の大切さを書いていますし、「とりあえず、やってみる」という考えが基本にあるので、その考えには全面肯定派です。ただ実際のところ、「行動できない」、「行動力がない」と悩む人が多いのも事実だと思います。    そこで今日は、行動力を上げる方法についてお話ししたいと思います。行動力は「上げよう」と思うほど、上がらない?まず [続きを読む]
  • スマホだけで仕事を完結させる事ができる環境づくり
  • 前回書いた記事「手ぶらで日帰り出張も可能な装備体制(持ち物は全てポケットへ)」が長くなりそうだったので、別記事で分けようと考えた第2弾。今日はスマートフォンだけで仕事を完結できるのか?について、私なりのやり方などを残してみたいと思います。もちろん職種や業種によっては、そもそも業務でスマートフォン利用が禁止されている(職場への持ち込みが禁止されている)といった環境だと、実践できないかもしれませんが、 [続きを読む]
  • 手ぶらで日帰り出張も可能な装備体制(持ち物は全てポケットへ)
  • 先日、ブロガーのKazzさんとお会いした時に、「角田さんが普段使っているツールとか、その使い方を知りたい」という話になりました。(Kazzさんのブログ「ベジップルス」はこちら^^)http://vegepples.net/    個人的には「そんなのネタになるの?」と思いながらも、以前にもある編集者さんからも似たような事を言われたのを思い出したので、これも何かのメッセージと思って、少しまとめてみたいと思います。出歩く時に基本 [続きを読む]
  • 仲御徒町にある「ベジキッチン」さんに行ってきました
  • 昨日はインド旅の仲間でもあり、瞑想仲間でもある、ブロガーのKazzさんにお会いしておりました。    ちなみに初めてインドを旅した時に同部屋となった事でKazzさんとは知り合ったのですが、そのインドの聖地巡りをした帰りの日に「速読ドリル」が発売となってベストセラーとなりました。聖地の力なのか、Kazzさんが同部屋だったからなのかは不明ですが、いろんな意味で運命的な出会いだったのだと思います^^;(ちなみに去年 [続きを読む]
  • ○○ならば速読できる人
  • いろんな人とお会いする中で、「マンガなら速読できる」と言う人に結構会います。完全、自虐ネタ的な意味合いで言われるのですが、実際、ネット上で情報をいろいろ見ていても「漫画の速読は無意味」というコメントも見かけられ、このような観点から自虐ネタとして言われるようになっているのかなと思います。つまり、大抵こう言う人は「自分には速読なんて無理。自分に速読は関係ないもの」という思考が裏に潜んでいます。では、漫 [続きを読む]
  • 出版した本(特に自費出版)が書店に並ばず、売れない理由
  • 出版する方法の一つに「自費出版」という手段があります。一般的には記念の意味合いなどで活用され、いわゆるブランディングなどに活きるような目的で出版したいと思っている人からは否定的な見方をされがちなのかな・・・と思います。    私も結論から言えば「自費出版までする必要はないのかな・・・」という考えを持っていますが、その根拠の本質は「売れない(=世の中の人に見てもらえない)可能性が極めて高い」になります。そ [続きを読む]
  • 出版した本(特に自費出版)が書店に並ばず、売れない理由
  • 出版する方法の一つに「自費出版」という手段があります。一般的には記念の意味合いなどで活用され、いわゆるブランディングなどに活きるような目的で出版したいと思っている人からは否定的な見方をされがちなのかな・・・と思います。    私も結論から言えば「自費出版までする必要はないのかな・・・」という考えを持っていますが、その根拠の本質は「売れない(=世の中の人に見てもらえない)可能性が極めて高い」になります。そ [続きを読む]
  • 難しい本を速読したい人が知っておくべき、文章理解の原理
  • 速読を教えているときに聞かれる質問の一つに、「難しい本でも速読はできるんですか?」というものがあります。この質問も「速読で文章読んでも理解できない、暗記できないと思っている人へ」の記事で語った考え方と同じで、「難しい」の定義によって対策が変わってくるのかなと思っています。それぞれの対策に対して、速読できるようにするにはどうしたらよいかを考えていくと、解決ルートが見いだせるのではないかと思います。「 [続きを読む]
  • 難しい本を速読したい人が知っておくべき、文章理解の原理
  • 速読を教えているときに聞かれる質問の一つに、「難しい本でも速読はできるんですか?」というものがあります。この質問も「速読で文章読んでも理解できない、暗記できないと思っている人へ」の記事で語った考え方と同じで、「難しい」の定義によって対策が変わってくるのかなと思っています。それぞれの対策に対して、速読できるようにするにはどうしたらよいかを考えていくと、解決ルートが見いだせるのではないかと思います。「 [続きを読む]
  • 「紙の本」を企画出版する4パターンの出版方法
  • たま〜にではありますが、ビジネス書出版に関する質問を受けることがあります。出版と聞くと、ハードルが高そうに思われるかもしれません。実際、高いです^^;    ただビジネス書出版に関して言えば、出版社から声がかかるような大きな経歴を持っていることよりは、企画力の方が重要なのかな・・・という感じがここ最近はあるような気もするので、出版する事自体はある意味誰でも可能なのかな・・・と思います(もちろん、売れるか [続きを読む]
  • 「紙の本」を企画出版する4パターンの出版方法
  • たま〜にではありますが、ビジネス書出版に関する質問を受けることがあります。出版と聞くと、ハードルが高そうに思われるかもしれません。実際、高いです^^;    ただビジネス書出版に関して言えば、出版社から声がかかるような大きな経歴を持っていることよりは、企画力の方が重要なのかな・・・という感じがここ最近はあるような気もするので、出版する事自体はある意味誰でも可能なのかな・・・と思います(もちろん、売れるか [続きを読む]
  • 速読で文章読んでも理解できない、暗記できないと思っている人へ
  • 速読を教えていて、最も受ける質問の一つ。それは・・・。「速く読んで理解できているんですか?」という質問。    これ、本当によく質問されます。ただこの質問をする人の大半は、「理解」の定義がそもそも曖昧であったり、誤った考えを持っている人が多いので、そのあたりについて今日は触れてみたいと思います。遅く読んだら理解できますか・・・?まず、そもそも論から行きたいと思いますが、「速く読んで理解できているので [続きを読む]
  • 速読で文章読んでも理解できない、暗記できないと思っている人へ
  • 速読を教えていて、最も受ける質問の一つ。それは・・・。「速く読んで理解できているんですか?」という質問。    これ、本当によく質問されます。ただこの質問をする人の大半は、「理解」の定義がそもそも曖昧であったり、誤った考えを持っている人が多いので、そのあたりについて今日は触れてみたいと思います。遅く読んだら理解できますか・・・?まず、そもそも論から行きたいと思いますが、「速く読んで理解できているので [続きを読む]
  • 速読は本で学ぶので十分か、速読教室や塾で学んだ方がよいのか?
  • 速読を学ぼうと思った時、その学び方はいろいろな手段があります。そもそも論で、速読の手法やテクニック自体も一つではないので、その学び方はさらに様々なものに広がります。私自身もよく「本だけでも速読ってできるようになるの?」とか「速読教室に通わないとダメ・・・?」といった質問を受けるので、今日はそのあたりについての考え方に触れてみたいと思います。本だけでも十分に習得は可能。だけど・・・速読の学び方は様々あ [続きを読む]
  • 速読は本で学ぶので十分か、速読教室や塾で学んだ方がよいのか?
  • 速読を学ぼうと思った時、その学び方はいろいろな手段があります。そもそも論で、速読の手法やテクニック自体も一つではないので、その学び方はさらに様々なものに広がります。私自身もよく「本だけでも速読ってできるようになるの?」とか「速読教室に通わないとダメ・・・?」といった質問を受けるので、今日はそのあたりについての考え方に触れてみたいと思います。本だけでも十分に習得は可能。だけど・・・速読の学び方は様々あ [続きを読む]