角田和将 さん プロフィール

  •  
角田和将さん: 速読が持つ本当の力
ハンドル名角田和将 さん
ブログタイトル速読が持つ本当の力
ブログURLhttp://limixceed.co.jp/blog/
サイト紹介文10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル」(総合法令出版)の著者。
自由文角田 和将(つのだ かずまさ)
イントレ講師/トレーダー/作家

著書に10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル」をはじめ、「速読日本一が教える1日10分速読トレーニング」がある。 トレード対象はFX・株メインで、トレードスタイルは基本スイング〜デイ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/12/31 02:29

角田和将 さんのブログ記事

  • 【ご報告】FXミリオネアアカデミー認定講師を退任しました。
  • 表題のとおりではありますが、2018年7月末をもちまして、FXミリオネアアカデミー(以下、ミリアカと略します)認定講師を退任することといたしました。ミリアカというのは、私の投資の先生が主宰しているオンラインスクールで、一応私はそこの認定講師となっておりました。ただ実態としてここ数年はまったく講師的な活動をしておらず、完全に名ばかりの状態となっていて、自分から見ても「それで認定講師ってどうなの?」と思うと [続きを読む]
  • 最速かつ最短で速読習得する条件を考えてみた
  • 速読講師の立場のときに、「どのくらいで速読を習得されたんですか?」という質問をよくいただきます。私は速読を習い始めてから4ヶ月目で1万文字/分前後の読書速度の記録が出ていたので、大体そのくらいのスピードであれば、十分習得できているレベルと考えています。ただ私のなかでは、スキル習得にかける期間は「1年」という目安を持っています。今日はそのあたりも含め、スキル習得に関して私がこだわっているポイントについ [続きを読む]
  • 行動力がないと悩む人が無意識にハマっている罠
  • 拙著『すごい読書術』では、読書を最大限に活かすためには本(主にビジネス書になりますが)に対して、経験値、周囲の環境情報を掛け合わせることが重要だと説いています。経験値を積むことや、周囲の環境を変化させるためには、何かしらの行動を起こす必要があります。    しかし「その行動がなかなかできないんだよ」と悩む人がいらっしゃるかもしれません。それに対して、ただ単純に「行動が大事」と言い続けてモチベーショ [続きを読む]
  • ゴーストライターの本を読む価値はあるのか?
  • 先日Twitterを見ていたとき、「ゴーストライターの本は読む価値なし」といった記事を見かけました。私はこれまで8冊の本を出版してきましたが、ライターさんが入った事は一度もなく、文章に関してはすべて自分で書いています。(絵心はないので、イラストがとても多い「速読ドリルシリーズ」は、イラストレーターさんに全面協力いただいておりますが…><)ビジネス書はゴーストライターが9割とも言われますが、私は今までライタ [続きを読む]
  • 他の速読教室や講座で挫折した方が見落としがちな「○○」
  • 速読を教えている立場にいると、いろんな方々と出会います。特に受講生のなかでも、「他の速読教室で習ったけど…」という理由から、私のところに指導を仰ぎにくる方は後を絶えません。    もちろん、他の速読教室でどういった指導をしているか、私自身が実際に受けたわけではないので、その賛否を言える立場ではないですし、知る術としては書店で売られている本しかありませんが、全部が全部「ありえない」ってことではないか [続きを読む]
  • 海外セミナー講演(in シンガポール)レポート
  • 拙著『すごい読書術』ですが、3月15日に発売されて3ヶ月が経過しました。おかげさまでダイヤモンド社さんの書籍ランキングベスト10に3ヶ月間ずっとランクインすることができました。お買い求め頂きました読者様、ありがとうございます!頂くご感想も、人それぞれではありますが、何かしらの気づきを得て頂けているようで、著者冥利に尽きるところであります。    で、思い出したのが、4月に『すごい読書術』関連で海外セミナ [続きを読む]
  • 速読できても、読書は立ち読みでは済ませられない理由
  • 速読関連の講演などをしているときに、「速読ができたら、読書も立ち読みだけで終わってしまいますよね?」と言われることがあります。しかし、拙著『すごい読書術』をお読みいただいた読者さんならば、あの読書術を立ち読みだけで完結させることは不可能だということは容易に想像できるかと思います。今日はなぜ速読ができても、読書は立ち読みで済ませることが不可能なのか、その詳細についてブログにまとめてみます。    そ [続きを読む]
  • 私が速読を習得できた理由
  • 昔、私は本などまったく読まない人でした。Googleさえあれば、本など読まなくても生きていけると本気で思っていて、本を読む必要性もまったく感じでいませんでした。    しかし今では本も読むようになり、速読を教えるレベルに到達することができました。社会人1年目からシステムエンジニアだったこともありつつ、起きている時の大半はモニターの前にいる生活をずっとしてきたこともあって、ネット情報を読むことと本を読むこ [続きを読む]
  • 社会人が速読を学ぶ時に考慮する、教材や教室講座の選び方
  • 最近は、私が速読を学ぼうと思っていた頃と比べて、だいぶ社会人が指導を受けられる速読教室や講座が増えたような気がしています(気のせいかもしれませんが)。ネット環境の進化に伴って、昔は本でノウハウ知識を身につけていたものが、ネットに取って代わる時代になり、ノウハウを学ぶだけならば無料でもかなりの事までできるようになったような感じもしています。そこで今回は、様々な学びの環境があるなかで、社会人が速読を学 [続きを読む]
  • 右脳型速読術と左脳型速読術の基本
  • 速読というキーワードで検索をすると、必ずと言っていいほど目にする言葉の一つに「右脳」があります。速読法の名前としても「右脳型速読」とか、対義的に「左脳型速読」といったものが見かけられます。どちらの種類がいいとか悪いということは全くなくて、それぞれに活かせる特徴があります。右脳型速読術と左脳型速読術、それぞれの特徴をふまえた上で、どのように活かしていけばいいのか、解説したいと思います。右脳・左脳とは [続きを読む]
  • 読むのが遅い人注目!誰でも実践できる、最短最速で良本を探す方法
  • 以前たまたまTwitterを見ていたとき、以下の記事を見かけたことがありました。一生のうちに全ての知識を手に入れることはできないことを理解しよう。 pic.twitter.com/5PZXER4CGM— 研究しろbot (@kenkyu_shiro) 2017年10月8日毎日1冊、60年読み続けても、1年に出る新刊点数(ここ最近だと大体年間8万部くらい?)さえ読み切ることができないという現実・・・。    もちろん速読を身につけて、ある程度カバーできる部分 [続きを読む]
  • 100万分の1の存在となれば、本当に価値は1万倍に上がるのか?
  • 最近Twitter見ている時間が長くなりつつあります。単純にSNS使ってなさすぎたので慣れようと思って、Youtube、Facebook、インスタ等いろいろ使っていたら、結果的に文字ベースのTwitterがやっぱり馴染むなあ…と思ったので(フォロー、お待ちしておりますm(_ _)m)。https://twitter.com/SpeedReader_No1    そんななかでたまたま、誰かがRTかいいねをかけてシェアされてきたコメントで、多動力に関するツイートコメントを見か [続きを読む]
  • フォロワー数少なくても売れる本をつくる方法を考えてみた
  • 先日Twitterを見ていたら、以下の記事を見かけました。    【出版業界はもう終わっている】https://anond.hatelabo.jp/20180320080601    私はあくまでも著者としての立場しかわからないですが、何となく自分の考えをアウトプットしたいと思ったので、自分のブログ上でまとめてみようと思った次第です。    フォロワー数が多いのに本が売れない仕組み著者候補になりそうな方を紹介すると、必ずといっていいほど、フォ [続きを読む]
  • 資格試験の勉強法で速読を活かすコツ
  • 速読教室で指導をしていると、「資格試験の勉強に絡んで速読を始めた」という受講生とお会いする機会があります。私は受験のプロでもなければ、試験勉強はむしろあまり得意なほうではないので、アドバイスできる立場にはないと思っているのですが、速読の技術を絡めた勉強法の考え方について、求められたら時々お話しさせて頂いております。    で、時々この内容について、「出版の企画ネタになるかな…?」と思う時があったの [続きを読む]
  • シンガポールで刊行記念のセミナーを開催いたします!
  • 突然ではございますが、4月13〜15日の期間、シンガポールに行きます!で、滞在期間中に刊行記念のセミナーをやらせて頂く事になりました!先日ブログでも紹介した、リーゼントマネージャーこと岡田兵吾先生と意気投合いたしまして、実現した次第です(先日アップしたブログは以下)https://limixceed.co.jp/blog/archives/2463    ただ、そうは言いながらも私自身、シンガポールには行った事もなければ、縁ある方もいない [続きを読む]
  • 出版記念トークイベントに参加してきました
  • 先週末は紀伊国屋書店札幌本店さんでのトークイベントに行ってきました。よくよく考えてみると、いつもトークをする側で行っていて、聴衆側で紀伊国屋さんのイベントに行くのは初めてでした><当然、書籍のトークイベントなので本に絡んだお話しだったのですが、内容の主旨自体は本に沿ったお話しがメインだったのと、他のブロガーさんが当日の内容をわかりやすくまとめられていたので、私は本に載っていない部分で、自分なりに頂 [続きを読む]
  • 「時間がない!」と思った時に確認すると良い2つの項目
  • 拙著「速読ドリル」のサブタイトルに入っているフレーズ、「1日が27時間になる」。これはたまたまビジネスパートナーの方と食事をしていたときの会話がキッカケで出てきた言葉です。    「普通の人が1時間かけて本を読むところを、角田さんの場合は15分とかで読んでいるのだとしたら、今はネットで文字をたくさん読む時代の中で仕事をしているわけなので、普通の人が1日24時間の世界を生きている中で、角田さんはプラ [続きを読む]
  • 知らなきゃ損!速読が身につきやすくなる子供の読解力の伸ばし方
  • 今年の年末年始は、昨年以上に平常運転と変わらない感じで過ごし、正直なところ今年は、年を越した感覚がかなり少ないです><ただ裏を返せば、とても充実した日々を過ごせているということでもありますが、いつもブログをお読み頂いている方に対しては、しばらく更新が滞ってしまい、大変失礼いたしました。。。今年は新しい取り組みに重点を置きたい年越し感覚は薄いものの、昨年は良くも悪くも「安定運転」になっていたかな…と [続きを読む]
  • イントレ体験会(速読セミナー)をオンライン開催してみます!
  • これまで、イントレ体験会(速読)セミナーは原則、対面形式で実施してきましたが、来年2018年1月、試験的に一度、オンラインで実施してみたいと思います!(イントレ体験会(オンライン)参加受付フォーム)なぜ体験会(速読)セミナーは対面形式のみとしていたか?今年まで、イントレ体験会(速読)セミナーは海外在住の方を除き、全て対面指導形式で実施してきました。    なぜ対面指導にこだわってきたかというと、それは [続きを読む]
  • 集中力を上げて維持する方法は○○○の細分化にコツがある
  • 前回、前々回と、想像以上に参考になっているとのご感想を頂いている事もありまして、引き続き、1冊本の紹介をしたいと思います。今回、紹介する本は「脳にまかせる超集中術」という本です。とある知人の方から頂いたのですが、著者の方は記憶術の全日本選手権で4回も日本一の座を獲得されている、記憶の道を極めている方になります。世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる超集中術    元々私はあまり記憶を重視し [続きを読む]
  • 速読トレーニングは○○的な影響が大きい事を意識する
  • 私はこれまでに速読日本一、書籍で10万部超えの出版、FXをはじめとしたトレードで月収100万円以上達成と、いわゆる「読み、書き、そろばん(数字という意味で^^;)」すべてで一定以上の結果を出してきました。そして、それらすべてにおいて「これがなかったら達成できなかった」と思える要素を振り返って考えたとき、間違いなく挙げられる要素の一つが速読トレーニングだと私は考えています。    もちろん速読トレー [続きを読む]