明子HS さん プロフィール

  •  
明子HSさん: 4コマ漫画 アメリカは今日もアレだった
ハンドル名明子HS さん
ブログタイトル4コマ漫画 アメリカは今日もアレだった
ブログURLhttps://ameblo.jp/amerikawa/
サイト紹介文国際結婚・アメリカ生活四コマ。母の認知症&訪販被害漫画の後、1歳で逝った昔の愛犬話をイラストつきで。
自由文アメリカ人の夫、ハイブリッドな娘、お嬢様ビーグル犬とのアタフタ生活を描いています。日本では、母が認知症を発症し訪販被害に・・裁判闘争、終末医療についても悩みました。母の死後、昔の愛犬(のちに夫と出会うきっかけにもなりました)物語をイラストつきで載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2011/01/01 07:30

明子HS さんのブログ記事

  • 「つよくあるけ」
  • 十月十九日。 わたしは、役所(やくしょ)のしごとばの、じぶんのつくえでひるごはんをたべていました。そのとき、つくえにおいたきのうのしんぶんの、ちいさなきじが目にはいったのです。 それは、わたしが春(はる)におうぼした、しょうせつの賞(しょう)のはっぴょうでした。きじには、よそよそしい、みしらぬなまえがふたつ、ありました。 ああ。 春から、わたしはなにもしらず、ひとりでドキドキしていました。ドキドキ [続きを読む]
  • クラス写真の奥
  • フォトグラファーさんへの見本として送った、同じ日本語学校で数年前に買ったクラス写真(りす吉はみんなと一緒に写り、他のお子さんが一人欠席者枠に入っている)について、わたくしぜんぜん 「この子だけ目だってクヤシイ!!!」みたいなキモチはおきませんでした。今あらためて見直しても、心をオニにして見ても(爆)、どうやっても感じません。 顔のサイズだって他のみんなと同じだよ。しかもすみっこだし。 どちらかとい [続きを読む]
  • クラス写真の心
  • そ・・・・そーゆー理由なんですか・・・・・・ まあ、そういう見方もできる・そういう見方をする人も存在する、ということは理解できる。 だから「理解できます。来年よろしくお願いいたします。」と、フォトグラファーさんに返信しました。 とはいえいちお クラス写真の”目的”は、同じ教室で学んだクラスメートのみんな&先生の思い出を共有することだと思う。という自分の考えは表明しておきました。 欠席者枠をつくる追加 [続きを読む]
  • クラス写真の怪
  • *昨日のブログ記事、日にちを間違えて未来投稿してました汗 英語マンガをアップしましたのでチェックしてみてくださいね♪ さて、集合写真の欠席者。今は同じ照明で別撮りして混ぜ込むんですねー 昭和日本人のわたくし、あの「すみっこ枠」しか思い浮かべてなかったぞ笑 で、今回のいきさつをまとめるとー↓土曜日。日本語学校から、二週間先のクラス写真撮影について書類をもらった。翌日。撮影日には欠席する予定の連絡&相 [続きを読む]
  • ふっかつのたんじょうび
  • すずやかな、あさ。 あつい、ひるま。 ひやりとする、よる。 十月六日(むいか)になると、ピピは、目にみえて、げんきになりました。 でも、ピピの舌(した)は、まだまだもとのような濃(こ)いピンクではなく、うすいももいろなのでした。 七日(なのか)。 ピピは、わたしに「どおん!!」とたいあたりして、あそびにさそいました。 八日(ようか)。 ピピは、わたしのうでにしっかりとまきついて、こしをふりました [続きを読む]
  • しんぱいかけたね
  • びょういんからうちへかえると、ピピは、すのこのうえのしきものに、さっさとよこたわりました。 そして、ぴくり とも、うごきません。 その夜、母は、とてもしんぱいそうに、こういいました。「ピピは、ぜんぜん、うごかんよ」 でも、わたしには、ピピがしんでしまうとは、おもえませんでした。 わたしは、どこかではっきりと、あんしんしていたのです。 おいしゃは、「なおる」といいました。 このことは、母にもはな [続きを読む]
  • びょういんにて
  • びょういんで、ピピは、しんさつだいにあがるのを、とてもいやがりました。 ここにきて、ここにあげられて、なにかされると、からだがますますくるしくなる。げんきにあるくことも、たのしくあそぶこともできなくなる・・・ そう、ピピはしってしまっているのです。 わたしはまるで、ピピをいやなめにあわせてばかりいるようなのでした。   バベシア原虫(げんちゅう)がピピの赤血球をこわし、こわれたものがおしっこにま [続きを読む]
  • 病人に冷たい
  • アメリカのパッケージは頑丈で、わが身が元気なときでもハサミなどの道具がないと開けられないことが多いです。ボブによると、店内で客が開けちゃう(→そのあげく買わない)のを防ぐためだそうですが・・・・ ウイルスと熱で弱りきったこのびょーーーにん(わたくし)が、一刻も早くラクになりたいとワラをもすがる思いで重い引き出しを開けふるえる手でとりだしたオクスリが、透明なプラスチック包装のすぐ向こうに見えている [続きを読む]
  • タラー
  • 「魔女の宅急便」。オリジナル(日本語版)ではキキはただ黙ってるんですけど(そこが日本的な間というか、面映(おもは)ゆさ感が出ていて良い)、英語版では タラー!! っち言い放ちます。さすが、アメリカン。 この Ta−da とか Ta−dah真面目に読むとタダアですが、英語人はなめらかにタラーと発音します。ボブによるとホルン(角笛?)の擬音だそうで。「喜びの公表・挨拶」に使われます。 日本語でも タンタ [続きを読む]
  • 長生きする前に死んでいる
  • つか あめりかじんてみんなこんなにノドがデカいのか・・・・・ と思いかけていたらじつはみんなも困ってて、ネットで確認するとカプセルの小ささが売りの新製品も出てました。 ・・・そもそも使うヒトのことはあまり考えないでつくっちゃうのねーってちなみに直近購入のこのブルーベリーサプリ。購入時にカプセルサイズ確認せず、開けてびっくりわたくし史上最大サイズでしたが古代クン、こんなあたしでも波動砲撃てたわ!! [続きを読む]
  • 英語マンガ第18話「はい、それともいいえ」をアップしました。
  • お顔に文字モジ MojiFace in America にYes or No↑ で英語ブログへとびます! を載せました。 はい=YESいいえ=NO 基本のキの英語ペア♪ じつはけっこ落とし穴ッ!! これって日本人がおちいりやすいまちがいですけど、次に何が続くかスバヤク考え、肯定文ならYes、否定文ならNoって言えばよろしいネ。 むしろ英語人が日本語で答えるほうが、なにげにたいへんなのだとかとか。「は [続きを読む]
  • すすんでは、よこたわり
  • 「それにしても、運(うん)がわるい」 おいしゃは、いいました。 これは、八月の、子宮(しきゅう)蓄膿症(ちくのうしょう)につづく、ピピの災難(さいなん)をいっているのでした。 ・・・・よくばりな、ピピ。 びょうきというびょうきに、ぜんぶ、手をつけてみるつもりなのでしょうか? ピピはまるで、そのたっぷりしたかおのカバンに、 せっせ せっせ とびょうきをつめこんででもいるようです・・・ でも、これは [続きを読む]
  • バベシア
  •  おいしゃは、すこし、かんがえていました。そして、「おたくは、みずばの山のちかくですか? Mさんちの?」 と、わたしにきいたのです。「はい」 みずば、というのは、うちがあるばしょの、となりの地域(ちいき)のなまえです。 おいしゃは、ピピの血(ち)をとって、けんびきょうにかけました。そして、こういったのです。「バベシアという、原虫(げんちゅう)がおこすびょうきです。 限定(げんてい)された地域・・ [続きを読む]
  • 第十二章 十月・病気をかばんにつめる
  • ピピ。 ピピは、かわいいから、神様(かみさま)がまねくのかもしれないね。 神様。 ピピは、ながいきしなくてはいけませんよ。 うめたて地のそうげんから、海岸(かいがん)道路(どうろ)へでるみちで、ピピは、おしっこをしていました。 そのいろが、なんだか、やけに濃(こ)いのです。でも、そこはみじかいくさがびっしりとはえていて、はっきりとわからないまま、わたしたちは、そのままうちにかえりました。 すると [続きを読む]
  • その顔の上のモノ
  • アメリカでは、インフルエンザ・シーズンになると病院のロビーに無料マスクの箱がおいてあり、「感染防止にマスクつけましょー」と人々にすすめています。 だが、マスクをしているアメリカ人など見たことがない。 とくにアメリカっ子にいたってはそもそもマスクとはなにかごぞんじない 可能性が・・・・・・・・・ だってみんながリスキチへ投げかける質問は、なぜマスクをしているのかそのワケを聞くというより「それは何か」と [続きを読む]
  • 中学校の規則がすごい
  • アメリカの学校は制服が無いことが多いので、小学校時代から学校に行くときの服選びには慣れてしまってます。 キンダーガルテン(5歳くらい)では、母親の趣味?本人の意向?でやたらお姫様っぽいドレスを着てる女子もいるのですが、学年があがるにつれ、機能重視なシンプル服になっていく。 それが”お年頃”をむかえると、やっぱりそれなりにカッコつけちゃうようになる・・・ で中学校、ドレスコードがやたら詳細なんだ。笑 [続きを読む]
  • 鍵は要った
  • 地域や学校により「要る度」「要らない度」は異なるようですが。。 いじめ、貧困、心の病気など、カギが必要となる理由はさまざまなのでしょう。 でもきっと、昔にさかのぼるほどカギは要らなかったのだろうなあ。 アメリカ人にほめられたぶん、ちょいとショックな今のにっぽんロッカー鍵事情でした。 ↓応援のお をいただけるとうれしいです。 [続きを読む]
  • 英語マンガ第17話「文字絵とエモーティコン」をアップしました
  • MojiFace in AmericaMoji-e & Emoticon(↑ で英語マンガブログへ) 「文字絵とエモーティコン」をアップしました。 へのへのもへじ君とつるにはまるまるむし爺ちゃんは、知ってるー♪でも、へまむしょ入道は知らんかった!!つか・・ 文字絵のアケボノ? 葦手絵(あしでえ)が、千年の昔に生まれていたとは・・・・*国立国会図書館のリサーチ・ナビ 本の万華鏡を参照させていただきました。他にもイロイロありましたよ [続きを読む]
  • たいふうがそれたそら
  •  二十七日。 台風(たいふう)がひとつ、九州(きゅうしゅう)のみなみにいました。九州、というのは、うちからずっとにしとみなみのほうにある、おおきなおおきなしまのことです。 ゆうがた、にしの空はかおをうつむけ、けばだっていました。その、けばだったぶぶんだけが日のひかりにそまり、蛍光(けいこう)インクのような朱(しゅ)にかがやいています。 それはまるで、うるしにでもかぶれてしまったような、いたそうな [続きを読む]
  • 九月とほそくなったしっぽ
  •  そんなふうにすぎていった九月をふりかえると、はじめの週(しゅう)は、八月とまったくおなじ「どかあつさ」でした。 二週めも、やっぱりそうでした。 でも、三週め、様相(ようそう)は一変(いっぺん)したのです。 くうきが、すうとさめました。 たいようはもう、こうげきも、圧倒(あっとう)もしてきません。 たいようのひかりは、はんたいに、わたしたちをつつみこむめぐみとなったのです。 そして、よるはさむく [続きを読む]
  • こどもじだいのわたしとおなじ
  •  ・・・ピピとくらしはじめてから、わたしはときどき、こどもじだいの記憶(きおく)のひかりにさらされました。 ピピは、きみょうで、やばんで、とっぴょうしもない。 でも、こどものころのわたしだって、ほとんど、ピピとおなじようなことをしていたのです。 わたしは、そんな記憶が閃光(せんこう)のようにひらめくたび、ピピをみおろし、ぼんやりしていることがありました。  九月二十五日。 つくえについたわたしは [続きを読む]
  • 鍵は要らない
  • 英語の得意な(汗)リスキチにその小さな紙切れ説明書を読ませましたが、「わかんない!!書いてない!!」 ってことで二、三秒ボーゼンとしたのち、近くにいたママ友さまにすがりました・・・ みなさん、説明なしでもわかってるんですね使い方。アメリカ人スゴイわー でもこれって、体操服を買ったその場で名前を書いてくれたときにも感じたんですけど、「安全」じゃないってこと・・・? 私は日本の中学でも高校でも、鍵つきロ [続きを読む]
  • 時間割の感覚
  • リスキチの中学校は、夏休みが終わる一週間前、学年ごとに三日間かけてレジストレーションを行いました。レジストレーション(登録)といっても、すでに登録済みの生徒にモノを配布したり売ったりなんですけど。 その日の午後は、新入生を歓迎する「キャンプ」がありました。いそいでランチを食べてまた学校に行ったら、サンドイッチや飲み物が用意されていたハハ、、 アメリカの中学校は生徒一人ひとりの時間割があり、渡され [続きを読む]
  • 知らないものはおそろしい
  • アメリカの学校は夏休みの前に学年が終わります。でもって小学は5年生までが一般的 つーことはしょーろくでもう中学生になっちまう!! なんか・・・・・まだ幼い子どもをティーンエージャーのどろどろ世界に放り込むようなこの不安・・・・・ しかもわたしなんか、アメリカの中学がいったいどのようなモノなのか、まったくの未経験。 想像の未踏の地に魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈(ばっこ)するうううえーつと、魑魅は [続きを読む]