ボート釣り趣味人brt さん プロフィール

  •  
ボート釣り趣味人brtさん: ボート釣り趣味人たけちゃんのブログ
ハンドル名ボート釣り趣味人brt さん
ブログタイトルボート釣り趣味人たけちゃんのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/takezen1go/
サイト紹介文ボート釣りアイデア釣士手製仕掛け作り
自由文釣りは釣って食べて釣り、釣れなくて食べなければ釣りにあらず
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/01/01 15:37

ボート釣り趣味人brt さんのブログ記事

  • 7月15日またまた・・・大津ボート釣り
  • 今回は子供のk--ta君と予定していたが残念、親だけでした6時ジャスト大津に到着したが、今日は釣り客も多く駐車場もギリギリセーフ石田丸で受付を済まし、乗船場でタバコを吸っているとまたまた・・・先週に引き続き、大吟醸さんと逢い、凍ったお茶を頂いた続けて世妃亜さん親子とも逢い、何か、今日は釣れそうな気がするそこで向かった場所は、またまた・・・前回と同じ武山しかし、アジの反応も無く20分が過ぎるこの時マルイカ狙 [続きを読む]
  • こんな竿でイナダを掛けたらどうなるか、とk-君へ
  • 今年始めたオール竹での竿作りまだ竹を乾燥させて1年過ぎたばかりだが気が短い私は、取りあえず2本作ってみたガイドも針金を曲げて作りインローの繫ぎは真鍮のパイプを使用している一応形にはなったが、漆が載らない火入れもして乾燥もある程度していると想うが湯拭きや砥粉で磨く事を省いてしまった為漆を塗っても、何時までも乾かず、使えるものではない天然素材の竹とは不思議なものですねこの乾燥しているように見える竹だが1 [続きを読む]
  • 7月8日大津ボート釣り
  • 昨日従弟から電話あり、急遽釣りへ行くことにした行先は葉山、遠山ボート2艘予約して夜8時には寝る、夜中2時起きてサッカーを見る予定だったがウトウトと、眠ることなく朝焼けを見る事となった4時30分、従弟が迎えに来るので外に出てみたが異様な朝焼け、不吉な予感がする従弟は中一の息子を連れてきた息子はボート釣り2回目新車の車は良いですね、快適に走り20分を過ぎた頃携帯が鳴る・・・・「遠山ボートですが、今日は風が強い [続きを読む]
  • ウイリー釣り
  • ウイリー釣りを知ったのは30数年前の事私が独立したその年、スポーツ新聞の釣り欄に「何でも釣れるウイリー釣り」の見出しを見た次の日、その釣り船、腰越の喜久丸に乗っていた元祖、喜久丸でウイリー釣りを始めたのは1980年頃と言われているので開始早々に行ったのかも知れない釣り人全員席に着いた頃船長がウイリー釣りの説明を始め仕掛の事、ビシカゴの調整、そして釣り方と丁寧に教えてくれたこの時、ハナダイ、アジ、イサキな [続きを読む]
  • 次回の釣りはウイリーとバケで
  • コロコロと気が変わるのは春の天気と同じこれからは浮き釣りだ!!!と言っていたかと想うと次はウイりー釣る前から変わってしまう、・・・・いい加減な釣り師ですね我が事と言え呆れますまぁー自然が相手ですから、釣れない魚より、釣れそうな魚が良くシイラの前にショゴでも釣りたいと次回の釣りはウイリーとカッタクリバケで釣ってみたいそこでウイリー製作ウイリーの他にちょい足しのパイプ蛍光パイプを短くカットしてこんな風に [続きを読む]
  • なかねボートサトシさんの快挙
  • 週末の土曜日、従弟から釣りに誘われていたが天気予報が悪く、ギリギリ前日まで検討した結果中止と決めた相模湾では土、日、時化で中止と早々と発表している気圧配置もそれほど変わらなければ毎日吹いている強い南風が急に止むとは思えず、諦めるしかなかった 私は気象協会が出している、釣り場の天気、1時間ごとの予報をよく見ている今回は何処の場所も南からの風6m以上であり、無理な気がしていたそれでも実際の風が気になり東京 [続きを読む]
  • ボート店おかみさんの一言
  • 釣り終えて、おかみさんに釣果の報告私   「今日はダメでした、朝から潮は動かず、小魚もいませんでしたね」クーラーボックスの中を覗いておかみさん   (真鯛もメジナも釣れているじゃない、大したもんだよ)          (以前、黒鯛を沢山釣った人でしたね)私         「今日は浮き釣りでした、シイラはまだ先ですね」おかみさん     (ワカシも一匹、これがカンパチなら嬉しいけどねー)う―――――無 [続きを読む]
  • 浮き釣りセットと仕掛け
  • 浮き釣り私のような年寄りの釣り師に、一番合っているのが浮き釣りポイントを探すことなく山ダテもいらない疲れるビシカゴのシャクリもいらず、竿を持つことも無く餌を付けて浮きを流して、竿掛けに掛けるだけ後はタバコでも吸って、浮きを見ていれば良いそんな事で、私は寝て浮きを見ている浮きが沈み、魚が掛かっても慌てる事は無く浮きが勝手に合わせ、クッションの役目もし、走る魚も浮きを引き摺っては体力も消耗するそこで、 [続きを読む]
  • 6月25日葉山、表層の釣り
  • 日曜日、予約をしていたがAM5時12分に電話が入り、「中止です」となり、品川の駅でストップ昨日までの予報が変わり、弱い雨風は心配ないが、沖ではうねりが残っていると言う事で中止でした他のボート店の選択も考えたが小雨模様の状況を見てUターン再度予約をして今日の釣りとなった葉山、遠山ボート店7時到着6時から営業と平日の7時では私一人コマセを少々買い足して沖へ出る今日の狙いは表層の釣り浮き釣り10年以上前から持って [続きを読む]
  • 荒川河川敷
  • 最近、自転車を変えた事で3日に一度は荒川を走っている以前は川口ゴルフや赤羽ゴルフ場など近場を走っていたが慣れてきた事もあり、20km範囲へ足を延ばしているこの花はミヤママンネングサのような気がする北岳などに咲く高山植物の花が、なぜか荒川沿いに咲いていた川沿いの芝桜自生している篠竹も所々にあり、釣り人の抜け道の際には間引きしたような竹が落ちているこの場所でバスか草魚か判らないがバシャバシャともじっている [続きを読む]
  • 竿の修理と製作
  • 前回の釣りで、折れてしまった愛用の竿観音崎で釣り始めた頃、観音崎用に改造、2回目三回目の改造はワラサを掛けた時、もう少し強くしようと、繋ぎの差し込みへグラスを入れて補強していた今回折れた箇所も2重にしていたので、一気に折れず中の芯だけ残りビシカゴのシャクリで折れてしまったもう、この竿としては使う気も無いので部品としてガイドを外したり、次の竿の繫ぎとして竿を切ったりもする手元をどうするか、・・・処分す [続きを読む]
  • 観音崎山ダテと釣り方
  • 観音崎は釣船にも負けない釣果や大物にも期待できる唯一のボート釣り場であるそんな処から夢を追う釣り人が次から次へと押し掛けるが大半の釣り人は潮の速さに翻弄され、思う処の釣りにならず撤退する釣り人の姿も見ているまた潮が速い事で、釣り船はアンドンビシ130〜150号を使用している私も始めて観音崎に来た頃はビシカゴ80号から130号まで用意し、時には電動リールも使っていたが始めて1年間は・・・・まったく釣れなかった速 [続きを読む]
  • 観音崎乗っ込みのアジ、サバ
  • 6月9日観音崎ボート釣り魚を捌くのが忙しく、取りあえず写真にて山ダテの写真何時ものポイントより、やや走水寄り朝一ではサバばかりだがポイントを変えてからはアジが入れ食い20匹も釣ってからは小サバが釣れたので泳がせ後半真鯛も釣れたが2匹目バラシて・・・・魚は居なくなったカメラの設定間違い、眩しくて見えませんでした今日の釣果アジ、サバとも卵、白子を持ち、乗っ込み真鯛も卵で太っている、乗っ込みです釣り内容は後 [続きを読む]
  • ホキ美術館
  • 数年前から気になっていた美術館人混みは嫌いなのと千葉郊外の住宅街にある美術館なので交通の便も気になり、今回まで行く事は無かった雨の平日ならばと11時に家を出て着いたのは午後1時何度も建物の写真や館内を見ていたので、何か懐かしさも覚えるバス停を降りても人一人いず、空いているかと想ったが意外と多いので驚きましたホキ美術館は、世界初の写実絵画を専門に展示する千葉県千葉市にある美術館。千葉市最大の公園「昭和 [続きを読む]
  • 懲りずに竿を作る、と、備忘録
  • 前回作った竹三角穂先は腕の未熟さにより失敗完成した穂先は微妙にずらした節の手前の竹を削り過ぎてしまった為綺麗な直線とはならず不自然な曲りとなってしまった上の穂先もう一本は先端を削り過ぎ、節の処で折れてしまった細い、弱い竹を使用した事が失敗でしたかといって、太い竹を使用しては焼き鳥の串と変わらず3本まとめては曲りもしないまぁーこれて終わっては無駄な1週間となってしまうのでなんとか一本、形にはしてみたが [続きを読む]
  • 穂先を作るが???
  • 私は子供の頃、川に行っては落ちている竹を拾いハリスと鈎を結んでは釣りをしていた浮きはヤマブキの芯を使い、錘は小さい砂利を結ぶ又1mぐらいの竹の先に40〜50cmのハリスを結び水中メガネで魚を見ながら釣るのが好きだったそんな遊びと道具作りへの想いは、齢をとった今でも変わらない先日荒川で拾った竹で竿を作ってみたがいつもと変わらない竿となり、面白みも無いそこで竹の穂先も考えたがサバが掛かれば折れてしまう私暇なん [続きを読む]
  • 山ダテと魚探
  • 私は30数年前、先輩と共にプレジャーボートの時代が1年間続いた伊豆大島まで行ける船だったが、釣りキチは私一人だけであり城ケ島沖や、剣崎沖、南房総沖がメインだった近場では安房勝山の浮島沖から館山に沿ったライン大井ふ頭から操縦するのは先輩だがポイントを決めるのは私波が荒れた時は私が変わって操縦する事もそんな事で、釣りバカの私は一直線に南房総沖か剣崎へ向かうしかし、3回に2回は波が高く無理この時魚探を使って [続きを読む]
  • この時期、いつもボート釣りに悩む
  • この時期、ボート釣りは難しい梅雨の合間の晴れた日など、ボート釣りには良い凪となるが肝心の魚の姿は無く、釣れなくなる今回も、直ぐ近くまで釣り船も来たが、一流しで帰って行くその後、はるか沖に釣り船は浮かび、ボートでは行けない距離 岸寄りでは気まぐれな北風が澄み潮を作り春先の濁りが無くては魚は隠れてしまう前日釣れていたが次の日は釣れずと油壺に限らず館山湾やその他の海でも同じようでしたまた、アンカーを下さ [続きを読む]
  • 5月27日油壷ボート釣り、釣れなくても悔いなし
  • 今日は久しぶりに従弟と釣りへ行った、3か月振りとなる昨日まで、何処へ行くか迷っていたが、私が先週予定していた油壷へ先週と今日では潮の状況は違い、無理かと想っていたが、一応イサキ、メジナ狙いで出掛けた先週は朝満潮であり岸寄りの浅場狙いだが今日は9時40分干潮と冲狙いとなるそこで、油壺でイサキを狙うなら、この場所と決めている定置網南側、磯の先端近辺???過去に何度か釣っているが、その7割は浮き釣り浮き釣りで数 [続きを読む]
  • 5月21日の出来事
  • 先週末は時化の為、油壷は休みであり、連絡が取れず迷ったが次の日の月曜日(21日)出かけてみた三崎口にて電話を入れたが繋がらず、無理して行っても、もし休みならショックは大きいそこでボートに余裕のある大津石田丸へ行く事にした堀の内まで戻り大津へ着いたのは8時過ぎ準備をして釣り始めたのは9時と釣る気は失せていたが、取りあえず武山北寄りに付けアジ釣りを始めたポツンポツンと中鯵は釣れるが、気の乗らない私と同じよう [続きを読む]
  • 限界
  • 私は趣味人である趣味の釣りでは、疲れも感じず、二日酔いでも、目はパッチリ荒れた波でも、ジェットコースターより面白いと楽しんでいるしかし、最近、限界に近いなー、と想う事があった一つ目、油壷ボート店に下りる坂道この坂を一度の休憩で登り切るが、3回休むようでは、諦めるまた、三崎口まで行って、戻るような事が2度あれば、行く事もなくなる凪の日に休業は無いだろう二つ目、大津石田丸ポイントの広い大津で、5km漕いで [続きを読む]
  • 荒川、その二
  • 昨日ハクレンの乱舞を始めて見た事で今日、どうなのか???気になり、自転車で出掛けた昨日見た場所の少し先に、親子3人、釣りの準備中昨日の事を話すが、今日の川は濁りも無く澄んだ水が流れている昨日の写真この他にもバス釣りの人や鯉狙いの釣り人が数人釣っているそのバス釣りの人と話した時この先の合流左に水門があり、時々、水門の上からハクレンが見えると聞き水門へ向かった水門から見て、右側が乱舞の場所今日はハクレンも [続きを読む]
  • 荒川で見た!!!!
  • 暇な時は、荒川を散歩する今日は朝から自転車で散策ゴルフ場巡りは止めて、赤羽から上流に向かうかなり走っていた時、荒川の水が濁っているのに気付いたこの川沿いに下りる道は無く、人もいない雑草をかき分け、川沿いに辿り着いた暫くは静かだったが、胸が高鳴るハクレンかソウギョか判らないが、少し上流で飛び跳ねた!!!時間は9時40分この川の濁りは撥ねた後らしい小魚が跳ねた後追いかけるように3〜4匹飛び跳ねる乱舞を期待して [続きを読む]
  • 観音崎ポイントと大サバ
  • 来週19日(土)、20日(日)は強い風が吹く予報となっているそこで、今回、午前中でも竿を出せれば良しと観音崎へ行く事にした釣りたい魚のイメージは無いが昨日、なかねボートのブログを見ると私が予想していた、大鯖の乗っ込み、気まぐれで大鯛と釣れていたポイントは正面左沖らしいが、上げ潮を考えた時正面右側が良さそうな気がするしかし、最近の私は、山ダテが出来てない歳のせいか方向音痴となっている前回も油壷で10mも水深を [続きを読む]
  • 5月12日観音崎ボート釣り
  • 二日前に予想した通り、大鯖が入ってきた サバは私にとって初恋と同レベルである伊豆大島の夜釣りで・・・・引っかけた???大鯖は、初めての大魚であり今でも鮮明に覚えている大サバの引きは強く、心まで引き込まれた初恋の人は日光から宇都宮の女子高へ通う可愛いお嬢さま鹿沼から鶴田までJR、そこから学校までバス通学が一緒ある時、重そうなカバンを持ち、もう片方では辞書や参考書を詰め込んだ紙袋を持っているその時、私は2年 [続きを読む]