ぼっち さん プロフィール

  •  
ぼっちさん: WALK あばうと 日本4,000山
ハンドル名ぼっち さん
ブログタイトルWALK あばうと 日本4,000山
ブログURLhttp://walk-about.jugem.jp/
サイト紹介文登山馬鹿ぼっちが日本山岳会編「新日本山岳誌」の日本4000山を放浪。めざせ山仙人!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2011/01/02 07:07

ぼっち さんのブログ記事

  • 剱岳北方稜線縦走記(2)―劔沢雪渓・長次郎雪渓・小窓雪渓
  • 8月12日(日) ヘッドライトを点し3:55出発、アイゼンを着け剱沢に入る。まずは、白馬大雪渓、針ノ木雪渓とともに日本三大雪渓と呼ばれる剱沢雪渓を踏めただけでもうれしい。剱沢から剱岳方向に最初に分かれるのが平蔵谷。この谷の雪渓を詰め、剱と前剱の鞍部を目指す登山者が小さく見える。その次に現れる長次郎谷が、今回われわれが剱岳北方稜線に取り付くルート。谷は、明治40年(1907年)、参謀本部陸地測量部による剱岳測量が [続きを読む]
  • 剱岳北方稜線縦走記(1)―室堂から劔沢
  • 「縦走主義でいこう!」と、日本の主な稜線を踏破してきた山馬鹿ぼっちも、剱岳の北側は空白地帯になっていた。というのも、「剱岳北方稜線」とも呼ばれるこの稜線に一般登山道はなく、単独行ではどうにも歯が立たなかったから。今回地元の山の会で、この稜線縦走の計画があり、ぜひとも!と参加してきました (ロ。ロ)/ 行程は、立山駅から宇奈月温泉駅までの車回送を前提に、以下の通り。(↓地図 で拡大)8月11日(土) (車 [続きを読む]
  • 飛騨山脈岐阜県側調査登山(4)―小池新道から
  • 8月6日4:45、終日曇りの予報だったのに、夜明けの空は青。三俣山荘から直接下山する計画を変更し、三俣蓮華岳山頂を再訪し、夜明けの山々を見ていくことにしよう。朝陽が三俣蓮華岳から双六岳かけての斜面のハイマツを輝かせ、東の槍ヶ岳・穂高連峰は、逆光に切り取られる。昨夕は西側の黒部五郎岳方面が逆光だったから、きっと朝日に輝いて見えるはず。期待通り、黒部五郎岳は、カールの底まで明るく、北ノ俣岳とともに雄大な山 [続きを読む]
  • 飛騨山脈岐阜県側調査登山(3)―裏銀座縦走コースから
  • 双六小屋で一息つき、双六岳、三俣蓮華岳を経て三俣山荘をめざす。このルートは高瀬ダム脇のブナ立尾根を起点とし、西鎌尾根を経て槍ヶ岳に至る「裏銀座」縦走コースの一部で、中尾温泉を起点に合戦尾根、東鎌尾根を経て槍ヶ岳に至る「表銀座」とともに、日本を代表する縦走路のひとつ。 双六小屋からひと登りすると、双六岳を巻いて直接三俣山荘に向かう「巻き道」が分岐する。さらにしばらくで、双六岳を巻き、三俣蓮華岳山頂は [続きを読む]
  • 飛騨山脈岐阜県側調査登山(2)―槍ヶ岳西鎌尾根から
  • 翌8月5日は、南岳から、中岳、大喰岳を経て槍ヶ岳登頂後、西鎌尾根を下りながら周辺の山を観察し、双六岳、三俣蓮華岳を経て三俣山荘に至る、コースタイム約12時間の長丁場。大キレットの向こうの夜明けの北穂高岳に挨拶して、いざ出発!南岳山頂への登りでライチョウ君2羽と出会う。南岳、自然度も高し。南岳山頂には、三等三角点 基準点名「北穂高」がある(画像は、南岳山頂を北側鞍部から見たもの) 。三角点でいうと、北穂高 [続きを読む]
  • 飛騨山脈岐阜県側調査登山(1)―南岳新道から
  • 飛騨山脈―いわゆる「北アルプス」は、長野県・岐阜県・富山県・新潟県にまたがり、日本の高山100位までのうち52山を含む、大山岳地帯。そのうち、主稜線の三俣蓮華岳から南と笠ヶ岳の稜線が岐阜県側にあたる。広大なエリアにさまざまな個性の高峰がひしめくけど、「『岐阜百名山』勝手に選定委員会」のぼっちとしては、この山域の調査・選定は避けては通れない。昨年の飛騨山脈西南部大縦走に引き続き、新穂高温泉を起点に南岳新 [続きを読む]
  • 平湯大ネズコに会いに行く
  • 新穂高温泉で午前10時解散、他のメンバーは名古屋方面に帰っていった。残された岐阜県民ぼっちは、前から気になっていた「平湯大ネズコ」に会いに行くことに。大ネズコは、クロベ(黒檜)とも呼ばれるヒノキ科の針葉樹で、「木曽五木」にも入る銘木。 新穂高温泉から高山市街に向かう国道158号線の平湯キャンプ場の先に大ネズコ入口の看板がある。冬はスキー場の駐車場になるがらんとした空地に愛車奥地君を待たせ、一般車両進入禁 [続きを読む]
  • 飛騨山脈南部の大展望台―奥丸山(2,439m)
  • 飛騨山脈、いわゆる「北アルプス」に、奥丸山という山があるのをご存知でしょうか?新穂高温泉の北、鎌田川の右俣谷と左俣谷に挟まれ、槍ヶ岳西鎌尾根の千丈乗越から南に派生する中崎尾根上に位置する標高2,439mの山であります。下の地図をご覧いただくと、右俣谷を挟んで東に槍ヶ岳から穂高連峰、左俣谷を挟んで西に双六岳から笠ヶ岳と向かい合う、飛騨山脈南部の展望には抜群の位置にあるのを分かっていただけましょう(↓画 [続きを読む]
  • 飛騨荒城川 木地屋渓谷沢登り
  • 40度超えの地点も出ている酷暑の岐阜県美濃地方  (ロ。ロ; トケソウこんな時こそ沢登りと、飛騨の荒城川・木地屋渓谷に地元山岳会のメンバーと遠征して来ました。 荒城川は、神通川の支流で、高山市丹生川町の十二ヶ岳北側を流れる一級河川。その荒城川に2012年できた丹生川ダムのダム湖、五味原湖のさらに上流が木地屋渓谷。一枚岩の滑滝(なめたき)が沢登りに好適で、今回は初体験の女性3名も含め17人ものメンバーが参加。 ダム湖へ [続きを読む]
  • 7月の大坐小屋たより―猛暑を逃れて
  • 皆さま、暑中お見舞い申し上げます。連日の猛暑は信州にも押し寄せて、長野市内の最高気温は38度に迫るほど。標高約1,100mの飯綱高原は、それより4、5度低く、樹林の中なのでしのぎやすい。 今回の小屋管理人のメインの作業は、知り合いのFさんが、薪を持ってきてくださる受け入れ。実家の林檎畑の剪定で出た木や枝を束ねたものを、もう使わなくなったからと軽トラック一杯いただく。林檎の木は、白樺などに比べて、火持ちがいい [続きを読む]
  • 飯縄山から霊仙寺山へ
  • 乙妻山に登り、長野県には信州百名山以外にもまだまだ佳き山のあることを再認識した山馬鹿ぼっち。信州未踏の山シリーズ第2弾として、霊仙寺山(れいせんじやま)に登ってきました (ロ。ロ)/ 霊仙寺山は、飯縄山(1,917m)の支峰のひとつで、標高は1,875m、飯縄山山頂から北に登山道が伸びている。かつては、飯縄山や戸隠山と並ぶ山岳修験の山で、山名は麓に霊仙寺という修験の寺があったことによる。今回は、南登山道で飯縄山に登り [続きを読む]
  • 梅雨の合間に―焼山(1,710m)
  • 焼山は、恵那山の黒井沢登山口のある中津川を挟んで南にある木曽山脈最南端の山のひとつ。稜線北側は中津川市阿木、南側は恵那上矢作町で、標高は1,710m。焼山という名の山は各地にあり、新潟県の2,400m峰など、火山も多いが、この山はそうではない。かつては、ブナ、ミズナラなど広葉樹と、コメツガ、サワラなどの針葉樹が鬱蒼と茂る山だったけれど、「ぎふ百山」が書かれた40年前には、すでに皆伐され、びっしりヤブの生い茂る山 [続きを読む]
  • 白山美濃禅定道ゆかりの地訪問
  • 先週は、白山越前禅定道ゆかりの地を訪問したし、今週せっかく鷲ヶ岳山麓まで行くので、Yさんたちをお誘いして美濃禅定道ゆかりの地を訪問してきました (ロ。ロ)/まずは、禅定道の起点、美濃馬場と言われた白山中宮長滝寺。越前馬場の白山平泉寺と同様、ここも養老元年(717年)泰澄によって創建され、同6年に十一面観音、聖観音、阿弥陀如来を安置し、白山本地中宮長滝寺と改称したと伝えられる。美濃禅定道の馬場としての成立につ [続きを読む]
  • 山岳展望台としては最高―鷲ヶ岳(1,671m)
  • 鷲ヶ岳(1,671m)は、郡上市高鷲町・白鳥町と飛騨市荘川町にまたがる飛騨高地南部の山で、長良川をはさんで西側の大日ヶ岳(1,709m)と向かい合う、日本300名山。山名は、「藤原(鷲見)頼保が、勅命によって、この近くに棲む大鷲を退治した」という伝説に由来し、その舞台となった西麓には、高鷲町をはじめその地区名である鷲見や大鷲、あるいは鷲見川など鷲に関係する地名が多い。 広くなだらかな山裾にはスキー場、ゴルフ場、別荘地の [続きを読む]
  • 巨木に会う―日本一 太田の大栃
  • 白峰集落の真ん中にある総湯でゆったりし、マッサージチェアで観光パンフレットを開いていたら、白峰には「太田の大栃」という日本一のトチの巨木があるという。これはぜひとも、会いに行かねば。。 国道157号で勝山市方向に戻る途中、白峰クロスカントリースキー場を右手に見てすぐ、左手に大道谷という谷筋に入る林道がある。うねうねした未舗装の道を約3?、いきなり巨木が目の前に現れる。直径4m、周囲13m、高さ25m、推定樹齢 [続きを読む]
  • 白山越前禅定道ゆかりの地 探訪(2)―白峰
  • 白山越前禅定道ゆかりの地、次に訪れたのは、石川県白山市白峰。2005年に同市に合併される前は、石川郡白峰村で、白山・別山・三ノ峰まで同村のエリアだった。越前禅定道なのに、石川県? という疑問も、ごもっとも。そこには、次のような白山登山基地としての白峰の歴史があった。 白峰地域に人々が住み始めたのは古く、縄文時代と考えられ、大化の改新以来は越前国に属した。養老元年(717年)、泰澄が白山を開山したその年、現 [続きを読む]
  • 白山越前禅定道ゆかりの地探訪(1)―白山平泉寺
  • 梅雨時のOFF TIME、連れ合いとのドライブを兼ね、白山越前禅定道ゆかりの地を訪ねてきました (ロ。ロ)/まずは、白山平泉寺。 霊峰白山には、越前(福井県)、加賀(石川県)、美濃(岐阜県)からそれぞれ「禅定道」という信仰の道が古くから開かれていた。禅定道の起点であり、信仰の拠点ともなるのが「馬場」で、そのうち越前禅定道の馬場だったのが平泉寺。その歴史は、おおよそ次のとおり。 養老元年(717年)白山を開山した泰澄が [続きを読む]
  • 北信の雄峰 高妻山・乙妻山
  • 翌6月4日(日)は、Tuboさん、N君と、戸隠山の北に続く高妻山・乙妻山へ。大坐小屋から日帰りできるのに「灯台もと暗し」、高妻山には20年ぶりくらい、乙妻山は初登り。今回は、日本百名山3山目のN君を高妻山に案内し、「北アルプスデビュー」に向け技術指導するのが一番の目的。戸隠牧場から昨日下山に使った一不動からのルートで高妻山・乙妻山に登り、下山は新しくできた弥勒尾根新道を下る計画。大洞沢に沿う戸隠牧場から一不動 [続きを読む]
  • シラネアオイの戸隠山へ
  • 「北信五岳」と呼ばれる、妙高山、斑尾山、黒姫山、戸隠山、飯縄山。そのうち、最も登山の難易度が高いのは、難所「蟻の塔渡り」で知られる戸隠山。この難峰に、長野単身赴任中に北信五岳制覇をめざすYさん、日本300名山完登をめざす高所恐怖症のTuboさん、夏に「北アルプスデビュー」をめざす若きN君をご案内、シラネアオイが見頃となる6月梅雨入り直前を狙い登ってきました (ロ。ロ)5ドメデス 登山口の奥社は、新緑に包まれた社叢 [続きを読む]
  • 三角点踏査―高戸山(795m)、大小屋、傍示松
  • ぼっち地元の山の会では、5か年計画で美濃地方の国土地理院一、二、三等三角点、七百数十を全数踏査する計画がある。「国土地理院の三角点はあって当たり前なので、ついでに、岐阜県が重要な舞台となった御料局や山林局の三角点も調べて、その全容を把握すると付加価値が付くんじゃないでしょうか」とご意見申し上げたけど、新参者の意見は簡単に却下。「まずは、会員の読図力を高める」ことを第一目標にするんだそう。。というこ [続きを読む]
  • 名前で損してる伊吹山地の名峰―金糞岳(1,317m)
  • 「うんこ漢字ドリル」なんてのがベストセラーになる昨今だけど―国土地理院「電子国土Web」で「糞」の字を入れて検索すると、山として出てくるのは、馬糞森山(青森県平川市:786m)、馬糞ヶ岳(山口県岩国市:985m)、そして伊吹山地の金糞岳(1,317m)の3山だけ。 そのうち、金糞岳は、岐阜県揖斐川町坂内地区と滋賀県長浜市浅井地区にまたがる伊吹山地第2の高峰で、滋賀県第2の高峰。登山初級者でも楽しめる山だからと、今回ぼっち [続きを読む]
  • 中国地方西部の山巡り(番外)−山口のOFF TIME
  • 広島県宮島から、十種ヶ峰を経由して、山口県萩市へ。山口県というと海のイメージが強いけれど、内陸を縦断してみると山また山だった。目に付いたのが、黄色に塗られたガードレール。独自の交通安全思想があるのだろうか。。萩市内にたどり着いたのは5時近く。藩主毛利氏の墓所がある東光寺を、何とか閉門前に訪れることができた。黄檗宗の禅寺で、3代藩主毛利吉就が元禄4年に創建し、奇数代の藩主の菩提所となっている。山門や大 [続きを読む]
  • 中国山地西部の山巡り(6)―行者様(474m)
  • 四国山地西部の山巡り、最後の目的地は、山口県の東端に位置する須佐湾にある行者様。2万5千分の1地形図にも明記された、「山」や「岳」のかわりに「様」の付いたその名は、山仙人をめざすぼっちには、格別な珍名の山であります。(↓地図を !)それでは、どんな山か行ってみましょう (ロ。ロ)/萩の旅館を早朝3:45出発。夜明け前の日本海沿いの国道191号線を走り、夜明け頃須佐の町に着く。まず目的地としたのは、 [続きを読む]
  • 中国地方西部の山巡り(5)−十種ヶ峰(989m)
  • 十種ヶ峰(とくさがみね、とくさがみ)は、山口・島根県境にあり、標高989m、山口県では15しかない一等三角点の山の最高峰。ちなみに、次点は、珍名の山でもある馬糞ヶ岳の985m。山名は、御食主神が十種の神宝を埋めた山を「十種神」としたことによるという。 カーナビに「十種ヶ峰ウッドパーク」をセットし、宮島口から約125?北西に愛車奥地君を走らせる。国道315号線を進むと、十種ヶ峰の尖った山容が見えてくる。この地域きって [続きを読む]
  • 中国山地西部の山巡り(番外)―広島・宮島のOFF TIME
  • 中国山地西部の山巡り、今回は早朝から山に登り、何百キロも移動していたので、OFF TIMEは短かった。それでも、遠出すれば、景色も食べ物も変わって楽しい。10日広島、11日宮島、12日萩に泊まってのOFF TIMEをご紹介。まずは広島・宮島から。 10日は、17:30に広島の平和公園近くのホテルにチェックイン。夕飯は、お好み焼きのハシゴと決めていた。 まずは、おいしいと評判の「薬研堀 八昌」へ。あたりはストリップ劇場があったり [続きを読む]