yamanobue さん プロフィール

  •  
yamanobueさん: ノブ気まぐれ日記
ハンドル名yamanobue さん
ブログタイトルノブ気まぐれ日記
ブログURLhttp://maguti.i-ra.jp/
サイト紹介文戸田村の歴史と文化。ロシアと近代造船の生い立ち。奈良薬師寺の西塔再建工事内容。究極のエコ住宅
自由文戸田村の歴史と文化、伊豆半島の生い立ちやスポット。ロシアと日本の関係、近代造船の生い立ち。奈良薬師寺の西塔再建工事内容。究極のエコ住宅、木で造る螺旋階段、商家に使用されていた箱階段の復元
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/01/03 08:47

yamanobue さんのブログ記事

  • 戸田の初日の出
  • 明けましておめでとうございます。元旦に写した写真です戸田の御浜岬の諸口神社の鳥居から見た初日の出です8時前かな鳥居の左側の向こうが達磨山の頂上ですこれから少しずつ鳥居の中心に達磨山と太陽が一直線に成ります [続きを読む]
  • 戸田地区会場型防災訓練
  • 今回朝8時頃まで雨が降っていたので準備が大変でした今回戸田地区の会場型の訓練の対象地区は北半分、大中島地区・小中島地区・鬼川地区でした午前9時に各地区の避難所に集合点呼を取り戸田小学校のグランドに集合して隣の元文化センターを使用しましたAEDの訓練は各地区で10人選抜で三組で行いました指導員は消防署の職員3名と消防団員6名が二人一組に分かれました三角巾の訓練は日赤奉仕団戸田支部の女性の方7名で指導 [続きを読む]
  • 元原子核の研究者が面白可笑しく生きた
  • 堀場製作所元会長 堀場雅夫さんについて 1924年〜2015年京都大学の物理学を研究していたが主にアメリカに負けて原子核の実験道具をアメリカ軍の手で大阪湾に捨てられ物理の研究をやめて環境汚染の機会を測る測定器を造り今でも世界の8割のシェアを誇るそうです楽しく仕事をしなければ仕事でないおもしろおかしく生きた方です新しいアイデアで絶対誰も考えつかなかったような発想で素晴らしい [続きを読む]
  • AED、心肺蘇生法訓練
  • 沼津市消防団 戸田ブロック、戸田方面隊がAED、心肺蘇生法訓練をいたしました今年度の訓練はくるら戸田の2階の講習室で行いました指導員は沼津市の紫明隊(女性による消防団員です)の4名の方に教えて頂きました戸田方面隊は30名の団員が講習を受けました下記はAED、心肺蘇生法訓練の説明です良ければご覧下さいhttp://www.fdma.go.jp/html/life/pdf/oukyu2.pdf9時開始初めは心肺蘇生法を主にAEDの使用方法次は連携 [続きを読む]
  • 青山学院2日目 白砂青松の上に富士山が見えました
  • 2日目は昨日と変わり富士山が見えてとても奇麗に見えました午後には雲が出て来て半分見えなくなり13時三島駅まで送り今回のフィイールドワークの私の責任は無事果たしました今日の行程は宿を9時出発 県道17号線の道沿い〜元国民宿舎上の展望地〜出合岬〜煌めきの丘〜大瀬展望地〜韮山の反射炉〜沼津の港湾〜三島駅北口13時元国民宿舎上の展望地 県道から左に駿河湾、右に戸田港 真ん中に白い砂(白砂)青い松(青松)越 [続きを読む]
  • 青山学院大学政治学科ロシア人教授一行案内
  • 青山学院大学政治学科ロシア人教授一行日ロ文化交流センターの紹介で夏休みの間のフィイールドワークワークで沼津市戸田地区を中心に東部地区の案内三島駅北口11時集合出発一日目行動修善寺ハリストス協会修善寺総合会館のジオリア見学館内を職員さんが説明して頂き40分余り達磨山レストハウス富士山だけは見れませんでしたが他はよく見えましたゴゼ展望地からの戸田湾と日本平と三保松城邸を見学一時間余り説明をしましたその [続きを読む]
  • 東京大学戸田寮閉寮祭台風の為少ないです
  • 今年の戸田寮閉寮祭は台風の為東海道線が普通列車が運休戸田修善寺間のバスも運休土肥周りで来て土肥から船山経由で戸田まで来た方や本郷の東大から連絡あり今日は行けないと言う教授もいましたですから今年は参加者が少ないようでした今回開成高校の出身の学生さんが多くいたようです今年は戸田の駐在さんが呼び出しの事件が無く最後までいてくれました駐在さんは酒井さんと言い御夫婦の駐在で奥様の方が位が上だそうです一次会も [続きを読む]
  • 高足、カニ面作り
  • 世界一大きな高足かに最大で3メートルにまでなります戸田の食堂や民宿で食べたカニの甲羅に昔は墨でカニ面に鬼の顔を描き玄関に魔除けとして飾りました今はその年の干支や漫画のキャラクターのドラえもん、子供さんの自由な発想で色んな絵を描いています戸田造船資料博物館や元民宿を経営していた源佐荘ではカニ面の絵を多くの方に描いて頂きたく下地造りを施し地元で絵を描いて頂ければ一枚500円で絵具と筆を用意してカニ面作 [続きを読む]
  • 戸田花火の舞台裏、兵どもの夢の跡
  • 戸田の盆踊りと花火の後の方付けを写しました戸田湾の中央に浮かべた打ち上げ花火の後始末ですこれは打ち上げ台から渡船に載せて漁協の岸壁に出発する所です打ち上げ台から筒などを整理して渡船に載せる所ですヘルメットをかぶっているのが花火師ですご苦労さんでした盆踊り、花火大会の有志一同と御浜ライフセイバー(主に東海大学海洋学部の学生です)に応援して頂きました花火の打ち上げ業者は2組でして頂きましたライフセイバ [続きを読む]
  • 広報沼津8月15日号に掲載不滅の友愛も
  • 広報沼津8月15日号の一面にプチャーチンパレードの中に不滅の友愛のカットが掲載されたので思わず出しました広報沼津 のアドレスです拡大で見れますhttp://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/pr/kohonumazu/この場所は宝泉寺の供養祭の直近です右下の不滅の友愛の拡大です、右の消防団員が私ですパレードの説明書です [続きを読む]
  • スズメバチの巣取りました
  • 年に一度ぐらいハチの巣の駆除を頼まれます直径25センチ立て40センチ余りの巣でした去年も同じ場所に造り業者に頼んだようですが入口を塞がなかったので同じ所に造ったようで今回はその場所も先に塞ぎましたもう同じ所には造らないでしょう [続きを読む]
  • 雲海の露天風呂、中央構造線の旅
  • 長野県大鹿村赤石荘 標高924メートルの露天風呂から見た尾高山か御池山(この山の向こうに約2万年前の縄文時代、氷河期の頃クレータが有ります)雲海が此処に来ると 正に孫悟空の世界ですこの地図は場所の説明です左が内帯です 右が外帯ですが 濃いのは上からの泥も含まれています一億年前ユーラシア大陸の 恐竜が活躍していた頃恐竜は6500万年前に絶滅 1500万年前に一部が分かれ初めそれが日本列島の初めですこ [続きを読む]
  • 駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷カール
  • 三島キャンパス日本大学国際関係学部社会人講座伊豆学のフィールドワークで長野県の中央構造線の現地視察に行きましたロープウェイで降りた時は雲が出ていましたがカールの下のお花畑を散策中に雲が無くなりました山頂の千畳敷駅を12時に出た時は晴天で良い眺めでしたがその後、飯田市の美術博物館に入館し14時過ぎから大雨になり後でテレビを見た時に大雨洪水警報が出たそうです私たちは良い時に山頂に居て良かったですこの日 [続きを読む]
  • 修学旅行 inn薬師寺事前学習 DVD完成
  • 薬師寺 西塔の再建を語る 〜山口展?の特別授業〜奈良にある薬師寺の西塔再建に宮大工として従事した山口展?(やまぐち・のぶとく)地元、沼津市立戸田中学校の生徒を前に、西塔再建のエピソードを槍かんなの実演などを交えながら語った様子。2016年5月16日 沼津市立戸田中学校※山口展?大武工務店4代目棟梁22才のとき、昭和52年から2年2カ月間薬師寺の西塔再建に従事大工・宮大工の技術を生かし日本初の近代的洋式帆船「へだ [続きを読む]
  • ロシア不滅の連帯、日本版不滅の友愛
  • 7月23日港まつりオープニングパレードにロシア人の慰霊祭が行われます今年度初めての試みの  不滅の友愛のパレードの発端は今年の5月9日のウラジオストクでの戦勝記念日のメインイベント最後の行進に2012年シベリアの小さな田舎町で第二次世界大戦で対ナチスの犠牲者2700万人の方々が亡くなりこの様な事が二度と起こらないように無言の行進が始まり感動しました私がこの時に戸田地区でこの様な行進が出来ないかなと [続きを読む]
  • 海の日と三島楽寿園の緒明造船
  • 海の記念日と緒造船との関係は明治丸です明治9年に明治天皇が東北地方巡幸の帰途、灯台視察船「明治丸」に乗って、横浜港に帰還した日を記念して、1941年に当時の村田省蔵逓信大臣が提唱して「海の記念日」としました港区の東京海洋大学の構内に保管され、国の重要文化財に指定されている帆船「明治丸」は、明治政府がイギリスから購入した船ですが、この船のマストを当初の2本マストから3本マストに改造したときの責任者は緒明菊 [続きを読む]
  • 久々のボリショイサーカス
  • 東京体育館に於いて今年度日本初公演の初日でしたロシアにはボリショイサーカスと言う劇団は無いそうですボリショイと言う意味は、大きな、大きいという言葉ですロシアには沢山のサーカス団が有ります有る興行師(昔は国営かな?)がロシア全土のサーカス団を探り国外に出しても良い物を取り纏めてボリショイサーカスを海外向けに結成するそうです何年契約かは判りませんがそれなりに努力をしないと契約が切れるのかな我々はロシア [続きを読む]
  • 戸田自主防災、静岡県地震防災センター研修
  • 毎年7月の中旬 戸田自主防災会と女性の会の方達と静岡県地震防災センター研修と明治資料館で津波の関係の特別展をしていましたので一緒に見学して来ました美人の方が案内していただきましたが機械の調子が悪いのに係わらず一生懸命説明をしていました、ご苦労さんです、すいません名前忘れました沼津市戸田中学の生徒が防災センターの100万人目の入館者だそです地震の起動体験が今修理中なので今回椅子式の体験でした沼津に帰 [続きを読む]
  • 事故寸前、未だ生きていてもいいのかな
  • 15日お昼前スマホの画面が壊れたので大仁のショップに修理に行く途中県道17号線 沼津市、久連、(くずら)の三津よりで大木が県道沿いに倒れもう2〜3分早く家を出発していたら直撃に有っていたかも?木を取り除くに1時間かかる様なので真城峠に戻り修善寺周りで行きました人生、自分が何時、何が有るかわかりませんねこれからも真っ当に生きよう向こうの一番左は牛臥山 右側は沼津アルプスです [続きを読む]